派遣を選ぶ理由3位は派遣のほうが就業チャンス多い|キャリアニュース

派遣を選ぶ理由3位は派遣のほうが就業チャンス多い

この記事では、エン・ジャパン株式会社が自社で運営する派遣情報サイト「エン派遣」において、サイト利用者にアンケートを行った結果についてまとめています。

メインの記事は、なぜ正社員、契約社員ではなく、派遣社員で働くことを希望するのか、という意識調査となっております。

派遣で働く理由、 「勤務時間や勤務地などの条件を選びたい」。-「エン派遣」ユーザーアンケートー

(前略)

「あなたが仕事を通じて叶えたいことは何ですか?」と伺ったところ、「普通に働いて生活できる収入を得たい」(42%)が最多でした。

20代と30代以上で、10ポイント以上差が出た項目は「普通に働いて生活できる収入を得たい」(20代:19%、30代以上:41%) 、「プライベートを充実させたい」(同50%、34%)、 「収入を得て家族を支えたい」(同26%、36%)、 「限られた期間(時間)でできるだけ稼ぎたい」(同49%、29%)、「自信をつけたい」(同25%、8%)でした。
続きはー派遣で働く理由、 「勤務時間や勤務地などの条件を選びたい」。-「エン派遣」ユーザーアンケートー|エンジャパン

派遣社員とは

派遣社員とは、雇用契約を結んだ会社とは別の会社で働く労働者のことです。

労働者は雇用契約を結んでいる会社から、実際に働く会社へと、「派遣」される形になるため、派遣社員と呼ばれます。

労働者のAさん、派遣会社のB社、派遣先企業のC社があったとします。

契約社員との違いは、契約社員Aさんは企業C社と直接雇用契約を結び、契約期間の間、C社で働くC社の社員となります。

一方、派遣社員Aさんは、派遣会社B社と雇用契約を結び、B社の社員となります。給料は雇用関係にあるB社から支払われ、社会保険や福利厚生の提供もB社から受けます。

但し、毎日勤務するのはC社となります。仕事の指示や指導を受けるのもC社の上司となります。

派遣会社B社と派遣先企業C社は派遣契約を結ぶ関係となります。C社はB社に対して、人員の派遣を依頼、B社はAさんを派遣する対価として、派遣料金を受け取ります。

この派遣の仕組みより、万一、AさんがC社と合わなくて仕事がうまくいかなかった場合は、B社はAさんに代わってDさんという労働者をC社に派遣することができます。
AさんはB社より、また違う派遣先企業E社に派遣してもらうことができます。

さらに、B社の派遣契約のあるC社が、F社と派遣契約にある場合、AさんがB社からC社に派遣され、C社からF社に派遣されるということもあります。この場合、仕事の指示や指導を受けるのはC社の上司の場合もあり、F社の上司の場合もあるということになります。

あなたが仕事を通じてかなえたいことは何ですか?

アンケートの結果は、1位は、普通に働いて生活できる収入を得たい、2位は、プライベートを充実させたい、3位は、収入を得て、家族を安定させたい、となっています。

実際の職場で聞いたところ、派遣社員で働いている多くの人が正社員になりたい、もしくはなりたかったと思っている人が多いようですが、現実的に、希望する職種では、派遣社員の仕事しかなかった、ということが現状として挙げられます。

正社員の職を見つけるよりも、中途採用の場合は、派遣社員として仕事を見つけることのほうが手軽である点が挙げられます。

短期間で仕事につきやすい点が派遣社員として、仕事を探せるメリットです。正社員の職は、新卒やエグゼクティブ、エキスパートならば見つかりやすいですが、一般職や総合職の場合の中途採用の場合は仕事を見つけるには時間がかかることが多くあります。

派遣で就業してみて、かなえられたことは何ですか?

アンケートの結果として、1位は、色々な仕事や職場を経験できた、2位は、仕事の経験、スキルを磨くことができた、3位は、普通に働いて生活できる収入を得た、となっております。

派遣社員として働く場合、他社から出向で来ているという自覚と緊張感から、スキルを磨く方に意識が向けられるようです。色々な仕事や職場を経験できたということは、次に、他の会社で働く場合にも、強みになるでしょう。

3位の結果を見ると、やはり、派遣で働くことは普通に生活のためという意見が多いようです。

派遣のお仕事を選ぶ理由は何ですか?

アンケートの結果としては、1位は、勤務時間や勤務地などの条件を選びたい、2位は、アルバイトやパートより時給が良い、3位は、派遣会社を通したほうが就業チャンスが多い、となっております。

一昔前は珍しかった派遣社員も、今では定着しています。派遣会社を通したほうが、就業チャンスに恵まれ、より良い条件の仕事につきやすいことが派遣社員の形態が以前より定着した一因と考えられます。

勤務地が近いほうが、交通費もかからず、生活もしやすく、何かと安上がりになります。勤務時間も生活形態に合わせて選べるほうが、子育てをしている家庭にとって、やはり安上がりになります。あきらかに、アルバイトやパートよりも派遣社員のほうが給料もよく、福利厚生も提供されます。

正社員で働きたかったとしても、ケースバイケースで、正社員、派遣社員のどちらが良いとも言えない場合も多くあります。

【派遣経験者76%が「派遣の働き方に満足」と回答。2017年に比べ、9ポイントアップ】

実際に派遣で働いたことのある人に、働き方の満足度を尋ねました。76%が満足していると回答しました。満足している理由をうかがうと、「時給もよく、社会保険にも加入できるので、正社員でなくても安定した生活が送れる」とのレビューがありました。ここ数年、派遣の社会保険や福利厚生が充実してきている点が大きく影響した結果と言えるでしょう。

派遣としての働き方も最近安定してきたようです。やはり社会保険や福利厚生が以前よりも充実してきたことが一因として挙げられるでしょう。

この記事のライター

  • S
  • 女性、40代
  • パートタイム

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。