レバテックが経験の浅いエンジニア・デザイナーにもオススメな理由

IT業界に絞って仕事を探すときには、IT業界に特化した就職サービスを利用するのがおすすめです。特に経験が浅くてもIT業界で働いた経験がある方であれば「レバテック」を利用すると良いでしょう。

ここからはIT業界に特化した転職・求人サイトのレバテックについて紹介していきます。

IT業界に特化したレバテックとは


レバテックはITエンジニア・クリエイターに特化した転職をサポートしている就職・転職サポートサービスです。

では、具体的にどのようなサービスを行っているのか、サービスの概要を見ていきましょう。

レバテック | エンジニア&クリエイターの求人・案件情報サイト

レバテックはITエンジニア向けのエージェント

レバテックは転職時に有効活用できる転職エージェントであり、IT業界に特化したサービスを提供しています。

IT業界にも営業部門などさまざまな職種がありますが、その中でも特にエンジニア・クリエイター系の職種に強みがあります。

エンジニアやクリエイターは、技術や経験が重視されるため、一般的な職種よりも転職の難易度が高いですが、充実したサポートを受けられるため転職を考える方に人気です

「フリーランスエージェント」と「転職エージェント」がある

IT系のエンジニアやクリエイターなど、技術を持った方であれば会社に勤めることなくフリーとして活躍する方も多いです。

企業側としても、エンジニアを雇うよりもフリーの技術者に仕事を依頼した方が、コスト削減に繋がるケースもあります。

そこで、レバテックでは企業に勤めることを希望する方のために「転職エージェント」としてのサービスを受けられる「レバテックキャリア」と、フリーランス案件を紹介している「フリーランスエージェント」の「レバテックフリーランス」と「レバテッククリエイター」があります

自身の希望に合わせて適したサービスを選んで利用できるのでおすすめです。

ITエンジニア・ Webデザイナーの求人/転職/採用情報ならレバテックキャリア
フリーエンジニアのIT求人・案件情報サイト【レバテックフリーランス】
クリエイターの求人・案件募集 | フリーランス・派遣ならレバテッククリエイター

フリーランスエージェントの特徴・メリット


まずは、レバテックが提供しているサービスの「フリーランスエージェント」の特徴やメリットを見ていきましょう。

フリーランスエージェントの特徴・メリット

  • 案件数は業界最大級
  • 案件の単価が高い
  • 業界を熟知したカウンセラーがいる

レバテックの案件数は業界最大級


レバテックはIT業界に特化しており、他社の転職エージェントと比較すると公開している求人案件数が多いです

公式サイトではフリーランスエージェントとしての認知度はNo.1と紹介されています。利用者だけでなく、企業側からの認知度が高いため、紹介できる案件の数が多くなり、自分の希望条件に合った案件を選びやすいのが最大の特徴です。

レバテックフリーランスでは、取引社数は3,000社(2019年8月時点)公開している案件数は7,820件(2019年11月15日時点)であり、レバテッククリエイターが公開している案件数は638件(2019年11月15日時点)と豊富です。

これからフリーランスとしての活動を検討している方や、他のサービスで良い案件に巡り会えなかった方は、一度レバテックフリーランスがどのようなものか把握するのが良いでしょう。

レバテックは案件の単価が高い

フリーランスとして活動する上で案件の単価は非常に重要な要素です。フリーランスの場合、自分で仕事を探し続ける必要があるため、なるべく高単価な案件の仕事をこなしたいと考えるでしょう。

レバテックフリーランスでは、比較すると高単価な案件が集まりやすく、自分のレベルや状況に合わせて仕事を選べます。公式サイトでは月当たりの最高単価は160万円、平均年収は862万円と案内されています

さらに、単価が高いだけでなく常駐型の案件が多いため、仕事を継続しやすいことも大きなメリットです。実際にフリーランスとして活動していると、単発案件を繰り返すことが多くなるため、仕事が不安定になりやすいでしょう。

レバテックフリーランスの場合、企業からのニーズも高い、3ヶ月から6ヶ月の期間で契約する更新型の案件が多く紹介されています。今まで仕事が安定せずに困っていた方におすすめです。

IT業界を熟知したカウンセラーがいる

案件数が豊富でも自分に合った仕事が見つかるかどうかは別問題です。レバテックフリーランスでは、案件探しから契約まで手厚いサポートを受けられるため、安心して自分に最適な仕事を選びやすいです

さらに、フリーランスとして活動している間にも専属の担当者が自分の変わりに仕事を探してくれるため、契約期間が終了しても、仕事・収入が途切れないようにサポートしてくれます。

また、自分に最適な案件を選べるように、IT業界に熟知したカウンセラーがおり、相談しながらスムーズに仕事を確保できるでしょう。レバテックフリーランスのカウンセラーには「テクニカルカウンセラー」「企業担当カウンセラー」「フォロワー」の3種類あります。

テクニカルカウンセラー

テクニカルカウンセラーとは、フリーランスのエンジニアやデザイナーに対して、希望やスキルなどを細かくヒアリングし最適な案件を紹介するカウンセラーです。

最適な案件とのマッチングを目指しており、利用者に案件の紹介だけでなく、企業との商談日程や細かい条件の調整などを行っています。最近の業界の傾向にも詳しく、人気がある案件や高単価な案件などの紹介もしてくれるでしょう。

企業担当カウンセラー

企業担当カウンセラーとは、主に取引先の企業の情報を収集する担当者です。直接企業へ訪問し、企業が求めている人材の情報を集めているため、利用すれば他のサービスよりも詳細な情報を得られるでしょう。

このように企業のニーズに合った人材を紹介できる仕組みがあるため、案件数や高単価な案件が多いのです。また、利用者が企業に訪問するときにも、同行してくれるため企業・利用者のミスマッチを防げます。

他にも利用者が気になる職場の雰囲気を詳しく知れたり、企業訪問する際の服装・身だしなみなどの細かい部分までアドバイスしてくれます。

フォロワー

フォロワーは紹介された案件に参画中の利用者をフォローするカウンセラーのことです。契約の更新タイミングだけでなく、状況把握のために小まめに連絡してくれるので、企業側に言えないような相談などができます。

業務内容にズレがないか、不安や疑問を気軽に相談・フォローしてくれるため、仕事を始めた後でも安心して働きやすいでしょう。

レバテックでは、利用者の時間を無駄にしないようにフォローランチを実施しているため、お昼ご飯のついでに悩み相談や状況報告を行えます。リラックスした雰囲気なので相談しやすい点が魅力です。

転職エージェントの特徴・メリット


主にITエンジニアとWebクリエイターを専門とした転職エージェントサービスであり、IT業界で使われる用語の理解が深いエージェントが対応するため安心して転職活動できます。

フリーランスと異なり、企業に就職することが目的であれば転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してください。

転職エージェント レバテックキャリアの特徴・メリット

  • 業界の理解が深いキャリアアドバイザーがいる
  • 内定率が高い
  • 登録している求人数が多い

IT業界の理解が深いキャリアアドバイザーがいる

レバテックキャリアの最大の特徴は、IT業界の理解が深いキャリアアドバイザーがいることです。業界で長く活躍していた方でも、アドバイザーと専門用語を交えた話ができるので安心感があるでしょう。

また、自分の希望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、自身では気づけなかった強みを見つけられる「テクニカルカウンセリング」を行っています。

これは業界の理解が深いだけでなく、企業側のニーズを把握しているため紹介先の企業に合わせて自己PRできるようなアドバイスを受けられます。1人で転職活動するよりも効果的に選考を進められるでしょう。

自分のPRポイントが増えれば、企業側に自分の魅力を伝えやすくなるため、書類選考や面接の通過率も上げられます。

レバテックキャリアは内定率が高い

レバテックキャリアではカウンセリングを行うキャリアアドバイザーだけでなく、効果的に選考を進め内定率を高められるリクルーティングアドバイザーがいます。キャリアアドバイザーよりも、さらに深く企業側のニーズを把握できるため、効果的な職務経歴書の書き方などをサポートしてくれます。

今まで一次面接でNGが出ていたような利用者の場合でも、内定を獲得した実績があるため、IT業界に絞って転職活動をしている人の中でも、あまり上手くいっていなければ、レバテックキャリアを使って課題を克服するのがおすすめです。

レバテックキャリアは登録している求人数が多い

レバテックフリーランスと同様に、レバテックキャリアも紹介している求人の数が多く、公開している求人数は3,738件(2019年11月15日時点)です。非公開の求人を合わせると5,000件以上の求人が登録されていると案内しています。

さらにレバテックの担当者が年に3,000回もの企業訪問を行っているため、最新の求人情報を得ることができます。他社の就職サービスでは公開されていないように、開発方針と社風などの詳しい情報を得られるでしょう。

レバテックのデメリット


ここまでの説明の通り、レバテックにはメリットが多くありフリーランス・転職問わずに有効活用できます。しかし、メリットばかりではなく人によってデメリットと感じられる部分もあるため、自分に合うかどうか慎重に判断してください。

ここからは、レバテックのデメリットを説明していきます。

レバテックのデメリット

  • エリアが限定されている
  • 未経験には向かない

エリアが限定されている

レバテックの最大のデメリットは、利用できるエリアが限定されていることです。全国に拠点は以下の4つです。

  • 東京本社
  • 横浜
  • 大阪
  • 福岡

レバテックでは電話によるサポートも受けられますが、先程紹介したレバテックフリーランスのフォローランチなどは拠点の近隣でないと受けられないでしょう。転職活動中や、企業の案件に参画する前の状態であれば、レバテックのエージェントと密にコミュニケーションを取った方が、詳細の情報を得られるためおすすめです。

しかし、その場合は自宅などの活動範囲の近隣にレバテックの拠点がなければなりません。全国展開している最大手の転職エージェントと比較すると、利用できるエリアは限定的と言えます。また、公式サイトで案内されている求人の勤務地も、東京・神奈川・千葉・大阪・京都・兵庫・福岡のみとなっています。そのため、地方の仕事を探している方は利用しにくいといえるでしょう。

