転職活動は計画的に。ブランク作ると不利になることが多い|キャリアニュース

転職活動は計画的に。ブランク作ると不利になることが多い

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

仕事を辞めたい、退職をしたいと思ったときに口にしがちなのが「昔からやりたいことがあった」という言葉です。

もちろん、実際にやりたいことがあって転職をする人もいますが、勢いで言ってしまったり、辞める理由を探した結果に口を出てしまうケースもあります。

重要なのは、辞める会社にとっていい退職を演出するのではなく、自分の人生を良くすることです。発言を守って自分の人生を犠牲にすることはなく、悩む時間を別なことに当てることも重要になってくるのです。

【円満退職よりも大切なこと】退職理由「昔からやりたいことがあった」は嘘なのか?

私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントである。「絶対達成」をコンセプトにしているので、クライアント企業の社長から風土を破壊するぐらいの改革を期待されることが多い。

だからか、組織内で多くの「衝突」が発生する。ミドルマネジャーが反旗を翻したり、若手社員が強い不平を表明したり。

強い態度で押し切ろうとする経営陣もいるが、再生企業でない限り、我々コンサルタントは柔軟に対応する。

どうしたら組織を改革できるか、どうしたら事業が前に進めるのか、一緒に考えようと呼びかける。
続きはー【円満退職よりも大切なこと】退職理由「昔からやりたいことがあった」は嘘なのか?|Yahoo!ニュース

理由よりも実際のどう身の振り方を考えるのか

仕事を辞める、転職をする場合の理由は人それぞれです。

正当な理由があれば辞めやすいという考え方もありますが、どんな理由があれ、雇用契約に定められた退職の規定を守れば辞めることができます。

実際は一身上の都合で問題がなく、あくまで自分の心や周囲の心を納得させるために用意されるのが理由なのです。

記事ではコンサルタント視点で、職場の改革やプロジェクトの実行などで衝突が起きた場合の「辞めたい理由」の一つとして、「昔からやりたかったこと」が例にあげられています。

しかし、プロジェクトなどに限らず、自分が業務についていけない場合や、体調面で無理を重ねた結果、「前向きな印象を残して円満な退職をしたい」という心理で口に出ることがあります。

ただし、円満な退職をしてメリットがあるかと言えば、余りメリットがないのが現実です。

独立して所属していた企業との取引を予定しているなど、利害関係がない限り縁が切れたら関わりは切れます。

上司側や職場側で不満があるからと嫌がらせなどを行えば、会社の評判が悪くなります。

重要なのは、口にした後にどう身の振り方を考えるかです。

良い条件で引き止められれば理由は撤回してもよく、すでに転職先まで決まっているのであれば行動を断行することも大切になります。

悩む労力を別なことに当てた方がストレスがたまりにくいため、自分の責任をある程度棚上げし、社会的な義務の範囲を広げ過ぎないことも大切になるのです。

実際に転職活動でブランクを作ると苦労することが多い

実際に何度か転職活動をしたことがある人間の体験談ですが、離職中に時間やお金に余裕があるからとだらしない生活を送ると苦労をします。

これは一度生活のリズムが崩れると戻すのが大変だからです。

実際に転職して新しい職場で働くようになっても、生活のリズムが戻っていないと頭がうまく働かず、思ったような成果を出せないことがあります。

また、実際に働き始めるとスキルアップの勉強などに当てる時間がないことも増えてしまい、どんどんと生活が追い詰められていく場合があるのです。

同じ職種の仕事であっても、企業が異なれば仕事の仕方が変わります。手順を覚え直さなければならないケースなども存在し、一筋縄ではいかないことも多いのです。

仕事をうまく断ったり、人を頼ったりといった基礎的なスキルがなければ、仕事中の時間のコントロールができないのもポイントになります。

人間関係の構築も大切になるため、やることが多すぎてまた辞めたくなってしまうといった負のスパイラルにとらわれる可能性もあります。

常に備えていなければこなせない仕事が存在し、収入を上げたい、出世をしたいのであれば自分の生活パターン自体にシビアになる必要があります。

業務の能力ではなく、ライフハック的なノウハウで収入増を目指したいのであれば、時間を作って副業に当てる余力を作るなどバランスが大切になります。

出世や収入増を目指すのは本業ではなく、副業で企業も含めて考えるといった方式も取ることも可能です。

ただし、自分の中で納得できる基準が見つかるまでは工夫をしないと、そもそも最低限を稼げる本業自体が見つからないということもありえるのです。
企業自体が人材選びにシビアになることもあるため、自分が比較される存在であるということを理解する必要があるのです。最低限生活リズムを保つことや、軽くでも運動する、人と合う予定を作ったりしてメリハリをつけることは大切になります。

自分を優先する意識が大切になる
会社にとっていい存在になりたい、社会にとって善人でありたいと考える人もいますが、それが本当にできるかは話が別になります。転職や退職は誰もが不満なく、祝福されたものにするのが難しいのがポイントです。他人が不満を抱えるような状況であっても、自分の人生は自分で歩まなければならないからです。
ある程度の不満を許容し、あるいは時間をかけて飲み込まなければビジネスで生きていくのは困難になります。様々な事情を抱えた人たちが働いているからこそ、自分の思い通りにならないこともある程度受け入れ、相手にも受け入れて貰わないといけないこともあるのです。
転職を繰り返してキャリアアップを積み重ねる人や、スキルアップを続ける人は、能力を生かしきれなかった会社が悪い、一時的にでも仕事ができて良かったと考える人が多いのもポイントになります。
良い人間であることではなく、自分優先して生かすことが大切で、就職や転職で余計なストレスをためない大切なことになるのです。その上で収入を上げたいなどの希望があれば、それをかなえるための日々の積み重ねが重要になります。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター