シェア
  • Twitter
カテゴリー

厳選!転職エージェントのハタラクティブで担当者に自分を高く売り込むポイント

「60,000人以上のカウンセリング実績を誇る」このような話題があがるほどハタラクティブは、人気の高い転職エージェントサービスです。新しいキャリアを築くために利用を検討する方も少なくありません。

とはいえ、上手に活用できるか不安になる人も多いですよね。とくに担当者へのアピール方法が分からず、なかなか行動できない方もいるはずです。

そこで今回は「厳選!転職エージェントのハタラクティブで担当者に自分を高く売り込むポイント」をご紹介します。10分程度で読めるうえに、すぐに実践できる内容ばかりです。ぜひ参考にしてみてください。

担当者に売り込む前に!ハタラクティブの3つの特徴をおさえよう

担当者に自分を売り込む前に、ハタラクティブの特徴をつかみましょう。サービス内容を理解すれば、より効率よく転職エージェントの力を借りられます。

ハタラクティブの特徴は次の3つです。

ハタラクティブの3つの特徴

  • 本当に「未経験OK」の仕事を多数紹介
  • 専任のアドバイザーのサポートが1対1で受けられる
  • 「人柄重視」の選考が多い

それぞれの内容をわかりやすく説明しますね。

本当に「未経験OK」の仕事を多数紹介

ハタラクティブでは「未経験OK」の求人の紹介に力を入れています。「実は正社員経験が必要だった」といった心配がありません。

全くの未経験者でも興味のある職種に挑戦できるのが特徴です。業務経験の有無にかぎらず好きな仕事に就ける可能性があるのは、大きなメリットといえます。キャリアの幅を広げたい人にはぴったりです。

実際に正社員経験がない未経験の状態から、ハタラクティブを使って就職した人は利用者全体の2/3。60%以上の人が新しい分野への就職に成功しています。

採用企業も多岐にわたり、業界もさまざまです。IT・通信系やメーカーをはじめに、建築やサービス系まで多くの企業への採用実績があります。

今までのキャリアに縛られず「興味のある業界に就職したい」といった求職者の声に応えたサービスです。

専任のアドバイザーのサポートが1対1で受けられる

ハタラクティブでは専任のアドバイザーのサポートが「マンツーマン」で受けられるのも特徴の1つ。1人1人に担当者がつき、転職を成功させるための手助けを行います。

登録してから内定がでるまで担当するので、自分に合ったサービスが期待できるのが魅力です。まず希望の条件にマッチした求人を紹介してもらえます。職種や年収など自分の希望に合った企業を提案してもらえるはずです。

「やりたいことが分からない」といった方も心配ありません。専任アドバイザーがヒアリングを行い、求職者に向いている仕事を考えてもらえますよ。

選考でのアピール方法が分からず不安な方も大丈夫です。職務履歴書の書き方から面接での回答方法など、専任アドバイザーがていねいにレクチャーします。

転職活動の最初から最後まで一貫したサポートが期待できるのが、ハタラクティブの担当者の特徴です。

「人柄重視」の選考が多い

ハタラクティブでは「人柄」を重視した選考を行う企業を多く紹介しています。「未経験OK」の求人に注力している影響もあり、特別なスキルは求められないケースも少なくありません。

知識や経験の有無よりは、人間として魅力的な人を評価する企業の会社が多いです。業務経験がない業界に挑戦し、新しいキャリアを築きたい人に向いています。

前向きな姿勢や熱意が伝えるのが選考を勝ち残るカギとなるでしょう。なかでも面接には特に力をいれるのがおすすめです。

採用担当者と顔をあわせたときの印象が、選考結果を大きく左右する場合もありますからね。担当者と事前に練習しておくと、当日に安心してのぞめます。

第一印象を決める!ハタラクティブの面談で売り込む3つのポイント

ハタラクティブでは登録すると担当者との面談があります。自分を売りこむ最初のチャンスです。魅力的にアピールするために、次の3つを心がけましょう。

第一印象を決める!ハタラクティブの面談で売り込む3つのポイント

  • 時間短縮につながる!希望職種や条件は事前に伝えよう
  • 本気度を伝えるのが大切!履歴書と職務経歴書を用意しよう
  • 担当者のやる気を上げる!転職志望度の高さをアピールしよう

それぞれのポイントについて、分かりやすく説明しますね。

時間短縮につながる!希望職種や条件は事前に伝えよう

面談にのぞむ前に、事前に希望職種や条件を担当者に伝えておくのがベストです。当日から自分にマッチした求人を紹介してもらえる可能性があります。

時間短縮にもつながり担当者からの評価もアップします。ハタラクティブのアドバイザーは忙しいですからね。自分以外の登録者の対応に追われているケースも少なくありません。

先回りして希望の条件を伝えておくと、担当者も時間を有効的に使えます。要望は登録フォーム内の「備考欄」に記入するか、アドバイザーから届くメールに返信する際に伝えるのが良いでしょう。

