転職で失敗する人の5つの傾向と成功のためのポイント

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職を成功させるためには成功するポイントを押さえるだけでなく、失敗する人の傾向を押さえることも大切です。

ここからは転職に失敗する人の傾向や成功するためのポイントを紹介するので、自身の転職活動に役立ててください。

転職で失敗する人の5つの傾向と成功のためのポイント
  • 転職に失敗する人には共通点がある
  • 転職の失敗を防ぐには事前準備が大切
  • 成功率を上げるためには転職エージェントを使うのがおすすめ

転職を失敗する人に多い5つの傾向


転職で失敗する人には、いくつかの共通点や傾向があります。転職で成功するためにも、失敗する人に多い共通点や傾向を事前チェックしておきましょう。

転職を失敗する人に多い5つの傾向

  • 希望する条件と自身の実力が釣り合っていない
  • ネガティブな理由だけで転職活動をしている
  • 就職・転職になぜ失敗したのかを分析していない
  • 条件面・やりがい面のどちらかだけで仕事を選んでいる
  • 転職先が決まる前に会社を辞めている

希望する条件と自身の実力が釣り合っていない

転職が上手くいかない場合、まず考えられるのが志望している転職先のレベルが高いことです。

中途採用では即戦力の人材が求められるため、実力・実績が重視されます。

転職では待遇や条件を改善する目的の人は多いですが、自身の実力に対して求めているものが大きいと採用されるのが難しくなります。

必然的に転職難易度が高くなるため不採用になることが多くなるのです。

同様に希望する条件があまりに多いと、条件にマッチした企業が限定されるため、結果として応募先の候補が少なくなるケースがあります。

ネガティブな理由だけで転職活動をしている

もちろん仕事をしていれば何かしら不満を抱えることはありますが、ネガティブな理由だけで転職活動をすると企業側はメリットを感じません。

仕事が上手くいかない理由が自分以外にあると、同様の理由で不満を感じる可能性が高いです。

自分に原因を感じていないと成長に繋がらないと企業側も判断するため、採用されにくくなります。

実際に転職理由がネガティブな内容ばかりであれば、魅力的な人材とは判断されにくいです。

もしネガティブな理由で会社を辞めた場合でも、転職活動をするときにはポジティブな理由も考える必要があります。

就職・転職になぜ失敗したのかを分析していない

同じ失敗を繰り返していれば、書類選考や面接でつまづいてしまい転職活動は上手くいかないので、失敗の原因を分析して次回に活かす必要があります。

例えば、書類選考に毎回落ちてしまったり、面接の質問に上手く答えられなかったりすれば同じステージで失敗してしまいます

また、辞める会社に就職したときと同じ感覚で転職先を選べば、転職活動は上手くいったとしても、同じ不満を感じることが多いです。

条件面・やりがい面のどちらかだけで仕事を選んでいる

転職先は条件ややりがいで決めますが、どちらかに偏っていると転職に失敗する可能性が高くなります。

目先の条件だけで選んでしまい、やりがいがない仕事であれば長続きしない人が多いです。

反対にやりがいだけで仕事を選んでしまえば、条件や待遇面で不満を感じるケースも多くあります。

転職先を選ぶときは条件面とやりがいのバランスを考えることが大切です

転職先が決まる前に会社を辞めている

転職活動は、仕事を辞めてから始めるパターンと在籍しながら始めるパターンがあります。

会社を辞めてから転職活動をする場合、時間的な余裕が生まれますが転職先が決まるまで収入は発生しません。

無収入期間と転職先が決まらない期間が長くなることで、貯金が少なくなっていき精神的な焦りが生まれます。

焦って転職活動をすることで、希望する条件などよりも「早く転職先を決める」ことを重視するようになり、結果として転職前よりも条件が悪い仕事に決めてしまうケースが多くあります

