がん早期発見の健康診断は社会と企業のリスクヘッジにも|キャリアニュース

がん早期発見の健康診断は社会と企業のリスクヘッジにも

日本はがんは昔から悩まされる病とされており、そのガンになり医療に行きながら、働き続けている人がなんと50%以上に上乗りました。
3年前よりはその治療がなくなって治療と仕事の葛藤が続き、その現状が現在社会の問題となっています。

全国の18歳以上の3000人から調査をうかがうと、1647人の55%ががんの対策をしていると回答がありました。

がん治療と仕事「両立困難」が57% 内閣府世論調査

がん対策に関する内閣府の世論調査で、がんの治療を受けながら働き続けるのは難しいと考えている人が、57%に上りました。3年前の調査よりは減ったものの、治療と仕事の両立が引き続き、課題となっている実態が浮き彫りになりました。

内閣府は、ことし7月から先月にかけて、全国の18歳以上の3000人を対象に、がん対策に関する世論調査を行い、55%にあたる1647人から回答を得ました。

それによりますと、がんの治療や検査のために2週間に一度程度、病院に通う必要がある場合、働き続けられる環境だと思うか質問したところ、「そう思う」と答えた人が37%だったのに対し、「そう思わない」と答えた人は57%でした。
続きはーがん治療と仕事「両立困難」が57% 内閣府世論調査|NHK

がんの治療を受けながら働くのは難しい

がん治療と検査をするために2週間に1回は病院に行く必要があると回答した人は37%いて、必要がないと思った人は、57%いました。

必要がないに回答した人によると、24%が体力的に難しいが多く、その次に21%が病院に行く代わりに仕事をする人間がいない、いても頼みにくい、その次の19%が職場を休むことが出来るのか難しいとの回答が多く寄せられています。

がんの治療を受けながら働くのは難しいと考えてる人が、3年前と比べたら7ポイント減少しましたが、まだ6割近く上回っています。

厚生労働省は「企業の意識改革を後押しするとともに、医療機関などと連携しながら、治療と仕事の両立ができる環境整備を進めていきたい」と話しています。

日本は現在社会においてがんは深刻な悩みがある病気だと感じます。

そんな中で、労働時間が長い日本からしたら、忙しいところにがん対策・治療している場合じゃないことがわかります。
対策もできない、治療もできないのは環境がそうさせないとても厳しい現状が背景にあります。

仕事をちゃんとしなきゃいけない上で、がん治療しなきゃいけないと分かっていても行く時間がない、行く暇がない、会社の人に迷惑をかけてしまうなどの負担と天秤にかけないといけません。

ガン治療や検査を2週間に1回は必要だと思う人が37%という約3割程度の人は行くべきと思っていて、

必要ないと思う人は57%という半分以上はそんなにがんに対する対策や検査はしなくてよいと思っています。

必要ない人はやはり、自分の健康より仕事を何より優先してしまうところがあるとよく分かります。

がん治療しながら仕事を進めていく、両立が難しいと感じている人が多いので、国から将来的に医療と会社を連携していく環境を提供することが、この先進められる課題なのだろうとわかるニュースとなっている。

「がんの治療を受けながら働くのは難しい」関して6つのポイント

6つのポイント

・仕事と健康の両立がなかなかできない。
・自分の体を大事にしていない人が多い
・がんの対策や治療ができない背景に日本人の労働の長さが物語っている。
・がん治療より会社の立場や仕事が優先
・仕事に責任があると、なかなか医者にかかることが難しくなる。
・この先の未来、健康を考えるとがん対策・治療を重点的に置かなくてはいけない日がくる。

やはり、企業でも人材のがん治療・対策に力を入れており、サポートを充実させるために勤務形態を変えている会社もあるそうです。

人のことをよく考え、治療を専念する会社があるとなると、日本の企業の将来もがんに関してのサポートしてくれるところが多数現れる未来も来るんじゃないかと感じます。

がん対策・治療と仕事の両立が出来るよう、健康第一に考えれる夢もそう遠くはありません。

特に、定年で長く働いている人が増える中、健康を考えて仕事と両立させる対策は必要になってきます。

確かに会社に行って働くことはとても大事なことです。
大事だからこそ、自分の体のことをおろそかにしてしまうのも無理もありません。

しかし、体の健康を害すると、仕事もできない状況になってしまいます。

健康を害して医療で治療して、医療費がかかってしまうとなるとお金もかかってしまいますし、会社側にさらに迷惑をかけてしまうことになってしまいます。

がん早期発見のために会社が健康診断を年に複数回準備する事はリスクヘッジになる

がん早期発見のために会社が健康診断を年に一度必ずやらないといけない理由がここでよく分かります。

さらに言えば、健康診断を年に1度だけじゃなく、年に3回、5回と増えればこのようながんとのリスクに関する問題も減少するんじゃないかなと感じます。

それだけにとどまらず、医療の発達や治療への充実もしっかりサポートしていれば、このような健康のことを考えるこのも少なくなることが示唆します。

私たちのがんに関係する問題がなかなか避けて通れない難しいところがたくさんありますが、これは企業側が人材の健康のことも考えてくれるような職場にしない限り、なかなか自分の体と向き合えない所があります。

がんになって健康を損ねてしまったら、最悪生きていけなくなる可能性だってありますし、仕事を辞めざる負えなくなってしまいます。
そうならないように、仕事より自分の体を第一に考えれるような社会を作り、自分の体を大切に思えるようにしなければなりません。
だから私たちや多くの人が国や会社に対して声を上げないといけません。

今はがんになる原因がストレス社会や食生活などで深刻になっている中、
がん対策・治療をしない限り、この先企業に労働をもちいる人間が減ってしまいます。
これは人だけではなく、会社側も大きな痛手になってしまいます。
早いうちに対策を打たないと社会全体の日本の企業に良い未来像がなくなってしまいます。

この記事のライター

  • JS
  • 女性・41歳
  • ウェブライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。