第一印象は履歴書・職務経歴書から始まっている|キャリアニュース

第一印象は履歴書・職務経歴書から始まっている

転職に成功する人の多くが実行しているテクニックは実際に存在し、忠実に再現することで転職成功率は大幅にアップします。

しかし、基本を守れないことで転職に失敗する人がいるのもポイントで、基本的な情報をあらためて確認するだけで転職の成功率が変わる場合もあります。

5つのポイントを的確にまとめたのがこの記事で、これから転職をしようと考える人にとって大きなプラスになるのです。

転職に成功する人が必ず行なっている5つのこと

転職に成功する人にはいくつか共通点がある。性格面で言えば、固い決意があり諦めない。行動面で言えば、新たな職を得るため努力をする。

人材を募集している側に対する第一印象は、相手と対面する前に始まる。真の第一印象を決めるのは履歴書や職務経歴書であるため、応募する仕事に合わせて作り込むことが重要だ。
続きはー転職に成功する人が必ず行なっている5つのこと|Yahoo!ニュース

徹底攻略|履歴書・職務経歴書で書類審査をパスするための30の手順

履歴書・職務経歴書から素晴らしい印象を残す努力を

大切なのは、この記事の掲載元がForbes JAPANであることです。Forbesはアメリカの経済誌で、転職に関する情報も洗練されています。

短い時間で簡単に読める記事であること、必要最低限の情報で構成されているのが特徴になります。長々と文章を作るのではなく、簡潔にまとめるという意味でも優れた記事なのです。

ビジネス文書を意識する場合は、事実のみを書き、余分な言葉をそぎ落とすことが武器になることも多くなります。報告書などをまとめる感覚として取り入れるのも方法で、短く文章をまとめるお手本的な記事にもなっています。

普段外字メディアなどに触れる機会が少ない人は、こういったビジネス文化があることも知っておくのがおすすめです。

転職を成功させるためのポイントですが、一番最初の項目が素晴らしい印象を残すことになっています。書類での応募で気をつけたいこと、面接時に気をつけたいことが短くまとめられています。

履歴書や経歴書に関するノウハウは多く、面接に関するノウハウも補足に使える情報もいくらでも得られるのが現代社会です。

握手をするというビジネス習慣は日本では馴染みませんが、外資系では一般的に存在することにも理解が必要になります。

また、アイコンタクトを取ること、明瞭に話すことに触れられていることもポイントになっています。

アイコンタクトを取り、面接官の表情を読まないとどのタイミングで話しをすればいいのか、どのような印象を与えているのか把握しづらくなります。

意識して表情を出さないようにする面接管も珍しくないため、不安にならずにそれでも目を見てしっかりと意志を伝えられるかは大切になります。

面接は発言の内容だけでなく、声の聞き取り安さも重要になります。人に聞いて貰うことを意識して早口にならないように話すことは意外と大変なケースもあります。

不安がある場合は自分で声を録音し、普段の喋り方などが聞き取りづらくないかチェックするなど積極的に見直すことも大切なのです。

フォローアップの重要さ、面接中に意義のある質問をする重要さ

フォローアップの重要さ、面接中に意義のある質問をする重要さにも触れられています。

見落とされがちなのが、余裕がなければこれらの行動を取ることが難しくなることです。忙しい状態であればフォローアップは省略しがちで、意義のある質問は何かという思考もストップしがちです。

その後に続く企業や仕事に関する調査もおろそかになり、どうしても条件などをベースに複数の企業に応募しては落ちてしまうというマイナスのスパイラルに陥りやすくなります。

転職活動に焦るほど余裕を失いがちで、一社一社丁寧に対応するという意識が欠けてしまいがちなのです。自分を見失わない範囲で応募件数を絞り込む、よく調べて働きたいと思った会社の面接に力を入れるなどメリハリも大切になってきます。

企業や仕事の情報を調査することは、有意義な質問をすることにも直結します。企業のことを良く知らない状態である場合や、仕事を知らない状態で面接に行ってもやる気を疑われてしまいます。

面接の質問は業務について知った上で深掘りするものや、企業のホームページなどで確認できない情報を聞くのが基本です。基本を守れないとビジネスのイロハすら知らないと疑われる恐れがあるため、中途採用の転職者ほどシビアに考えたいポイントになるのです。

徹底攻略|就活・転職の個人面接で合格を勝ち取るための30の手順

即戦力を求められる場合もあるからこそ、質問したいことを事前に練るなど工夫をする必要があります。

先を見すえて人脈を作っていく意識
最後のポイントになる人脈も重要です。

他人から信頼をえていれば、人から仕事を紹介して貰えるチャンスや、直接ヘッドハンティングされる確立なども上がります。

実際に成功している人間からアドバイスを受けられる場合や、企業への口利きをして貰えるチャンスなどもでてきます。

人脈がない場合も転職エージェントを頼る、SNSなどを経由して仕事を探していることをアピールするなど工夫は可能です。

体面を重視して隠そうとする人もいますが、実際には隠さない方がプラスになることも多いのです。

たとえば、退職が決まっているのに次の転職先が決まっている場合などはしっかりと宣伝をした方が良くなります。

この際にマウントを取りにくる人間はビジネスにプラスになる人間ではないため切ってしまうのも方法です。

外聞を気にして実力を発揮できないことは自分の人生の損失になります。有能、有用な人間であるほど周囲が助けてくれる確立も上がるため、積極的に公開して味方を増やす人も多いのです。

転職先を探しているという情報が次のコネクションに繋がることもあるため、先を見すえて人脈を作っていく意識も大切になるのです。

転職エージェントを使っても上手くいかない|たった5つで成功へ導く

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。