就活で最初に登録すべき就活サイトを徹底比較|各社のメリット

新卒の就職活動をするときには、「就活サイト」を利用するのが一般的です。人生を大きく左右する就職活動を少しでも効果的に行うためには、就活サイトを使いこなす必要があります。

この記事では、就活で登録しておくのがおすすめな就活サイトを紹介していきます。

就活サイトとは?


就職活動をするときに利用する「就活サイト」。就活サイトに登録して就職活動を行うのが一般的です。

効果的に就職活動をするためにも、まずは就活サイトについて理解しておくことが大切です。まずは、就活サイトがどのようなものか見ていきましょう。

新卒向けの求人サイト

就活サイトはその名前の通り「就職活動をする求人サイト」ですが、基本的には新卒向けのサイトを指すことが多いです

求人サイトには、パート・アルバイト用のサイトから、中途採用を目的にして転職サイトなどがあります。また、新卒から中途など全部に対応している総合的な求人サイトもありますが、「就活サイト」は新卒に特化していることが特徴です。

そのため、主に就職活動をしている大学3年から4年の学生が利用し、就活に役立つ情報などを収集できます。

就活サイトを利用するときは、同じブランドのサイトでも卒業する年度によって掲載されている内容が異なるので注意してください。例えば、2020年に卒業・入社するのであれば「就活サイト2020」のようなイメージです。

就活サイトによって自身の就職先が決まるといっても過言ではありません。就職活動が本格的に始まる前に就活サイトの情報収集を行い、機能や使い方を押さえておくことがおすすめです。

サイトを利用してエントリーできる

就活サイトに登録すべき理由は、サイトを通して企業にエントリー(応募)できることです。さらに自分がエントリーした企業の一覧や選考状況も確認できます

例えば、会社説明会や書類選考などは就活サイトで案内され、合否に関しても就活サイトが知らせてくれます。大半の就活サイトは会員登録をする際に、メールアドレスを登録するためエントリーした企業の選考日程や合否などもメールで通知が来るため便利です。

多くの企業は自社サイトに採用ページを設けておりますが、このような場合は自分で応募すし、状況を管理しなければなりません。これは企業も個別で管理する必要があるため手間がかかります。そのため最近では、新卒の採用ページを細かく作らずに大手の就活サイトへ誘導することが多いです。

実際に、大手就活サイトに登録しアカウントを持っていないとエントリーできない場合も少なくありません。スムーズにエントリーするためにも、まずは大手の就活サイトに登録だけしておくのもおすすめです。

就活サイトを利用するメリット


就活サイトは就職活動時に必ず使う必要があるものではありません。実際に就活サイトを使わずに企業の内定を獲得する人もいます。

しかし、就活サイトにはメリットが多くあるため、有効活用した方が効率良く就職活動を行えます。では、就活サイトにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

就活サイトを利用するメリット

  • 条件に合った求人を検索できる
  • 希望する企業の情報収集ができる
  • さまざまな機能を利用できる

条件に合った求人を検索できる

就活サイトには多種多様な求人が掲載されています。新卒のみの求人だけであったとしても、全国のさまざまな業界の企業が掲載しているため、自分が希望する条件を入力し絞り込みをかけることによって、ピッタリな企業が見つかります。

新卒の就職活動の場合、有名な企業に目移りしてしまいますが、あらかじめ自身の希望を明確にしておけば自分が知らない優良企業が見つかるかもしれません

希望する企業の情報収集ができる

就活サイトに掲載している企業も、優秀な人材を1人でも多く採用したいと考えています。そのため、就活サイトには希望する企業に関する情報が細かく掲載されていることが多いです

採用活動に力を入れている企業であれば、自社の採用サイトにも同様の情報を掲載していますが、全ての企業が該当するわけではありません。就活サイトは、サイトの運営元が取材を行っているため、自社サイトよりも情報が豊富であることが多いです。

例えば、直近数年間の採用人数や出身大学などの採用実績などの情報があり、就職活動の参考になるでしょう。

さまざまな機能を利用できる

活用する就活サイトにもよりますが、Web上でエントリーできるだけでなく、適性検査や筆記試験などを行えるものもあります。他にも、選考の日程調整をサイトで行えるだけでなく、エントリーシートの書き方や面接のマナーなどさまざまなサービスを利用できます

1つの就活サイトを徹底的に使いこなすだけでも、就職活動に役立つ情報を入手でき効果的に選考を進められます。

就活サイトの選び方


詳しくは後ほど解説しますが、就活サイトにはさまざまな種類があります。全部を利用することは現実的ではありませんので、自身に合った就活サイトを厳選するのがおすすめです。

では、どのように就活サイトを選べば良いか見ていきましょう。

就活サイトの選び方

  • 求人数は多いか
  • 使いやすいサイトか
  • 希望する業界に対応しているか

求人数は多いか

就活サイトの基本的な項目である求人数をまず確認しましょう。

求人数が多ければ単純に自身の選択肢が増え、細かい条件を設定して絞り込みをしてもヒットする確率は上がってきます。そのため、求人数が多い就活サイトを利用しようとする方は多くなるでしょう。ユーザー数が多いサイトであれば、効果が見込めると判断して掲載を希望する企業も多くなります。

