資格を持っていても内定をもらえない転職の落とし穴|キャリアニュース

資格を持っていても内定をもらえない転職の落とし穴

転職をしようと思った時にまず考えるのが何か資格を持っていれば良いというのがあります。
確かに資格がある事で転職が上手くいくケースがあるのは確かです。

ですが、資格があっても転職が上手くいかないのは実はよくある事です。

なぜなら、転職活動で資格が必要になる仕事に就こうと思っても同じように資格を持った人は多くいるからです。

ですから、資格が必要になる仕事に就こうと思った時にはその資格を取るのがどの程度難しいかも大事になります。

比較的案単に取れる資格を取っても同じように考える人が資格を持ってその求人に応募してくるので資格があるから有利になるという事はまずないです。

100社以上履歴書をだしたけど不採用…資格があっても内定をもらえなかった3つの理由

私は会社員時代に、資格を活かして転職活動を行おうと思い、100社以上の企業に履歴書を提出したことがありますが、その時は内定がもらえませんでした。当時は資格を持っているのに転職先が見つからない理由が分かりませんでしたが、時が経つにつれて、資格だけでは転職に成功しない理由が見えてきました。

そこで今回は資格を持っているだけでは、転職ができない理由を中心に紹介します。
続きはー100社以上履歴書をだしたけど不採用…資格があっても内定をもらえなかった3つの理由|Yahoo!ニュース

なんとなく資格を必要とする職業に転職すると上手くいかない

そういう事実があるにもかかわらずなんとなく資格を必要とする職業に転職する際には資格を取ればなんとかなるように思ってしまう人がかかなりいます。

このニュース記事でも指摘されていますが資格があれば転職が上手くいくほど甘くはないです。

ですが、資格によっては資格があるだけで転職も上手くいく事もあります。
例えば看護師や介護士といった職業です。

なぜなら、これらの仕事なら常に人手不足の状況で資格があるだけでも歓迎される事が多いからです。

なので、資格があってもそれで転職が上手くいく事はほぼないですが僅からながら例外もあります。

そのような職業に絞って転職すれば資格を取って転職が上手くいく事もあるかと思います。

ですが、人が足りないという事はなく募集すれば人が集まるような業界に資格を持って応募しても応募者は皆資格を持って応募します。

そうなると普通の求人に応募したのと同じ状況になり資格を活かしたアドバンテージはなくなります。

結局自分の職歴や年齢を見て判断されます。

結果資格を取っても転職が上手くいかないと感じる事になります。

特に今の時代は未経験の者をゆっくり育てるような企業はほぼ皆無ないので資格があればそれで転職が上手くいくとは思わない方が賢明です。

どの企業も中途採用者に求めるのは即戦力

どの企業も中途採用者に求めるのは即戦力です。
なので、資格があっても職務経験がないと役に立たないと思われるので採用に繋がらない事が多いです。

この事からも資格を取ったからといって安易に転職をしようとせずにまずは転職しようと思っている業界で即戦力となれるだけの経験を積むのが大事になります。

この記事でも言っているように資格を取ってすぐに転職をしようとするのではなくその前にどこかで経験を積んでおくことで転職も上手くいく事が多くなります。

なぜなら、転職先の会社が欲しい人材は資格を持った人間ではなく仕事ができる人間だからです。

意外と多くの人がそこを勘違いしており資格があれば転職も上手くいくと思っています。

なので、転職カ活動で他のライバルと差をつけるためにもまずは転職先で通用するだけのスキルを身につけるのが先決です。

それを履歴書でアピールできるかの方が大事で資格の有無は実はそこまで大事ではないです。

なんとなく求人を見ていて資格必須という文言を見るとそれを満たせば採用されるように錯覚してしまいますがそんな事は全くありません。

資格はあくまで応募する際の条件であってこれがあれば採用されるわけではないです。

逆に言うと資格がなくても転職が上手くいく場合もあると言っても過言ではないです。

採用側からすれば転職する前に転職先でやる仕事の経験があるだけで採用する側はその人間を採用したいと思ってくれるからです。

なぜなら、採用する側は資格を持った人間を欲しがっているのではなくすぐに自分の会社で活躍してくれる人間が欲しいからです。

実際に転職が上手くいっている人を見ると資格があるだけでその業界の経験がない人が採用される事はほぼないのに対して資格はなくても仕事の経験があるという人は
意外と採用されているという現実があります。

それは資格はなくても経験があれば少なくともある程度の仕事をやってもらえるという期待が持てるからです。

また、資格を持っている人を希望している場合でも仕事ができる人の方が優先度が高く資格は後からでも取ってくれれば良いと思っている事も多いからです。

なので、資格を持っていれば転職が上手くいくと考えるのは間違いであるのは確かです。

それよりは職務経験がどれだけあるかが重視されると思った方が良いです。

職務経験があれば少なくとも最低限の事を教えれば仕事をしっかりやってもらえるという期待が持てますが資格を持っているだけでは仕事ができるかという不安が最初からあります。

採用側からすればそれが一番怖く資格があっても仕事ができないかもと思わせるようでは転職も上手くかいかないのは当然です。

なので、資格を取って転職するのは良いですがその前に自分がそこですぐに活躍できるだけの技量を持っているかをアピールできるようになっていないといけないです。

それができるようになって初めて資格を活かして転職活動が可能になるという事です。

なので資格があれば職務経験は関係ないと思うのは間違いです。

この記事のライター

  • かな
  • 女性・38歳
  • 社会保険労務士

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。