厳選!転職サイトのキャリアデザインセンターで採用担当者に自分を高く売り込むポイント

厳選!転職サイトのキャリアデザインセンターで採用担当者に自分を高く売り込むポイント

「キャリアデザインセンターの転職サイトは圧倒的なアクセス数を誇っている」このようにいわれるケースもあるほど、知名度が高く人気な転職サイトを運営しています。

実際にサービスを活用して転職を成功させた人も少なくありません。とはいえ、転職サイトをつかった転職活動に不安を抱える人も多いですよね。相談相手がみつからず苦労する人もいるはずです。

そこで今回は「転職サイトのキャリアデザインセンターで採用担当者に自分を高く売り込むポイント」をご紹介します。

10分程度で読めるうえに、すぐに実践できる内容ばかりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャリアデザインセンター運営の転職サイトは「type」が人気

キャリアデザインセンターが運営する転職サイトのなかでも、知名度が高く人気のあるサービスが「type」

日本の主要転職サイトのなかで「アクセス者数No1」を誇るほど知名度の高いサイトです。最も利用されている転職サイトといっても過言ではありません。

typeのキャッチコピーは「ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイト」。キャリアアップしたい人をターゲットにしています。

年収を上げたい方や、待遇のいい企業へ転職したい人にはおすすめのサービスです。一人ひとりが満足する形でキャリアアップするために、独自取材をもとにした求人情報を掲載しています。

仕事の魅力だけでなく厳しさについて書かれているケースも少なくありません。リアルな情報が手に入るのもtypeを利用するメリットです。

typeの特徴は「エンジニア転職の強さ」と「サイト内コラムの充実」

typeの特徴は2つ。「エンジニア転職の強さ」と「サイト内コラムの充実」です。typeはエンジニア職の求人数が「主要転職サイトのなかでNo1」といわれるほど、求人に力をいれています。

エンジニア職に転職したいがためにtypeを利用する人も少なくありません。「エンジニア転職フェア」といった独自イベントを開催し、エンジニア職を希望する新規会員も集めています。エンジニアとしてのキャリアを築きたい方にはぴったりです。

「サイト内コラム」が充実しているのもtypeの魅力の1つ。転職の不安を解消されるさまざまなコンテンツが用意されています。

1人で行う転職活動に不安を抱えている人も安心ですね。転職に関するオリジナルの動画も配信しています。SHOWROOMの前田裕二が登壇する放送もあり、視聴するだけで勉強になりますよ。

女性が効率よく転職したいなら「女の転職」がおすすめ

キャリアデザインセンターは女性の転職に特化した「女の転職」も運営しています。「正社員で長く働きたい女性のための転職サイト」とうたうほど、積極的に働きたい女性にフォーカスした転職サイトです。

事務・経理・人事系の仕事に強く、2019年7月現在600件以上の求人が公開されています。その他にも「営業・企画・マーケティング系」「サービス・販売系」「エンジニア・技術者・IT系」など、選べる職種はさまざまです。

typeと同じようにサイト内コラムが充実し、自己分析から選考対策まで内容は多岐にわたります。女性の転職をバックアップする体制が整っているのも「女の転職」の特徴です。

【準備編】キャリアデザインセンターで採用担当者に自分を売り込む3つのポイント

「type」や「女性の転職」といった転職サイトを活用して、転職を成功させるためには採用担当者から高い評価を得る必要があります。

この項目では選考前の準備段階に、自分を人事に売り込むポイントをまとめました。具体的には次の3つを心がけましょう。

【準備編】キャリアデザインセンターで採用担当者に自分を売り込む3つのポイント

  • 入社意欲を伝える秘訣!企業理解を深めよう
  • スカウトメールは積極的にレスポンスしよう
  • オファーDMを頻繁にチェックしよう

それぞれわかりやすくご説明しますね。

入社意欲を伝える秘訣!企業理解を深めよう

採用担当者に自分を売り込むためには、企業理解を深める必要があります。会社概要や事業内容をしっかりと把握していれば、入社意欲の高さをアピールできるからです。

企業のビジョンをもとに「実現したいこと」や「会社に貢献できること」が決まっている人は、企業にとって魅力的にみえます。

反対に会社について全く知識がない人は、採用担当者に志望度が低いと判断されかねません。企業理解を深めるためには、企業のホームページを確認するのも1つの手です。

企業理念や事業内容だけでなく、会社が掲げる目標まで把握できるケースもあります。会社について網羅的に知れる方法です。

よりリアルな情報を手に入れたい人は「現場」に足を運ぶのもおすすめ。メーカーであれば、商品を販売している店舗に行くのも良いでしょう。

時間と労力をかけて得た情報は信憑性が増すうえに、採用担当者からの高い評価が期待できます。

スカウトメールは積極的にレスポンスしよう

スカウトメールが来たら積極的に返信するのも、採用担当者へのアピール方法の1つ。キャリアデザインセンターの転職サイトの多くには「スカウトメール」といったサービスがあります。