つまり、求人数が多い就活サイトはユーザー・企業が増えやすい良いサイクルを作れるため内容が充実していることが多いです。

使いやすいサイトか

現在では、スマートフォンを使って就職活動をする人がほとんどです。しかし、就活サイトの中にはパソコンでは見やすくても、スマートフォンに対応していない場合もあります。

もし求人数が多くても不便なサイトであれば、忙しい就職活動時期に大きな負担となってしまいます。反対に使いやすいサイトであれば、楽に使いこなせるでしょう。

希望する業界に対応しているか

求人数が多い就活サイトであったとしても、自分が興味ある業界や希望している業界が掲載しているかどうか重要です。実際に人気がある業界であれば、その業界に特化した就活サイトもあります。

就職活動の方向性が決まっている場合は、希望する業界に特化したサイトのみを使えば良いでしょう。しかし、まだ具体的に自分の方向性が決まっていない場合は、さまざまな業界に対応している総合就活サイトを利用するのがおすすめです。

就活サイトを活用するポイント


効果的に就職活動をするためには、メリットが多い就活サイトを有効活用する必要があります。本格的に就職活動を始める前に、就活サイトを活用できるポイントを把握しておけばスムーズに選考を進められます。

では、就活サイトを活用するポイントを見ていきましょう。

就活サイトを活用するポイント

  1. とりあえずエントリーをする
  2. 複数のサイトに登録する
  3. 徐々にサイト・求人を絞っていく

とりあえずエントリーをする

就活サイトを活用するときには、まず興味がある企業にエントリーするのがおすすめです。エントリーするかどうか迷っている間に、締め切られてしまうことも珍しくありません

多くの就活サイトでは絞り込んだ検索結果の企業に対し、一括エントリーするできるものもあります。エントリーをしないと先の選考に進むことはできませんが、エントリーをしたからといって必ず選考を受けなければならない、といったことはありません。

エントリーが締め切られてしまうと、その分チャンスが失われてしまうため、興味がある企業があれば「とりあえずエントリー」するのがおすすめです。

複数のサイトに登録する

就活サイトにはいくつもの種類がありますが、1つだけ利用するのではなく複数のサイトに登録するのがおすすめです。特に、大手企業の採用サイトで案内されているような大手就活サイトは必ず押さえておきましょう。

あとは、使いやすいサイトか自分が希望している業界に特化している就活サイトを利用すると良いでしょう

徐々にサイト・求人を絞っていく

就職活動の選考が進んでいき、複数の企業で書類選考を突破して面接に進んでいる段階であれば、活用している就活サイトに絞っていきましょう。実際に複数のサイトに登録していると、メールの通知が多くなり重要なメールを見落としてしまう可能性も高くなります。

全く使っていないサイトがあれば、登録を解除していくとメールを確認する負担が大きく削減されます。

次の章からはそれぞれの就活サイトについて、解説していきます。

おすすめ就活サイト1:リクナビ


リクナビは株式会社リクルートキャリアが運営している、業界トップクラスの就活サイトです。実際にマイナビと並んで2大総合就活サイトの1つと呼ばれています。
会社概要 | 企業情報 | リクルートキャリア – Recruit Career

特徴

リクナビの最大の特徴はその知名度です。「とりあえずリクナビに登録しておく」という学生がほとんどであり、利用している企業が多いです。

登録している企業は20,335社(2019年11月4日現在2020年卒業生向けサイト)であり、エントリー機能だけでなく、業界研究のコンテンツも充実しています。

活用するメリット

リクナビは企業の採用ページにも案内されることが多いです。つまり、リクナビに登録しないとエントリーできない企業もあります。使いやすさなどのメリットも多いですが、エントリーできる企業を増やす意味でも、必ず登録しておきましょう。

【就活ならリクナビ2020】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト

おすすめ就活サイト2:マイナビ


マイナビは株式会社マイナビが運営している、リクナビと同様の2大総合就活サイトです。規模が大きいサイトであり、求人数が非常に多いことが特徴です。
会社概要 | マイナビについて | マイナビ

特徴

マイナビは求人数がとにかく多く、登録している企業は25,961社(2019年11月4日現在2020年卒業生向け)であり、業界の中でもトップクラスです。説明会の予約機能やアクセスランキングを公開しているなど、機能やコンテンツが充実しています。

活用するメリット

リクナビと同様に企業の採用サイトでも案内されていることが多く、マイナビのアカウントがないとエントリーできないこともあります。
就活を始めるときはリクナビ・マイナビの2つは必ず登録するといいでしょう

マイナビ2020 – 新卒・既卒向け就職・採用情報サイト

おすすめ就活サイト3:キャリタス就活


キャリタス就活は株式会社ディスコが運営している就活サイトです。もともと日本経済新聞社と業務提携して就職ガイドを行っていました。1996年にサービスを開始した「日経プレイスメントパーク」が前身となるサービスです。

