ニュース論議|40代の転職で必要なのはスキルとコミュニケーション能力

40代の転職で必要なのはスキルとコミュニケーション能力

この記事のライター

  • たかし
  • 男性・30歳
  • ライター

この記事では40代の転職で10代や20代の若者とくらべて何を比較されて有利をつくことができるかという事が書かれています。

「40代の転職者は若者と比べて約20年間もの培ったスキルを有しており、昨今の若者は少子高齢化社会と相まって若者同士の競争率が落ちてレベルが下がっている」と40代の転職者にとってみればとてもポジティブな内容

NEC新野社長「新卒年収1000万円、世界では必然」

昨今叫ばれていた転職市場における「40歳限界説」が崩壊。人材不足の波は40歳以上に追い風となっているという。そこで、人事担当者100人にアンケートを実施。彼らが求める人材とは? 令和時代に変わる転職事情と、生き抜く方法を探った。

詳しくはー「40代の転職でスキルと並んで必要な能力 「仕事に対する熱意」」 livedoorをご覧ください

そのため若者が読む記事としては適切ではないかもしれませんが、40代の人に対して見れば自分にもスキルがあるという事を再認識することができるようになる最適な材料としていいと思います。

40代の転職者としても求められているのは「専門的なスキル」が1位という事が描かれていますがまさにその通りだと思います。

即戦力でやとった場合の若者を使用することになったとしてもたいていの場合は職場でどのように立ち回ればいいのかというスキルが身についていないと思うのでコミュニケーションなどのお見合いも込めて40代の転職者を雇う意味合いはとても大きいと思います。

また若者に熱意がないとは言いませんがやはり転職を行っている40代は仕事に対して熱意がある人が多く、仕事に対して保守的にならずにどんどんとリベラルな対策をとって会社に新しい風を吹き込んでくれるという自分がみてきたそのような人たちとも照らし合わせてそう思っているのでやはり仕事を行うにしてとても頼りになる存在です。

また40代と言えばまだまだ飢えた獣のような性質を持っている人も多く仕事をバリバリこなしたい方も多いので、最近の若者の特徴である「安定志向」を持っていないことも大きいです。

加えてスキルや即戦力として企業のニーズに合わせていくことができるので貢献することに役立てると思っています。

ですが必ずしも20代くらいの若者が役立たずと言っているわけではなく、若者は若者特有の有り余る体力とさまざまな物を吸収する能力を持っていると思うのでこの2つの人種がうまく共存できる世の中になってほしいと思いました。

スキルのある40代の人が経験の浅い20代の人にスキルを教えていく形になれば次第に下の精力にスキルもどんどんと上がっていくので企業としても人材を育てる事が可能です。

そのため自分の職場にこのような40代の経験豊富な人材がいないのであれば高給などを売りに積極的に採用していった方がよいと私は考えており、その方が企業にとっても安定した生産性を発揮できると思います。

求人難で転職の波は40台にも訪れている

この記事のライター

  • gy
  • 男性・30歳
  • 自営業

40代での転職活動は少ないポストにそれに対しとても豊富にの応募者が押し寄せするため、苦しい戦いががかつては強いられました。

しかし、現在は40代も積極的に募集しています。

但し、求人条件にはマネジメント経験が不可欠としてい事が多く、スキル以上にコミュニケーション能力が重視されることも多々あります。

転職は前職の給与やその人の状況を総合して給与を決めるため、40代ともなると給与も相応に高く支払うリスクが求人企業にはあるので、多くを求められるのは当然と言えます。

それでも、現在は管理職の穴を埋めるため、技術スキルが見劣りしても、コミュニケーション能力だけでチームの柱として活躍を期待されて転職に成功する可能性も高いと言えます。

仮に転職先が合わなかった場合、40代で2回転職する事はいかに優れたキャリアであっても現実的ではないため、慎重に結論をするべきです。

こういった事態を防ぐためにも前もってに実際の会社への残念の中で、転職先に求める前提で譲れないものをきちんと整頓しておきましょう。

そのため、40代の方は過去・直近で・未来のそれぞれの側面に対する自己分析が必要です。

40代の方でよくありがちなのが、転職が相当決まらないのにもかかわらず、現在の会社を辞めたい考えが強いがあまり、要件面などで大きく譲歩して転職し、結果悔やみしてしまう事です。

「スキルや実績」や「マネジメント経験」がない方は、貴方が本当に職場に求めるものは何なのかを片付けして一点突破でそこを狙っていきましょう。

あなたがなぜ転職やりたいかを腹積もりた結果、それが「部署」や「職務内容」起因の問題であったケース、会社を辞めずに異動をする事で解消可能な見込みがあります。

転職を成功させるためにも、できるだけ転職先を見つけてから、退職する事をおすすめします。

転職に踏み出す前に、貴方がなぜ現在の法人を辞めて転職やりたいのかを一度考えてみましょう。

40代の方が転職に成功するために知っておくべきポイントを40代での転職は世間でも言われている通り、20代・30代と比較しても大いに手に負えなくなります。

企業から見て、40代の方を採用するのはその管理技量やコミュニケーション能力を期待してということが大半です。