転職のすすめ|転職の前に準備すべきこと|チャンスを逃さない

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職を成功させるためには事前の準備を入念にすることが大切です。

準備が不足していれば、転職活動の効率が悪くなり失敗する確率が高くなりせっかくのチャンスも逃すことになります。

今回の記事では、転職を成功させるために必要な準備することを紹介します。

転職のすすめ|転職の前に準備すべきこと要約

3行要約
  • 転職を考えてから退職するまで時間がかかるため準備が必要
  • 目的を明確にして計画を立てることが大切
  • 転職エージェントなどを利用するのがおすすめ

転職の準備を十分に行う必要性


転職を成功させるためには、しっかりと転職の準備をする必要性があります。

新卒の就職活動と異なり、仕事をしながら転職活動をすることもあるため、初めて転職活動をする人は注意してください。

転職の準備を十分に行う必要性

  • 転職するまで長い期間が必要になる
  • やることが増えるため計画的に行動する必要がある
  • 転職の成功率が高くなる

転職するまで長い期間が必要になる

転職する際の状況や希望、行動によって変わってきますが、一般的な転職活動の期間は3ヶ月から半年ほどかかります。

転職をするときの一般的な流れは以下の通りです。

転職までの一般的な流れ

  1. どのような目的で転職活動するのか自己分析をして決める
  2. 求人情報を公開している企業の情報や業界の動向を研究する
  3. 履歴書や職務経歴書などの書類を作成する
  4. 求人に応募して面接などを進める
  5. 会社を退職して入社する準備を進める

転職に必要な期間は、「会社に在籍しながら転職活動をする」のか「会社を辞めてから転職活動をする」かで大きく変わります。

会社に在籍しながらの場合、仕事をしながら転職活動をする必要があるので、時間を確保するのが難しくなります。

反対に会社を辞めてから転職活動する場合、転職に関する準備などに充てる時間は確保できますが、収入が発生しないため、転職活動に費やせる期間は人よって変わってきます。

また、1社の選考を受けて1つの内定をもらえるわけではありません。

選考を受け続けても不採用になる可能性もあり、転職活動が長引くことも多くあります。

やることが増えるため計画的に行動する必要がある

会社を辞めずに転職活動をする場合、仕事をしながら選考書類を作成し、面接などの選考を受けるため、計画的に行動しなければ破綻してしまいます。

選考書類の作成や面接対策に時間を割けなければ、準備不足により志望している企業に魅力を伝えられず、不採用になる可能性は高くなります。

内定をもらった後も、計画的に会社へ退職する旨を伝えて、後任者に仕事内容を引き継がなければなりません。

他にも、残っている有給を消化する日程を考える必要があるので、前もって予定を考えておく必要があります。

転職の成功率が高くなる

転職の成功率は準備によって大きく変わってきます。

履歴書・職務経歴書・面接でしっかり自分のことを伝える必要がありますが、そのためには自己分析・業界研究・企業研究を十分に行うのがポイントです。

転職活動するときには、まず必要なことを全て洗い出し、余裕が生まれるように計画を立てることが大切です。

転職に必要なことを計画的に実施し準備を万端にすることで、選考を受ける企業に魅力を伝えられるようになり成功率が高まるだけでなく、良い条件の求人を見つけたときに素早く行動できるのでチャンスを掴む機会が増えます。

転職にかかる目安時間

転職にかかる時間は職種や自身の希望などによって変わってきます。

各要素にどれくらいの時間がかかるのか事前に把握しておくと、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

株式会社マイナビ「転職動向調査(2018年)」による転職活動の期間

マイナビが行った転職動向調査(2018年)によると、現在の勤務先に応募するまでの期間はおよそ半数は「2ヶ月未満」であり、応募してから内定通知を受けるまでにかかった期間は8割以上が「2ヶ月未満」と回答しています。

つまり、求人を探し始めてから内定を得るまで4ヶ月かからないことが多いのです。

内定が出る頃から引き継ぎなどの処理を行うため、退職するまでと考えると半年ほどかかると考えるのが妥当です。

doda「転職活動の進め方 完全ガイド」による、転職活動の一般的なスケジュール

dodaが公開している「転職活動の進め方 完全ガイド」でも、上記の図のように転職活動の一般的なスケジュールを平均2~3か月としています。

ここからは、一般的なスケジュールに沿って、転職までの流れ、そして準備に必要な項目や時間の目安を見ていきます。

転職までの流れ

  • 自己分析などの事前準備
  • 求人動向を探る情報収集
  • 応募から面接などの選考
  • 引き継ぎ・退職の準備

自己分析などの事前準備

転職活動では自分のことを話すことになるため、「何を話すか」の元になる自己分析の重要性は高いです。

自己分析に時間をかけることで、選考書類と面接などに筋が通った回答を行えます。

それだけでなく、自己分析は条件や職種などの条件を決める上でも非常に重要であり、転職の目的が明確になっているだけで活動しやすく、常に明確な目的を持って行動している人であれば、そこまで時間はかかりません。

1日に1時間程度考えたとしても、1週間で5時間から10時間程で自己分析は一通り行えます。

自己分析はこだわると切りがありません。本格的に転職活動を始める前から、今までやってきたことや、これからのキャリアをどうしていきたいのか考えておくのがおすすめです。

求人動向を探る情報収集

転職活動をするときに自身が希望する職種の求人が募集されているか分かりません。

転職市場は季節や状況によって大きく変わるため、事前に求人動向などを探ることが大切です。

特に会社を辞めてから転職活動をする人は、在籍中に求人動向の調査や企業研究などを行うことが大切です。

会社を辞めたタイミングで求人がなくなってしまえば、無収入期間は無駄に伸びてしまいます。

最低限な情報収集を行う場合であれば、自己分析と同様に1日に1時間程度考えて1週間で5時間から10時間程かかります。

応募から面接などの選考

応募からの面接などの選考、内定が出るまでの期間は先程の調査の通り、2ヶ月かからないことが多いです。

しかし、「応募してから不採用になり、また応募する」といったことを繰り返していくと、転職期間は長くなるので注意が必要です。

引き継ぎ・退職の準備

内定が出てから引き継ぎなど退職準備にかかる時間は人によって大きく変わりますが、1ヶ月から2ヶ月ほどかかるケースが多いです。

一般的に転職活動をして内定が出てから、退職する旨を上司など会社側に伝えます。

民法では最低でも1週間前までに退職する旨を伝えなければならないとしています。

多くの人は消化していない有給が1週間から2週間ほどあり、その期間を考慮すると退職する1ヶ月前ほど前に退職する旨を伝えることが多いです。

業務の引き継ぎにも1ヶ月ほどかかることが多くあるため、内定が出てから退職するまでに1ヶ月から2ヶ月の猶予を見ていた方が良いでしょう。

転職準備で必要なこと


具体的に転職を考えたときにはどのようなことが必要になるのか、あらかじめ押さえておくことが大切です。

なるべく早い段階で必要なものを準備し、本格的な転職活動の段階に備えるのがおすすめです。

転職準備で必要なこと

  • 転職の目的を明確にしておく
  • 転職するスケジュールを考える
  • 自己分析などのキャリアの棚卸しをする
  • 転職に必要な情報収集をする

転職の目的を明確にしておく

本格的に転職活動を始める前に、転職の目的を明確にするのが大切です。

この転職の目的は、求人を探すときや面接で質問に答えるときに必要であり、転職活動の軸になるものです。

つまり、事前に明確な転職の目的があれば、転職の方向性などの軸が固まり、求人を探しやすく、面接などの質問にも答えやすくなります。

反対に、転職の目的が曖昧だと、「気になる」「興味がある」という理由だけで応募し、その都度業界研究や企業研究を行わなければならないため、準備などの工数が増えて効率が悪くなります。

