働く女性の出世したくない症候群「プライベート」「家族」|キャリアニュース

面接は自己PRの場ではなく企業貢献可能性のプレゼンである

世の中で出世をしたくない女性が増えていることをビジネス誌「プレジデント」を発行するプレジデント社が運営する総合情報サイト「プレジデントオンライン」が伝えました。立命館大学の筒井淳也教授は「転勤」と「労働時間」の2つの問題点を指摘しています。

私もキャリアウーマンとして働いた経験があり、納得できる部分はあります。女性のキャリアについて知人のコンサルタントの解説を下に、さらに深堀していきたいと思います。

なぜ日本女性はそこまで出世したくないのか

日本女性のキャリア志向は、世界的に見て低いと思います。長く働き続けたいという女性の数も大きくは増えておらず、現状では「女性のキャリア意識が顕著に高まっている」という証拠となるデータはないと思います。

とはいえ、これから徐々に高まっていくと考えられます。終身雇用が崩れつつあり、雇用形態も不安定化しており、共働きでないとリスクが高いと感じる人が多くなるだろうからです。

性別分業を脱して、平等な均衡状態に持っていくためには、政策支援も必要ですし、個人の意識も変わらないといけません。非常にゆっくりではありますが、共働きが増え、それに伴って管理職に就く女性も増えていくでしょう。
続きはーなぜ日本女性はそこまで出世したくないのか|President

出世したくない症候群

昭和、平成の前半では、会社に就職して、係長、課長、部長というように順調に出世をし、定年退職を迎えて余生を過ごす。そんなライフスタイルが当たり前とされてきました。

しかし、近年では、女性の中で会社に勤めているものの、生活を最優先に考え、「できれば出世をしたくない」と考える人が増えてきているのが事実です。一部では、このような男女を「出世したくない症候群」と呼ぶこともあると言われています。

考え方は人それぞれですが、出世をしたくないと考えるのも自由です。特に20~30代の女性は、結婚や出産といったライフサイクルの変化も関係しており、出世を考えるけど諦めるといったケースも実は出ています。

「出世をしない」という生き方を選択することは、将来的にどのような影響があるのでしょうか。そして、出世をしないと決めた場合、会社でどのように立ち回ればいいのでしょうか。

筒井教授は男女平等に近づける重要性を指摘しており、女性のキャリアアップには「日本的雇用」を問題視しています。

特に、2019年6月に炎上したカネカの件を取り上げ、転勤が特に問題の元凶になっているとしています。

そもそも、転勤が嫌と思う人や出世を拒む人たちは、ただの怠け者ではないのです。

転勤は子供への急激な変化を与え、キャリア形成に影響が出てくることが考えられるからです。一言で説明しますと、「仕事内容の急な変化がストレスになる」ということですね。

出世をすると、自分の仕事だけをすればいいというわけではなく、部下や後輩の面倒を見る機会も増えます。

また、転勤をした場合には新たな環境に身を置くことになり、自分が新しい役職となったときから、仕事内容には変化が増えるので、ストレスを受ける機会も増えるのです。そのため、「転勤は嫌だ」=出世をしたくないと思ってしまうのです。

また、筒井教授は残業が常態化していることに警鐘を鳴らしています。

一番の問題点は「プライベートがなくなる」

一番の問題点は「プライベートがなくなる」ということが挙げられます。

残業が続き、出世をして責任ある立場に立つと、たとえ休日であっても仕事上のトラブルなどが起こった場合、職場へ向かう必要が出てきます。さらに、トラブルはいつ起こるか、いつ収束するか予測できないものです。

自分の時間を自分でコントロールできないことは、大きなストレスにつながるため出世を拒むケースにつながると考えられます。

このほか、知人のコンサルタントは女性が出世・昇進・キャリアアップすることで「周囲の目を気にする機会が増える」ことも問題点として指摘しています。

出世をすると、周囲の見る目が変わります。

行動一つとっても、本人は以前と変わらないことをしているつもりなのに「課長なのに休憩ばかり」「部長はスマホばかりを見ている」といったような見られ方の変化が生じるのです。そこで、ストレスを受けることもあります。

