ネット広告営業に転職する際のチェックポイントとアプローチの仕方

広告業界の中でも、近年、特に需要が高まっているのが「ネット広告」です。

広告代理業+IT関連分野ということもあり、求職者からも人気が高い業種といえます。

実際にベンチャー企業などが華々しい業績をあげて、収入などを一気に増やしたなんてケースも多いです。

そんなネット広告業界ですが、その中でも特に営業は花形の職業、転職を希望している人も多いのではないでしょうか。

ネット広告代理店には常に業績を拡大するための即戦力になる人材や、将来性のある人材を求めている企業が多いので、転職先として常に注目されています。

そこで、当記事ではネット広告業界の営業職に転職したい人が抑えておきたいチェックポイントをまとめました。

また、ネット広告営業への転職の際に適切なアプローチをする方法についても解説しております。

チェックポイント・適切なアプローチ方法を抑えて、ぜひネット広告営業への転職を成功させてください。

ネット広告業界の現在について

さて、最初に現在のネット広告業界の状況を把握するところから始めましょう。

転職活動をする際には、転職希望先の業界情報を把握しておく必要があります。

こちらを参考にして、まずは業界全体の知識を持っておきましょう。

ネット広告市場の現在

国内におけるネット広告の媒体費用は1.2兆円を超え、前年比で117.6%と更なる拡大を見せていますが、この傾向はしばらく続く模様です。

以前はリスティング広告がメインでしたが、SNSの発達、外国人観光客向けのネット広告なども増えてきて、顧客の幅が広がりました。

ネット広告の代理店に対する需要は高まり、今後も高まり続けるのは確実です。

そのため、ネット広告の概要や運用法をクライアントに説明し、業務を会社に請け負う「営業」の役割は重要といえます。

業績次第ではかなりの好待遇が見込まれますし、より大きい企業への転職及びキャリアアップも見込めるのです。

また、他の業種よりは参入障壁も低いため「独立」といった道もありえます。

このように、キャリアアップを望んで転職する人にとって、ネット広告市場は挑戦しがいのある業種といえるでしょう。

ネット広告の種類について

ネット広告は需要が高まるとともに、種類も増えてきました。

ネット広告の種類

・純広告
・リスティング広告(運用型)
・SNS広告(Facebook・LINE・Instagram・Twitterなど)
・DSP
・キュレーションメディア

このように、種類も多くなってきているので、それぞれの広告の特徴を抑えておく必要があります。

転職先の企業がどういったネット広告媒体を扱っているかは抑えておきましょう。

ネット広告の営業担当者に求められる役割

ネット広告代理店の営業担当者には、自社の広告運用力をクライアントにわかりやすく説明することが求められます。

ネット広告は技術も新しく、一般人はどういった仕組みになっているかもわかっていないことが多いため、広告の影響力も説明して、顧客になってもらうことが必要です。

マーケティングデータや費用対効果などを割り出し、クライアントにとって適切な効果が見込める運用方法などを提案していく力が求められます。

そのためにも、ネット広告に関する知識と、説得力のあるセールス・プレゼンテーションを担うことになるでしょう。

こちらではネット広告業界の説明や、営業担当者の役割などを説明しました。

どれもネット広告営業担当になるには抑えておきたい知識なので、参考にしてくださいね。

ネット広告営業担当に求められるスキルは?

