(年齢別)転職女性必見!面接で好感が持たれる服装・髪型・色・メイクのポイント

転職面接で面接官に好感を持たせるには第一印象が大事

転職面接では、限られた時間の中で、どうしたら面接官に好印象を持ってもらえるか悩んでいる人は多いでしょう。

転職面接では、就活の時と同じように、やはり第一印象が大切です。

特に女性の第一印象を左右するのはメイクや髪型。服装も面接官の目に留まるものです。

しかし、新卒として就活をしていた時のままの服装やメイクのままでは、転職面接を乗り切れない可能性があります。

年齢に応じたふさわしい服装やメイクを意識することで、より面接官から好感を持たれやすくなるでしょう。

そこでこの記事では、20代、30代と年齢別に好感度の高い服装やメイクについてご紹介します。

【20代】フレッシュさを演出しながらもビジネスマナーを意識

20代の転職女子は、第二新卒を含む年代であり、フレッシュでありながらも、社会人経験から得たビジネスマナーを意識したスタイルが好感を持たれやすいでしょう。

20代転職女子がより好印象を持ってもらえる服装や髪型、髪色、メイクについてご紹介します。

服装はリクルートスーツよりも少しこなれ感を出す

新卒時のリクルートスーツは、黒か紺の無地のスカートスーツだったという人も多いのではないでしょうか。
無地のスーツも悪くはないのですが、リクルートスーツをそのまま着てしまうと、年代の近さから新卒との差を感じさせることが難しくなります。

そのため、スーツのシルエットや柄、ボトムスで変化を加えることで、リクルートスーツよりも「こなれ感」を出すことをおすすめします。
とはいえ、第二新卒を含む20代。
あまりにもこなれてしまっては、ビジネスマナーを知らないと面接官に受け取られる可能性もあります。

シルエットで変化をつけるならリクルートスーツよりもタイトなものを選んで、より女性らしさを演出するのもよいでしょう。
柄で変化をつけるなら、無地のリクルートスーツと差をつけるために、細めのストライプを選ぶと、ビジネススタイルとして好印象です。

就活の時はスカートだったという人は、パンツスーツもおすすめです。

脚の太さが気になるという人は、太めのワイドパンツタイプのスーツも出ていますが、20代ならスリムフィットのパンツで活動的な印象を与えるのもよいでしょう。

髪型はアップスタイルで20代ならではのフレッシュさを

20代の転職女子なら、まだ面接時に髪を下ろして挑むのは早いかもしれません。

就活時、「髪の毛が肩にかかる人は、結ぶように」と指導された人も多いでしょう。

“フレッシュさ”を意識するなら、ダウンスタイルよりも、就活の時のようなアップスタイルの方がおすすめです。

ただし、就活時の「額は出して」「ゴムは飾りのないもの」などの厳しいルールは守らなくても大丈夫。
前髪で額が隠れていてもいいですし、あまり派手でなければバレッタのようなヘアアクセサリーを使うのもよいでしょう。

アップスタイルにすると、結んだ髪の毛がまとめられないくらいのミディアムヘアの場合は、ハーフアップにしてピンやバレッタで留めておくのもおすすめ。

就活とは違うけれど、清潔感を演出できるよう、髪が長いのに結ばないでダウンスタイルにしたままにはしない方がよいでしょう。

髪色は黒髪厳守ではないがナチュラルな色を意識

ルールがあるようでないのが転職時の髪色です。
20代転職女子の場合、職場で多少のカラーリングが認められていたから、転職面接でもそのまま臨もうとしているという人も少なくないでしょう。

しかし、年齢の若さと同時に、ビジネスマナーも意識するなら、やはり明るすぎる髪色は好ましくありません。
就活時と同じくらいの黒髪とまではいかなくても、「黒っぽい」色を意識するようにするとよいでしょう。

美容室でオーダーする際には、「8レベル以下で、自然に見える色」と美容師に伝えると、転職向きのカラーリングを施してもらえるでしょう。

メイクは明るさ、清潔感が感じられるように

20代転職女子の転職メイクは、20代の持つ若さと、ビジネスシーンを意識するとよいでしょう。

具体的には、明るくフレッシュな印象に仕上がるよう、ベースメイクは薄づきであることを重視し、ポイントメイクの色も工夫します。
アイメイクはベージュやブラウン系で手堅い印象にしておき、リップメイクはピンクベージュ、オレンジベージュで明るさを演出するとよいでしょう。

