100%の成功はないからこそ柔軟な転職も重要になる|キャリアニュース

100%の成功はないからこそ柔軟な転職も重要になる

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職にはリスクが成功談もあれば失敗談もあります。実際に多く転職をしている人の情報を参考にするのは方法で、転職を繰り返しているからこそ見えてくるものもあります。

転職に成功しているように見えても過程で失敗をしている人は珍しくなく、現状が良く見えるから成功しているように感じるということも多いのがポイントです。

また、経済構造や社会の環境が劇的に変化していることも忘れてはいけないポイントです。

一つの会社ではなく、複数の会社を転々としながら生き残るのもサバイバルスキルの一つであり、その情報を発信する側に回ってお金を稼ぐという生き方も存在するのです。

なんと転職12回!「転職の達人」に聞く 自分を高める仕事の選び方

人生100年時代の到来や働き方の多様化を背景に、大転職時代の足音が聞こえてきた――。

転職を軸とするキャリア形成は今や、ビジネスパーソンの一般的な選択肢になったものの「マイベスト」な企業を見つけ、成功と言える転職をなしとげるのは至難の業だ。転職経験12回の「達人」ともいえる経済評論家、山崎元さん(61)に、企業選びのコツや普段から必要な心がけについて話を聞いた。
続きはーなんと転職12回!「転職の達人」に聞く 自分を高める仕事の選び方|Yahoo!ニュース

転職の達人も3分の1は失敗と判断している

12回の転職をしたとなると、その転職は失敗なのではないかと考える人もいるはずです。

重要なのは、記事で取り上げられたご本人も3分の1の転職は失敗だと考えていると言うことです。

詳しい失敗の原因は語られていないものの、容易に想像ができる部分もあります。

まず、経験が不足していれば、当初は成功だと思った転職であっても、その後の転職で職場環境があまり良くなかったことなどを知る可能性があります。

そもそも判断に使える情報自体が少なく、判断を誤る可能性があるのが未熟さです。

また、人間関係など転職前に見えなかったことでトラブルになるケースや、経済環境などの悪化で早期に転職せざるを得なくなる場合もあります。

法律の改正や税のあり方、ライバル企業の進出代わることでビジネスが一変するケースは珍しくなく、テクノロジーの進歩で消えていく職種もあります。

何を持って成功と言うかも時間の経過で代わるのがポイントです。

転職をしなければ出世や昇給、キャリアップが見込めない場合もあるからこそ、今できるベストを考えながら判断する必要があるのです。

100%の成功はないからこそ、時に柔軟に頭の中を切り替えることや、キャリアチェンジも含めて行動する、あるいはチャンスに備えて耐えることも大切になるのです。

才能にあふれ、機会に恵まれた人ばかりではないからこそ、失敗を受けいれて学ぶことや次に生かす姿勢が重要になります。

就職や転職に対して主導権を握れることが大切になる

就職や転職を成功させるためには自分のスキルや能力、経歴などが大切になってきます。注意したいのは、企業中心にスキルを磨く危険性です。

もちろん、様々な企業で共通するスキルを磨けば、転職でも大きな武器になります。

しかし、「同業他社で応用できない」「特殊すぎてニーズがない」スキルを磨いてしまうと勤め先と命運を共にするリスクが大きくなるのです。

出世などに繋がる可能性がある一方で、依存性が高くなることに注意が必要です。

大切なのは、自分が主導権を握れるかどうかです。

希少なスキルであり、自分を手放せば会社が立ち行かなくなるのであれば会社の経営者と交渉するという方法もあります。会社への依存度が高くても、自分が経営に関与し、方向性の調整ができればリスクが軽減できる場合もあります。

また、同じスキルを同業他社に持ち込めば待遇が良くなることが予測されるのであれば、転職するのも方法です。

市場のニーズを把握しつつ、自分が有利に立ち回るスキルを身につけ、キャリアを主導できるのが理想の状態なのです。

独自に仕事のノウハウを発信し、コンサルタントとして働く方法や、インフルエンサーとして仕事を得るといった多様な働き方を描けるようになれば更にプラスになります。

副業がOKで自分の選択肢を増やせる企業に転職し、積極的に磨いていくというのも方法です。

自分に投資するために転職し、十分に力を蓄えたらチャレンジのために再度転職をし、より良い条件の職場が見つからない場合は転職しないというのも方法です。場合によっては起業や独立が視野に入る場合もあります。企業に依存しなくても生きていくことが出きることを理想として自分を磨くのも方法なのです。

時に方針を見直しながらバランスを取れると満足度が上がる

マネースケールの話がでると、起業が選択肢になる場合もあります。

一方で、雇用をされる側に回れば厚生年金などの恩恵を受けられるだけでなく、失業給付金などのセーフティネットも利用できます。

独立起業しても長生きして年金で暮らすことを考えると、雇用されていた方が将来的な収入金額が上がるということもありえるのです。

副業は副業として収入を確保し、企業に努めて収入のバランスをとるというのも選択肢になります。リスクを分散して備えるのも方法で、いざとなれば転職する、起業するといった選択肢が取れればそれだけで気持ちに余裕ができます。

人生のステージごとにどの程度の余裕を作りたいのか、投資をしたいのかをわけて考えるのも方法です。ある程度の計画を立てて、進捗がどれくらいかを考えながら行動するとよりわかりやすくなります。

進捗が悪ければ下方修正を加え、良ければ上方修正をとることも可能になるからです。転職エージェントの評価や、スキルの習熟度合いやビジネスの理解度をチェックし、機が熟したら転職するなど次のステージを目指せばいいのです。

副業などでスキルを磨いていた場合は、万が一転職に失敗しても収入がゼロになることを避けられます。見込みを間違うことも含めて経験になるため、時に方針を見直しながらチャレンジを続け、バランスを取れると仕事と人生の満足度が高くなります。

その時の経験や判断力によって未来の見通しなども変わっていくため、世情の変化も交えながらある程度柔軟さを持たせることも重要です。10年計画などをたてても急激に経済環境などが変ることもありえるため、こだわりすぎないことも大切なのです

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター