転職をする時に労働条件ばかり気にしていると思わぬ落とし穴|キャリアニュース

転職をする時に労働条件ばかり気にしていると思わぬ落とし穴

転職を考える時にまず考えるのが今までよりもどれだけ収入がアップするかというのがあります。
確かに転職する際には年収のアップを考えるのは重要です。

それが転職をする大きな原動力になるからです。
ですが、この記事にあるように転職をする時に労働条件ばかり気にしていると思わぬ落とし穴があります。

なぜなら、年収や役職がこれまでよりも良くなっても仕事内容がまるで違ってしまうリスクがあるからです。
自分がそれまで働いてきた業界と同じ業界で働く場合でもそういう事はあります。

年収アップもうつ病に…幸福な転職の決め手は「心が満たされるか」

 サラリーマンにとってキャリアアップを果たし、年収もアップというのが理想的な転職であることは言うまでもない。

 しかし、そこに落とし穴がある。広告系の営業課長として実績を残してきたAさんは、「もっと大きな仕事に挑みたい」と、節目となる35歳を目前に転職活動を始めた。

 そして見つけたのが、同じ広告業界の企業営業部長職だ。書類選考を無事通過し、1次面接も好感触。最終面接はその企業の社長だったが、「営業にとって顧客がいかに大事か」という話で盛り上がり、その場で採用が決まったのだという。
続きはー年収アップもうつ病に…幸福な転職の決め手は「心が満たされるか」|Yahoo!ニュース

それは同じ業界でも会社の方針によっては全く働き方も変わってくるからです。
そこを確認しないで労働条件だけ見て満足してしまって転職すると心を病んでしまう事もあります。

実際に転職をしてそのような悩みを人は多いです。
いざ、転職して働くようになると思ったような働き方ができなくて参ってしまう人は多いです。

その理由は日本の会社は未だにトップダウンの経営方針を取っている事が多く自分がいた会社とは全く違った経営をしているからです。
そのため同じ業界への転職ならそれまでの経験を活かしてなんとかなると思っていてもいざ働くようになるとそう上手くいかないで挫折してしまう事が普通にあります。

では、転職する時はどういう風に考えてやるべきなのかというとまずそれまで働いてきた会社の環境に大きな不満があるかどうかを重視して転職するのが
おすすめです。なぜなら、人間が働く上で幸福に感じるのは給料以上に気持ちよく働けるかどうかというのがあるからです。

もし、その職場の人間関係や会社内がギスギスしているようではとても幸福な職場とは言えないです。
そのような場合は遅かれ早かれ心を病んで働けなくなるので速やかに転職を検討すべきです。

その場合はいくら給料に不満はなくても心が全く満たされないので給料が減っても転職した方が幸せになれるかもしれないです。

つまり転職成功の秘訣は待遇が良くなることを優先して考えるのではなく自分がどれだけ満足できる職場にいられるかを重視した方が良いという事です。

確かに転職しようとする人の多くは今の待遇に不満を感じて転職を考える事が多いですが、その場合はもう一度自分は今不幸な環境にいるかを真剣に考えた方が賢明です。

いざ良かれと思って転職しても職場の環境が以前よりも悪かったという事があるので注意しないといけないです。

つまり転職で失敗したと感じる人の多くは待遇面でこれまでよりも良くなると思ってそこに飛びついてしまう反面そこがどういう会社か内部の状況は全く考えないで転職してしまうというのがあり失敗したと後悔してしまいます。

逆に転職をして良かったと思っている人の多くは給料は下がってしまったけれども転職して良かったと思っています。
なぜなら、こういう人はお金よりも仕事のやりがいや自分の理想の働き方を見つけたと思っているからです。

転職するのはずっと同じ仕事をする事自体に大きな不満を感じていた

そういう人が転職するのはそれまで働いていた会社の給料に不満があったのではなく、そこでずっと仕事をする事自体に大きな不満を感じていたからです。

それでそれまでよりも給料が下がっても自分がやりたい仕事をやれて満足できているというのがあったからです。

こういう心理になるのはそれまでの職場環境に大きな問題があった場合になりがちですが、今の職場に大きな不満がなく給料面で不満がある人も
転職の際には強く意識していくのが大事です。

なぜなら、転職したらそれまではとは全く違った環境で働く事になるのは意外とあるからです。
給料がこれまでよりも上がるからと思って転職したらそこはかなり厳しい内容を強いる会社であることも十分あります。

例えば昔ながらの経営者だと世間が休みの日も自分達は働くそれまでずっとそうやってきたと休みを取る事を悪い事だと思っている経営者もいます。

ですから、労働基準法違反スレスレのラインで労使協定を結んでギリギリまで働かせるという経営者もおり同じ業界でも全く精神的なゆとりがない職場もあるのでそういう事もしっかり見て転職していかないといけないです。

また、そういうブラックな考えを持った社長でも一見して人当たりは良さそうに見えてしまって面接で話をしていても特に悪い印象を持たずに労働条件や働き方の考えについて深くツッコまないで転職を決めてしまうのは非情に危険です。

意外と見た感じは物腰が柔らかくても経営方針や仕事のやり方に自分と差がある事があるので単純に給料は役職に魅力を感じて転職を決めるのはやめた方が良いです。

あくまで自分がその職場で働いてどれだけ自分のスタイルに合った働き方ができるかを考えて転職するか決めるのがおすすめです。

そこを全く考えずに条件が良いというだけで転職をしてしまうとそれまでとは比べものにならないくらいストレスを感じる事もあるので自分が転職後はどういう働き方をしたいかもしっかり考えて転職先を決めていかないといけないです。

この記事のライター

  • かな
  • 女性・38歳
  • 社会保険労務士

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。