くわしく相談したい場合は直接電話するのも1つの手です。自分の口で希望を伝えると、担当者にも熱意が伝わりやすいですからね。

本気度を伝えるのが大切!履歴書と職務経歴書を用意しよう

履歴書と職務経歴書は事前に郵送するのがおすすめです。面談前に自分の人間性やキャリアを担当者に確認してもらえます。自分にマッチした求人を用意してもらえるケースも少なくありません。

転職活動をスムーズに行うためにも有効的な方法の1つ。書類を先に送ると本気度も伝わります。やる気に溢れた登録者であれば、担当者のモチベーションも自然と上がるはずです。

サポートする立場として応援したくなりますからね。担当者のやる気を引き出すためにも、履歴書と職務経歴書は事前に用意するのがおすすめです。

担当者のやる気を上げる!転職志望度の高さをアピールしよう

担当者に自分をアピールするときは、転職志望度の高さを伝えましょう。ハタラクティブのエージェントはやる気のある登録者には真摯に対応します。

一方で転職意欲が低い人には、対応が後回しとなる可能性もゼロではありません。担当者にとっては「登録者の転職を成功させること」が仕事の目的であり、成績に直結するからです。

転職意欲の低い人に時間を割いても、行動しない可能性がありますからね。手厚いサポートを受けるためにも、熱意をもって強い意思をアピールするのが成功の秘訣といえます。

積極性が大切!ハタラクティブの選考対策で売り込む3つのポイント

ハタラクティブは担当者との面談を終えると、求人が紹介され選考対策を受けられます。具体的なアドバイスがもらえる一方で、担当者にアピールする絶好の機会です。自分を売り込みたい人は、次の3つを心がけましょう。

積極性が大切!ハタラクティブの選考対策で売り込む3つのポイント

  • 不安点があればすぐ相談!担当者の書類添削を活用しよう
  • プロのアドバイスが受けられる!面接対策を存分に行おう
  • 面接後も気を抜かない!フィードバックから学ぼう

それぞれの内容について、わかりやすく説明しますね。

不安点があればすぐ相談!担当者の書類添削を活用しよう

書類添削は積極的に活用しましょう。ていねいなフィードバックを担当者から受けられます。分かりやすい言い回しやから魅力的に伝わる表現方法まで、アドバイスがもらえるはずですよ。

指摘された内容を修正するだけで、驚くほど魅力的な文章になる場合も少なくありません。ハタラクティブの担当者は何人もの登録者の転職を成功させたプロのアドバイザーです。

フォードバックを素直に受け止めるのが、スムーズに転職をすすめる秘訣といえます。積極的にサポートを利用すれば、担当者からの評価もあがる可能性があります。

転職意欲の高さが伝わるからです。何度も書類をチェックし修正する登録者は「やる気がある」と判断できますからね。担当者も熱意に心をうたれ、力になりたいと思うでしょう。

また頻繁に書類添削を行うことで、より自分自身を知ってもらえる可能性があります。接する時間が長くなり、コミュニケーション量も増えますからね。

今まで気づけなった自分自身の魅力を見つけてもらえるケースも多いです。結果的に自己PRの内容がより充実するケースも珍しくありません。担当者に自分を理解してもらうことで、質の高い選考対策を行えますよ。

プロのアドバイスが受けられる!面接対策を存分に行おう

ハタラクティブの担当者にアピールする場合は、面接対策も存分に行いましょう。書類添削と同様に意欲の高さをアピールできるからです。

積極的にサポートを希望する登録者は魅力的に見えますからね。とくに自分に注力して対応してもらえる可能性があります。

ハタラクティブの面接対策は登録者によって同じではありません。1人1人に合ったサポートを行うからです。マンツーマンで会話を重ねるうえで、それぞれに必要なアドバイスをします。

論理的に話すのが苦手な人であれば「話が伝わりやすくなる方法」を教えてもらえるでしょう。会社の事業内容が難しければ、一緒に企業研究を行ってもらえる場合も少なくありません。

転職を成功させるためには、大きな助けとなるはずです。とはいえ「自分が分からないこと」を伝えなければ、担当者もサポートできません。

少しでも疑問点や不安が浮かんだら、すぐに相談するのがおすすめです。自分に合ったサポートを用意してもらえることでしょう。

面接後も気を抜かない!フィードバックから学ぼう

本番の面接が終わったあとは、企業や担当者からフィードバックがもらえる場合があります。「自分に何が足りないか」を把握するチャンスです。

アドバイスを受け入れ、次回の選考に活かすのが良いでしょう。フィードバックを素直に聞き入れる人は、担当者からも評価があがりやすいです。

転職に対する前向きな姿勢が伝わりますからね。より一層、登録者の力になりたいと思うでしょう。手厚いサポートを受けるためにも、担当者の意見は聞き入れ実行するのがおすすめです。

