転職エージェント・マイナビエージェントの評判「連絡が頻繁」実際は?成功率は?

国内でも高い認知度を誇るマイナビエージェント。新しいキャリアを築くために、利用を検討する方も少なくありません。

ところがインターネットで検索すると「コンタクトが頻繁」「メールや電話のフォローが多い」といった声も多く、敬遠する方もいますよね。

そこで今回は「コンタクトが頻繁」「メールや電話のフォローが多い」といったマイナビエージェントのコミュニケーションの質について調査しました。

5分程度で読めるマイナビエージェントの「転職の成功率を上げるためのコツ」でもあります。

マイナビエージェントの利用を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

マイナビエージェントは「業界のプロの支援」が魅力的な転職エージェント


マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

一人ひとりに専任のキャリアコンサルタントがつき、転職を徹底的にサポートします。

数あるエージェントサービスのなかでも「担当者の専門性が高い」のがマイナビエージェントの特徴。

「各業界・各企業に精通したプロフェッショナル力」を公式サイトでアピールするほど、豊富な知識や経験を活かした親身なサポートが期待できます。

一流のキャリアアドバイザーの力を借りて、転職したい人にはぴったりです。担当者が把握する業界は1つではありません。

さまざまな業界、職種の仕事について熟知しています。ですので、他業界や他業種に興味がある方でも幅広い提案が受けられるのが魅力です。

マイナビエージェントの3つの特徴

  • 大手人材会社「マイナビ」が運営する転職エージェント
  • 「担当者の専門性が高い」のが魅力
  • 一流のキャリアアドバイザーの力を借りたい人におすすめ

マイナビエージェントの「コンタクトが頻繁」可能性はゼロではない

知名度の高いマイナビエージェントですが「コンタクトが頻繁」「メールや電話のフォローが多い」といった声もあります。

専任の担当者からメールや電話が届き、中には転職を急かされているように感じる人もいるようです。

結論を先にお伝えすると、マイナビエージェントではコンタクトが頻繁にくるケースもゼロではありません。

転職を成功させるために、頻繁にコンタクトを取ってくる場合もあります。人によっては不快に感じてしまうケースもあるでしょう。

とはいえ、すべての担当者から頻繁に連絡がくるとは限りません。なかには求職者のペースに合わせて、ゆっくりと提案を行うエージェントもいます。

最初から悪い評判だけに目を向けるのではなく、一度利用してみるのがおすすめです。

最初に希望を言えば(書けば)自分と相性抜群の担当者に出会える可能性もあります。

次の項目ではマイナビエージェントのコンタクトが頻繁である理由についてお伝えします。

マイナビエージェントは「コンタクトが頻繁」は本当?

  • 頻繁に連絡がくる可能性もゼロではない
  • とはいえすべての担当者のコンタクトが頻繁わけではない
  • 一度利用してみるのがおすすめ

マイナビエージェントの「コンタクトが頻繁」になる3つの理由

マイナビエージェントのコンタクトが頻繁な場合がある理由は、次の3つが考えられます。

マイナビエージェントの「コンタクトが頻繁」になる3つの理由

  • 業界のプロから転職の最短ルートを教われるから
  • 未経験者のサポートにも妥協がないから
  • より多くの求職者を転職に導きたいから

それぞれの内容について、分かりやすく説明します。

業界のプロが転職から転職の最短ルートを教われるから

マイナビエージェントでは業界のプロから転職の最短ルートを教われます。

希望の企業に就職するためには、転職活動のスピードを速めなければならないケースも少なくありません。

求人情報は常に変化し続けるからです。求職者にマッチした企業の募集が終わってしまう恐れがあります。

チャンスを逃さないためにも、担当者も求職者と頻繁にコミュニケーションをとる必要があるケースも多いです。

「転職を成功させるため」に連絡が多くなってしまう可能性もあります。

ネガティブにとらえず「サポートが手厚い」と受け取ると良いでしょう。

とはいえ、不快に感じるような直接相談してみるのも1つの手です。エージェントに要望を伝えれば改善されるかもしれません。

担当者を変更してもらえる可能性もあります。不安がある場合は、積極的にコミュニケーションをとるのが大切です。

未経験者へのサポートにも妥協がないから

マイナビエージェントは未経験者へのサポートにも妥協がないのも特徴です。

徹底的に支援するために、頻繁に連絡が来てしまう可能性もゼロではありません。

サポートが手厚いからこそ「コンタクトが頻繁」と感じる方もいます。

ただし、マイナビエージェントのアドバイスは上手に活用すれば転職にも役立つはずです。

あらゆる業界知識にくわしいプロフェッショナルに、親身に対応してもらえますからね。未経験の仕事に就きたい人でも安心して相談できますよ。

特に登録後の初回面談では、エージェントが細かいヒアリングが受けられます。

「その仕事に挑戦したい理由」から掘り下げ、求職者に本当にマッチする求人を紹介してもらえるはずです。

ヒアリングの結果、退職をしない方が良いと判断されれば無理に転職はすすめません。求職者が満足する結果につなげるために最善の策を提案します。

最初から最後まで未経験者に寄り添ってサポートするからこそ、こまめな連絡が必要になる可能性があります。

より多くの求職者を転職に導きたいから

「転職成功率をあげる」のもコンタクトが頻繁になる理由の1つ。

企業が継続的にビジネスを行い人材業界に貢献するためにも、ユーザーに対する徹底的なサポートは欠かせません。

結果的に求職者への連絡が小まめになってしまう可能性もあるのが現状です。

他にもまだある?マイナビエージェントの悪い3つの噂と真相を解説

マイナビエージェントの評判を調べると「コンタクトが頻繁」以外にも次のようなコメントがみられます。

マイナビエージェントの悪い3つの噂

  • 担当者から紹介される「求人の質が低い」
  • 他の転職エージェントに比べて「求人数が少ない」
  • 30代以降の「ハイキャリアの転職に弱い」

それぞれの噂の内容と真相についてご紹介します。

担当者から紹介される「求人の質が低い」

マイナビエージェントは紹介される「求人の質が低い」といわれる場合もあります。

「魅力的な求人がないのでは」と不安に感じる方もいますよね。結論をお伝えすると、求人の質が低い可能性もゼロではありません。

求人内容はタイミングによって変化するからです。自分にマッチした求人の募集が突然終了してしまう可能性もあります。

時期によっては魅力的な求人を紹介してもらえないケースもあるかもしれません。希望する職種によって、求人の比率はちがいます。

具体的な内容は次のとおりです。

マイナビエージェントの業種別求人比率

  • IT・通信系…33.6%
  • メーカー系…25.7%
  • 流通・小売り・専門店系…9.5%
  • サービス・マスコミ系…8.0%

マイナビエージェントが最も得意とする業種は「IT・通信系」です。求人全体の約3割を占めます。次に強いのが「メーカー系」。

全体の25.7%を占めます。流通や金融、サービス系などの求人募集もありますが、IT系やメーカー系には及びません。

一方、職種別の求人比率では次のようなデータが公表されています。

マイナビエージェントの業種別求人比率

  • IT・インターネット・通信…19.3%
  • 経営企画管理部門全般…9.7%
  • 医療・医療機器・バイオ…9.2%
  • 機械・電気、電子・素材…8.7%

業種と同様「IT・インターネット・通信」系が最も多く、全体の約20%を占めます。

続いて経営企画系や医療系、機械系が約9%を占めているのが現状です。

自分が希望する業界の求人が少なければ、マッチする企業を紹介してもらえない可能性もあります。

登録後にギャップを感じないようにするためにも、事前に求人比率をチェックしておくと良いですよ。

他の転職エージェントに比べて「求人数が少ない」


マイナビエージェントは他の転職エージェントに比べて求人数が少ないと言われるケースも少なくありません。

結論をお伝えすると、実際に求人数が少ない可能性もあります。

大手サービスである「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を抱えていますからね。

ただし、マイナビエージェントの非公開求人数が公開されていないので比較が難しいのも事実です。

非公開求人はサービスに登録した人だけに紹介される求人で、一般の人は内容を把握できません。

求職者と企業の強力なマッチング力を持っているからこそ紹介できる仕事です。マイナビエージェントの求人数は約8割が非公開求人

全体数は公表されていませんが、他では知りえない独自の求人を抱えているのも事実です。

「求人数の多さ」だけでなく「マイナビエージェントだからこそ紹介できる求人」にもこだわっています。

不安な方は複数の転職エージェントサービスを併用するのも1つの手ですよ。

30代以降の「ハイキャリアの転職に弱い」

マイナビエージェントは「ハイキャリアの転職に弱い」といわれます。実際に30代~40代より、20代の支援に強いといった声は多いです。

新卒向けの就活サイト「マイナビ」を長年運営している背景があるため、若手向けの求人が多く公開されています。

入社後3年以内に退職した第二新卒の方には特におすすめの転職エージェントです。もちろん30代以降のハイキャリアの求人もゼロではありません。

マイナビエージェントのサイト内では30代の転職をサポートするためのコラムが用意されています。

ハイキャリアの方もネガティブにとらえずに、一度登録してみるのも良いですよ。

タイミングによっては、自分の希望にマッチした魅力的な求人に出会えるかもしれません。

次の項目ではマイナビエージェントを利用して転職の成功率をあげる秘訣についてご紹介します。

マイナビエージェントは担当者を賢く利用するのが成功率アップの秘訣

マイナビエージェントで転職の成功率をあげるためには「担当者を賢く利用する」のが秘訣です。

徹底的なサポートも上手に活用すれば、急速に内定への距離が縮まる可能性もあります。

マイナビエージェントの強みは「業界知識の深いエージェントの親身な支援」

「コンタクトが頻繁」と感じてしまうケースもありますが、利用方法次第では転職を支える心強い味方になります。

自分を売り込みつつ、受けられるサポートは惜しみなく活用するのが良いですよ。

マイナビエージェントで成功率をアップする秘訣

  • 担当者を賢く活用する
  • 上手に利用すれば転職活動の強い味方になる
  • 自分を売り込みつつサポートを存分に活用するのがおすすめ

マイナビエージェントで担当者を賢く利用するときの3つのコツ

マイナビエージェントで担当者を賢く利用するときの3つのコツは次のとおり。

マイナビエージェントで担当者を賢く利用する3つのコツ

  • 転職意欲の高さを積極的にアピールしよう
  • 選考対策を受けてフィードバックをもらおう
  • 実績やスキルを武器に熱意を伝えよう

それぞれのコツについて、分かりやすく説明しますね。

転職意欲の高さを積極的にアピールしよう

担当者を上手に活用するためには、転職意欲の高さをアピールしましょう。「すぐにでも転職したい」といった強い気持ちを伝えるのが大切です。

転職意欲が高ければ、担当者のモチベーションもあがります。「支援したい」と思うだけでなく、企業の売上につながる可能性が高いからです。

担当者のやる気があがれば、より親身にサポートしてもらえるかもしれません。

自分の状況を丁寧にヒアリングし、最適な求人を紹介してもらえるはずです。一方で転職意欲の高さが低いと、対応が後回しにされてしまう恐れもあります。

継続的にビジネスを行うためにも、成功の可能性が高い人を優先的にサポートする必要があるからです。

短期間で希望の企業に就職したい場合は「転職したい」といった強い気持ちを伝えましょう。

選考対策を受けてフィードバックをもらおう

担当者を上手に活用したい場合は、選考対策を積極的に受けるのがおすすめです。

数々の求職者を成功に導いたプロフェッショナルの、的確なアドバイスが期待できます。

フィードバックを素直に受け入れ実践すれば、理想のキャリアにも一歩近づくことでしょう。

マイナビエージェントで受けられるサポートは次のとおりです。

マイナビエージェントで受けらえるサポート

  • 面接対策セミナー
  • 職務経歴書のブラッシュアップ
  • 模擬面接
  • 選考スケジュールの調性
  • 給与の条件交渉

マイナビエージェントは求職者への選考対策が手厚いのが特徴です。特に応募書類の添削や面接対策に力をいれています。

採用担当者の視点に立ちながら、通過率を上げるコツを伝授してもらえますよ。書類の具体的な書き方から、身だしなみまで徹底的に教われます。

はじめて転職する方も安心して利用できるのが魅力です。相談回数や期間に制限はなく、夜間や土曜(9:30〜17:30)のサポートも受けられます。

担当者の選考対策を積極的に活用して、内定獲得を目指しましょう。

実績やスキルを武器に熱意を伝えよう

実績やスキルを武器に、熱意を伝えるのも大切です。担当者が企業に紹介する際に、アピールしやすくなるからです。

何も実績がない人より、経験やスキルが明確な人の方がスムーズに紹介できますよね。

「転職したい」といった熱意も伝われば、担当者のモチベーションもあがります。

アピールできるような実績や能力がある人は、積極的に担当者に伝えましょう。具体的な経験やスキルがない場合も問題ありません。

担当者に相談すればヒアリングを行って、一緒に「強み」を探ってくれるはずですよ。

転職を一緒に成功させるためのパートナーとして、担当者を存分に活用するのが成功の秘訣です。

マイナビエージェントの担当者は強い味方!賢く利用して成功させよう

マイナビエージェントは「コンタクトが頻繁」といわれるケースもありますが、実際に小まめにコンタクトをとる担当者がいいるのも事実です。

具体的な理由は次の3つが考えられます。

マイナビエージェントの「コンタクトが頻繁」になる場合がある3つの理由

  • 業界のプロが転職の最短ルートを教われる
  • 未経験者のサポートにも妥協がないから
  • 売上をあげてより多くの求職者を成功させたいから

頻繁に連絡が届くのも、求職者の転職を成功させるためです。

「サポートが手厚い」マイナビエージェントだからこそ感じるデメリットといえるでしょう。

言い換えれば、担当者を上手に活用すれば、転職活動をすすめるための心強い味方です。内定への距離が急速に近づくかもしれません。

担当者を賢く利用したい人は次の3つを心がけましょう。

マイナビエージェントで担当者を賢く利用する3つのコツ

  • 転職意欲の高さを積極的にアピールしよう
  • 選考対策を受けてフィードバックをもらおう
  • 実績やスキルを武器に熱意を伝えよう

転職意欲の高さと実績やスキルをアピールすれば、担当者のモチベーションもあがります。より親身に対応してもらえる可能性が高いです。

質の高い選考対策を受け実践で活かすのが成功への近道です。

マイナビエージェントを上手に使いこなし、理想のキャリアを見つけましょう!