転職して良かったことは「時間に余裕が出来た」|キャリアニュース

転職して良かったことは「時間に余裕が出来た」

この記事のライター

  • あだち
  • 男性・19歳
  • 学生

世間でも今の会社がブラック企業だから辞めて自分に合った会社に転職しようという動きが多く見られるようになりました。

そのときに企業の採用条件はしっかり見て面接を受ける会社を選んでいくと思います。

しかし、条件が良かったとしてもまた今までと同じようなブラックの可能性もあります。また想像と違うこともあるかもしれません。

そんなときにどのようなことが具体的に合ったのかを解説していきたいと思います。

【転職のリアル】転職してよかったこと1位は? 思っていたのと違ったことはある?

転職した300人に聞きました! 実は“後”が大事! 実際、変わってみて……どうでした?

有効求人倍率が1.63倍を記録し、今、かつてないほど転職への機運が高まっていることを知っていますか? 今夏には“ピーク”を迎えるともいわれる転職について、あらゆる角度からリアルな事情を探ってみました!

休みは取れる? ムカつく上司はいない? 給料は上がった? やっぱり気になる! 転職後のホンネを徹底リサーチしました。 ※全国24~29歳の転職経験のある働く女性300人にインターネット調査(2019年5月)

詳しくはー【転職のリアル】転職してよかったこと1位は? 思っていたのと違ったことはある?|Yahoo!ニュースをご覧ください

まず、転職してよかったと思えるメリットについてです。

メリットの第一位には「時間に余裕が出来た」がきています。

これは今までに一度以上就職して働いていたからこそ休みであったり残業についてだったりの自分の希望がしっかりあって企業を選ばれたことが大きく影響していると思います。

新卒で入った会社で社会人としての生活スタイルが生み出され、それに基づいて条件が作れるのでとうぜんですよね。

続いて第二位、第三位には「ストレスが減った」「仕事が楽しくなった」というものが来ています。

これは、前職の上司がパワハラなどをしてくる人でその人から逃れられたことによるものかもしれないですし、自分の興味のある分野に転職したことによって楽しく感じているのかもしれません。

どちらにせよ、ストレスが少なくたのしく働けることは大きなメリットでしょう。

第四位には「給料が上がった」というものがきています。

金銭面が四位で、自分の時間やストレスに関する内容が上位に来ているのは、転職にはお金を求めるよりも働きやすい環境を求めている流れがあると言うことでしょう。

そして、第五位には「自宅から近くなった」がきています。

人によっては満員電車を避けるために転職して職場を変えるなどもあり、転職理由は様々で大きな理由がなくてもいいものだと考えられるでしょう。

転職してけれど思っていたのと違ったという点についても解説します。

これは会社や業界によっても様々異なる点が多いとは思います。

しかし、理由として共通してくる点が人材不足です。人が足りていないせいで慣れていないうちに役職がついたり、残業が長くなってしまったりということもあるようです。

こればかりは入社してみないと分からないことはありますが、もし人材不足といわれている業界に転職する際には会社の募集要項を100%信じるのではなく、多少疑いの気持ちを持っていても良いと思います。

あまりにかけ離れていた際には再び転職をし、労基に報告もしておきましょう。

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。