将来性が高い仕事を学んで老後の安定収入を|キャリアニュース

来性が高い仕事を学んで老後の安定収入を

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

刺激的な見出しが躍る週刊誌の情報も、しっかりとチェックすれば就職や転職のヒントになる情報に触れられることがあります。

重要なのは専門家の意見や情報をどの程度反映されているかです。具体的な数字などの情報を参考にし、それを生かすことが大切になります。

まったく同じ情報が手に入らなくても情報を関連付けることや、裏づけをすることで生かせるケースもあります。

ただし、より具体的にどんなスキルや経験が求められるかは考える必要があり、現実に落とし込む作業も大切です。

決算書の情報の読み方は応用性が高いだけでなく、長く仕事を続けられる業界の情報は支店の一つとしてチェックして損がないのもポイントになります。

あなたの会社は“泥船”かも…判断ポイントは決算書が教えてくれる

副業、転職、早期退職、定年の70歳引き上げなどで多様化するサラリーマン人生だが、多くの一般的な会社員は「今いる会社で定年まで働き続けたい」というのが本音。

だが、本当に今の会社で70歳まで安泰な人生を送れるのか。新たな時代の企業の見分け方を伝授する。
続きはーあなたの会社は“泥船”かも…判断ポイントは決算書が教えてくれる|Yahoo!ニュース

業界大手の決算書から業界動向を読み取る

決算書は企業の経営の安定性を確認し、働き続けられる職場を確認するための重要情報になります。

経営が危ないと判断した場合は、ライバル会社への転職も含めて準備を始めるのも方法です。

経営が良い状態であれば多少我慢しなければならないことがあっても、転職を諦めた方が出世や昇給に期待できるというケースもありえます。

とはいえ、上場企業などでなければ決算書をチェックできない、確認する手段がないというケースもあります。

チェック方法の一つになるのが、業界大手の決算書などから動向を探るということです。

複数の企業の決算書をチェックして利益のバランスなどを確認し、業界全体が成長に苦しんでいるようであればキャリアチェンジも含めた転職が視野に入るのです。

大手の決算書だけでなく倒産の件数などもチェックすると更に精度があがります。

民間データ会社が倒産件数をまとめて発表することは珍しくなく、業界や中小企業の倒産が多いといった情報も手に入れることが可能だからです。

時代の流れにあわせて業態を変えていく先進例もないか調べるのも方法です。

本業の割合を少しずつ変えていき、成長分野に投資して生き残る企業もあります。

カメラのフィルムをメインで作っていた富士フィルムが、ヘルスケアにも進出して成功を収めた例なども存在します。

会社名だけでは本業が確認できないケースも存在し、企業大小で収益性の高さが確認できるわけではないため中身を見ることが大切です。

そして、経営状況はそのまま給与や待遇、自分の将来性に影響を与える可能性が高いのです。

将来性が高い仕事を目指すのであれば必要なスキルも確認する

記事中では将来性が高い仕事や、安定して仕事ができる業界の情報なども盛り込まれています。

注意したいのは転職に必要なスキルが備わっているのか、あるいは年齢などの基準をクリアしているかです。

特に人気の高い業界などであれば狭き門を潜り抜ける必要があり、専門性の高い業界への転職であれば年齢が若いうちにキャリアチェンジを視野に動く必要がでてきます。

すぐに転職ができるとは限らないため、仕事をしながら選択肢の一つとして受け、その他の選択肢も確保しておくといったリスク管理も大切になるのです。

例外となるのがIT業界への転職です。職を持つという意味ではプロジェクトマネジャーの方が有利になります。

これは管理職不足や経験者不足と同じように、プロジェクトをしっかりと管理する経験者が少ないためです。

経験したからといって必ず成功例になるとは限らないのがポイントで、人材が不足する理由にもなっています。

一方で、エンジニア職も人手不足になります。プログラミング教育が義務教育に組み込まれるようになったのは、エンジニアが不足していること、プログラミングを学んでプロジェクトマネージャーや、AI開発者になるための基礎を作るためでもあります。

フリーランスで活躍する人が多いジャンルになるため、職ではなく収入を得るという意味ではプログラミングを学ぶのも方法なのです。

ITエンジニア未経験者がプログラム覚えるための手段5選

副業として軽作業の請負からはじめ、独立する人もいるのがプログラミングの世界なのです。

言語を学び、トレンドを取り込めば選択肢が大幅に増えます。学ぶハードルが高い分、お金になりやすい分野でもあるのです。

関連企業などに裾野を広げるのも重要になる

冒頭の記事では定年まで安定して仕事ができる業界として、鉄道や出版業界の老舗などが例に挙げられていますが、関連企業まで裾野を広げて考えるのも方法です。

たとえば、鉄道関連の部品を作っている企業などです。

国内シェアが非常に高い企業や、海外シェアが高い起業であれば、需要が途切れる心配は余りせずにすみます。

安定成長を見込める業界の、部品供給や原料加工などの分野で仕事を探すのも方法なのです。

また、近年では土木系の人材不足が目立っています。

これは若者の就労人口が減っているだけでなく、高度経済成長期に立てられた建築物の老朽化や、異常気象による復旧などで人手の確保自体がままならなくなっているためです。

建築も専門性の高い仕事になりますが、早めに転職して生活インフラを支える技術を学び、安定性につなげるというのも方法になります。

需要を満たす供給側の企業で働く、専門性の高い技術を身につけて収入を安定させるのは将来の不安に備える大切な要素です。お金の流れを読みながら機敏に対応する以外にも、安定性を高める工夫は可能なのです。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター