ニュース論議|「103万円の壁」働き過ぎを解消できるかエリア採用

「103万円の壁」働き過ぎを解消できるかエリア採用

この記事のライター

  • yutarou7
  • 男性・29歳
  • フリーランス

どの業界でも人手不足が叫ばれる中、ドトールコーヒーでは画期的な方法の採用方法をしています。

この記事では、ドトールコーヒーが独自で人手不足を解消している方法が書かれていました。

その内容は、「エリア採用」と呼ばれるものです。

ドトールが挑戦する新たなアルバイト採用方法 人手不足を解消できるか

少子化、生産人口の減少に伴う人員不足は、さまざまな業界に共通する課題です。

また、時代とともに働き手の価値観も変化し、これまでとは違う働き方を求めるようになりました。

店舗のアルバイトの8割が大学生というカフェ・チェーン「ドトールコーヒーショップ」も、そんな悩みに直面している企業の1つ。

運営するドトールコーヒー社は、その課題を、テクノロジーを活用した新たな採用方法で解決しようと取り組んでいます。

その取り組みとその先に広がる新しい人材活用の在り方について、同社の人事部長・平本智也(ひらもと ともや)さんに話を聞きました。

詳しくはードトールが挑戦する新たなアルバイト採用方法 人手不足を解消できるか|ITmediaをご覧ください

店舗ごとではなく一定エリア内の複数店舗単位でアルバイトを採用する方法となっていて、複数の店舗で働けることから、時間や勤務日数など、働き手が働ける条件も一気に上がり、結果的に、働ける人材の数が増えるというものです。

ドトールコーヒー側としては、一日の業務の中で、人材が足りない時間帯を埋めることができ、働き手としても自分で決めた時間で都合の良いように出勤ができることから、互いにメリットのある施策とも言えます。

また、アルバイトとして勤務する場合、収入面でも引っかかってくるのが税金です。

例えば、「103万円の壁」(所得税が発生しない年収の上限)や「150万円の壁」(配偶者特別控除が受けられる年収の上限)など、働きすぎることによって、かかってくる税金が多くなり、逆に家計を圧迫するといったことも…

そんな悩みも解消できるのがシフトの自由度もあげてくれる「エリア採用」です。

学生なので夜だけアルバイトしたい、共働きとして月数万円稼ぎたい、子育てをしながら時間限定で働きたい、など働き手が勤務する理由は人それぞれです。

働き手の事情は考慮しないという企業もこれまでは多くあったのですが、人手不足によってこの流れも変わりつつあります。

とにかく人手不足を解消しなければいけないということで、働き手が働きやすくなるような職場作りがおこなわれています。

今回のドトールコーヒーの「エリア採用」については分かりやすくその代表例とも言えるでしょう。

実際にインターネットの求人サイトを見ると、求人募集で溢れかえっており、選ばなければいつでもアルバイトはできるような状況です。

求人数が多いからこそ、働き手に選んでもらうために企業は必死になっているのです。

働き手としても多くの求人の中から、自身にとってベストな求人を見つける力が問われます。

家から近いから、賃金が高いから、など大事な条件は人それぞれですが、今回の「エリア採用」のような働き手にメリットのある施策が行われている企業も多数あります。

実際に働きたいと思った時に、求人内容に企業独自の施策がかかれていることもありますので、

自身にとってメリットのあるものなのかチェックする必要はありますね。