例えば、転職する理由には大概ポジティブな理由とネガティブな理由の2種類あります。

転職のポジティブな理由
  • 志望動機を考えるときに必要
転職のネガティブな理由
  • 求人を探すときの条件となる

主にポジティブな理由は面接時の志望動機を考えるときに必要であり、ネガティブな理由は求人を探すときの条件に関係すると考えてください。

「残業が多い」「休みが取れない」といった理由で会社を辞めるのであれば、その条件に合った求人を選べば良いです。

このような内容であれば、本格的に転職活動をする前の段階でも考えられます。

転職するスケジュールを考える

先程の説明の通り、転職活動にはいくつかの段階があり、それぞれ必要な時間が異なります。

転職活動を始める前に、どれくらいの時間が必要になるか、大まかに計算してみるのがおすすめです。

転職を考える人の中には「今の会社を辞めることが目的」である人も少なからずいます。

このような人の場合は、転職に必要な時間を考えながら退職日を決めるのがおすすめです。

会社を辞めたいと考えている人が退職日を決めずに転職活動をすると、間延びしてしまいモチベーションが下がる危険性があります。

「内定をもらってから辞める」のはメリットが多いですが、同時に転職活動の負荷も大きくなります。

無理をせず、会社に在籍している内に必要な準備を終わらせ、退職してから本格的に転職活動するのも選択肢の1つです。

自己分析などのキャリアの棚卸しをする

転職活動で最も重要なことは、自身が選考を受ける企業に自分の魅力を伝えることです。

相手に自分を採用することのメリットが伝われば、転職が成功する確率は高くなります。

選考書類や面接で相手に伝わる内容の大半は、自己分析をしっかり行ったかどうかにかかっています。

新卒の採用試験と異なり、転職活動の場合は自身の実績や経験が重要視されるため、今までにどのような仕事をしてきて、何を生み出したのかキャリアの棚卸しをすることが大切です。

時間をかけてキャリアの棚卸しや自己分析を行えば、選考で相手に伝える内容も固まってきます。

転職に必要な情報収集をする

転職に必要な情報は自分のことだけではありません。自身が選考を受ける企業や業界の動向などの情報を収集し、行動する必要があります。

転職活動では自己分析だけでなく、企業研究や業界研究をしていなければ、「なぜその仕事に就きたいのか」「なぜこの企業に入社したいのか」という部分で筋が通らなくなってしまいます。

実際に企業研究や業界研究が不足している志望者は、企業側にとって魅力度は低いといえます。

効果的に転職活動するためにも、必要な情報は漏れなく収集する必要があります。

ここまで紹介した「転職準備で必要なこと」は求人を探したり、転職フェアなどのイベントに参加したりなど、本格的な転職活動を始める前でも十分準備できます。

まずは転職活動の全体像をイメージし、時間に余裕を持って準備することが大切です。

転職に必要な情報を収集する方法


転職に必要な情報を収集する方法は複数あるので、自分に合った方法で効率良く情報収集することがおすすめです。

また、いくつかの方法で情報収集を行うことで、多角的に物事を判断できるようになります。

転職に必要な情報を収集する方法

  • 転職サイトなどのサービスを利用する
  • 自身のコネクションから収集する
  • 転職フェアを利用する
  • 希望する企業のHPを確認する

転職サイトなどのサービスを利用する

効率良く求人情報を得るには、転職サイトや転職エージェントといった就職サービスを利用するのがおすすめです。

大手の転職サイトであれば求人数が豊富であり、自身の希望を叶える仕事を見つけやすいだけでなく、各業界の動向や選考書類の書き方など転職に有効な情報が載っていることが多いです。