これも出世はしたくないと感じる理由として考えられるのではないでしょうか。

また、人間関係の変化に対して困惑することも考えられています。

今まで同じ役職だった同僚と立場が変わることにより、心の距離を感じてしまう人も少なくありません。

特に女性は「仲間意識」が強いとされており、誘われていた飲み会に誘われなくなったり、休日のイベントに呼ばれなくなったりと、徐々に距離が開いていく寂しさを感じることもあるのです。女性は出世に伴うこのような環境の変化を嫌う人も多いのが実情です。

男性でも言えることですが、出世をすると、部下の面倒から、トラブル対応など仕事の範囲が多岐にわたります。

正直、「仕事の区切りが分からなくなる」場合も多々あります。「ここまでやったら今日の仕事は終わり」という場面が減り、「次やるべきことは?」と次の仕事を探すことが仕事に変わっていきます。

出世をすると会社の発展を考えることも必要となるため、ひとつでも多くの仕事をこなすことで、会社の発展を実現していくことが要求されます。いつも何かに追われているような状態は身体的にきつくなるのです。

抵抗感が大きいのが「家庭との両立が難しくなる」こと

一番女性の中で抵抗感が大きいのが「家庭との両立が難しくなる」ことが挙げられるのではないでしょうか。

会社では役職者であっても、家庭では役職者ではありません。

自分のパートナーは部下ではないので、自分の思うように動いてくれなかったり、自分の考えの範囲外の行動をとったりすることもあります。日常生活において仕事を優先させるべきか、家庭を優先させるべきか悩む機会が増えてしまいます。

このように、「出世」を臨まない人はそのままでいいのでしょうか。

知人のコンサルタントの見解では、「出世という道を選択しない決断をしてもいいとは思いますが、その場合は自分が働く会社の状態と、その会社が進もうとしている方向、そして自分の人生をどのように送りたいかをよく考えてから決断したほうがいいでしょう」と言っています。

育児休暇中の給料については会社側に支払いの義務がないため、休んでいる間どうなるのかという扱いは、実質各会社に任されています。

育児休暇の申し出があった場合には、会社側がこれを断ることは禁止されていますし、あなたが休むと代わりの人がいない」などの理由で出産に伴う休暇や育児休暇を会社側が拒否することも禁止されています。

ただし、ご自身が職場に戻ったときの状態を考えて、今の会社の姿勢をよく見極める必要性はあると思います。働き方を選べるようになりつつあるということは、会社に自分の待遇を委ねるのではなく、自分ことは自分で責任をもつ必要性が出てきたという捉え方でいると気持ちが楽になると思います。

出世をするということは、マネジメント能力を高め、それを「自分自身の武器」にできるというメリットが出てきます。

今後AI化が進んで現場での労働力の必要性が減少してくると、幅広い仕事を管理できる能力が必要となってきます。

20代から管理能力を養っていけば、将来的にも必要とされる場面が増えていき、万が一自分の仕事がなくなった場合にでも、管理の仕事に就くことができる可能性が高まると前向きに捉えることもできます。長期的な視点で考えた場合には、いろいろなことを楽しめる選択をしてもよいのではないかと思います。

いかがでしたでしょうか。ワークライフバランスが重要視される現代において、会社での出世が人生のすべてという考え方は古いと言えます。

しかし、出世をすることで得られるものがあることも事実です。

責任から解放された自由な生き方を選ぶか、20年30年先を見据えて出世をして経験を手に入れるか、それは個人の考え方次第です。どちらが有益か、よく考え、より良い働き方を獲得できることを願っています。

この記事のライター

  • JS
  • 女性・41歳
  • ウェブライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。