再雇用の実態、出戻り組が苦戦する理由とは?|キャリアニュース

再雇用の実態、出戻り組が苦戦する理由とは?

ZOZOの前澤友作社長が、再雇用に関するツイッター投稿を行い話題になりました。

BIGLOBEニュースによれば、前澤社長は「会社を辞めたスタッフを再雇用する際に意外に受からない」という点を挙げ、戻れるという甘えがあるのかもしれないという問題提起をしています。

一度辞めた会社への出戻りは難しい?ZOZO前澤社長「いつでも戻っておいでというが、戻る際の面接に意外と受からない」

ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長は8月9日、会社を一度退職した社員を再雇用する “出戻り”についてツイッターで言及した。

前澤社長は「会社を辞めていくスタッフには『また戻りたくなったらいつでも戻っておいでねー』って言って送り出す」というが、

「戻ってくる際の面接に意外とみんな受からないんだよな。戻れるという甘えがあるからなのかなー」

と疑問を持っている。

続きはー一度辞めた会社への出戻りは難しい?ZOZO前澤社長「いつでも戻っておいでというが、戻る際の面接に意外と受からない」|biglobeニュース

関連記事としては、「企業の出戻り(再雇用)実態調査2018」というエン・ジャパン株式会社が実施した調査で、72%の企業が再雇用を行った経験を持つという結果があります。

「いつでも戻っておいで」と気持ちよく送り出した社員が、なぜか再雇用の面接に受からない場合があるという点がポイントです。

職場状況や経営環境は日々変化していきます。

離れている期間が長いほど、自分が働いていた頃の感覚が通用しなくなる場合があります。

離れている間に、職場の人事が変化していることも考えられます。

上司が変わり、同僚が変われば、環境の雰囲気はまた新しいものになります。

仕事内容についても、常に結果が求められる経営では、かつて成功していた方法が今は通用しなくなることもしばしば起こります。

再雇用者はブランクがあることを自覚し、以前の感覚では職場に適さない可能性がある点を考慮する必要があります。

経験値はもちろん大きなプラスですが、それに頼っているだけでは刻一刻と変わる職場環境に馴染めない状況も起こり得ます。

それを踏まえるのであれば、再雇用者の面接に対する緊張感もまた違ったものになるでしょう。

エン・ジャパンの調査結果にもあるように、現実的に企業の再雇用は積極的に行われています。
終身雇用制が崩壊しつつあり、転職や再就職のハードルは低くなっています。

企業は新しい人材の採用と同時に、仕事内容に慣れた即戦力として再雇用を積極的に行っている背景があります。

再雇用者に対する周りの評判は83%が良好というエン・ジャパンのデータもあります。

過去に経験しているだけに、仕事内容を把握していることと、すぐに職場に溶け込みやすい状況は有利です。

但し、以前に辞めた時が必ずしも円満退社でない場合は、受け入れ環境が十分ではない場合もあります。

私がかつて経験したこととして、職場全体の納得を得ないまま退社を行った人が、再雇用の面接を希望する状況になったことがあります。
その時の職場内の反応は、その人が戻って来ることを快く思わない雰囲気がありました。

再雇用の状況になるかどうかは別にしても、退職の際には自分なりの誠実を尽くして、周囲の理解を得ることは大切です。

退職時の「いつでも戻っておいで」という言葉は、その時においてはそうであっても、時間が経てば職場には新しい人材が育ち、必ずしもその人が戻るのに適した環境であるかどうかはわかりません。

一方で、再雇用はかつての慣れた職場という働きやすさと、企業側にとっての即戦力のメリットなど、受け入れやすい条件があることは紛れもない事実です。

このメリットを生かすためには、就職するものと受け入れる側の双方が、お互いのメリットを自覚した上でさらに意識を高める姿勢が重要だと考えます。

この記事のライター

  • むらさん
  • 男性・51歳
  • 自営業

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。