需要が高まる「精神保健福祉士」の仕事・職場を詳しく解説

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

高齢化社会の進展・精神疾患患者数の増加などの事情から、福祉分野の仕事の需要が急増しています。そのため、転職先として福祉業界を検討する方も増えています。

福祉の仕事と言っても様々な種類があるので、どの仕事を目指すべきか迷ってしまいますよね。この記事では、福祉の専門職のひとつである「精神保健福祉士」の仕事をご紹介します。

仕事内容や勤務先、向いている人物像など幅広く情報をお伝えしています。キャリア選択の参考にして頂けたら幸いです。

精神保健福祉士ってどんな仕事?

まずは精神保健福祉士の仕事内容について、紹介していきます。

精神障がい者に対して様々な相談に乗る仕事

精神保健福祉士の仕事は、精神に疾患を抱えている方が問題なく生活を行えるよう、生活全般に関して相談に乗り悩みを解決に導くことです。

例えば、服薬などの治療の結果、退院することが可能となった患者さんの退院時の手続きのサポート、就労に関しての支援やサポートなどを行います。

入院中の患者さんやその家族に対しても様々な相談に乗り、社会福祉に関する情報提供などを行います。働く場所によって具体的な業務内容は異なりますが、

精神保健福祉士の役割

精神保健福祉士は、精神に問題を抱える人と社会をつなぐ橋渡し役ともいえる重要な役割を担う

社会福祉士やカウンセラーとの違い

精神保健福祉士と同じく福祉の専門職として、社会福祉士やカウンセラーといった仕事があります。これらの仕事と精神保健福祉士の違いを説明します。

まず、社会福祉士との違いについて、様々な相談に乗り悩みを解決に導くという業務内容自体は精神保健福祉士と変わりません。

ただ、精神保健福祉士が精神に疾患を抱えている方に対してサポートを行うのに対し、社会福祉士は高齢者や障がい者、虐待を受けた子供、母子家庭で1人だけでは子供を育てていくのが困難な母親など福祉に関して悩みを抱えている幅広い方が支援対象です。

つまり、精神保健福祉士は精神疾患を限定的に取り扱うのに対し、社会福祉士は福祉分野全般が業務の範疇なのです。また、カウンセラーとの違いについて、どちらも心の問題を取り扱う仕事ですが、業務を行う上で必要となる資格や取得方法が異なります。

精神保健福祉士は厚生労働省が認定する国家資格ですが、カウンセラーになるためには公認心理士や臨床心理士など精神保健福祉士とは異なる様々な資格があり、国家資格もあれば民間で認定する資格もあります。

精神保健福祉士になるには資格が必要

先ほども少し触れましたが、精神保健福祉士として活躍するためには国家資格が必要です。「精神保健福祉士」は資格を取得していなければ精神保健福祉士とは名乗れない名称独占資格です。

また、精神保健福祉士の資格を取得するには国家試験に合格する必要があります。試験の合格率は60%程度とそれほど難しい試験ではありませんが、受験資格を得るための要件が厳しいという特徴があります。

福祉系の大学で指定科目を履修する、一般の大学を出た後に養成施設等に通う、実務経験を積むといったルートがありますが、どのルートを選んでも要件を満たすまで最低でも4年近くかかってしまいます。また、社会福祉士の資格を持っていると受験時に一部科目の免除があるため、あわせて資格取得を目指す人も多いようです。

精神保健福祉士の受験資格取得ルート例

  • 福祉系大学で指定科目を履修
  • 福祉系短大などで指定科目を履修後、相談援助実務1~2年
  • 一般大学・短大を終了し相談援助実務1~2年を行い、一般養成施設1年以上
  • 社会福祉士資格取得者は、短期養成施設6ヶ月以上で受験資格を取得

精神保健福祉士の活躍の場

精神保健福祉士は、勤め先に多くの種類があり、様々な場があります。また、職場によって業務内容も異なりますので、具体的に1つずつ見ていきましょう。

病院

まずは病院。精神病院や総合病院の中の精神科、精神科や心療内科のクリニックなど、様々な形態の病院で活躍が可能です。

業務内容としては、入院・通院中の患者に対して認知行動療法の実施やグループワークやレクリエーションを兼ねたリハビリテーションなどを行います。

また、病院内だけでなく、患者の自宅に訪問して退院の準備を手伝ったり在宅の患者の生活上の様々な相談に応じる訪問業務を行ったりすることもあります。

福祉施設

福祉施設も精神保健福祉士の活躍の場として挙げられます。福祉施設とは社会的弱者に対してサポートを行うための施設で、各種法律に基づき様々な施設が設置されています。

精神保健福祉士の需要がある福祉施設には、障がい者福祉施設、精神障がい者施設、知的障がい者厚生施設などがあります。また、関連施設として就労継続支援事業所や地域活動支援センターなどもあります。

これらの施設では、入居者への日常生活の相談の他、各種情報の発信や就労に関するトレーニングなど幅広い面からサポートを行い、精神障がい者のより良い生活を支えていきます。

行政機関

病院や施設だけでなく、行政機関にも精神保健福祉士の活躍の場はあります。

行政機関の勤務先としては、市役所や保健所、福祉事務所、精神保健福祉センターなどがあります。心の問題を抱える地域の住民に対して、専門的な立場から相談や援助を行うのが主な任務です。

