年収アップもうつ病に…「心が満たされる職業ですか?」|キャリアニュース

年収アップもうつ病に…「心が満たされる職業ですか?」

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職を考える時にまず考えるのが今までよりもどれだけ収入がアップするかというのがあります。

確かに転職する際には年収のアップを考えるのは重要です。

それが転職をする大きな原動力になるからです。

ですが、この記事にあるように転職をする時に労働条件ばかり気にしていると思わぬ落とし穴があります。

年収アップもうつ病に…幸福な転職の決め手は「心が満たされるか」

 サラリーマンにとってキャリアアップを果たし、年収もアップというのが理想的な転職であることは言うまでもない。

 しかし、そこに落とし穴がある。広告系の営業課長として実績を残してきたAさんは、「もっと大きな仕事に挑みたい」と、節目となる35歳を目前に転職活動を始めた。
続きはー年収アップもうつ病に…幸福な転職の決め手は「心が満たされるか」|日刊現代

仕事内容がまるで違ってしまうリスク

なぜなら、年収や役職がこれまでよりも良くなっても仕事内容がまるで違ってしまうリスクがあるからです。
自分がそれまで働いてきた業界と同じ業界で働く場合でもそういう事はあります。

それは同じ業界でも会社の方針によっては全く働き方も変わってくるからです。

そこを確認しないで労働条件だけ見て満足してしまって転職すると、上手くいかないで挫折してしまう事が普通にあります。

では、転職する時はどういう風に考えてやるべきなのかというとまずそれまで働いてきた会社の環境に大きな不満があるかどうかを重視して転職するのが
おすすめです。

なぜなら、人間が働く上で幸福に感じるのは給料以上に気持ちよく働けるかどうかというのがあるからです。

つまり転職成功の秘訣は待遇が良くなることを優先して考えるのではなく自分がどれだけ満足できる職場にいられるかを重視した方が良いという事です。

いざ良かれと思って転職しても職場の環境が以前よりも悪かったという事があるので注意しましょう。

給料がこれまでよりも上がるからと思って転職したらそこはかなり厳しい内容を強いる会社であることも十分あります。

自分がその職場で働いてどれだけ自分のスタイルに合った働き方ができるかを考えて転職するか決めるのがおすすめです。

そこを全く考えずに条件が良いというだけで転職をしてしまうとそれまでとは比べものにならないくらいストレスを感じる事もあるので自分が転職後はどういう働き方をしたいかもしっかり考えて転職先を決めていかないといけないです。

この記事のライター

  • かな