有名広告代理店に転職する際のチェックポイントとアプローチの仕方

大通りの雑踏、広告

広告代理店へ転職する際のチェックポイントやアプローチの方法についてご紹介します。狭き門というイメージのある広告代理店。

中でも有名広告代理店は中途採用の中でも人気があり、応募から採用まで簡単にたどりつくわけではありません。チェックポイントを押さえた上でしっかりと準備をしておきましょう。

「そろそろ次のキャリアを考えたい」
「転職を機に違う仕事もしてみたい」
「自分をステップアップしたい」

転職を考え始めた時に、まずはどのような業界やどのような会社が良いかから考え始める人も多いと思います。中途採用は新卒採用と違い、即戦力が求められる世界。その業界ごとに求められる能力や知識、経験に違いが出てきます。業界を絞ったらその業界をしっかりと研究して準備をすることが求められるのです。

華やかでやりがいのある有名広告代理店への転職

「広告代理店」と聞くと皆さんはどのようなイメージを持ちますか?

「芸能人とも交流があって華やかなイメージ」
「クリエイティブな仕事が多い」
「任せられる裁量が大きくてやりがいがありそう」

広告代理店は「華やか」「自由」「やりがいが大きい」というイメージはあるものの、大半は地道かち地味な営業業務がメインです。

ノルマなども課せられ、他の営業職同様に大変なことも多い世界です。

ただ、特に有名広告代理店では日本を代表する企業がクライアントとなり、予算も大きくダイナミックな仕事が多くなります。

また、メディアの注目を浴びる仕事や、たくさんの人に自分が関わった広告を見てもらえるなど、注目度が高い仕事ができます。

仕事へのプレッシャーはそれなりにありますが、その分、やりがいを感じることも多いでしょう。

広告代理店は会社の広告戦略を全て任されることも多く、クライアント企業の経営戦略にも深く関わります。

有名広告代理店であれば大企業のクライアント会社の将来に影響を及ぼすような仕事のチャンスもあるかもしれません。

このように魅力ある会社だからこそ有名広告代理店は入社希望者もたくさんいるのです。

有名広告代理店の中途採用は豊富にある?

有名広告代理店への転職を考える上で、まずは採用があるかどうかを確認しなければなりません。有名広告代理店の採用は常に豊富にあるのでしょうか?

結論から言うと有名広告代理店の採用は豊富にあるものではありません。そもそも有名広告代理店は数多くある訳ではなく、常に募集をかけているものではないからです。また、人気の高い業界でもあるので採用が出ても応募者が殺到するため狭き門になります。

広告代理店における広告系業務は主に「営業」「制作」の2つに分かれます(その他、総務・人事などはどの会社にもあります)。

一般的には営業が広告の仕事を請けた場合、制作は制作部署で一括で請負った上で、実際の制作については主に外注して実際の広告を作っていきます。

有名広告代理店の場合、全国に支社を持っていることも多いですが支社には営業職がほとんどで制作は本社に固まっているという場合が多くなります。

つまり、広告代理店の中でも制作はさらに人数が少なく営業職よりも採用されるのが難しいと言えるでしょう。

ネット広告営業に転職する際のチェックポイントとアプローチの仕方

有名広告代理店の募集にアプローチする

有名広告代理店の募集にはどのようにアプローチすれば良いのでしょうか?

実は、広告代理店も他の企業と同じで特殊な採用方法を採る訳ではないので、一般的な企業と同じようなアプローチとなります。

広告代理店への応募方法

  • 転職エージェントから紹介してもらう
  • 転職サイト・転職イベントなどで求人を見つける

この2点がアプローチの基本となります。

転職エージェントを活用する

有名広告代理店は随時求人を世間に出していますが、何十人・何百人という求人を出している訳ではありません。多くは退職した社員の数や成長部署の必要人数に合わせて求人を出しているので人数自体も多くはないのです。

しかし有名広告代理店は人気企業ということもあり、求人を公開すると非常に多くの応募が集まります。

そうなると、書類選考や一次選考だけでも人事の大きな負担となってしまいます。そこで、有名広告代理店では非公開求人として各人材会社に求人を出しているケースも数多くあるのです。

非公開求人の場合、転職エージェントを通しての採用となるため、転職エージェントに登録をして紹介を受けることが必要となります。

有名広告代理店に転職したい場合はまず転職エージェントに登録をして希望を伝えた上で、求人の紹介を受ける体制を作っておきましょう。

有名広告代理店は大企業ということもあり、採用も有名転職エージェント会社に任せているケースが多いです。リクルートパーソルマイナビといった大手の転職エージェント会社やtypeといった営業職に強い転職エージェント会社に登録しておくと求人を紹介される可能性も高くなるでしょう。

また、転職エージェントに登録しておくと、自身の経歴や経験をどう活かせば有名広告代理店に採用されるかなど、転職に関しての相談も出来るため、転職活動のはじめから終わりまで活用することが出来ます。

転職サイトやイベントでの出会いも探そう

転職エージェントを通しての転職活動が中心になる有名広告代理店への転職ですが、転職サイトや転職イベントでも並行して求人を探していきましょう。

例えば第二新卒の場合、第二新卒向けの求人として転職サイトや転職イベントに出していれば特別枠として応募することができます。

このように第二新卒や広告業界経験者など自身の枠組みを活かせそうなイベントがある場合、積極的に参加すると求人を見つけることが出来る可能性が上がります。

また、現在広告業界で働いている人は仕事上の出会いも大事にしていきましょう。有名広告代理店で一緒に仕事をする機会や、交流会・イベントなどで出会う機会があればその出会いが転職への道を開くかもしれません。

有名広告代理店への転職を視野に入れている場合、仕事上での活躍や人脈も鍵となるのです。

有名広告代理店の面接のポイント

有名広告代理店の採用を見つけて応募、書類選考に通過したらいよいよ面接が始まります。中途採用の場合、今までの実績や経験を次の会社でどう活かすかがポイントとなります。自分の経験や強みを整理した上でどのような活かし方が出来るかを考えるのがポイントです。

広告業務の特徴とは次の2点があります。

広告業務の特徴

  • 「集客」という無形の商品を売ること
  • 一度きりの商売ではないこと

広告の仕事は形のないものを商品として売っています。広告を買ってもらう効果は広告を掲載してみないと分からず、どれだけお客様にとってメリットがあるかをイメージしてもらわなければなりません。

その為には抽象的な事柄を根拠を持ってわかりやすくクライアントに伝える必要があります。その為にはデータを分析する力や論理的にプレゼンをする能力、クライアントに信頼してもらうだけのコミニュケーション力が必要となるのです。

広告は会社にとって商売をする上で、切っても切れない関係です。商品を売るためには、何よりもまず、商品の存在を買い手に知ってもらう必要があるからです。

その為、広告代理店とクライアントとの繋がりは一度きりではありません。一度、広告を掲載したらそれを分析して改善し、さらなる広告の質の向上やクライアントの売上に貢献しなければなりません。PDCAサイクルを常に回し続けるのが広告の仕事といっても良いでしょう。

PDCAとは

PDCAは、業務の質を効率的に上げていくためのビジネスフレームワークで、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を繰り返すことによって、業務を継続的に改善していく手法を取ります。各業務ごとに独自のPDCAが存在するといえ、TOYOTAが考案したPDCAは「KAIZEN」という名で世界的に有名です。

このように広告業界や広告の仕事をを知っていけば広告代理店の社員として求められる能力や姿勢もわかってきます。

広告代理店の面接を受ける前には業界研究や会社研究をしっかりと行いましょう。さらに、受ける会社によって重視する能力や人間性は変わってくるので、できれば転職を希望する会社の社員の人に事前に会って話せると良いです。

広告業界の面接時に質問されやすい項目は次の3点です。

面接時に質問されやすいこと

  • 志望動機
  • 自身のこれまでの経験から就職後に活かせること
  • 自身の強みや弱み

これらの項目に答えながら求められている能力や人間性をアピールしていくことが必要とされます。例えば志望動機に関しても漠然とした志望動機を答えてはアピールになりません。広告は漠然としているイメージを具体的にクライアントにイメージしてもらう為に工夫することが求められるからです。

志望動機にしても広告業界に興味を持った理由だけではなく、なぜその会社じゃないとダメなのか、その会社のどのような点に魅力を持ったのかまで具体的に落とし込むことが他の業界以上に求められます。

このように質問に答える内容もそうですが、答え方や話し方も広告業界では注目されます。広告代理店では営業も制作もコミュニケーション能力が非常に重要視されるからです。面接の前には面接練習もした上で臨むようにしましょう。転職エージェントが面接練習までしてくれるケースもあるので不安な方は相談してみてください。

経験者は自身の得意分野を整理しよう

有名広告代理店の中途採用では即戦力を求められます。既に広告業界で働いていた方は自身の経験や得意分野を整理しておきましょう。

また、広告代理店と一口に言っても様々なタイプの広告代理店があります。

広告代理店の種類

  • 総合的な広告代理店(メディア・インターネット・イベントなど全ての領域をカバー)
  • インターネットに特化した総合的な広告代理店(インターネット上の広告領域をカバー)
  • メディアやイベントに特化した広告代理店(イベント企画・交通広告など得意分野がそれぞれ違う
  • 広告の制作(HP制作・紙媒体制作・動画制作など)に特化した会社(制作会社と呼ばれることが多い)

