年金受給年齢到達後も働くのは社会との結びつき|キャリアニュース

年金受給年齢到達後も働くのは社会との結びつきのあり方

最近は年金2000万円問題があり、また年金が注目されるようになっています。

ですが、この問題は今に始まった話でなくすでに年金を受給している人ならその事にとっくに気づいていた話です。

確かに一定数の人は年金生活で働かなかくてもやっていけると思っていた人はいると思いますが、自営業などサラリーマンではく国民年金にしか加入してなかったような
人は最初から年金だけで生活できない事は知っていたと思います。

「退職後の収入、年金だけじゃ不安」働き続ける場合はどう働くのがいいのか?

多くの方が定年退職後の生活について、「不安」「心配」と感じています。「老後破たん」「老後2000万円必要」など、メディアの情報も気になるところです。確かに、年金だけで生活していくのは難しいかもしれません。

そこで、定年後も働くことについて、就労サポートや事例などふまえて考えてみましょう。
続きはー「退職後の収入、年金だけじゃ不安」働き続ける場合はどう働くのがいいのか?

在職老齢年金という制度が老齢労働人口の拡大を妨げているかも

ですが、厚生年金にしっかり入っている人なら年金は少ないですが生活できない事はないです。
もちろん、現役時代ほどの収入はないので節約しつつになります。

また厚生年金にしっかり加入していてもお給料の額によって保険料の金額も変わり支給される年金にも差が生じるので厚生年金に入っていてもそれで生活できない人も多いと思います。

そのような人達が考えるのが年金受給年齢に到達した後も働き続けるという事だと思います。

ですが、この記事にもあるように在職老齢年金という制度があり、給料がある程度多い人には年金の支給をカットするというのがあります。

年金保険料を一生懸命働いて収めてきたという自負がある人の多くはここに納得できないと思っています。

やはりそれなりの保険料を払ってきたというのもあって老後は収入があろうがなかろうが全額年金が貰えないと納得できないという人が多いようです。

ですが、現実にはいくらそれまで厚生年金に加入していて高い保険料を払っていたとしても老後も働いてお給料が一定水準以上あれば年金はカットされます。

もし、これが気に入らないというなら働き方を変えるしかないです。

それまで通り高い報酬を受け取っていたら年金がカットされる事もあるので年金受給年齢到達後の給料が年金カットの基準に達しているか事前に年金事務所で試算してもらった上でどのように働くか考えるのが賢明です。

ただ、この在職老齢年金という制度はあるのですが実際はそこまで気にする事はないです。

なぜなら、年金受給開始年齢後も働き続けるという時でもその場合は大抵そこまで高給取りという事はないからです。

なんとなく働いていると給料分だけ年金がカットされるというイメージを持たれる方もいるかと思いますがそんな心配は不要です。
仮にカットされる事になったとしてもそこまでがっつりカットされる事はないです。

ただ、会社の役員などかなり報酬の額が高い場合はカットを気にする事はあるかもしれないですがそうでもない限りは特に心配はないです。

また、この記事にもありますように年金受給年齢に達しても働くというのは必ずしもお金のためという事はないです。

働く事で社会に必要とされているという欲求を満たす

なぜなら、今でも年金で生活はできるけれどもそれでも社会と接点を持っておきたいという人は外で働いているからです。
そして、そのような人の多くは給料が多いか少ないかを気にしてない傾向にあります。

働く事で社会に必要とされているという欲求を満たせているからです。
ただ、今後年金がカットされるという事が言われる中で年金だけで生活していくのはより難しくなっていくのは明白なのでそこはこれまでのようにはいかないとは思います。

ある程度年金の不足分を働いて稼いでいくという事が必要になっていくので今の高齢者のようにお給料が少なくても良いとは思えなくなっていくかもしれないので
生活できるだけのお給料をもらって年金のカットが気になる人もいるかと思います。

ですが、その場合もまず考えるべきは年金がカットされる事よりも老後も自分が気持ち良く働ける環境を確保するのが大事です。
そもそも論として年金というのは保険です。

つまり、老後に稼げない事になった時に備えるために年金という制度があってお金をたくさん稼げる人は本来助けてもらう必要はないです。

そこを勘違いして老後に必ず貰えるお金だと思っている人が多いですが本来は保険としての機能を果たせれば良いのです。

ただ、実際はほとんどの人がカットされずに貰えてますし気にする事はないです。

また、老後も高額な報酬が貰える仕事に就いているなら年金がカットされる事があっても自分は年金に頼る必要がない人間だと誇るべきであってカットされたことを嘆く事はないです。

それどころか自分はそれだけ恵まれた環境にいると思うべきです。

今後年金を受給する事になる世代は厳しい環境になっていくとは思いますが老後も働いてお給料を得ながら年金を受給するという形で
落ち着くと思います。

今の若い人が年金受給世代になった時には年金は今よりも減っていると思いますが生活の足しにはなります。
老後も安定して稼ぐにはそれまでの仕事の経験が役立つので無理をせず多少給料が減ってもそれまでいた業界で働き続けるのが良いです。

それに年金を加えて生活を維持していくのが理想です。
重要なのは老後も問題なく働ける環境であって年金が減ってしまう事にそこまで神経質になる事はないです。

社会との繋がりを持ちながら働いて年金とのバランスを考えるのがおすすめです。

この記事のライター

  • かな
  • 女性・38歳
  • 社会保険労務士

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。