私の周りの誰かがなんとかしてくれる就職戦線|キャリアニュース

私の周りの誰かがなんとかしてくれる就職戦線

学校を卒業して卒業生たちがゾロゾロ就職に向けての準備を始まっています。

しかし、就職に関して学生たちはみんな気が進まないようで、就職せず派遣やアルバイトで生活をまかなっている人も多いです。

アルバイトばかりしていて、多くの時間数で働き、職場でも必要とされていて、評判も普通にいいので、単に労働したくないということではないです。

何となくを理由に、就職してなくてもどうにかなると思う人間が複数いるというのが現状です。

「就職したくない」学生と「すぐ辞めてしまう」若手社員に思うこと

 ある大学の3年生ですが、学校でもそろそろ就職に向けた活動が始まろうとしているものの、就職に対して気が進まないそうで、就職せずに派遣の仕事やアルバイトで、当面生活しようかと考えているそうです。

 今もアルバイトはしていて、結構な時間数を働き、職場でも頼りにされていて評判も良いらしいので、決して勤労意欲がない、働きたくないということではありません。
続きはー「就職したくない」学生と「すぐ辞めてしまう」若手社員に思うこと|Biglobe

派遣やアルバイトでもどうにかなると感じている人が多い

会社員でやめてしまった人間も複数いて、正社員として転職しない人もいるため、派遣やアルバイトでもどうにかなると感じている人が多いみたいです。

しかし就職してみれば、考え方が変わる人がいると感じるので、実際に就職してみると思うほど嫌ではなかったという話も聞きます。
とりあえず、社会人になることがそんなにあこがれにならないことだと思われることが大変問題となっています。
それが原因で就職を望まない人が現状なのです。

また、早期退職するひとにとっては希望の仕事ではない、勉強したことを仕事に活かせなかったという理由で退職した人もいます。

会社に与えられた仕事にただしたがっていたことで今まで学んできた専門知識と関係ない仕事をやったり、異動希望が叶うのはまだ5年後という感覚でやっているので、新人社員はやめたいと思う気持ちに当然なってきます。

会社に貢献したいと思うような会社でない限り、そんなやり方じゃ社員はついて行かないでしょう。

あと、仕事が自分に合わないと言っている人もいますが、会社側が顧客志向じゃないことや、やりたい仕事をさせてもらえなかったり、
もう一ランク上の仕事をやりたくてもそんな環境化じゃない状況ということがあります。

また仕事を取り扱ってもらえず、ただ黙って働けばいいんだという会社側の対応が優秀な社員を逃すことになってしまいます。

あと、昔から引き継がれている終身雇用の風習が今でも引きずっている会社がまだまだあります。

その会社は社員のそれぞれの価値、希望する仕事、キャリアにはあまり触れず、会社の都合で社員側が合わせることが当然という振る舞いをします。

しかし、将来の保証ができない環境化にいると、未来のために今は我慢するということが成立しづらくなってきます。
半年や1年はそんな期間を我慢できても、3年や5年となるともうダメです。

就職したくないという学生とすぐ辞める新入社員がただ甘えているという風潮があります。
しかしその反面、働くことに魅力を感じさせない先輩社員たちにも原因があります。

楽しく仕事している社員が多くないと感じます。

だから先輩社員が新入社員に働く楽しさや、仕事をする魅力を伝えるのは必須なことになります。

・会社員じゃなくても、アルバイトや派遣で働いても収入面の問題があまり感じられない
・会社員になることがそんな魅力を感じない
・退職する人にとっては希望の仕事内容ではない
・キャリアと関係ない仕事をして、いままで積んできた知識と経験が水の泡になってしまった
・会社側が社員の希望に鈍感になって、会社の都合で社員を働かせてる会社が数多くある。
・先輩社員が新人社員に会社員になるあこがれや仕事する楽しさを伝えなければならない。

就職したくない人は今の現状に満足している人も中にはいて、大卒でもこの先就職しない形で生きている人も多数います。

ニートになり、働かなくても親がなんとかしてくれる
国の支援金でなんとかまかなえるなど、働かなくてもお金面に関してはそんなに困らないことも中にはあります。

ただ、働きたくない、仕事をしたくないという理由で就職につかず社員として生きていくことにあこがれを感じないことも仕方がないのが現状です。

どこかに属して会社の社員になりたいという夢がない限り、別に社員じゃなくてもいいというものが心のどこかあるので働かないというものがどこかあると感じます。

今現在、夢やあこがれがない人間も少なくなく、別になりたいものがない、やりたいことがないことも原因としてあると感じます。

会社員で働いたとしても、中には数多くやめる人も存在しており、思っていた仕事内容じゃない、会社環境も希望してたものじゃないと思いを寄せる人も多いです。

会社側の社員をどう育成するか、社員の希望することはなんなのか、しっかり把握して対応しない限りいつまでも社員が働くことが億劫になるのは仕方がないことになります。

会社や先輩社員が新入社員にちゃんと会社員として働く良い見本を見せないと良い人材がどんどん失われていくことになってしまいます。

でないと、会社員が続々と辞めていくの人も仕方ないことなのが現状になっていきます。

世の中まだブラック企業が数多くあるのも原因の1つ

やはり、世の中まだブラック企業が数多くあるのも原因の1つなんじゃないかなと感じます。

現在パワハラ、セクハラ、いじめ、人間関係、など会社にいて、悩みがあるという情報をテレビやネットで良く目にします。

確かに自分にとって職場環境が悪いとせっかく入社しても働くことが難しくなる可能性が出てくるようになります。

あと労働条件がなにかと厳しい所や雇用形態、収入面などにより社員側が働くのを辞めたくなるところを1つ1つ改善せねばなりません。

また新たな人材が入ってきても、いつのまにか社員がいなくなってしまっていることにもなりかねません。

なので、社員のことを良く考え、働きやすい環境を作ってあげることが第一条件となります。

ここで働きたい、会社に貢献したいと思えるような立派な会社にすることにより、社員が会社をやめるということがなくなっていきます。

この記事のライター

  • hebityan
  • 女性・18歳
  • 学生

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。