売り手市場でも転職にはリスクがあることを忘れずに|キャリアニュース

売り手市場でも転職にはリスクがあることを忘れずに

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

日本の雇用は流動性が高い方向に進んでいて、転職も珍しいことではなくなっています。売り手市場で労働者の自由度が上がっている一方で、転職のミスマッチが依然としてなくならないことには注意が必要です。

これは自分のしたい仕事のイメージが固まっていない人が多いだけでなく、周囲と比較することや条件で仕事を決めてしまう人が珍しくないからでもあります。

人間関係が問題で転職に失敗するケースもあるため、転職活動をする前にチェックすべきことも多いのです。

「自分を殺す転職」というリスク。エージェントに急かされて失敗しないために

新卒で出会う会社が自分に合う職場かは入社してみなければわかりません。もし自分にもっと向いている仕事をしたい、キャリアアップを目指したいと感じるのであれば、転職を考えるのも良いでしょう。

しかし、他人のアドバイスを鵜呑みにして、人に流されるような転職をすれば、失敗してしまう可能性も。どうすれば自分が納得できる会社に出会うことができるのでしょうか。
続きはー「自分を殺す転職」というリスク。エージェントに急かされて失敗しないために|Yahoo!ニュース

売り手が有利であっても用意が不十分なら転職はリスクがある

売り手が有利といわれる転職市場であっても、用意が不十分であれば転職に失敗するリスクがあります。

これは自分がやりたい仕事像が固まっていないとミスマッチが発生しやすいだけでなく、企業の需要とマッチしない可能性もあるからです。

転職時にはどのような仕事をして、どのように成長していけるかというキャリアプランが大切になります。

20代など若いうちであればまずはチャレンジして知ることを優先してもいいものの、年齢が上がるほど転職は厳しくなっていきます。

より現実的にキャリアを考えないと、転職したくても求めてくれる企業がないという事態に陥りかねないのです。

人材としての需要が高い技術を身につけることや、スキルアップを重ねることは大切です。

キャリアプランは長期的にモチベーションを保つために必要で、ある程度の下積みが含まれるのもポイントになります。

下積みで基礎的な社会人としての能力を身につけるだけでなく、細かな修正などを加えられればより現実的な転職先を選べるのです。

実際にどのような企業が必要としてくれるのか、転職エージェントなどを経由して自分の需要をチェックすること大切です。客観的なスキル評価などを行い、社会の需要にこたえることを考えないと選択肢がどんどん減る可能性があります。

自分のやりたいことで稼げるわけではないことを前提に、転職のミスマッチを防ぐことは大切なのです。

転職にはヒューマンスキルも重要になってくる

転職で重要になるのが、ヒューマンスキルです。

記事中である、自分のことを理解している、初対面でも信頼できる態度を取るというのも基本的なヒューマンスキルの一つです。

対人関係を良好にするために工夫をすることは大切で、コミュニケーション能力が低く、うまく自分のやりたいことなどを伝えられない人間はそれだけ採用される確率が減ってしまうのです。

仮に採用されても、新しい職場でトラブルになる可能性もあります。

転職前の職場と同じようなトラブルが起きることもありえるため、自分に問題があったのか、職場に問題があったのか切り分けることも大切になるのです。

ヒューマンスキルに不安がある場合でも、改善のための努力や、技術力を磨いて転職を成功させる人もいます。

リファラル採用と呼ばれる、SNSの交流や、社員の紹介で転職する方法を活用し、長所を生かせる職場を探すのは一つの方法です。

コミュニケーション能力を補える働き場所を与えてくれる企業や、積極的に話し合う場を設けて改善を目指す企業なども存在します。

多くの人と触れ合う仕事が苦手であればリモートワークなどで自分の業務に専念できる仕事を探すなど、たくさんの選択肢があるのもポイントです。

自信がない部分は別な方法で補う、不利な能力が目立たない職場を探して転職するという方法もあります。

自分の課題を解決する、前進するような転職を目指すとミスマッチが防げます。

転職エージェントは営利で動いていることも理解する

記事中で触れられているように、転職エージェントで転職を急かされ、言いなりになってしまうとミスマッチの原因となります。

転職エージェントや転職サービスのほとんどは営利目的で行われていて、何らかの形で報酬を得ています。利用者の満足度も必要ですが、時に目先の利益が上回り、紹介する案件を偏らせるケースも存在するのです。

自己分析などと同様に大切になるのが、転職エージェントなどにNOを言えるかどうかです。

担当者によって紹介する企業や職種、条件などに大きな違いがあるのがポイントになります。

担当者との相性もあるため、うまく生かすためには担当者の変更をエージェント企業に要請したり、別の転職エージェントを利用するといった工夫も必要になるのです。

転職エージェントの担当者も、働く人間の一人です。

自分の欲や感情を持って動くため、しっかりとコミュニケーションがとれていないと紹介してくれる仕事のミスマッチも増えるのです。

自分が出した条件が厳しすぎるため仕事が偏るケースも存在するため、腹を割って話せる関係になれるかも影響します。自分の要望を通すためにコミュニケーション能力が必要になるのはどの業界でも変わらないのです。

比較対象の一つとして転職エージェントを利用し、ほかの転職サービスを併用する人も珍しくありません。転職を目指すのであれば、いかに柔軟にサービスを利用するかも大切になってくるのです。

この記事のライター

  • しらたま。
  • 男性・37歳
  • フリーライター