広告業界経験者であれば、自分が経験を積んできた広告の仕事はどの領域のどんな仕事だったのかを整理するのが一歩目です。
その上で、事例や実績も含めてPDCAをどのように回して成長や改善を続けてきたかがポイントとなります。

自分が行ってきた仕事をダイレクトには活かせない場合でも経験は必ず役に立ちます。

その会社には無い領域の知識は新たな風となりますし、その会社が新たに力を入れようとしている領域の経験をあながたしているかもしれないからです。ポイントとしては仕事の知識や経験がその会社に対して、どのような強みになるかという点まで落とし込むことです。

また、総合的な広告代理店の中でも不動産業界に強い代理店や商品販促に強い代理店など、領域以外にもその会社独自の特徴があります。その広告代理店の強みを見つけた上で自分の経験からどのような貢献が出来るかを話せるように準備しましょう。

未経験者は経験を活かすイメージを作ろう

有名広告代理店は基本的に即戦力を求めるため、広告代理店の経験者を採用する傾向にあります。つまり、未経験者はさらに狭き門をくぐり抜けなければならないのです。

未経験者の場合でも考えるポイントは経験者と一緒です。受ける会社に対して、自分の経験をどのように活かして貢献するかという点に落とし込んで面接に挑みましょう。

特に営業の場合、他の営業の経験があればかなり活かせる点が多いです。広告は無形の商品を売るという特徴があるので、無形の商品・サービスの営業をしていた方は違う業界だとしても同じように活かせるでしょう。

逆に営業職を経験していなかった場合は経験のみで終わるのではなく、経験から得られたスキルや能力まで落とし込まないと広告代理店で貢献できるイメージとならないので、自分なりに経験から得られたスキルや能力を考えてみましょう。

有名広告代理店の転職で注意したい点

有名広告代理店への転職を考える時はいくつかの注意点があります。

有名広告代理店への応募に関する注意点

  • すぐに就職しようと焦らない(転職を長い期間で考える)
  • 転職エージェントは複数登録する
  • この職種と思い詰めずに職種を問わず応募してみる

有名広告代理店はいつも求人を出しているとは限らず、いつ求人が出るかも分かりません。

有名広告代理店は未公開求人が多い傾向にありますが、どの転職エージェントに求人を出しているかはわかりません。一つの転職エージェントだと求人が出ても漏らしてしまうこともあるので、複数の転職エージェントに登録することが重要です。

有名広告代理店にどうしても入りたい人は職種を問わず応募してみることも重要です。

特にクリエイティブ系は採用が厳しく、経験者で実績を上げている人の応募が多いので難しくなります。

制作系に入社したい時もまずは営業や他の職種に応募して後に部署変更などで制作系に入るのも一つの手段です。有名広告代理店の人と話す機会があれば、社内のジョブチェンジ体制も聞いておきましょう。

未経験者は契約社員も視野に入れておく

有名広告代理店は経験者採用の傾向が高く、未経験者で入社したい人にとっては狭き門となってしまうことを覚悟しておきましょう。

未経験者の場合は職種を問わず応募してみることに加えて、さらに応募の枠を広げることも考えてみましょう。正社員の枠だけではなく契約社員からの正社員へのキャリアアップも目指すのも一つの手段です。

また、有名広告代理店はグループ会社を持っていることも多く、グループ会社への入社を経て本社や入りたい部署を目指すというのも一つの手段です。

また、どうしても有名広告代理店に入社したい場合は一度別の広告代理店に入ってから目指すという方法もあります。

かなり遠い道のりにはなりますが、経験者採用が多い有名広告代理店に入社するには結果的に近道になる場合もあります。

特に制作系に入りたい場合は制作会社や広告代理店の制作を経て転職活動をしないとかなり難しいので他の広告代理店への入社も一つの手段です。

未経験者の場合は自分の経歴で有名広告代理店への正社員入社が可能かどうかわからない人も多いと思います。その時は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは数多くのキャリアの人や試験結果、有名広告代理店が求めている人材を知っています。どのような手段や道のりで有名広告代理店への入社を目指した方が良いか相談してみると良いアドバイスをもらえるでしょう。

入念な準備の上で応募に挑もう

有名広告代理店は数ある会社の中でも転職が難しいと言われる部類の会社です。しかし、しっかりと準備をして転職活動に挑めば採用されるのは夢という訳ではありません。

準備のポイントとしては転職エージェントを最大限活用することです。転職活動初期の求人を探すところからキャリアの相談に乗ってくれます。

応募が決まった後も履歴書作成や面接の練習をサポートしてくれますし、受ける会社の特徴を踏まえた上でアドバイスをしてくれるのも嬉しいポイントです。

いくつかの転職エージェントに登録して自分に合うコンサルタントを見つけた上で二人三脚で有名広告代理店への転職を目指しましょう。

広告営業への転職で面接時に聞かれる志望動機と事前準備の方法