面接は自己PRの場ではなく企業貢献可能性のプレゼンである|キャリアニュース

面接は自己PRの場ではなく企業貢献可能性のプレゼンである

転職をする時にどうしても勘違いしてしまうという人がいます。

それは特に40代以降のそれまで順調に仕事が上手くいっていてそれなりに仕事に対して自信がある人に多いです。

そのため本来なら自分を転職先で使ってもらうという意識に欠けているという事があります。

確かにそれまでの職歴にそれなりに自信があるというのはあるかと思います。

ですが、そのせいで転職先で自分が仕事ができるのかという事を全く考えないという弊害もあります。
なぜなら、それまで自分は十分仕事ができていたという自信があって転職先で活躍できないとは想像もしてないからです。

危ういミドルの「猪突猛進」転職 「面接=自己アピール」という勘違い

40代のみならず、50代以上の転職活動もこれまでにないほど活発化しています。当社にも50代のミドル・シニアや、経営の第一線をいったん退くことになった幹部層からの転職相談が急増しています。

そのようななか、私が感じている大きな問題の一つが、ミドル・シニア世代の転職者に「猪突(ちょとつ)猛進」「手当たり次第に突撃」型の転職活動者を多く目にすることです。そもそも今後の生活や人生がかかった真剣勝負のシニアの転職活動が、なぜそのようなことになってしまうのでしょうか。
続きはー危ういミドルの「猪突猛進」転職 「面接=自己アピール」という勘違い|Yahoo!ニュース

素晴らしい経歴を延々とアピールしてしまうという誤り

そのため本来ならもっと転職先で自分が活躍できるかを確認しながら転職活動をすべきなのがそれを怠って
自分の素晴らしい経歴を延々とアピールしてしまうという事になりかねないです。

そういう事をしていると採用する側が良い気分になるはずもなくこの人は本当に役に立ってもらえるかのかなり疑いの目で見られる事が多いです。

会社からすればこの人は本当に会社の役に立つ人間なのかと思われるので自分のそれまでの職歴をあまり誇って語るような事はしない方が無難です。

残念ながらいくら今は死ぬまで働くのが普通になってきたとはいってもミドル以上の人を新たに雇うのはそこまで積極的ではない会社が多いです。

特にこの記事でも言われているように自分がちょっと関心があった職に気軽に応募しまくるという行為は控えないといけないです。

その姿勢から見えるのは単に転職活動を熱心にやっているというよりは転職活動をかなり甘く見ているようにしか見えないからです。
会社からしてもそんな姿勢で転職活動をされても困ると感じています。

自分はこれまでこれだけ活躍してきた人間だからどこに行っても活躍できると思っての事かもしれないですが、実際にはどこに行っても通用するという事はないです。

自分が実際にどういう事をやってきてどういう事ができるかを冷静になって考えて転職先も厳選しないといけないです。

そうしないと、とにかくどこかに応募しておけば転職可能と思うのは間違いです。
その姿勢が相手にも見透かされるので間違っても軽い気持ちで手当たり次第に転職活動をしてはいけないです。

ミドル以上の自信家は危険。若い人を見習うべき

若い人はミドル以上の年齢の人より危機感を持って転職活動を行っています。

ミドル以上の人だとどうしてもそれまでの会社の立場を考えてしまって転職活動を甘く見るというのがあります。
それで具体的に何が起きるかというと本来ではやってはいけない転職先の事を知りもしないでとりあえず条件だけ見て応募してしまうという事が起きます。

その最たる原因は自分なら大抵の事ができるという勝手な思い込みによって起きます。
実際はそんな事はなくそれまで働いていた環境がたまたま良かっただけで勘違いしてしまうという事があります。

実際にそれまで営業職として会社で活躍していたという人が転職をしたミドル以上の方がいたのですが、その方は自分がそれまで活躍で来ていた事からどこに行っても転職が上手くいくと思い込んでいました。

いざ転職活動をすると想像以上に厳しい現実を見て絶望。なぜなら、実際に自分が得意だと思っていた営業職への転職でも会社が違えば全く様子が違うというのを知ったからでした。

実際に転職活動をして面接までいってもそこで営業方針の違いを知ってそこでは自分はやっていけないような事を言われ愕然としたという人もいます。

その方はそれまで自分が長年営業で会社で重宝されていた事もあってかなり自信を持っていました。

それは営業だから活躍できたのではなくその会社だったから重宝されていたとだけというのは、珍しい事ではなく結構あります。

ミドル以上の方は自分の狭いコミュニティがすべてだと勘違いをできるだけ捨てて転職活動をしないと上手くいかないでしょう。

やるならもっと謙虚になり、どういう事が可能でありどのような会社でなら活躍できるかを真剣に考える必要があるのです。

焦ってとにかくどこか良さそうな条件の就職先に転職できれば良いと思うのは間違いです。

そんな考えでいる限りはどこからも採用されないです。経験豊富というのは採用する側からすれば大して魅力に感じないのです。

そこを勘違いしている人が意外と多いです。確かにある程度仕事に自信がある事自体は悪くないです。

ですが、それだけでどこに行ってもやっていけると思うのは大間違いです。
そのように思っていると転職先を考えないで自分は雇ってもらえると根拠のない自信を持つ事になります。

それだと絶対に転職は無理なので自分がどの会社でなら役に立てるかという事をしっかり研究してから転職に臨むのが重要になります。

その謙虚さがどれだけ輝かしい職歴があったとしても欠かせないです。

この記事のライター

  • かな
  • 女性・38歳
  • 社会保険労務士

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。