先ほども少し説明しましたが、こちらでは改めてネット広告営業担当に求められるスキルについて説明します。

転職活動でチェックされているポイントでもあるので、しっかりと抑えて対策するようにしましょう。

ネット広告営業担当に求められるスキルは大きく3つのスキルが挙げられます。

ネット広告営業担当に求められるスキル

・コミュニケーションスキル
・情報伝達に関するスキル
・スケジュール管理スキル

それぞれ開設するので、ご確認ください。

コミュニケーションスキル~営業の基本~

営業マンに求められるスキルの基本「コミュニケーションスキル」です。

プロの営業マンに求められているのは「盛り上げ上手」とか「人と話すことが好き」といったスキルではありません。

先ほども説明したように、WEB業界ではない業界で働く人々は、ネット広告の仕組みを熟知してはいないのです。

そのため、ネット広告の営業担当者には「顧客の要望に対して自社がどれだけ役に立てるか」を説明できるスキルが求められます。

相手の話を聞き、自社がどのようなアプローチ(広告運用)で役に立てるかを提案し、仕事を依頼されることを目指しましょう。

情報伝達スキル~顧客と広告運用担当者の橋渡しをする~

広告代理の仕事をとってきて、実際にネット広告を運用することになったら、今度は運用者と顧客の橋渡しを勤める必要があります。

何度も述べているように、顧客はネット広告の仕組みを理解していないことも多いため、結果が出ないと不安に思われてしまいます。

その際に、広告運用担当者がどのような施策を行っているかを説明し、納得してもらう必要があります。

同時に、顧客の要望などを運用担当者に伝え、顧客の要望が少しでも早く実現できるように働きかける役割もあるのです。

このように、顧客と運用者の間を橋渡するような情報伝達スキルがネット広告営業には必要です。

スケジュール管理スキル~営業の基本スキル~

ネット広告は顧客、運用担当者だけでなく、デザイナーやコピーライターなど、多数の人が協力して進める仕事です。

そのスケジュール管理をするのもネット広告の営業担当に必要なスキルといえます。

円滑にネット広告業務が進行するように、段取りなども考えながら進行役を勤めましょう。

以上のようなスキルがネット広告の営業担当には求められています。

もちろん、入社後にこうしたスキルが身に付くよう指導などあります。

転職活動時には上記のようなスキルが必要という意識をもって取り組めば大丈夫なので、未経験の人も不安に思う必要はありません。

自己アピール欄や採用面接の際に「営業に必要なスキルを身に着けるために頑張る」という姿勢を見せることを意識して臨んでくださいね。
 

ネット広告営業に転職する前に抑えておきたいチェックポイント

さて、ここまではネット広告営業担当に必要なスキルなどを解説しました。

こちらでは、本格的に転職を開始するにあたって抑えておきたいチェックポイントについて解説します。

ネット広告業界への転職というよりは「営業職に転職する」にあたって抑えておきたいチェックポイントです。

抑えておきたいポイントは3つあります。

ネット広告営業に転職する前に抑えておきたい3ポイント

・ネット広告の営業職はネット広告未経験でも転職可能
・「転職の軸」を定める
・転職活動が活発化する時期を抑える

それぞれのチェックポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

ネット広告の営業職はネット広告未経験でも転職可能

まず、当記事を読んでいる人の中で「自分はネット広告業界未経験だから転職出来ない……。」と思っている人がいたとしたら、その心配はご無用です。

もちろん、詳しいに越したことはないのですが、現時点でネット広告の知識が無いことは問題ではありません。

これには2つの理由があります。

ネット広告未経験でも転職可能な理由

・企業が重視しているのは営業能力のため
・ネット広告の世界は進化し続けているため

それぞれの理由について確認していきましょう。

・企業が重視しているのは営業スキルのため
ネット広告の営業担当への転職希望者に対して、企業は「営業スキル」の方にウエイトを置いています。

そのため、現時点で営業スキルがある程度あるか、もしくは研修などで営業スキルが伸ばせるかという点が重視されているのです。

ネット広告業界が未経験であっても自信を無くさないでくださいね。

・ネット広告の世界は進化し続けているため
ネット広告業界は2~3年もすると、あっという間に現時点とは異なる広告媒体が出るなどしてもおかしくはありません。

そのため、現時点でのネット広告の知識というよりは、マーケティングの本質を理解している、もしくは理解できる資質のあるかという点が重要視されています。

より、本質的な部分を企業は確認しているので、現時点で未経験であってもネット広告の営業担当になれる見込みは大いにあります。

進化し続けるネット広告業界において、常に新しいことを学び身に着けていく「向上心」を持ち、アピールすることが大切です。

「転職の軸」を定める

これはどの業種に転職する際にも必要なのですが、転職活動をする前に自分自身の「転職の軸」を確立してください。

転職の軸とは、「なぜ転職したいのか」といった理由・目的、そして「自分にとっての転職の成功とは何か」といった目標などから構成されます。

理由・目的、そして目標がないまま転職活動をしても、転職の方針はいつまでも定まらず、ブレたままになってしまいます。

方針がブレていると転職活動は絶対にうまくいきません、照準の合わないライフルで狩りをするようなものです。

自分自身の転職の軸をしっかりと定めて、方針を決め、目標に向かって効率の良い転職活動をするようにしましょう。

転職活動が活発化する時期を抑える

転職活動は一般的に、活発化する時期が決まっています。

ネット広告営業担当の転職活動も、その活発化する時期に合わせて行うことをおすすめします。

活発化する時期は下記の通りです。

転職活動が活発化する時期

・2月~4月(新卒入社に合わせて)
・6月~7月(夏ボーナス支給後)
・12月(冬ボーナス支給後、ただし年末はNG)