転職の失敗を防ぐため準備・確認すべきこと


転職での失敗を防ぐためには、事前の十分な準備が大切です。

また、転職先を決める前に失敗を防ぐためにも給与条件などを十分に確認するようにしましょう。

転職の失敗を防ぐため準備・確認すべきこと

  • 昇給制度など収入面のシステムを確認する
  • 福利厚生などの待遇を確認する
  • 職場の雰囲気もしっかり確認する

昇給制度など収入面のシステムを確認する

転職を考えるとき、収入面での不満が理由である人や収入アップを求める人の場合、本当に収入面の課題を解消できるのか確認する必要があります。

求人募集に記載されている給与は、さまざまな条件によって変わる可能性があります。

収入が上がることを期待して転職を決めたとしても、実際に働いてみると前職よりも給与が少なくなることもあります。

収入を重視して転職活動をするときは、どのように給与が決まるのか内訳や昇給制度を十分に確認するようにしましょう。

福利厚生などの待遇を確認する

転職先を探すときは、収入以外にも福利厚生面などの条件や待遇も確認するのがおすすめです。

例えば、給与は今とさほど変わらなくても休日が増えたり、スポーツクラブやレジャー施設が優待料金で利用できたりする企業もあります。

場合によっては住宅補助などの手当がつき、総合すると好条件である求人も少なくありません

反対に、収入面ばかり重視すると福利厚生面はあまり充実していない求人に決めてしまい、転職に失敗したと感じるケースは多くあります。

職場の雰囲気もしっかり確認する

人間関係が原因で仕事を辞めて転職する人も少なくありません。

仕事の内容や条件面だけで転職先を決めるのではなく、働いている人がどのような人なのか、職場の雰囲気を確認することも重要です。

例えば、高収入で福利厚生などが充実している求人でも、ピリピリした雰囲気の職場であれば働きにくいと感じるかもしれません。

実際に働いてみるまで職場の雰囲気などを全て理解することはできません。

そのため、どのような環境で仕事をしているかは面接のときに聞いてみるか、内定が出た後に見学させてもらうのがおすすめです。

自身の目で確認をすれば安心して転職先の企業に入社できるでしょう。

転職に失敗したと感じたら取るべき対策


「転職の失敗」は転職活動が上手くいかないことだけでなく、転職先で希望と違った場合も失敗といえます。

転職先で失敗したと感じた場合の対策方法について、いくつか紹介します。

転職に失敗したと感じたら取るべき対策

  • 転職の目的を達成できるか考える
  • どうしても失敗を挽回できないなら転職を考える
  • 仕事選びの優先順位を見直す

転職の目的を達成できるか考える

例えば、好条件の仕事に就くことになったとしても、職場の雰囲気が悪かったり、融通が利かない社内ルールがあったりすることもあります。

このような場合は、まず「なぜ転職したのか」転職の目的を再確認することが大切です。

全ての希望を叶える仕事は少ないため、ある程度妥協できるポイントは用意しなければなりません

もし転職先に入社してから思っていた職場と違う場合、それでも目的を達成できるのであればそのまま働き続けて様子を見るのがおすすめです。

自身の努力次第で改善できることがある場合や、最初は我慢できなくてもしばらく経つうちに妥協できることもあるからです。

どうしても失敗を挽回できないなら転職を考える

もし転職の目的を達成できそうになく、しばらく働いても転職の失敗を挽回できないようであれば、再度転職を考えるのも1つの手段です。

例えば、内定時に提示された条件と実際の勤務条件が異なる場合や、配属先が違う場合、話を聞いてた以上に仕事がある場合などさまざまです。

このような場合では、再度転職を考えても仕方がないため、職場に馴染む前に転職を視野に入れるのがおすすめです。

同様の失敗を防ぐためにも、条件面や入社後の仕事内容、配属先などは十分に確認する必要があります。

仕事選びの優先順位を見直す

再度、転職活動をするときは仕事選びの基準を見なすことが大切です。

もし同じ基準でもう一度転職活動をしても失敗してしまう可能性は高くなります。

今回の転職では何が悪かったのか分析し、条件面などで譲れないポイントなど見直しましょう。

特に仕事を選びの優先順位を見直し、求人を選定していくことと企業側に確認することを押さえておけば、大きな失敗は少なくなります。

しかし、短期間で転職を繰り返してしまうと企業側にネガティブな印象を与えることに繋がるので注意してください。

転職先の企業を辞める前に、再度転職するデメリットと比較して本当に辞めても良いのか慎重に判断することが大切です。

転職を成功させるために重要なポイント3つ


転職を成功させるために重要な3つのポイントを紹介します。

転職活動では、「自身の希望を叶えること」と「企業側のメリット」を意識しましょう。

転職を成功させるために重要なポイント3つ

  • やりたいことを明確にする
  • 妥協できる点と妥協できない点を決めておく
  • 企業側のメリットになるように自己PRをする

やりたいことを明確にする

まずは、なぜ転職したいのかを考えて、転職先で実現したいことを明確にします

