働き方改革で悪い変化があったと答えた人が増加|キャリアニュース

働き方改革で悪い変化があったと答えた人が増加

今年の4月から「働き方改革」が始まりましたが、半年を過ぎて人々の働き方に変化があったのかどうか気になりますよね。

転職エージェント「ワークポート」が264名を対象に行った「働き方改革に関するアンケート」の回答を元に働き方改革でどのような変化があったのかや、問題点について分析していきたいと思います。

【現実ツライ】働き方改善どころか「悪化」した!?「働き方改革に関するアンケート」に寄せられた声が切なすぎる…

今年2019年4月から始まった「働き方改革」。9月で半年が過ぎましたが、人々の働き方に変化はあったのでしょうか?

転職エージェント「ワークポート」が264名を対象に行った「働き方改革に関するアンケート」によると、「自分の働き方は変わったか」という質問に対し「改善された」と答えた人よりも「悪化した」と答えた人のほうが多かったというのです……!

【「働き方改革」で会社の制度は変わったけど…】
まず、働き方改革以降、「自身の勤める会社の制度やルールに変更があったか」という質問に対し、「あった」と答えた人は40.5%。「なかった」と答えた人は36.0%で、両者はかなり拮抗していることがわかります。
続きはー【現実ツライ】働き方改善どころか「悪化」した!?「働き方改革に関するアンケート」に寄せられた声が切なすぎる…|Biglobe

働き方改革で変化があったと答えた人は45%

働き方改革以降、「自身の勤める会社の制度やルールに変更があったか」という質問に対して、「あった」と答えた人は40.5%で「なかった」と答えた人は36.0%だったとのことです。

働き方改革以降に会社の制度やルールに変更があったという方は、なかったという方よりも多く、働き方改革により制度やルールを変更した会社も多いようです。

変更された点では「22時以降の残業が禁止に」「フレックス制とテレワークが導入された」「有給取得推進のアナウンスがあった」などが挙げられました。

働き方改革では長時間労働の解消にも力を入れているので22時以降の残業が禁止になった会社があるようですね。残業時間が長いことは以前から問題視されていたのでこうした改革を行う企業が多いのでしょう。

また、働きやすい環境を作るためにフレックス制やテレワークが導入されたり、有給取得促進に力を入れているようです。

企業も働き方改革に力を入れようと頑張っているようですね。

実際の働き方は悪化?

「自分の働き方は変わったか」という質問に対して、「改善された」と回答したのは10.2%で「変わらない」と答えた人が73.1%、「悪化した」と回答した人は16.7%だったそうです。

なんと「改善した」と回答した人よりも「悪化した」と回答した人の方が6.5%上回る結果になってしまいました。

働きやすい環境を作るために企業がいろいろと取り組んでいるのに「改善した」と回答した人よりも「悪化した」人が多かったなんて悲しいですね。

「働き方が悪化した」と回答した方の意見では「仕事量が減らないのに残業時間削減を迫られるため、定時までに仕事を終わらせろというプレッシャーが強まりかえって苦しくなった」とか「必要な仕事を当日中に片付けられず、仕事の持ち帰りやサービス残業が増えた」という声がありました。

確かに仕事量が減らないのに、残業時間削減を迫られるとプレッシャーになりますよね。また、仕事を持ち帰ってやらなくてはいけない人もいて、大変なようです。

仕事量が変わらない中で、残業時間が制限されてしまうと、いろいろな所でしわ寄せが来てしまうようです。

せっかく働き方改革をしても働く人が苦しくなってしまうなんて意味がないですよね。仕事が苦しく感じてやめる人も増えるかもしれません。そして人手不足が加速してしまう恐れもあります。

働き方改革には、さまざまな問題点が発生している

働き方改革をたくさんの企業が取り入れていますが、仕事量が減らないのに残業時間が制限されてしまって困っている人がいたり、自宅に持ち帰って仕事しなくてはいけなくなったりといろいろな問題が発生しています

中には部下の残業を抑えるために自分が過重労働になったという方もいて、会社のルールが変化したことにより、苦しむ方の声もたくさんありました。

会社は単に残業時間を制限するだけでなく、残業時間を制限したために、残った仕事をどうしていくのかについても対策していく必要があると思います。

同じ仕事量なのに、残業時間が制限されたら、焦って仕事するしかないし、終わらない場合は、翌日に持ち越されたりして更に大変になります。

せっかく働きやすい環境を作るために残業時間を制限しても、これでは働く人を追いつめてしまいます。

会社は仕事の効率化を考えたり、仕事量をなんとか減らしていけるような対策や、人手不足を解消するような対策もしていかなくてはいけないと思います。

単に残業時間を削減するだけでは、いろいろな問題を発生させてしまいます。

難しい課題ではありますが、残業時間を削減すると共に、一人ひとりの仕事量についても削減していく必要があるのかなーと思います。

人手不足を解消するために、短時間勤務の高齢者を雇ったり、簡単な作業を任せる主婦のアルバイトを雇ったりするのもよいのかなーと思います。

ただ残業時間を削減するだけの方法はやめて、仕事量をどうしていくのかについても対策していってほしいと思います。

上手く一人ひとりの仕事量も減らせれば、残業時間の削減もよい方向に向かうと思います、

働き方改革はまだ問題点が多い

働き方改革でどのような変化があったかや、問題点について分析してみました。働き方改革はまだ始まったばかりなので、問題点が多いように思えます。

何でも始めたばかりは問題が発生しやすいものです。こういった働く人の意見をよく聞いて対策していくことが大切だと思います。

問題点を改善して、企業が働きやすい環境を整えていってくれることを願います。

この記事のライター

  • STRIKE
  • 男性・43歳
  • フリーライター

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。