リクナビ問題で就活生4割が利用控えると回答|キャリアニュース

リクナビ問題で就活生4割が利用控えると回答

リクナビによる内定辞退予測の情報提供が話題になり、リクナビの利用を控える学生が増えています。

リクナビといえば、就活中の学生が真っ先に登録する就活支援サイトです。

記事にもある通り6割近くの学生がリクナビ等の支援サイトが無ければ就職活動は困難であると考えています。

今後就活する学生 4割が「リクナビの利用抑える」

就職活動に就職情報サイトは欠かせないけれど、どう付き合えばいいのか。「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京・千代田)が学生の同意が不十分なまま、内定辞退率の予測データを企業に販売していた問題を受け、就活生の間ではその利用法について模索が続いている。

日本経済新聞社が大学生を対象にアンケート調査を実施(有効回答数400)したところ、就活に就職情報サイトは欠かせないと考える学生が6割近くを占める一方で、これからの就活では、4割が「リクナビの利用は抑える」と答えた。自らの個人情報を守りつつ、情報をより選別して収集しようとする意識が表れているようだ。
続きはー今後就活する学生 4割が「リクナビの利用抑える」|日経

就活サイトがなければ就職活動のイメージすらわかない

たしかに、自分たちより上の世代がインターネットもなく就職活動をしていた時代は、いったいどのように行ったのか想像もつきません。

ちなみに昔はというと、経済成長という時代の流れもあり、高校や大学には企業の方から学生に声が掛かり、そのまま就職する人も多かったようです。

今の指定校推薦のように、毎年特定の学校から一定数採用しているという企業もあり、就職活動というものをしなかったという人がほとんどです。

現在も、有名で歴史ある優秀な大学であれば、学生を確保するために企業から出向いて説明会を開くと聞きますので、一部ではかつての流れも受け継がれているようです。

しかし、多くの学生にとっては、やはり就活サイトがなければ就職活動のイメージすらわかないのが現実です。

リクナビによる情報提供は多くの学生からの反発を招き、記事のアンケートでも、リクナビの利用を控えるという学生がぐんと増えています。

こうした学生からの反応は、就職活動に限らず消費者からのダイレクトな反応として、公正でクリーンなサービスや取引を促すうえでも重要なものと思いますので、はっきりと意思表示をすることは重要なことです。

その反面、就職支援サイトの「顧客」はやはり企業であるため、彼らにとって便利で利益を提供するサービスを作ることが重視されるのだと、再確認する出来事でもあります。

記事でも示されているように、学生からは不安の声や拒否反応も見受けられますが、反面、こうしたサービスに対して冷めた反応を示し、あまり期待や信頼をしていない学生の存在も明らかになりました。

まさに、幼少からインターネットに慣れ親しんだデジタルネイティブらしい反応とも受け取れます。

就職活動のみならず、昨今はインターネット上での人と人とのマッチングは盛んになりました。

婚活や恋活、終活なども、もとはこの就職活動から派生した言葉です。

最近は、学生向けに企業のインターンやOB・OG訪問ができるマッチングサービスもあり、学生が企業についてより理解を深める場を提供することにも一役買っています。

確かに、売り手市場の今だからこそ、就活生には企業をよく見極めて希望の職種についてほしいものです。

また、学生の意見としては、実際に企業の方と接することで職場の雰囲気をしることもできると、インターンなどを利用し、自身の体験も元に判断する傾向も見られます。

転職を経験すると、企業の採用ページや仕事内容や求める人材、初任給の設定など、紹介文を読むことである程度仕事の内容や忙しさ、記載内容の信ぴょう性もはかることができるでしょう。

インターンを通じて実際の仕事の現場や社内の風土を体感することが重要

対して、就職活動を始めて行う学生は、やはりインターンを通じて実際の仕事の現場や社内の風土を体感することが企業選びにおいて、失敗しない策といえます。

第一に、転職サイトと違い、就活する学生用の採用サイトには、求める人物像や仕事内容などがあまり充実していない傾向があります。

転職サイトであれば、募集する仕事がピンポイントのため、当然ながら求めるスキルや残業の有無まではっきりと書かれている場合もあり、仕事のイメージもつきやすいです。

対して新卒採用の場合、一度は全員が営業を経験し、その後、適性などを見極めて人事や企画、開発、研究など、様々な分野に異動する可能性もあるため、具体的なスキルや人物像が記載されず、ポテンシャルについて言及するような説明文がならびます。

そのため、実際にOB訪問などを通じたリアルな声がとても重要となってくるのでしょう。

しかし、誰もがインターンやOB訪問ができるわけではありません

そのため、その企業について理解を深めたい場合、ある程度、入社後の希望の部署や理想のイメージがある学生であれば、その企業の中途採用の募集ページ、または、転職サイトのページを確認することで、就職後のイメージが付きやすいでしょう。

転職サイトの求める人材はスキルなども提示してわかりやすい

先ほども述べたとおり、転職サイトの求める人材などははっきりと記載してあります。

求めるスキルなども提示してあるため、簿記やTOEICの点数、活かせる経験などをもとに、資格を取ったり、自身のアルバイト経験や部活の経験から、そうした人物像に近いエピソードを持ち出し自己PRに活かすなど、履歴書も書きやすくなるでしょう。

現在、売り手市場とはいえ、やはり就職活動に苦戦する学生も少なくないと思います。また、やりたいことや興味のある仕事なども、決まっている学生もいれば、全くイメージがわかないという人もいることでしょう。

その場合、やはり一度、就活支援サイトだけでなく実際に身近な人に相談したり、インターンを経験した知人に聞いてみたりと、自身の体感を大事にしてみるとよいでしょう。

何事も経験とは言いますが、就職活動もあまり苦慮せず、例えば企業説明会などで採用者に本音を話してみることにより参考になる意見も得られるかもしれません。

この記事のライター

  • ひろの
  • 女性・32歳
  • IT企業広報

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。