新卒女子向け|周囲に好感が持たれる毎日のファッションスタイル

毎日のようにリクルートスーツを着て就活していた学生時代を終え、新卒となった女子の悩みで多いのは、「何を着ていけばいいの?」ということではないでしょうか。
社会人1年目で、周囲に好感を持ってもらいたいけれど、何を着ていけばよいのかわからないという人は多いでしょう。

そこでこの記事では、制服がなく、「服装自由」という規定の会社におけるおすすめの新卒女子向けファッションスタイルについて紹介します。

服装自由=本当は自由じゃない?オフィススタイルの定義

就職した企業が制服支給ありの場合、通勤スタイルはあまり考えなくとも、制服に着替えてしまえばよいというメリットがあります。

制服支給がなく、服装自由の企業の場合、気に入らないデザインの制服を毎日着なくてもよいというメリットがあります。
しかし、その一方で制服がない分、毎日のコーディネートを考えなければならないというデメリットもあるでしょう。

では、通勤に向いているファッションスタイルとは、どのようなものなのでしょうか。

ジャケット必須の業種・職種もある

服装自由とうたっていながらも、ジャケットは必須という職場もあります。
特に営業職でいくつもの企業をまわる場合、夏場でもジャケット着用をルールとしている会社も少なくありません。

出勤初日は、リクルートスーツを着用していく人がほとんどだと思いますが、初日に職場をぐるりと見渡し、女性のジャケット着用率を確認するようにしましょう。

外勤の時はジャケット必須というローカルルールのある会社もあるため、心配な場合は初出勤の日に上司に確認することをおすすめします。

基本的にワンピースはなし

暑い夏場には、涼しいワンピースを着用したい人も多いでしょう。
しかし、ワンピースは職場によって禁止されていることがあります。

「オフィスカジュアル」という指定がある場合は、ワンピースOKな場合もあるため、一概には言えませんが、あえてワンピースを選んで着ていき、勝負に出る必要もないでしょう。

どうしてもワンピースが着たい!という場合は、セットアップを選ぶようにするなどの工夫が必要です。
または、生地のしっかりしたワンピースを選ぶだけでも、カジュアル感が薄まります。

デニム生地は着ていかないほうが無難

周囲に好感を持ってもらうためのファッションという目線で考えれば、デニムは完全にNGの素材です。

デニムは本来、炭鉱作業を行う作業員が、汚れや傷に強い生地を求めて使用したものです。
そのため、オフィスワークにデニムは不向きであり、かなりカジュアルな印象に偏ります。

先輩社員がデニム生地を着用していたとしても、新卒の時期にあえて着ていくことは避けたほうがよいでしょう。

柄ものはストライプなら安心

少し前に、花柄のスキニーパンツが流行した時期がありました。
花柄は定期的にトレンドアイテムとなるものですが、オフィスでのファッションに取り入れるには注意が必要です。

男性の服装を見てみても、ストライプのシャツを着ている人はいても、その他の模様が入った柄ものを着用していることはまれでしょう。

本当の意味で男女平等を求めるなら、柄ものは男性同様にストライプ程度にとどめておくことをおすすめします。

ギンガムチェックはカジュアル、大きめの花柄は派手な印象を受けます。
柄ものは下手に使うと新卒女子が生意気に見えてしまい、損することはあっても、得することはあまりないといえるでしょう。

新卒女子の好感をアップするファッションスタイル

新卒女子が周囲に好感を持ってもらうためには、ビジネスマナーをわきまえた清潔感とフレッシュ感のあるファッションを心がけるとよいでしょう。

ピンク×白の高好感度ファッション


新卒女子は、20代前半という若さがあるからこそ、ピンクが似合う年齢でもあります。
30代などのキャリア女子が着ると、ピンクは黒やグレーと合わせてトーンダウンしないと悪目立ちしますが、新卒女子なら白と合わせて新鮮さを感じさせることができるでしょう。

ピンクは肌色に合わせて、イエローベースなら黄みの強いサーモンピンク、ブルーベースなら青みの強いフューシャピンクを選ぶと、顔色がより際立ってきれいに見え、好感が持たれるでしょう。

カーキ×白で清潔感とクールを両立させるファッション

顔まわりにカーキを持ってくると、いくら新卒女子でも顔色が少しくすんで見えてしまう可能性があります。

カーキ自体は、クールかつ洗練された印象を持たせるには適した色味です。
そのため、トップスに白のブラウス、ボトムスにカーキを合わせるようにすると、顔色もよく見え、クールさを演出することもできます。

新卒だからといって、甘めなコーディネートがあまり好きではないという人におすすめのファッションスタイルです。

ベージュ×黒でコンサバ大人めファッション

夜に飲み会や打ち上げがある、取引先と仕事をする…という場合には、新卒女子も少し背伸びしたいという人も多いでしょう。

新卒女子を少し大人っぽく見せてくれるのがベージュカラーです。
色味を抑えたほうが、より大人っぽく見せることができるため、あえて黒のボトムスで締めると、より落ち着きのある印象を持たせることができます。

新卒だけど、取引先に若いからと変な気を使われたくない、という場合におすすめのファッションです。

ネイビー×白で新卒ならではのさわやかさをアピールするファッション

オフィスで好感を持ってもらうために必要な清潔感は、色味で演出することができます。
ネイビーは慎重でクールな印象を与える色ですが、白と組み合わせることによって、一気にさわやかな印象に仕上げることができます。

トップスが白で、ボトムスがネイビーだと、高校の制服のような印象になってしまいますが、上下を逆転させることで、オフィス向きの好感度の高いファッションに見せることができるでしょう。

ボトムスをパンツにする場合は、トップスがゆったりめのブラウスのため、センタープレスのきいたストレートパンツを合わせるとよいでしょう。
春夏はクロップト丈を選べば、よりさわやかな印象に仕上がります。

お堅いストライプはフリルデザインで甘めにする

無地ばかりではつまらない!柄ものにも挑戦したい!という人は、前述したようにストライプから始めることをおすすめします。

しかし、ストライプで、男性同様の開襟シャツ、ボタンダウンのシャツを選んでしまうと、メンズライクになってしまい、女性らしさは半減してしまいます。

ストライプという柄自体がパキっとしたお堅いイメージのため、シャツのデザインをフリルのついたものにするなど、フェミニンな型を選ぶとよいでしょう。

ストライプ自体も、ネイビー×白、黒×白のようにコントラストが強い色同士のストライプだと、さらにお堅い印象になってしまいがちです。
新卒女子ならではのフレッシュさをアピールするためにも、ストライプは水色×白、ベージュ×白の色味を選ぶとよいでしょう。

新卒女子のファッションスタイルは、暗すぎない色とデザインがおすすめ

「こなれ感」というキーワードを雑誌やファッションサイトで見かけることも多いですが、こなれ感を出すのは、仕事が軌道にのって、ある程度キャリアを積んでからでなければ、身の丈に合ったファッションとは言えません。

とはいえ、新卒女子なりにおしゃれを楽しみながら、周囲に好感を持ってもらうためには、色づかいと派手な柄ものは避けるということに注意しましょう。

新卒ならではの若さを感じさせたい場合は、上記で紹介したピンクの他に、ミントやラベンダーなどの淡い色使いもおすすめです。

大切なのは清潔感をアピールすることと、ビジネスシーンに配慮した服装を心がけることです。
そのためにも、トップスで明るめカラーを使用する場合はボトムスをダークカラーにするなど、トップスかボトムスのいずれかで色を「締める」ことを意識しましょう。