収入アップなのか仕事内容なのか、転職活動をする方向性を事前に決めておかなければ適切な仕事を選びにくくなります。

仕事選びの軸がブレていると転職の意図が企業側にも伝わりにくくなるので、自身の魅力が伝わりにくくなります。

転職する目的を明確にすることで、「仕事選びの軸が決まる」「選考時にアピールできる」「希望を叶えやすくなる」といったメリットがあります。

妥協できる点と妥協できない点を決めておく

自分の目的を達成するためには、希望する条件を深く追求していくことが大切です。

例えば、「収入アップ」が目的であれば月収いくら以上なのかボーダーラインを決めます。

企業側が提示している仕事内容・休日・福利厚生・手当などの条件は多くあるので、全てを洗い出して優先順位を設定します。

妥協できる点と妥協できない点が明確になれば、仕事選びでの失敗も少なくなります。

転職活動を始める前に、希望する条件の一つ一つにボーダーラインを決めておきましょう。

企業側のメリットになるように自己PRをする

転職活動前に自身の希望だけでなく、自身のアピールポイントも整理しておく必要があります。

自身の魅力はそのまま企業側の採用メリットになります。

自分を採用したらどのようなメリットがあるのか企業側に伝わるように、自分自身のことを見直します。

特に転職活動では今までの仕事内容や実績、具体的にどのような成果を上げて企業に貢献したのかを面接で聞かれます。

自己分析を深く行うことは、自身の希望を明確にするだけでなく自分のアピールポイントを深堀りすることにも繋がります

転職の失敗を防ぐなら転職エージェントがおすすめ


転職活動で失敗を防ぐためには転職エージェントを活用するのも1つの手段です。

まずは転職エージェントを活用するメリットを整理するのがおすすめです。

転職の失敗を防ぐなら転職エージェントがおすすめ

  • 希望を叶える求人を紹介してもらえる
  • 書類選考・面接対策ができる
  • 日程調整・条件交渉を代行してもらえる

希望を叶える求人を紹介してもらえる

1人で転職活動をするときは転職サイトなどを利用し、希望する職種や条件を入力して該当した求人をチェックする必要があります。

転職エージェントを利用すると面談などで希望条件を伝えると、その条件に該当する求人を探して紹介してくれます

場合によっては、面談をしたその日に条件にマッチした紹介してくれることもあります。

転職エージェントを活用しながら自身で求人を探すことも可能なので、在籍中に転職活動をしている人など忙しい人に適しています。

自身で求人を探すよりもその道の専門家が探すため、自分にフィットした求人が見つかる確率は高く、希望を叶えやすいのが大きな魅力です。

書類選考・面接対策ができる

転職エージェントでは利用者の転職が成功するようにさまざまなサポートを実施しています。

例えば、書類選考用の履歴書や職務経歴書の添削をしてくれたり、本番を想定した模擬面接を行ってくれたりします。

自分では見つけられない課題や弱点などをプロの力を借りて克服できるため、今までよりも企業側に自身の魅力を伝えられます。

求人の紹介やサポートサービスも無料で利用できる転職エージェントがほとんどです。

初めて転職する人であれば、キャリアアドバイザーと相談することで、不安を解消して転職活動に取り組めます。

日程調整・条件交渉を代行してもらえる

応募した後の企業とのやり取りや選考の日程調整なども、自分1人で転職活動しているときは全て自分で行わなければなりません。

在籍しながら転職活動をしている人であれば、時間的な余裕はなくなり精神的な負担も大きくなります。

転職エージェントを利用すれば、企業との連絡・面接などの日程調整なども代行してくれるため、余裕を持って転職活動に臨めます

もちろん頼り切りになるのは良くないですが、自身の転職活動を支えてくれる存在がいることは大きな助けになります。

それ以外にも、内定が出た後は入社に関する条件交渉も代行してくれます。

転職のプロである転職エージェントが条件交渉をすることで、自身が希望する条件に近づくので、転職の成功確率が上がりやすくなります。

転職に失敗せず満足いく内定先を獲得しよう!

転職に失敗する傾向と成功させるポイント

  • 転職に失敗する人には共通点がある
  • 失敗する原因を把握・分析する必要がある
  • 転職の目的を明確にし、条件の妥協点を決める
  • 成功率を上げるためには転職エージェントを使うのがおすすめ

転職に失敗する人には共通点があるので、自身に該当するポイントはないか振り返ってみることが大切です。

重要なことは、なぜ失敗するのか原因を分析・理解し、次の機会に活かすことです。

もし就職・転職に失敗したという実感があれば、自身の行動や考え方を思い出して整理する必要があります。

転職に失敗する要因を把握し改善策を考えれば、自身の希望を叶えた転職を実現できるでしょう。

1人で転職活動するのが不安な場合は、転職エージェントを活用してサポートしてもらうのがおすすめです。

転職を成功させるポイントを押さえて、満足いく内定先を獲得できるように行動してみてください。