インターンは企業風土の理解と配属活動に重要|キャリアニュース

インターンは企業風土の理解とと配属活動に重要

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

就職活動で重要になるインターンの情報をまとめた記事になります。春休みや夏休みを利用した短期から中期のインターンを利用する人は珍しくない一方、数ヶ月実際の現場で働く長期のインターンに不安を覚える人もいます。

長期インターンの不安を解消するための記事になっていますが、長期のインターンを大学1年生から始める人もいるなど、就職活動自体を早めに行う人がいることがポイントになっています。

就活の一歩 長期インターンの不安や疑問、これで解消

将来の就職を考えるうえで役に立ちそうだけれど、大学生がなかなか踏み出せないという長期インターン。ときには何カ月も社員と同じように企業で働くことにちゅうちょしてしまうという声を、特に1、2年生からよく聞く。ITスキルが必要なのでは? 学校と両立できる? など様々な不安や疑問に答える。

短期から中期のインターンは、主に大学3年生が夏休みや春休みなどに参加する、1日から長くて2週間程度のもの。企業は採用活動と直結させている。一方の長期インターンは学生が企業の戦力の一人として数カ月以上働き続けることを想定している。短期インターンは無給がほとんどなのに対し、長期インターンは有給が基本だ。
では早速、よくある5つの疑問の答えを、長期インターン経験者やインターン仲介サイト運営会社への取材で探ってみよう。
続きはー就活の一歩 長期インターンの不安や疑問、これで解消|Yahoo!ニュース

インターンはミスマッチを防ぎつつ理想の働き方を見つけるためにますます重要に

インターンの重要性が増しているのは、就職活動を終えて実際に社会にでてからギャップを感じ、仕事を辞める人が珍しくないからです。

新卒入社3年以内の離職率は概ね30%前半で、高卒の場合は40%近くに達します。

2018年に発表されたデータでは、2015年卒の大卒者の31.8%が卒業後3年以内に離職していることがわかっています。それでも数字は改善しているものの、3割を超える数字になっているのです。

新卒入社3年以内の離職率は大卒で31.8% – 2年ぶり減
https://news.mynavi.jp/article/20181024-712660/

大手企業に就職しても希望部署に配置されなかったことなどが原因で、就活では勝ち組だった優秀な人材がすぐに離職してしまうケースもあります。

優秀な人材を求めて大学卒業から3年程度は第二新卒として新卒と同様の扱いの採用枠を設け、人材育成に力を入れている企業も存在するほどです。

インターンは実際に職場で働くことでミスマッチを防げるだけでなく、企業側も直接採用のチャンスが増えることがポイントで、どちらもいかにうまく生かすかが重要になっているのです。

「ハイカツ=配属活動」変化する新卒内定者の就活戦線|キャリアニュース

早期にインターンを活用した方が学生にとってのメリットが大きい

ニュース内では大学1年生で長期インターンを利用した学生の例が挙げられていますが、就職を視野に入れた場合は早期に活動するメリットは多くなっています。

まず、インターンをいってもすぐに理想の会社が見つかるとは限らない点です。マッチングがうまくいかない可能性もありますが、うまくいかない場合は課題を洗い出して次のインターン先を探す材料にすることができます。

実際に就職してから離職や転職をするよりもハードルが低く、将来的な仕事像を描きやすいというメリットがあるからです。インターンを通じて自分がしたい仕事や、適性を知っていく人もいます。

インターン時のコネクションが採用に大きな影響を与える場合もあります。起業などを考えるのであれば早めにインターンでベンチャー企業などで働いて経験を積む、超大手のインターンシップに何度も応募するといったことも可能になります。

インターンに応募してもなかなか採用されない人気企業も存在するため、チャンスがある場合は早めに活動することが将来就職する際にプラスになるのです。

大学卒業して就職すればゴールではない

インターンを考える上で重要になるのが、大学を卒業して就職すれば人生のゴールというわけではない点です。大学で学ぶ期間と就職などをして働く期間を考えた場合、働く期間の方が長くなります。

大学で学ぶことは働くため、社会で生きることを学ぶ上で重要なことである一方で、学んで終わりでは社会人生活で役に立てられない恐れもあるのです。

大学院の博士課程や専門職学位課程の卒業者の就職率は大卒者より低い水準にあるといったデータも存在し、就職活動がうまくいかず一時的に非正規雇用で働く人も存在し、ある程度シビアに考える必要があるのです。

大学卒業者の就職率78.0%…大学生の就職状況などをさぐる(2019年公開版)
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20191019-00146476/

高校生や既卒者でもインターンシップは可能だが課題もある

大学生向けのインターンシップの情報は簡単に捜すことができますが、高校生や既卒者のインターンシップになると事情がかわります。

どちらも存在するものの、高校生の場合は受け入れ企業自体が少ないということ、既卒者の場合は仕事などの両立できるかという問題がでてくるからです。

地方ではインターンシップの受け入れを行う企業自体が更に少なく、選択肢が絞られるという側面もあります。高校生が実際にインターンシップを視野に活動ができる過渡言う問題もあり、日ごろの意識の差なども大きく影響してくるのです。

首相官邸が主導するまち・ひと・しごと創生政策の中の、地方創生インターンシップも企業や大学が中心になっています。

地方創生インターンシップ
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/internship/index.html

ただし、高校生向けや社会人向けのインターンシップもゼロではありません。地方であっても在宅やリモートでの勤務がOKというインターンシップも存在します。

重要なのは自分で利用できる選択肢を活用すること、そして、活用できるタイミングを間違えないことです。

インターンシップ以外にも紹介予定派遣で収入を得ながら正社員登用を目指すといった手段も可能なため、仕事に関わる手段を探し、組合せて工夫をすることも大切なのです。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター