中卒者向けの転職活動と履歴書・職務履歴書のポイントを解説

中学校卒業後、そのまま就職した人や高校を中退した人にも転職活動をしてみたいと考えている人はいるのではないでしょうか。

ただ学歴などに自信がなく、転職活動の進め方を迷っている人もいるかと思われます。

転職活動は自分自身のプロフィールに合わせて活動方法を変えることが必要です。

中卒という学歴でしたら、その学歴に応じた転職活動を行いましょう。

当記事では中卒者向けの転職活動に関する情報をまとめました。

中卒の人が転職活動で抑えておきたいポイントについて解説したので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:完全攻略|履歴書・職務経歴書で書類審査をパスするための30の手順

中卒者の転職活動のポイント

中卒という学歴の場合、多くの人は転職できるのか不安に思っているのではないでしょうか。

確かに、学歴を重視している企業のみならず、多くの企業は採用面接などで求職者の学歴を参照しています。

そのため、どうしても大卒・高卒といった学歴に比べると、中卒が見劣りしてしまうのは事実です。

ですが、中卒だからと言って全く転職出来ないわけではありません。

特に近年、転職市場は「超買い手市場」といわれています。

どの企業も人不足で、人材の確保に苦戦しているので、求職者にとってはチャンスの時期といえるのです。

中卒者の人も、この時期でしたら転職できる可能性が高いといえます。

そこで、こちらでは中卒者の人の転職活動において、抑えておきたいポイントをまとめました。

学歴が中卒でもポイントを抑えて的確に行動すれば転職活動を成功させることができるので、ぜひ参考にしてください。

選択肢は狭まるものの転職できる企業は多い

中卒というと、確かに転職の選択肢は狭まるのは事実です。

ただ、職種によっては「学歴不問」の業界もあり、そうした職種でしたら中卒の人でも転職することは出来ます。

大卒・高卒に比べると選択肢は狭まりますが、業界を絞れば中卒の人も転職活動を成功させる可能性が高まるのです。

「学歴不問」の求人が多いのは下記のような職種になります。

「学歴不問」であることが多い職種

・営業職
・建設業
・接客業
・製造業
・IT業界
・介護業
・ドライバー職

営業・接客業などは顧客への対応力が求められますが、こちらは学歴というより、現場での経験の積み重ねに依るところが多いです。

IT業界はベンチャー企業も多く、やる気があって体力がある人材を求めている傾向もあり、学歴不問の求人が多くなっています。

建設業・介護業・製造業・ドライバー職は慢性的に人材不足といった企業も多く、中卒でもOKといった求人が目立ちます。

以上のように、選択肢は狭まりますが、それでも多くの転職先があるので、中卒の人も安心してください。

重要なのは転職活動の軸つくり

「学歴」も転職活動において一つのポイントになりますが、もっと重要なことがあります。

転職活動において、最も重要なのは「転職活動の軸を作ること」です。

転職活動の軸を形成するのは下記の二点となります。

転職の軸を形成する2ポイント

・転職の目的
・転職の目標

転職をする以上、自分なりの「転職の目的」があるはずです。

収入を増やしたい、残業時間が少ない・休日が多い職場が良い、もっと自分に適した職があるか挑戦してみたい等々。

目的があるから転職したいと考えているはずなので、まずはその目的を明確に持ちましょう。

もし、目的がないのでしたら転職の目的が定まるまで転職をするべきではないかもしれません。

目的と同じくらい重要なのは「転職の目標」です。

転職活動は目標を定め、その目標に向けて適切な活動をしていく必要があります。

「自分の目的の達成」を主軸に、転職活動をしていても許される時期や自分自身の適性なども考慮にいれて、転職の目標を定めましょう。

目的と目標を定めることで、「転職活動の軸」が定まり、活動の方針が定まってきます。

軸が定まらないまま転職活動をしても、自分の望む転職先に就職することは出来ないので、必ず軸を定めることから始めてください。

キャリアアップの機会としての転職

中卒の人には、今回の転職活動を「キャリアアップの機会」と定めることもおすすめします。

学歴の差は職歴で埋めれば、即戦力や現場での経験を求めている企業にいずれ転職できる可能性が出てきます。

本当に転職したい職種の一歩手前として、正社員だけでなく派遣社員や契約社員も視野に入れて、経験を積んでみましょう。

今回の転職活動で第一志望の企業に転職するのではなく、ワンクッション挟んで実績を積むキャリアアップ的戦略も視野に入れてみてください。

スキルアップも視野に入れる

どうしても「中卒」という学歴が気になる人は、転職活動と一緒にスキルアップも視野にいれましょう。
下記に挙げたような資格をとって、キャリアアップを目指してみることもおすすめです。