未経験には向かない

レバテックでは基本的に経験者向きの高単価な案件を紹介しています。未経験者に対応した求人や案件は少ないです。場合によっては未経験歓迎の求人もありますが、その数は少ないため未経験者を歓迎している就職サービスを利用した方が良いでしょう。

レバテックに向いている人


このようにレバテックにはメリットとデメリットといえる特徴があります。自分に合った就職サービスを選ぶためにも、相性について知ることも大切です。では、どのような人がレバテックに向いているのか見ていきましょう。

レバテックに向いている人

  • 初めて転職する人
  • 自分の希望を叶えたい人
  • 自分のスキルや経験を活かしたい人

初めて転職する人

ITエンジニアやクリエイターとしての経験やスキル、知識など豊富な人でも初めて会社を辞めて転職活動をする人も多いでしょう。転職活動は新卒の就職活動と事情が異なるため、新卒採用で上手くいった人でも転職活動は難航することも少なくありません。

在職中に転職活動する場合は、時間もなく企業との日程調整も自分で行う必要があります。そこで、レバテックキャリアを利用すれば、キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるためおすすめです。初めて転職活動する方でも、不安を解消しながら活動できるだけでなく、自分に合った求人を紹介してくれるため効率良く転職活動ができるでしょう。

会社を辞めてから転職活動をする場合でも、短期間で内定を得られる可能性が高いため、無収入期間をなるべく短くできます。

自分の希望を叶えたい人

レバテックはIT業界に特化しており、求人や案件の幅が広く、企業側の希望などの詳細情報を保有しています。

自分の希望を細かく伝えたとしても、その条件を叶える求人や案件を紹介してもらいやすいです。レバテックを利用するときは、漠然と求人や案件の条件を伝えるのではなく、できるだけ明確に希望を伝えてください。

また、全部の希望を叶える求人は少なく選択肢が狭くなってしまうので、どの条件が優先なのか順位をつけて伝えるのがポイントです。

より詳しい条件を担当者に伝えておけば、ピッタリな求人や案件を探しやすくなるのでおすすめです

自分のスキルや経験を活かしたい人

先程の説明の通り、レバテックは未経験者に向きません。

しかし、それは反対に経験者にとってはスキルや知識、経験などを活かしやすい求人に巡り会いやすくなるということです。

もしフリーランスとして活動することを考えている方であれば、エージェントと相談することにより、自分のスキルや能力にどれくらいの価値があるのか分かります。どれくらいの単価の案件を紹介されるかで、自分の力量を測れるでしょう。

自分の力量を知ってからフリーランスで働くか、転職して企業で働くかも選べます。

自身のスキルや経験を活かしたい方であれば、レバテックを利用して高収入を目指してみるのも良いでしょう。

レバテックを利用する流れ


レバテックには「フリーランスエージェント」と「転職エージェント」の2種類ありますが、利用する場合は、基本的に同じ流れになります。では、利用するときはどのようにすれば良いか、流れなのか見ていきましょう。

登録・面談

まずは、各サイトのホームページから会員登録を行います。基本的な個人情報と希望条件や経歴、得意スキルなどを入力するため、10分ほどで完了します。

レバテックが登録内容を確認すると、3営業日以内に今後のサポート内容の連絡があり面談の日程調整を行います。

面談では、登録した内容をもとに詳細の希望条件や転職やフリーランスになる際の悩みなどの相談もできます。今後のキャリアプランなども一緒に考えられるので、しっかりと相談すれば今後の活動の参考になるでしょう。

メンバー登録(入力) | レバテックキャリア
無料サポート登録 | ITフリーエンジニアのための【レバテックフリーランス】
メンバー登録(入力) | レバテッククリエイター

求人紹介・面接

面談後に希望に合う求人や案件が見つかると紹介してもらえるため、選考に進みます。

選考に関しては、応募書類の添削や面接対策などのサポートが充実しているため、初めて転職活動をする人でも安心です。もし選考に落ちてしまったとしても、エージェントを通して何が悪かったかフィードバックを受けられるため、次の選考に活かせます。

選考・内定

選考に進み内定を得た後も、フォローは続きます。まず、入社日や希望の条件にどれくらい沿えるかの交渉も担当のエージェントが行ってくれます。

利用者は入社後の準備に集中できます。先程の説明にもあった通り、フリーランス・転職問わず、仕事が始まった後のフォロー体制が充実しているため、悩みがあればいつでも相談して解決できます。

経験者はレバテックを活用して希望を叶えよう!

レバテックは未経験者には向きませんが、IT業界で働いた経験があれば浅くても効果的に利用できる就職サービスです。

特に初めて会社を辞めて仕事を探す方であれば、フリーランスと転職の2つの道がありますが、どちらを選べば良いのかも明確になるでしょう。

自分の経験を活かして良い条件の仕事をするために、是非レバテックを活用してみてください。