会社概要 | 株式会社ディスコのサイトへようこそ-DISCO-

特徴

キャリタス就活は2大就活サイト以外では非常に求人数が多く、20,879社(2019年11月4日現在2020年卒業生向け)登録しています。それ以外にも、業界研究や筆記試験、就活に関するさまざまなランキングなどコンテンツが充実しています。

活用するメリット

キャリタス就活は自己分析ツールや就活を支援する「就活成功ガイド」のコンテンツが多くあり、本格的に就活が始まる前に内容を押さえておけば、今すべきことが見えてきて時間を有効活用できます。
キャリタス就活2020 | 新卒・既卒学生向け就職活動・採用情報サイト

おすすめ就活サイト4:ダイヤモンド就活ナビ


ダイヤモンド就活ナビは株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソースが運営している就活サイトです。経済に関する出版社のダイヤモンド社系列の就活サイトであり、情報量が多いです。

会社概要・沿革|会社情報|株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース

特徴

求人を検索・エントリーする機能だけでなく、メッセージやスケジュールを管理しやすい画面であり、効果的に就職活動を行えます。
会員登録することで、筆記試験対策や就活ゼミの案内といったコンテンツが充実しています。

活用するメリット

ダイヤモンド就活ナビは会員登録することで、充実したコンテンツを利用できます。求人数は最大手の就活サイトよりも少ないですが、効果的に就職活動をするためにも登録して損することはありません。
また、自分が希望する条件を登録しておけば、自動的に求人を探してくれる「就活エージェント」という機能があり、自分に合った求人と出会いやすいです。

ダイヤモンド就活ナビ2020:学生のための就職活動・採用情報サイト

おすすめ就活サイト5:あさがくナビ


あさがくナビは株式会社学情が運営している就活サイトです。朝日新聞系列の就活サイトであるため、企業ランキングなどの特集が多いです。
会社概要|株式会社学情|若手人材に強い採用パートナー

特徴

一般的な選考・説明会へのエントリー機能だけでなく、就職活動に役立つ記事や診断ツールなどの就活支援コンテンツが充実しています。

活用するメリット

他社の就活サイトと比較すると、求人数は2,021社(2019年11月4日現在2020年卒業生向け)と少ないです。しかし、就職活動を有効に進める情報が多く、企業の評判を把握しやすいメリットがあります。

【あさがくナビ2020】新卒向けの採用情報・就職活動情報サイト

おすすめ就活サイト6:理系ナビ


理系ナビは株式会社ドリームキャリアが運営している就活サイトであり、名前の通り理系の学生へ、理系の職種を案内しています。

ドリームキャリア

特徴

理系に特化しているということもあり、求人数は他社よりも少ないですが、理系の学生が活動しやすくなる情報を公開しています。

活用するメリット

理系の学生であれば登録しておくと良いでしょう。他の就活サイトには掲載されていないような企業が見つかるかもしれません。
また、理系の就活に関する悩みなども気軽に相談できる「キャリア相談」というサービスがあるため、不安を解消しながら活動できます。

理系ナビ2020:理系新卒向けインターンシップ・就職活動(就活)情報

おすすめ就活サイト7:ブンナビ


ブンナビは株式会社文化放送キャリアパートナーズが運営している就活サイトです。比較的規模が大きい総合的な就活サイトです。
会社概要 | 文化放送キャリアパートナーズ

特徴

株式会社東洋経済新報社が事業パートナーとなっているため、就職四季報の情報を元にした検索を行えます。例えば、検索結果の企業をピックアップし、平均年収・月平均残業時間・平均年齢で表示する順番を変えて比較できます。

活用するメリット

求人数は7,929社(2019年11月4日現在2020年卒業生向け)ですが、サイト内のコンテンツが充実しています。さらに登録している企業限定になりますが、複数の企業を比較できるメリットがあります。どの企業の選考を受けるか迷ったときの1つの参考になるでしょう。

ブンナビ!2020(文化放送就職ナビ)

自分に合った就活サイトを活用しよう!

登録すべき就活サイト

  • リクナビ
  • マイナビ
  • キャリタス就活
  • ダイヤモンド就活ナビ
  • あさがくナビ
  • 理系ナビ
  • ブンナビ

就職活動をするときには就活サイトを利用するのが一般的です。しかし、就活サイトにはさまざまな種類があるため、自分に合った就活サイトを選ぶ必要があります。まずは最大手の就活サイトであるリクナビ・マイナビは必ず押さえておきましょう。

他にも就活に役立つコンテンツが充実しているサイトもあるため、どのような内容なのか確認してみることがおすすめです。効果的な就活サイトを使って内定を勝ち取りましょう。

また就活に役立つ以下の記事なども参考にしてください。

徹底攻略|就活・転職の個人面接で合格を勝ち取るための30の手順

就職面接時に合否に影響を与えるマナー15選 | 面接の達人になる