サイトに登録した職務経歴書などの情報を見て採用担当者が興味を持った際に、企業からスカウトの連絡が届く仕組みです。

スカウトメールを受信したら、人事採用担当者から「好印象をもたれている」といっても過言ではありません。自分への期待や関心が高まっているうちに、メールには積極的にレスポンスするのがおすすめです。

早く確実なレスポンスを心がければ、志望度の高さがアピールできますよ。

オファーDMを頻繁にチェックしよう

オファーDMも定期的にチェックすると良いでしょう。オファーDMとは企業が求める人材の条件と登録者の情報がマッチした際に、転職サイトから届くメッセージです。

キャリアデザインセンターの転職サイトの多くに導入されています。オファーDMに記載された企業は自分の希望する条件に合っている会社です。

企業側も自分のような人材を求めています。オファーを受けた求人に応募すれば、採用担当者の目をひけるかもしれません。

オファーDMが届いていない人に比べて、有利に選考をすすめられる可能性もあります。見落としがないようにメッセージは頻繁にチェックし、積極的に応募すると良いでしょう。

【書類選考編】キャリアデザインセンターで採用担当者に自分を売り込む3つのポイント

志望する企業が見つけたら書類選考がはじまります。履歴書や職務経歴書をもとに選考するステップです。

この項目では書類選考で採用担当者に自分を売り込むポイントをまとめました。具体的には次の3つを心がけましょう。

【書類選考編】キャリアデザインセンターで採用担当者に自分を売り込む3つのポイント

  • 自己分析で自分の強みを知ろう
  • 面接の質問に対する答えを用意しておこう
  • 企業の「即戦力」になれる根拠を伝えよう

それぞれの内容をわかりやすくご説明します。

自己分析で自分の強みを知ろう

採用担当者から高い評価を得るためには、自己分析で自分の強みを知るのが大切。長所を知っていれば、より魅力的に自分を売り込めるからです。

自分の得意分野で企業に貢献できるかもしれません。エンジニアの経験があるならば、IT系の企業にとっては即戦力となる可能性もあります。

コミュニケーションの能力の高さが強みの人は、営業職で力を発揮できるケースも多いです。自分自身をよく知れば、どのような形で企業の力になれるか分かりますよ。

自己分析のやり方に自信がない方は、キャリアデザインセンターの転職サイト内コラムを活用するのも1つの手です。

今までの経験をもとに自分の強みを見つけるヒントが書かれています。得意なことや他の人にない魅力などが見つかれば、書類選考で役立つこと間違いありません。

面接で質問された際も動揺することなく、ハキハキとしゃべれるようになるでしょう。自己分析に関するコラムはtypeや女の転職などにも記載されています。

ぜひチェックしてみてください。

面接の質問に対する答えを用意しておこう

書類選考の次は、面接がひかえています。採用担当者の質問をスムーズに回答できるように、事前に面接の質問の答えを用意しておくのが大切です。

当日は履歴書や職務経歴書の内容に沿って質問されますからね。戸惑わないために、書類の内容を根拠にもとづき論理的に説明できる必要があります。

「どのような質問がされそうか」を考えながら、自己PRや志望動機を考えると良いでしょう。大まかな質問内容が推測できれば、落ち着いて自分をアピールできます。

面接を意識して書類を作成するコツは、記載する内容に「一貫性をもたせる」こと。書類の内容と面接での回答がバラバラでは、話に説得力がありません。

「効率的な働き方がしたい」といった退職理由を面接で話したとしましょう。それに対し書類の志望動機が「働き方」に全く関係のない内容であると、採用担当者も疑問を感じるはずです。

面接の回答と書類の内容がマッチしていれば、信憑性のあるアピールにつながります。採用担当者を納得させられるように、一貫性のある回答を心がけましょう。

企業の「即戦力」になれる根拠を伝えよう

書類選考では「即戦力アピール」をするのが重要。企業は中途入社の人に対し「すぐに貢献できること」を求めています。

採用や教育には多額のコストがかかるからです。何も知らない未経験者を採用した場合、ゼロから業界知識やスキルを教える必要があります。

新しく「人」も「時間」も割かなければなりません。だからこそ、すぐに事業に貢献できる「即戦力」を企業は欲しているのです。

採用担当者のニーズに答えるためにも、すぐに自分が役立てる理由を書類に書きましょう。すでに特別なスキルがある人であれば、具体的にできる作業内容を記載するのも1つの手です。

