きつい仕事だからこそ外人に任せたくない。現場の介護感|キャリアニュース

きつい仕事だからこそ外人に任せたくない。現場の介護感

介護は老人のお世話だからケアの要領だけ覚えれば良いと考えている人もいますが、実際働いてみてあまりの苦しさに肉体的、精神的な疲労を実感することのほうが多いでしょう。

介護実習では実際の人間ではなく人形を使ってケア体験することもありますが、それでは無駄なのです。実際の人の体というのはとても重く、仕事に希望を見いだせないことも少なくないでしょう。

介護留学生、初の2千人超 養成校入学、1年で倍増

 国家資格の介護福祉士を養成する専門学校や大学に4月に入学した外国人留学生数は、初の2千人台となる2037人に上り、昨年から倍増したことが3日、公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」(東京)の調査で分かった。

日本人を含む全体の入学者数は6982人で3割近くを外国人が占めた。日本人は減少傾向が続く。

 団塊世代全員が75歳以上の後期高齢者となる2025年には介護職約34万人が不足すると見込んでおり、政府は外国人労働者の受け入れ拡大政策を推進。

その一環で17年9月に「介護」の在留資格が始まり、留学生が介護福祉士の資格を取得すれば日本で働けるようになった。
続きはー介護留学生、初の2千人超 養成校入学、1年で倍増|共同ニュース

成長していく人を見ていく保育、けがした人が回復していくことも多い看護とは異なり、老いていくだけの人間をケアし続けるというのはとても大変です。

ですから介護する職場に転職しようとする人がいない、育たないという現象が起こってしまうのです。

そして今や介護の現場を支えているのは、外国人の介護留学生です。実際、福祉の専門学校の入学式の光景などを見ていると、日本人の学生よりも外国人の多さに驚くはずです。こうした介護留学生が介護の職に就くのは、故郷よりもお金が良いということもありますが、彼らにとって介護は日本よりも身近であるからともいえるでしょう。

現代の日本は少子化で、核家族ばかりです。

身近に高齢者がいないことも多いですし、ましてや高齢者がどのような暮らし、生活をしているのか考えることも少ないでしょう。

昔はごくごく普通に自宅に老人がいて、お世話をするのは子供、という光景が当たり前でしたが、こうした光景が身近ではなくなったので、介護により抵抗を感じているのではないかとも思われます。

日本人で介護職のスペシャリストがいないということは大変

発展途上国ではまだまだそうした大家族で暮らしていて、若者が老人のお世話をするというのが身近です。きつい、お給料が安いので日本人の介護士が育たない、というのもありますが、それ以外に介護が特別なものとして見られるようになったということもあるでしょう。

そして今ならまだ外国人介護士が増えて助かる部分が大きいのでこうした外国人留学生が増えることは問題ないですが、問題は近い未来です。日本の経済が衰退して日本という国に魅力を感じなくなれば、外国人留学生もこなくなりますし、そこで就職したいと考える外国人もいなくなるでしょう。

そしてもし日本よりも高い賃金で養ってくれたり、自国の介護職のほうが割が良いという事になれば、外国人に介護を頼ることもできなくなります。そうした時、日本人で介護職のスペシャリストがいないということは大変です。

ですから日本人がやらない仕事は外国人に回せばよいのではなく、もっと日本人がしたがらない仕事程、日本人で頑張っていけるようにするということが大事です。

その方法として介護職のお給料を上げるということがありますが、一向に進んでいないように思います。保育士同様、賃金が倍ほど変更された例などききません。

なので、こうした介護留学生が増える記事を見ることでもっと日本の介護に危機感を持ってほしいものです。ちなみに介護の仕事も、今は労働を楽にするための便利グッズがたくさん開発されています。

そうした便利グッズも普通の人が目にできるようにし、介護への抵抗を少なくすることが良いと思われます。若者が興味を持ってくれるようにする行政努力や企業努力も必要でしょう。

また、たとえ労働目的であっても外国人が日本に増えていくということは、私たちの日常が脅かされることになると覚えておくことが必要です。

日常生活のごみ問題、ルール、習慣などはほんの些細なことでも崩されると対抗意識を持ってしまうのが日本人です。

なのでモラル、治安を悪くしないという意味でも、介護の仕事は外国人に頼らないほうが良いでしょう。

日本人がやりたがらない、やりたくないという仕事を外国人労働者がやってくれているので、外国人が増えたからと言って日本の仕事が急激に減るようなことはないでしょうが、一つの職場、業界で大多数を外国人が占めれば、実質支配されてしまうも同然です。

細やかな配慮、日本人ならではの仕事の仕方ということも失われてしまうので、この先どんどんやろうとする人、できる人が減り、人手不足になっていくことが考えられる介護の仕事は特に危機感が必要です。

設備へ税金を流すことや介護への転職、就職を考える人にはもっと手厚い待遇を、というのが希望です。クリーンなイメージにしていくようにすると良いと思われます。

この記事のライター

  • ゆきっこ
  • 女性・35歳
  • 介護士

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。