契約社員の雇止めされて職を失ってしまう可能性|キャリアニュース

契約社員の雇止めされて職を失ってしまう可能性

契約社員というと真っ先に話題になるのが雇止めされて職を失ってしまったという悲観的な話題が中心になります。
ですが、このニュースでもあるように契約社員で雇用された以上早めに次の事を考えるのが賢明です。

確かに法律が変わって契約社員でも正社員になれる可能性はできました。
ですが、それはあくまで可能性であって正社員になれる保証があるわけではないです。

【契約社員の雇い止め】「契約期間満了」に慌てないよう、自分の雇用形態はしっかり把握する。

契約社員の「雇い止め」は年々社会問題化しています。

筆者のまわりでも「契約更新してもらえなかった」と慌てて新たな仕事を探している人がいます。

こういった契約社員の雇い止めには、どういった対処をしたら良いのでしょうか。

続きはー【契約社員の雇い止め】「契約期間満了」に慌てないよう、自分の雇用形態はしっかり把握する。|Yahooニュース

そこを勘違いしてしまってもうすぐ勤続年数が5年になるからと安心してはいけないです。
それは冷静に考えて次の契約更新がないと考えた方が無難です。

なぜなら、会社としてはそんな法律があろうがなかろうがそれまでに方針に大きな違いはないからです。
法律さえ守っておけば問題ないというスタンスなので正社員にしなくて良いように直前で契約を更新しないという選択をしてきます。

それに対して悲観的な見方をする人は多いとか思いますが、それは契約社員で働いている以上契約更新がない事は予想できたはずなのであくまで希望的観測に過ぎないです。
そういう考えで契約社員として働くようになると会社も自分も不幸になるだけです。

このニュースでも指摘されているように契約期間満了になってから慌てないのが重要です。
では、契約社員として働く事になった時はどういう考えを持って働けば良いかというとあくまでその業界で働くとどういう仕事ができるか見るくらいの気持ちで働くのが良いです。

実際に契約社員で前向きに働いている人の中には最初からそこで正社員になれるとは思っておらずその仕事がどのような感じで働く事になるかという軽い感じで働くのが良いと思っているというのが割とあります。

そういう人は当然雇止めになって慌てるような事はないです。
それを十分分かった上で契約社員になっているからです。

そしてその業界の仕事を大体把握したところで辞める事になるので5年近く働くという事もないです。
あくまで契約社員として働く時はお試し期間として割り切る事でその業界を知れるチャンスと考えているのです。

なので一般的には契約社員と聞くとマイナスのイメージを持つ人も多いですが、契約社員というのがなぜあるかのか理解している人はそれを逆に利用してスキルアップのために役立てています。

つまり法律が契約社員も正社員になれるように変わったからといって自分も正社員になれると安易に思わず、仕事が一通りできるようになったらそのスキルを活かして別の会社に正社員として採用される事を最優先で考えるべきという事です。

この記事のライター

  • かな
  • 女性・38歳
  • 社会保険労務士

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。