社員を軽視し「人財」がない会社は倒産の危機へ|キャリアニュース

社員を軽視し「人財」がない会社は倒産の危機へ

人手不足が起きているために特に困っているのが中小企業です。
このニュース記事でも言っているように大企業も中小企業もどこも人が足りないので困っている状況です。

その中でも特に深刻なのが中小企業の人手不足です。
なぜなら、中小企業はどうしても大企業以上に人が来ないからです。

関連記事:ベンチャーIT企業に転職する際のチェックポイントとアプローチの仕方

増える人手不足倒産…「社員を軽視している会社」の断末魔

中小企業の人手不足が深刻化しています。2018年上半期における「人手不足倒産」の件数は3年連続で前年同期を上回り、2013年1月の調査開始以降の半期ベースでも最多を記録しました。

中小企業が生き残るためには、まずは冷静に問題点を分析することが求められます。

そこで本記事では、菓子卸・流通業でナンバーワンの利益率、在庫回転率、返品率の低さを実現した株式会社吉寿屋の神吉武司氏が、中小企業の問題点について解説します。
続きはー増える人手不足倒産…「社員を軽視している会社」の断末魔|Yahoo!ニュース

中小企業の不安定さが「人財」を「蓄財」できない要因

どうして中小企業だと人が集まらないかというと中小企業の方が安定しないからです。日本では未だに大企業に行っていれば安心という風潮があります。

実際に中小企業よりは大企業の方が安定感はあります。

そのためにどうしても人手不足のしわ寄せは中小企業にいきやすいというえるでしょう。
また、中小企業はどうしても待遇面も十分でない場合があります。

この記事にもありますように中小企業はワンマン経営がほとんどで、会社の運営を誰か一人ですべて決めているような傾向にあります。

最近は中小企業でもワンマン経営だった企業が改善の意思を強く見せてきています。が、全てが後手に回り有言実行には至ってません。

大企業と中小企業と違いはまさにここで、社員のために自分達をどこまで変えていく確固たるプランがあるかという点で大きな差があります。

大企業は法令遵守・コンプライアンス・労働者保護が厳格な場合が多く、そうしなければ人材が集まら無いという危機感をひとしおに感じています。

中小企業の多くはショートスパンの利益を優先にして考える

社員を大事に育てる「人財の蓄財」というロングスパンの視点が、中小企業の多くは体力からも難しく、ショートスパンの利益を優先にして考えています。

会計上のやりくりや資金調達面の問題から、まず目先の重大な課題「帳簿上の収支」が全てに優先されます。

これにより社員の優遇制度や給与体系の改善の優先度が下がっています。加えて、社員にはきついノルマと低賃金がつきまとい、離職率の高さの要因ともなります。

結果として、「チャンスがあれば辞めて別の会社に行こう」「ここで頑張らなくくてもいい」という考えが会社内に根付き、それによって今のような人手不足の時代には中小企業は倒産の危機になるというわけです。

これは不景気の時代なら違っていたでしょう。

世の中が不景気で就職できる所がないと多少労働条件に不満があってもそこで働き続けるしかありませんでした。

今は、現在の働き方にまで不満があったら企業規模に関わらず転職という行動に出やすい状況です。

また会社に大きな不満があると社員同士もギスギスする傾向もあるので人間関係の悪化も起きてさらに離職者が増える事になります。

時代に合った経営をしていくことが中小企業に求められている事を経営者は理解しないといけないですね。

関連記事:初めての転職エージェント|最大限に利用して転職成功するための重要ポイント

この記事のライター

  • かな
  • 女性・38歳
  • 社会保険労務士

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。