40代を求める企業も多く不安になる必要はない|キャリアニュース

2019年調査 40代を求める企業も多く不安になる必要はない

この記事のライター

  • rt
  • 男性・30代
  • 自営業

40代からの転職となると、「現実に転職できるのだろうか?」と不安になってしまいますよね。

一方で、年収が下がった人の割合は40〜44歳で27%、45〜49歳で29.1%です。

専門性や管理能力、語学力などグローバルに働くことができるようなスキルを持ち合わせていれば、年収アップは面倒にないのです。

転職したいと思っても、「40代からでは遅いかな…」と半ば諦めていませんか?

しかし、適切に現況を整理し、直ちににでも動き出せば転職活動を成功させる事はできるです。

つまり、40代を求める企業も多く、求人の数はそこまで不安になる必要はないという事です。

40代の転職でも待遇アップはできる「週休3日、月収3万アップ」の例も

 転職市場でささやかれていた「40歳限界説」が、昨今では崩壊している。人材不足の波は40歳以上に追い風となっているという。

そこで、人事担当者100人にアンケートを実施。彼らが求める人材とは? 令和時代に変わる転職事情と、生き抜く方法を探った。

続きはー40代の転職でも待遇アップはできる「週休3日、月収3万アップ」の例も|Livedoorニュース

転職活動を始めておけば、自分を必須としてくれるような会社がどれくらいあるのかわかるので、自身の市場美点を明確にする事ができます。

特に初めての転職となる時、全く新しい会社の文化の中で働くのは苦労する事が多くなるでしょう。

年代ごとに求められるものも違うため、40代の人材を必要としている企業も数多にあり、40代の求人数は増加傾向にあります。

現在ならまだ動き出すだけの時間がありますが、転職活動を後回しにすると転職しにくくなるのはご存知のとおりです。

自分の現状を変えるためにはどういったアクションが不可欠なのか。

ただし、前の会社へのこだわりを捨て、年下の相手にも「わからないので教えてください」という謙虚な姿勢さえもてれば、新しい法人でもうまくやっていく事ができるです。

業界が違っても、職種が同じなら経験をデフォルト活かすことができます。

40代には管理能力や専門性など即戦力となる人物を求めることが多々あるため、求人のほとんどが経験者を想定しています。

ただし、ズルズルと転職活動を先延ばしにしていれば、自分の市場価値はいつまでもわからないままです。

そうすれば、早めに転職に振り切るべきか、それとも今の会社であとちょっと実績を積むべきか、正しい決断ができるようになるでしょう。

40代は20代・30代と比較し体力で乗り切るような働き方をする事が厳しくなってきます。

ここでは、40代のリアルな転職事情と「なぜ今すぐ転職活動を始めるべきか」という所以について徹底解説します。

40代からの転職の悩みや心もとない点をすっきりと解消するためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

そのような疑問を晴らすために、まずは40代の転職事情を理解しておきましょう。

もちろん50代は転職が無理なんてことはありませんが、体力的にも転職活動が重荷になりますし、高い専門性や経営経験など求められるスキルも高くなります。

50代になって手遅れになる前に、40代である今のうちに転職活動を始めておかないと、悔やみする事になりかねません。

また、転職に失敗しないために気をつけなければいけないのか。

また、歳をとるほどこの会社にいて心配なしだろうか、という不安は募っていくものです。

おっしゃる通り、こうした不満を抱えたまま働き続けるのは辛い上に、定年まではあと10年以上あります。

40代で未経験職種に応募することができても、年収が大幅に下がるなどの待遇悪化は受け入れざるをえないことになります。

一般社団法人日本人材解説ビジネス協会がまとめている転職解説実績調査によると、41歳以上を求める求人数が前年比133.1%と最も高い伸び率となっています。

しかし、巨大資本会社から中小企業への転職の時は年収が下がってしまう事も多々あるため、年収急上昇に関しては自らの資質と条件次第というのが実情です。

40代からも未経験職種への転職はできるですが、求人数が少なくなることは決心しておきましょう。

40代だけど、「実際とは違った業務をやりたい…」と腹積もりているのなら、職種をそのままに、異業種への転職に挑戦すると良いでしょう。

即戦力と期待されているからと言って肩に力を入れるのではなく、自身が新人で素直であるべきだという事は頭に置いておきましょう。

自らの市場美点はとにもかくにも早めに知る事が大事なので、悩んでいる事例はすぐにでも転職活動を始めましょう。

けれども、職種はデフォルトで業界だけ変える転職なら成功する確率が高くなります。

その職種が向いていないとわかった時、その後の転職はなお困難なものになる事は決心しておきましょう。

厚生労働省の転職入職者の賃金変動状況別割合調査によると40〜44歳で年収アップした人の割合は37.1%、45〜49歳では32.3%で、そのうちの全くの人が1割以上の年収アップに成功しています。

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。