キャリアアップにおすすめの資格

・高卒認定
・宅地建物取引士
・准看護師免許
・ホームヘルパー
・秘書技能検定
・基本情報技術者試験
・Webプログラミング検定

・高卒認定
こちらは現時点で中卒の人が、高校卒業と同等の学習成果を持っていると認定される国家試験です。

この高卒認定の試験に受かると、高卒の人と同等の受験資格や、就活上の学歴についても「高卒」扱いになります。

つまり、高校を卒業していなくても、この高卒認定に受かっていれば高卒と同等の条件になるということです。

学歴に自信が持てないということでしたら、高卒認定を受けてみるのもおすすめです。

「中卒→高卒」の変化は、資格試験の幅も広がりますし、高卒以上じゃないとエントリーできない企業にも応募できるため、転職の幅も広がります。

・宅地建物取引士
通称「宅建」と呼ばれている国家資格で、キャリアアップしたい人が受ける代表的な資格といえます。

不動産業界や建築業界ではこの宅建を持っている人の需要が高いので、中卒でも条件の良い転職が可能となります。

・准看護師免許
中卒の人でも取得できる「都道府県知事資格」です。

この免許があれば、医療系の転職において有利になります。

医療系の求人は尽きることはないので、持っておくと安心です。

・ホームヘルパー

介護もますます需要が高まっている業界です。

介護職の転職がしやすくなりますし、待遇も良くなる可能性があるので、おすすめの資格です。

更に専門的な国家資格である「介護福祉士」を取るためのステップアップ的な位置にある資格でもあります。

・秘書技能検定
オフィスワークや事務職への転職の際に持っていると武器になる資格です。

転職活動に役立つだけでなく、普段の業務にも役立つ資格なので、そういう意味でもおすすめの資格です。

・基本情報技術者試験
ITエンジニアなど、WEB業界の第一歩を踏み出すための資格です。

ベンチャー企業などは学歴不問の会社もあるので、ぜひ取得してみましょう。

・Webプログラミング検定
近年、プログラマーの需要が大きくなってきています。

転職活動だけでなく、スキルを身に着けておくことで副業なども出来るようになるので、人気が出てきています。

以上のような資格を身に着けスキルアップをすると、学歴以上にアピールできるようになってきます。

費用が許せば通信教育や資格学校などの利用も検討してみましょう。

こちらでは中卒の転職活動において抑えておきたいポイントを解説しました。

中卒の人も学歴不問の業界に的を絞って、転職の軸を定め、キャリアアップしていくことで転職活動の成功は大いに見込めます。

下記では転職活動の方法などについても解説するので、そちらもぜひ参考にしてください。

中卒者の転職活動の方法

中卒者の人も転職活動の方法を知っておくと、効率よく転職活動を進めていくことが出来ます。

まだ転職を経験したことのない人にとっては、そもそもどうやって転職すればいいか見当もつかない人もいるかもしれません。

そこで、こちらでは中卒者向けの転職活動の方法についてまとめました。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、転職活動をするうえでは必須ともいえる方法です。

