日本の限界現場で外国人はリスクではなく安全人材|キャリアニュース

沖縄タイムス社説[最低賃金790円]さらなる引き上げ必要について

外国人の採用は企業にリスクと思われる場合がありますが、実際には採用をしなければ実際に回らない現場も存在します。

実際にハングリー精神のある外国人労働者の方が成績が言いといったデータがでている企業も存在しいるのです。

一方で外国人の雇用には課題があることもわかっています。ニュース内ではせっかく人材を育ててもより条件のいい仕事などがあればすぐに転職するケースが珍しくないことに触れられています。

こんなところに外国人材 採用難で広がる「限界現場」

銀行が紹介するのは外国人材

食品工場などに外国人を仲介する事業を手掛ける人材サービス会社マックス(東京・文京)の正木研社長は、最近意外な人物と営業に行くケースが増えた。金融機関の融資担当者だ。融資先にマックスを紹介する動きが加速しているのだ。

こうした取り組みを始めたのは2年ほど前から。銀行出身の正木社長が営業先を開拓するために、当初はマックスから金融機関を誘っていた。

しかし、18年春から状況は変わった。「金融機関から『一緒に来てくれないか』と声をかけられる機会が増えた」(正木社長)。大手銀行だけでなく、信用金庫など多岐にわたる金融機関から「融資先訪問に同行してほしい」と依頼が殺到する。

かつては金融機関が融資先に紹介をするのは、主に新たに顧客になる可能性がある企業が多かった。しかし今、企業を悩ませるのは売上高拡大よりも現場を回す人材の不足だ。

人材仲介会社に依頼するだけでは集めるのが難しくなっており、外国人に頼らざるを得ない状況になった。どのエージェントに頼めば、不法滞在者ではない適切なビザを持った人が来てくれるのか。採用した外国人はきちんと働いてくれるのか。不安は絶えない。
続きはーこんなところに外国人材 採用難で広がる「限界現場」|Yahooニュース

外国人の場合は自分の給与や職責に敏感で、能力があればより良い環境を求めて転職をためらわない傾向があるのです。

雇用する側が人材定着を目指すのであれば、居続けるメリットがあるだけの環境を作らなければならないということでもあります。

これはこれから就職を目指す側、雇用をする企業側に大きな影響を与える可能性があります。

まず、優秀な海外人材が活発に動けば、就職や転職を目指す人間にとっては強力なライバルになる可能性が出てくるのです。

熱意ではなくデータや実績を優先するといった企業が多い一方で、海外人材の方が能力が高い傾向があるといった比較もできるようになっています。

家族を飢えさせないために働いているなど切実な事情を持った外国人労働者が存在し、比較されることが珍しくなくなっているのです。

そのため、より積極的に自分の魅力をアピールするなど工夫をしていく必要があります。

また、雇用をする側は定着率と能力の高さ、教育コストなどのバランスを考えながら採用を進めていく必要があります。海外人材の採用は後回しにするという方法もありますが、受け入れ態勢を早めに作らないとそもそも人材自体が確保できない恐れもでてきます。

将来的なコスト増などに関わる可能性もあるため、採用のノウハウや雇用環境の調整などのデータ取得していなければ周囲の企業に水をあけられる可能性すらあるのです。

日本は少子かが進んでいるからこそ海外人材に活路を見出しているライバルが存在し、働く環境を充実させて人材確保に努めている先例はすでに誕生します。

その上で、人材定着のための工夫として早い段階で役職を与えるなど、出世や給与体系のシステム自体を見直さなければ定着が難しいという課題すら見つかっています。

外国人労働者は海外が故郷であり、仕事をする場所を一つの日本企業に絞る必要がありません。シビアに比較されるため、どこまで対応ができるか考えて抜本的な見直しが必要になる恐れすらあるのです。

外国人労働者を受け入れたことのない企業の対応は?

ただし、実際に外国人労働者を受け入れたことのない企業はどのように人材を確保するのか、待遇を保つのかまで考える必要があります。人材を採用した際のリスクの見込みが甘く、トラブルになる場合もありえるからです。

この場合は実際に採用が進んでいる企業に話しを聞きに行くなど、工夫をすることも大切になります。ノウハウを一から積み上げるよりも、実際に採用している企業にお金を払ってでも相談した方がプラスになることもあるのです。

実際の取引先などでコネクションがある場合は良いものの、ある程度の対価を払わなければ情報交換のルート自体が潰れる可能性もでてきます。各種コンサルを入れるのも方法ですが、どちらの方が効率が良いかはチェックが必要です。

関連:世界で活躍するDeerwalk社ルドラ会長に聞く、キャリアアップの方法とは?

外国人労働者の雇用ともなれば法律の専門家への相談なども必須になりますが、ある程度必要なコストとして織り込んでおくのも方法です。就職を目指す人間は、現場でどのように働いているかをチェックしてみるのも方法です。

特にサービス業で働く外国人人材は高い能力を持っているケースが多く、単純労働で日本語が不自由な中働いているというイメージと乖離が生じる場合があります。

少なくとも能力がある人でなければ働き続けることが難しいことを理解する必要があります。

外国人労働者を最低時給以下で働かせるなど労働環境が問題視されるケースがある一方で、能力がある人間が出世をしたり、積極的にキャリアアップを目指している実情も理解した方がいいのです。

同時に、短期間でも転職を繰り返し、スキルアップ、キャリアアップを目指せることにも理解が必要です。海外の人間だからというのは別として、自分を磨くため、給与や待遇を良くするために転職をするのは当たり前の時代になっているのです。

外国人労働者の受け入れを進めるということは、日本のスタンダードや常識が通じなくなる可能性が高くなっているということです。実際に成功している企業があり、優秀な人材確保に繋がっているケースもあります。

一方で人材が流出しやすいことに悩んでいる企業があるなどグローバル化が地方でも進んでいる場合があるのです。人口減少によって今後この流れはより加速されていくことが予測されます。

それほど珍しい自体でなくなれば、対応が遅れた人材ほど待遇面で出遅れることや、人材確保などの実務面で影響を受ける可能性が高くなっています。

労働に関わる以上は明日はわが身の感覚で、競争のなかでいかに生き残るのかを考える必要があるのです。

この記事のライター

  • しらたま
  • 男性・37歳
  • フリーライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。