自身のコネクションから収集する

法人営業などで社外の人とコミュニケーションを取る際は、そこから転職に有効な情報を得れることが多くあります。

例えば、顧客と関係ある企業や業界が人手不足であったり、どのような人材を求めているかを知れることもあります。

他にも学生時代の友人など、自分の知り合いから情報を得るのも選択肢の1つです。

自身のコネクションを利用して得られる情報は、転職サイトなどでは得られないため貴重です。

転職フェアを利用する

短期集中的に転職に必要な情報を収集したい場合は、転職フェアなどのイベントに参加するのがおすすめです。

転職フェアでは、選考以外で企業の採用担当者と話ができる貴重な機会と言えます。

出展している企業の濃密な情報を得られるだけでなく、主催者側が転職に有効な情報を提供しているため、イベントに参加するだけで有意義な情報が多く手に入ります。

しかし、イベントは平日に開催していることが多く有給を消化する必要があるため注意が必要です。

希望する企業のHPを確認する

転職活動をする際には、転職サイトなどを利用して一括エントリーし書類選考に進む、といった流れがほとんどです。

しかし、転職サイトに求人を掲載している企業は媒体に高額な費用を支払っているため、掲載している媒体数に比例して費用は高くなるのです。

つまり、媒体によって掲載している企業が異なります。

規模が小さい企業や媒体を使わなくても応募を稼げるような人気企業の場合、転職サイトに掲載している数が減り、見つけにくくなります。

このような企業は自社の採用ページで募集を行っていることが多くあります。

転職サイトで見つからない情報が見つかることもあるため、チェックするのがおすすめです。

転職を成功させるポイント


転職活動は新卒の就職活動と異なるため、初めて転職する人は成功させるためのポイントを押さえることが大切です。

ポイントを押さえて転職活動すれば、失敗する可能性を低くなりチャンスを掴みやすくなります。

転職を成功させるポイント

  • 転職エージェントを利用する
  • 在籍中に転職先を決めておく
  • 自分に合った転職サービスを選定しておく
  • すぐに転職しない場合は資格を取得しておく

転職エージェントを利用する

初めて転職活動する人や仕事を辞めずに転職活動をする人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、転職に有効な情報を教えてくれるだけでなく、担当のコンサルタントと面談で話し合うことで自身の希望に合った求人を紹介してくれるのでチャンスが広がります。

また、選考書類の書き方や面接対策を行ってくれるサービスもあるため、初めての人でも効率良く転職活動を行えます。

在籍中に転職先を決めておく

冒頭の通り、「会社に在籍しながら転職活動をする」「会社を辞めてから転職活動をする」の2パターンありますが、在籍中に転職先を決める方が良いです。

その理由は、収入がなくなるため転職活動が長引くほどメンタルの状態が悪くなり、冷静な判断ができなくなるからです。

生活に余裕がなくなっていくことで焦ってしまい、以前よりも条件が悪い求人に決めてしまうことが多くなるからです。

また、転職活動の期間がながくなれば、企業側は「上手くいっていない人」と判断してしまいます。

仕事が忙しい人でも、転職エージェントなどを活用して在籍しながら転職活動をして、転職先を決めるのがおすすめです。

自分に合った転職サービスを選定しておく

転職サイトや転職エージェントにはさまざまな種類があり、希望の収入や業界などに特化したものなどがあります。

本格的に転職活動を進める前に、どのようなサービスがあるか調べておくとスムーズに転職活動を行えるでしょう。

転職サービスについては以下の記事でも説明していますので、参考にしてください。

20代・第二新卒で成功する転職サイトおすすめ10選【2020年版】

就職氷河期世代が転職・再就職先として登録すべき転職サイト3選

すぐに転職しない場合は資格を取得しておく

「転職したい」と考えていても、具体的な転職の方向性が決まっていなかったり、気持ちが固まっていなかったりすることは多いです。

そのような場合は、自身のキャリアや選考で有利になる資格を取得するのがおすすめです。

資格の取得には時間がかかるため、本格的に転職活動を始めてからでは間に合いません。

時間がある内に勉強を進めておくのが、チャンスを掴むコツの1つです。

以下は一例ですが、資格取得を検討する場合の参考にしてください。

転職する際に営業マネジメントが取っておくと有利な資格ベスト5

転職する際に20代のITエンジニアが取っておくと有利な資格ベスト5

収入アップと転職成功につながるITマネジメント資格ランキング

十分に準備を進めて転職を成功させよう!

転職を成功させるポイント

  • 転職を考えてから退職するまで時間がかかるため準備が必要
  • 目的を明確にして計画を立てることが大切
  • 転職エージェントなどを利用するのがおすすめ

転職活動の結果は事前の準備によって左右される割合が大きく、準備を入念に行っておけば、良い求人と出会ったときにチャンスを逃すこともありません。

計画的に準備を進めれば、仕事で忙しい人でもスムーズに転職できます。

時間を確保し自己分析や企業研究、業界研究を行えば転職の成功率も上がります。

必要な内容を押さえて十分に準備を進めて、転職を成功させましょう。