ポートフォリオを用意するだけでも、採用担当者に自分のスキルを証明できます。具体的な実績にもとづいてアピールすると、説得力が増すのでおすすめですよ。

自己PRや志望動機を通して即戦力をアピールするのが不安な方は、キャリアデザインセンターの転職サイトのコラムを参考にしましょう。

採用担当者の目にとまる魅力的な書類の書き方が発信されている場合があります。具体的なテクニックまで書かれているので、一度チェックしてみてください。

1人で行う転職活動に自信がない方にとって、助けになる情報が多く公開されていますよ。

【面接編】キャリアデザインセンターで採用担当者に自分を売り込む3つのポイント

書類選考に通過したら、いよいよ面接です。採用担当者と実際に顔を合わせます。評価を大きく左右するステップですので、きちんと対策しておきましょう。

具体的に注意すべきポイントは次の3つです。

【面接編】キャリアデザインセンターで採用担当者に自分を売り込む3つのポイント

  • 第一印象が9割!ビジネスマナーや身だしなみに注意しよう
  • 後ろ向きの理由は印象マイナス!転職理由はポジティブに伝えよう
  • 面接はコミュニケーション!「傾聴力」を大切にしよう

すぐに実践できるように、わかりやすくご説明しますね。

第一印象が9割!ビジネスマナーや身だしなみに注意しよう

「第一印象が9割」と言われるほど、最初に受けるイメージは採用に大きな影響を与えます。採用担当者に好印象をもたれるように、最低限のビジネスマナーや身だしなみには気をつけましょう。

面接官が会場に入ってきた際、立って挨拶するだけでも印象は変わります。目を見てハキハキと話すだけでも、高評価がもらえるケースも少なくありません。

身だしなみは、さわやかで清潔感のある服装を心がけるのが安心です。基本的には上下のそろったスーツを着れば間違いありません。

女性の場合はヘアスタイルやメイクも大切です。見た目1つで採用担当者が受ける印象は驚くほど変わりますからね。

ヘアスタイルや化粧の方法は「女の転職」のコラムにも詳しく記載されています。転職サイトのコンテンツを活用し、安心して面接にのぞみましょう。

後ろ向きの理由は印象マイナス!転職理由はポジティブに伝えよう

退職理由を伝えるときは、ポジティブに伝えるのが大切です。実際の退職理由が後ろ向きの内容であったとしても、前向きに伝えましょう。同じ理由でも言い方を変えるだけで、採用担当者の受ける印象が変わるからです。

退職理由が「人間関係でストレスを感じたから」だとしましょう。ストレートに伝えると「自社の人間ともマッチしなければ辞める可能性がある」と採用担当者に判断されかねません。

高評価を得るためには「チームでコミュニケーションをとりながら、一致団結して働きたい」と言い換えるのも1つの方法です。前向きな姿勢が感じられて、採用担当者の印象も良くなります。

ポジティブな言葉選びを心がけるだけで、選考通過の確率があがるかもしれません。すぐに実践できる工夫なので、ぜひ試してみてください。

面接はコミュニケーション!「傾聴力」を大切にしよう

面接では「傾聴力」を意識するのも大切。選考といえども会話であることには変わりません。採用担当者の話に耳を傾けるだけで、評価が大きく変わる可能性もあります。

自分の話に興味がない素振りをする人より、関心をもって聞く方の方が印象も良いですよね。採用担当者の話を聞くと、多くのメリットが得られます。

最も大きな利点は「質問の意図」を汲みやすくなること。質問の背景や本質がわかり、採用担当者が求めている回答ができる可能性があります。面接官の話を理解せず、的外れな会話をする心配がありません。

的確な受け答えができると、コミュニケーション能力が高いと判断される場合もあります。さまざまな人と関わる仕事であれば、なおさら評価があがるかもしれません。

仕事で活躍するイメージがはっきりと湧きますからね。即戦力として扱われる可能性もあります。まずは会話を楽しむ気持ちで、相手の話を聞くのを心がけましょう。

転職サイトのサービスを活用して採用担当者に自分を売り込もう

今回はキャリアデザインセンターの転職サイトを活用して、採用担当者に自分を売り込むポイントについてご紹介しました。具体的な内容は次のとおりです。

【準備編】キャリアデザインセンターで人事に自分を売り込む3つのポイント

  • 入社意欲を伝える秘訣!企業理解を深めよう
  • スカウトメールは積極的にレスポンスしよう
  • オファーDMを頻繁にチェックしよう

【書類選考編】キャリアデザインセンターで人事に自分を売り込む3つのポイント

  • 自己分析で自分の強みを知ろう
  • 面接の質問に対する答えを用意しておこう
  • 企業の「即戦力」になれる根拠を伝えよう

【面接編】キャリアデザインセンターで人事に自分を売り込む3つのポイント<

  • 第一印象が9割!ビジネスマナーや身だしなみに注意しよう
  • 後ろ向きの理由は印象マイナス!転職理由はポジティブに伝えよう
  • 面接はコミュニケーション!「傾聴力」を大切にしよう

キャリアデザインセンターの転職サイトで、採用担当者に売り込む秘訣は「サービスを積極的に利用こと」

スカウトメールやオファーDMなど、選考を有利にすすめられるコンテンツがそろっています。転職ノウハウに関するコラム記事では、書類の書き方から面接対策まで内容はさまざまです。

活用できるサービスを上手に使いこなして実践すれば、採用担当者の目をひくのも難しくありません。キャリアデザインセンターの転職サイトを使って理想の企業に就職しましょう。