上記の時期はネット広告企業も転職希望者の採用に力を入れる時期なので、その時期を狙って転職活動しましょう。

こちらではネット広告の営業職として転職する際に抑えておきたいチェックポイントを3つ解説しました。

ポイントを抑えたうえで、転職活動をするようにしてくださいね。

ネット広告営業に転職する際のアプローチ方法

ネット広告営業に転職する際に抑えておきたいチェックポイントは解説したので、今度はアプローチ方法について解説します。

ネット広告営業は人気職種なので、適切なアプローチをしないと、競争率が激しく中々転職出来ません。

そのため、下記の適切なアプローチ方法を参考にして、効率よく転職活動をしてくださいね。

ネット広告営業の転職におけるおすすめアプローチ方法は下記の3つです。

ネット広告営業の転職におけるおすすめアプローチ方法

・転職エージェントの利用
・大手転職サービスを利用する
・ビジネスSNSの利用

転職エージェントの利用

最もおすすめなのが転職サービスの利用です。

ネット広告企業のようなIT企業は転職エージェントに求人活動を任せているところが多いのです。

非公開求人も多く、ネット広告の営業職の中でも好条件の求人が沢山あるので、良い条件で転職しやすくなります。

転職を効率よく進められるカウンセリングなども受けられるのでdodaやマイナビエージェントなど、大手エージェントサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

大手転職サービスを利用する

エージェントだけではなく、大手転職サービス(doda、マイナビ転職、リクナビNEXTなど)を使うのもおすすめです。

各社共に豊富な求人情報があり、人気職種であるネット広告営業の求人も沢山あります。

また、企業からのスカウト企業もあり、思わぬ有名ネット広告企業からのオファーがくる可能性もあるのです。

エージェントの利用と並行して、大手転職サービスも利用するようにしましょう。

ビジネスSNSの利用

近年、IT関連企業はビジネスSNSを利用した求人活動も行っています。

Facebookなどとは異なり、採用活動に特化したSNSなので、転職活動にももってこいです。

ビジネスSNSに登録したプロフィールがそのまま履歴書・職務経歴書の役割を果たし、各企業からオファーがくる仕組みになっています。

登録しているだけでもネット広告企業からのオファーがくる可能性があるので、ぜひ活用しましょう。

こちらではネット広告企業のおすすめアプローチ方法を紹介しました。

エージェントの利用、大手転職サービス、ビジネスSNSの利用を全て並行して登録し、最も好条件な求人情報に応募してみましょう!

ネット広告営業の履歴書・職務経歴書でのアプローチ方法

エントリーにおけるアプローチ方法を解説したので、こちらでは履歴書・職務経歴書におけるアプローチ方法を解説します。

履歴書・職務経歴書におけるアプローチ方法は「ネット広告業界の経験度」によって変化します。

経験がある人、未経験の人ごとにアプローチ方法を解説するので、ご自身の経験度ごとに参考にしてください。

ネット広告業界の経験があるなら……「即戦力アプローチ」

ネット広告業界の経験があって、ネット広告の営業担当に転職するのでしたら自分が「即戦力」になるとアピールしましょう。

ネット広告業界は常に営業の人材を求めていて、即戦力になる人物を欲しているので、即戦力になることがアピールできると成功率が高まります。

「自分が担当した業務が貴社の広告代理業務の営業に役立てる」といった履歴書・職務経歴書を作成して転職活動に臨むのがオススメです。

ネット広告業界が未経験なら……営業に対する熱意アピール

 
ネット広告業界が未経験でしたら、営業業務に対する熱意をアピールしましょう。

営業の経験がある場合は「ネット広告業界は未経験ですが、今まで培ってきた営業スキルを駆使して貴社の役に立つよう尽力します」といった内容にしましょう。

営業の経験が無い人は、「営業は未経験でも、貴社のサービスをクライアントに理解してもらえるように尽力します」といったような向上心のある内容にしてください。

以上のような履歴書・職務経歴書の内容にすれば、ネット広告業界が未経験でも適切にアプローチすることが可能です。

ネット広告営業への転職はキャリアアップのチャンス!

当記事ではネット広告営業担当に転職するにあたって、抑えておきたいチェックポイントとアプローチ方法を解説しました。

ネット広告とはいえ、営業担当に求められるのは「営業のスキル」です。

ネット広告に関する知識よりも、営業担当としての資質・向上心の方が重要視されているという点をご理解ください。

そして、日々進化を遂げているネット広告に対して、柔軟性をもって、新しいことを学んでいくといった姿勢も重要です。

ネット広告業界はこれからも事業が拡大していくことが見込まれる業種なので、その営業担当は今後も注目され続ける職種といえます。

ネット広告の営業担当になることは間違いなくキャリアアップに繋がるので、ぜひ当記事を参考にして転職活動にチャレンジしてみてくださいね。