リップメイクをブラウン系やベージュ系にすると、せっかくの20代転職女子が持つフレッシュさが半減してしまいます。

ピンクやオレンジに抵抗があるという人は、シアーなレッド系を選ぶことをおすすめします。

【30代】キャリアと行動力を感じさせる色を意識

30代の転職女子は、新卒はもちろん、20代にはないキャリアと、即戦力となりえる行動力を外見で表現するとよいでしょう。

キャリアや行動力を感じさせるには、20代では難しい着こなしやメイクが必要です。
ここでは、30代転職女子だからこそ好感を持たれやすい服装やメイクについてご紹介します。

服装はスーツのインナーで20代と差をつける

20代のスーツのインナーは、基本的に襟付きのシャツやブラウスを選ぶものです。
しかし、30代ならスーツそのものよりも、インナーを変えるだけで、印象を大きく変えることもできます。

たとえば、紺のストライプスーツにピンクベージュの無地ニットを合わせたり、ライトグレーのスーツに黒のブラウスを合わせたりするコーディネートもおすすめです。

20代が着ると少し生意気、ビジネスマナーに欠ける印象のある着こなしも、30代ならキャリアを感じさせることができます。

業種を選びますが、靴もリクルートのような「足音の鳴らないローヒール」に限定することなく、5~7cm程度であればヒールの高い靴も存在感を増す材料となるでしょう。

靴の色は、黒系であれば多少装飾品が着いても30代なら不自然ではありません。

しかし、前述したように服装は業界を選ぶものです。

金融系でも地銀や信用金庫はよりオーソドックスに、投資銀行なら多少遊び心があってもいいというように、30代なら転職先の社風を見て決める余裕も必要でしょう。

髪型はダウンでもアリなのが30代の特権

30代で上記のようにスーツの着こなしは拡大されるため、それに合わせて髪型も「絶対アップスタイル!」と意気込む必要はありません。
髪の毛が顔を隠しすぎることがなければ、基本的にダウンスタイルでも浮くことはないでしょう。

ただし、ダウンスタイルの場合は、髪の毛そのもののお手入れがされていることが前提です。

きれいにブローされたダウンスタイルならスーツにも合いますが、ただ単に朝起きて少し梳かしただけ、下ろしただけのダウンスタイルはカジュアルすぎてスーツから浮いてしまいます。

30代転職女子がダウンスタイルで面接に臨む場合は、必ず全体的にブローをして、ワックスなどでいわゆる「アホ毛」を目立たなくするようにしましょう。

アップスタイルにする場合には、結ぶ位置をあまり高くしないように意識する必要があります。

ただ後ろで1つに束ねるだけでも、その位置が高すぎると、中学生のポニーテールのようになってしまいかねません。

耳の最上部の延長線上くらいの位置で結ぶことで、程よい落ち着いた印象を与えることができるため、髪の毛を結ぶ位置にも注意しましょう。

髪色は業種によって明るい色でも似合っていれば好印象に

30代の転職女子は、20代よりもスーツ自体の自由度が拡がるため、全体的な印象を考えると、髪色だけ真っ黒というのも不自然になります。

もちろん、業種によってはカラーリング厳禁の場合もありますが、基本的には服装と同様、20代と比較すると少しスタイリッシュさを意識しても問題はありません。

20代転職女子は「8レベル以下」と美容室でオーダーすることをおすすめしましたが、30代の場合は8レベル以上でも、顔やスーツに似合っていれば、それほど細かく気にする必要はないでしょう。

ただし、団体職員、公務員、一部の金融系では、前職のキャリアと同じくらい「真面目さ」「誠実さ」を重視する業種もあります。
このような場合は、やはり8レベル以下にカラーをおさえ、スーツやメイクもそれに合わせえるとよいでしょう。

メイクは行動力をアピールできるよう目元を意識

あまり目立たず、ナチュラルなメイクを意識していた就活生の頃と比べて、30代転職女子の場合、メイクでも出せる範囲で個性を出すことも必要です。

特に30代も後半になると、個人差はありますが、目力が20代の頃に比べて迫力がなくなってくるもの。

年齢による目力の衰えをカバーしながら、30代のキャリアと行動力をアピールするためにも、アイメイクを工夫するとよいでしょう。

具体的には、普段アイラインをひかない人も、ダークブラウンや黒のアイライナーで、目のキワにラインを引くのがおすすめです。
新卒の時には控えめにしていたマスカラも、繊維タイプではないものを重ねてもよいでしょう。

繊維タイプのマスカラは、面接時に緊張して汗ばむと、繊維が顔の思わぬところについてしまうこともあるため、あまりおすすめできません。

アイラインを引いているため、アイカラーはブラウンやベージュなどの肌なじみのよいものがおすすめです。
リップメイクは、アイメイクをケンカにならないよう、シアーな質感のブラウンベージュやピンクベージュなどがマッチします。