各社無料で登録でき、無料でキャリアカウンセリングなども出来るので、転職活動の強い味方といえます。

企業側も転職エージェントに採用活動を任せているところが多く、転職のチャンスが多くなっているのです。

特に、大手の転職エージェントですと、他にはない独占求人や未公開求人が多くあります。

そのため、ハローワークなどでは見かけない好条件の求人が見つかる可能性も高いです。

また、キャリアカウンセリングでは自分自身に適性のある職種に関する相談なども可能です。

転職に慣れていない人にも親身になって相談に乗ってくれる担当者も多く、中卒の人の成功例も多くなっています。

リクナビエージェントやdoda、エン エージェントといった大手のエージェントサービスに同時登録して、自分に適した求人を探してみましょう。

大手転職系WEB求人を利用する

転職エージェントと並行して使いたいのは大手転職系WEB求人です。

dodaやマイナビ転職、リクナビNEXTなどが該当します。

すでに転職したい職種などが決まっている場合は、情報収集も兼ねて求人を探してみましょう。

大手転職系サービスになると、企業からのスカウト機能もあります。

スカウト機能を介してのエントリーの場合、書類選考などが免除されて、いきなり面接に進めることもあるのです。

企業からのスカウト機能で思わぬ好条件が見つかることもあるので、ぜひスカウトも待ってみましょう。

ハローワークの職業訓練を受ける

ハローワークが提供している、いわゆる「職業訓練」です。

雇用保険の受給資格がある人が対象の「公共職業訓練」と雇用保険を受給できない人が対象の「求職者支援制度」の2種類があります。

このうち、求職者支援訓練では職業訓練のほかに一定条件を満たせば給付金が支給されるのです。

資格取得に向けた講習などを無料で受けられるため、キャリアアップし、転職しやすくなります。

ハローワークの職業訓練についても積極的に受けてみましょう。

こちらでは中卒の人向けの転職方法について解説しました。

エージェント、大手転職サービス、ハローワークの職業訓練など検討してみてください。

中卒者が履歴書を書く時の抑えておきたいポイント

さて、転職方法の説明をご参照頂き、企業へエントリーしたら次に必要になるのが「履歴書」です。

全ての転職希望者にとって、この履歴書がカギを握っているといっても過言ではありません。

履歴書によって転職活動の合否が決まることもあるので、しっかりと作成しましょう。

こちらでは中卒者の人が抑えておきたい履歴書のポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

抑えておきたい履歴書のポイント

・履歴書は「見やすくて、わかりやすい」が基本
・履歴書は写真で大きく見た目が変わる
・学歴、職歴欄を書く際の注意点
・志望動機欄はアピールポイント

履歴書は「見やすくて、わかりやすい」が基本

まず、履歴書は「見やすくて、わかりやすい」が基本というところから確認しておきましょう。

求職者である自分自身の情報が余すところなく記入されていて、尚且つ相手に伝わらなければなりません。

当然、必要な情報は全て記入する必要がありますし、文字もきれいである必要があります。

空欄が無いように、必要な情報は全て記入するようにしてください。

履歴書は写真で大きく見た目が変わる

履歴書の一つのアピールポイントは「写真」です。

企業にとって、求職者の写真は、まだ姿を見たことがない求職者のイメージを定める大事なアイテムとなります。

そのため、履歴書に貼る証明写真についてはプロのカメラマンの撮影した証明写真にするのがおすすめです。

服装などの相談も出来ますので、証明写真を取り扱っている写真館などを利用しましょう。

学歴・職歴欄を書く際の注意点

中卒者の人にとって、学歴欄を書くことにコンプレックスを感じている人もいるかもしれません。

ただ、ここで虚偽の情報を書いてしまえば学歴詐称になってしまうので絶対に避けましょう。

学歴は「高校中退」についてもしっかりと明記しておく必要があるので、ルールにのっとって書いてください。

学歴に自信が無くても、企業は職歴も重要視しています。

後ほど説明する職務経歴書と相違がないように、職歴欄もしっかり記入しておきましょう。

志望動機欄はアピールポイント

求職者にとって、最も企業にアピールできるのは「志望動機」欄となります。

志望動機を書く上で大事なのは、企業が掲げる「企業理念」への共感を示すことです。

企業理念に共感した、ぜひ貴社の役に立ちたい、そういった内容を志望動機欄に盛り込むことで企業の心証はグンと良くなります。

逆に、企業理念に同意できないのでしたら、その企業への転職は見合わせたほうが無難かもしれません。

企業説明会や企業HPなどで企業理念を確認してみてください。

こちらでは中卒者の人向けに履歴書の書き方を解説しました。

履歴書は事実を正確に記入する必要がありますので、その点を意識して作成しましょう。

学歴だけでなく、職歴も重要視されますので、下記で解説する職務経歴書のポイントも合わせてご参考にしてください。

中卒者が職務経歴書を書く時の抑えておきたいポイント

企業が求職者の面接を行う際に、履歴書と同様に重要視するのが職務経歴書です。

こちらでは中卒者の人向けに職務経歴書のポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

職務経歴書に盛り込みたい内容

職務経歴書に盛り込みたい内容についてまとめましたので、作成の際には抑えておきましょう。

職務経歴書に盛り込みたい内容

・概要(要約)
・職歴
・スキル、資格
・自己PR

まず、一番最初に持ってきたいのが「概要(要約)」です。

作成する職務経歴書を3行程度で要約し、概要として最初に説明し、採用担当者に興味を持ってもらいましょう。

次にメインテーマとなる「職歴」を記入していきます。

企業情報、自分の取り組んだ業務内容、実績などを記入してください。

採用担当者はここで求職者がどういった業務に取り組んできたか確認しているので、正確に記入する必要があります。

職歴と併せて「スキル、資格」についても記入しましょう。

取得時期や、資格名、そして取得した資格をどのように業務に活かせたかを記入して下さい。

最後に「自己PR」を記載します。

今までの職歴の中で身に着けた経験・実績・スキルを記入し、それらを転職先の企業に役立つかアピールしましょう。

以上の項目を盛り込み、職務経歴書を作成しましょう。

企業ごとに職務経歴書を変える

職務経歴書は面接の際に質問内容のベースとなる資料なので、受ける企業に併せて内容を変更させておくことをおすすめします。

他企業の使い回しと分かった瞬間に、採用担当者の心証は著しく悪くなってしまうのです。

また、面接の回答を矛盾させないためにも作成した内容はしっかりと覚えておく必要があります。

履歴書と矛盾があってもよろしくないので、履歴書・職務経歴書はセットで作成し、採用面接の材料になることを前提に作成してください。

適切なアプローチで転職活動を成功させる

当記事では中卒者の人向けに、転職活動の抑えておきたいポイント、転職活動の方法、履歴書・職務経歴書の作成方法を解説しました。

中卒者の人の中には、学歴に対してコンプレックスがあり、転職活動に自信が持てない人もいるかと思われます。

ですが、転職活動において学歴は一側面でしかありません。

もちろん、大きな側面でもあるのですが、学歴で全てが決まるわけではないのです。

転職活動は、企業にどれだけ適切なアプローチが出来たかで合否が決まります。

当記事を参考にして、適切なアプローチをしていただければ、学歴に関係なく転職活動を成功させることは可能です。

特に重要なのは転職の軸作り(目的と目標の明確化)なので、その点に取り組んだうえで、適切なアプローチをしていってください。