さらに地域生活にスムーズに移行できるよう、住居の確保や外出への同伴、再発予防プログラムの実施、就労支援などを担当します。また、精神障害に対する偏見を無くすために、地域住民に対する啓発活動やボランティア活動、教育・医療・労働など様々な関係機関とのネットワークの構築、家族会や患者会などのコミュニティ作りなども行います。

一般企業

近年は、一般企業も精神保健福祉士の就職先として注目されています。昨今のメンタルヘルスへの関心の高まりを受け、内部に精神保健福祉士を抱える企業が増えています。

社員からの相談窓口として機能する他、精神疾患休職中の方の職場復帰支援や、ストレスやうつ病などに対して理解を深めるために、メンタルヘルスケアの従業員支援プログラムの作成なども担当します。

また、障がい者雇用で入社した方がうまく職場に馴染めるよう、専門家としてサポートを行うこともあるでしょう。

司法機関

精神保健福祉士の就職先は司法の場にも広がりを見せています。精神障害が原因で善悪の判断が付けられず重大な犯罪を犯してしまった人に対して、矯正施設や保護観察所等で「社会復帰調整官」や「精神保健参与員」として活躍します。

社会復帰に向け、更生プログラムの作成を担当することもあります。

精神保健福祉士は魅力的な仕事

精神保健福祉士の業務内容や働き先に関して理解が深まったかと思います。精神保健福祉士はたくさんの魅力を持った仕事です。ここから、精神保健福祉士の魅力をお伝えします。

患者の生活に深く関われ、やりがいがある

相談や支援を通して患者の生活に深く関わることが出来るため、非常にやりがいがあります。相談役から身の回りのサポートまで深く相談者と関わるので、仕事をしているうちに相談者を家族のような存在だと思うこともあるかもしれません。

このように自分が真摯にサポートした患者の生活が改善し、不自由なく暮らせるレベルまで持っていくことは非常に大変なことですが、その分やりがいも大きいでしょう。

自立できた患者さんから「あなたのおかげで普通に生活できるようになったよ。ありがとう」など感謝の言葉をかけてもらえた時は、精神保健福祉士として格別な喜びを抱く瞬間です。

需要が増えているため、将来性がある

需要が増えており、将来性が豊かであることも精神保健福祉士をおすすめする理由です。うつ病などの精神疾患の患者数は以前より増加傾向で、医療機関や福祉施設等での社会福祉士の需要は増加しています

また、上記でも紹介したように、一般企業や司法施設など活躍の場自体も広がりを見せています。このように精神保健福祉士は様々な場所で求められているため、精神保健福祉士になれば働き先には困らないでしょう。

精神保健福祉士に向いている人の特徴

仕事を選ぶ上で、その仕事が自分に適性があるのかという点が非常に重要です。向いていない仕事に就くと仕事がうまくいかず短期離職につながるケースが多くあるためです。

この章では、精神保健福祉士に興味を持った方が自分に適性があるか判断できるよう、精神保健福祉士に向いている人の特徴をご紹介します。

冷静に物事を判断できる人

「悩みを抱えている方を助けたい」と熱い想いを抱くことは素晴らしいのですが、あまり熱くなりすぎてもいけません。気持ちばかりが先行し相談者が求めていないサポートを押しつけるような形になってしまうことがあるためです。かといって冷め過ぎた態度ももちろん良くないので、客観的に冷静に物事を判断できる必要があります。あまり感情的にならず常にクールな頭でいられる人は向いているでしょう。

相手の立場に立って考えられる人

精神的な問題を抱える人に真摯に向き合い接する職業なので、業務を行う上で最も重要なのは相手の立場や気持ちを思いやることができる優しさです。精神障がいは他の障がいと異なり、自分が直面している状況や困難が生じた原因などの事情を自分自身で把握できていないケースも考えられます。

同意を得ないまま勝手に精神病棟に入院される人もいて、強い孤独感や猜疑心に悩まされていることも多いです。酷く傷ついた経験から他人や社会に心を閉ざしてしまっている可能性があります。こうした方に心を開いてもらい悩みや要望を聞きだすためには、相手の全てを包み込むような優しさが必要となるのです。

向上心がある人

精神障がいの領域は、医学的にもまだ発展途上の分野ですし法律の改正も頻繁に行われていますから、こうした知識を積極的に吸収しないと自分だけ取り残されてしまいます。

そのため、向上心を持って自分から学ぶ姿勢がある人は向いているでしょう。また人によって適切なアプローチ方法は異なるため、解決の手段をたくさん持っていることが望ましいです。様々な方面にアンテナを張って貪欲に知識を吸収できる好奇心旺盛な人がいいでしょう。

人付き合いが得意な人

精神保健福祉士は、様々な世代の患者の相談に乗る可能性があります。そのため、老若男女誰とでも仲良くできる人付き合いが得意な人が向いていると言えます。患者だけでなく各種専門家や行政機関など様々な外部機関とも連携することがあります。

色々な人と良好な関係を築いておけば、スムーズに業務を進めることも可能です。普段から「友達が多い」「複数のコミュニティに所属している」など社交性がある人が望ましいです。

精神保健福祉士は人の役に立つ素晴らしい仕事

精神保健福祉士の仕事内容や活躍の場などを解説してきました。精神保健福祉士は心に問題を抱える方の相談や支援が主な業務となるため、人の役に立つ素晴らしい仕事だといえるでしょう。

需要が増えており将来性があるため、「コミュニケーション力が高い」「向上心がある」など適性がある方はキャリアの選択肢の1つに入れて頂けたらと思います。