担当者との信頼関係が築けていれば、選考先に企業にアピールしてもらえるケースも少なくありません。面接でうまく自分を売り込めなくても、代わりに魅力を伝えてもらえます。

人事からの評価が代わり、採用に近づく可能性もあるでしょう。とはいえ担当者にアピールしてもらうためには、日常的に自分を魅力的にみせる必要があります。

担当者も登録者自身の魅力が分からなければ、アピールもできませんからね。日ごろから積極的にコミュニケーションをとり、信頼を得るのがスムーズに転職を行うコツですよ。

ハタラクティブの担当者に売り込む際の3つの注意点

ハタラクティブの担当者に自分を売り込む際は、注意すべき点もあります。一歩間違えれば、自分の印象を悪くしてしまう恐れもゼロではありません。具体的には次の3つに気をつけましょう。

ハタラクティブの担当者に売り込む際の3つの注意点

  • 嘘はNG!包み隠さす本音で話そう
  • 軽い気持ちで相談しない!転職意欲の高さを伝えよう
  • 電話やメールも判断される!日常的に真摯な対応を心がけよう

それぞれの注意点について、わかりやすく説明しますね。

嘘はNG!包み隠さす本音で話そう

ハタラクティブの担当者にはすべて本音で話すようにしましょう。嘘をつくと自分の希望にマッチした企業を紹介してもらえない恐れがあるからです。

担当者は登録者が話す内容をもとに求人を探します。間違った経歴や条件を伝えると、誤った情報にもとづいた会社を提案されるかもしれません。

登録者にとっても担当者にとっても、時間を無駄にしてしまいますよね。嘘の経歴を伝えると、企業間の信頼関係も崩れるリスクもあります。

担当者は登録者の情報をもとに、選考先の企業に提案するからです。間違った経歴を伝えると、担当者も企業に誤った情報を提供してしまいます。

担当者への嘘が発覚すると、自分への信頼度も下がりかねません。評価も悪くなり、担当者のモチベーションが引き出すのが難しくなる可能性があります。

結果的に転職の成功から遠ざかる恐れがあるので、嘘をつかず本音で話すのが良いですよ。

軽い気持ちで相談しない!転職意欲の高さを伝えよう

軽い気持ちで相談するのは避けるのがベストです。転職意欲が低いと判断される可能性があります。すぐに就職したいと考えていないとみなされると、求人紹介の優先度が下がりかねません。

意欲の高い他の登録者に、担当者が注力してしまう恐れも考えられます。短期間で転職を成功させたいなら「すぐに転職したい」といった意思を伝えるが良いでしょう。

マッチした企業が見つかれば、就職を希望する旨を担当者にアピールするのが大切ですよ。

他の転職エージェントも利用している場合も、正直に言うのをおすすめします。優先的に対応してもらえる可能性があるからです。他社に先をこされてしまうと、会社の売上が下がります。

転職エージェントの利益は、採用先の企業からの紹介料がメインですからね。担当者個人の成績のためにも、自社で転職してもらうべくサポートに注力するはずです。

エージェントのやる気を出させるためにも、他社を利用している旨を伝えるのは有効です。とはいえ、他のサービスを中心に使っていると伝えれば、担当者のモチベーションが下がりかねません。

あくまで「ハタラクティブで転職活動を行う」前提でコミュニケーションとるのが良いでしょう。

電話やメールも判断される!日常的に真摯な対応を心がけよう

担当者に自分を売り込むチャンスは選考中だけではありません。日常的な対応でも、小さな心遣いが自分の印象を左右します。とくに担当者との連絡はアピールする絶好の機会です。

電話中でもていねいな言葉遣いや、誠実な対応をするだけで担当者からの評価はあがります。真摯な印象を与えられ、より魅力的にみえるはずです。

メールを送る際も正しい文法を使い、簡潔に内容が伝わるように心がけましょう。担当者が忙しい場合もストレスなく仕事がすすめられます。

日常的なビジネスマナーが身についている人は、担当者も企業にアピールしやすいです。具体的なエピソードをそえて登録者を売り込めますからね。

本当に魅力的な人材と判断されれば、選考先の人事にも積極的に紹介してもらえるかもしれません。担当者との信頼関係は、日々の小さな気遣いの積み重ねが大きく影響します。高評価を得るためにも、普段の対応にも気を配りましょう。

信頼関係が成功の秘訣!ラクティブの担当者と転職を乗りきろう

今回は「厳選!転職エージェントのハタラクティブで担当者に自分を高く売り込むポイント」をご紹介しました。具体的な内容は次のとおりです。

担当者に売り込む前に!ハタラクティブの3つの特徴をおさえよう

  • 本当に「未経験OK」の仕事を多数紹介
  • 専任のアドバイザーのサポートが1対1で受けられる
  • 「人柄重視」の選考が多い

第一印象を決める!ハタラクティブの面談で売り込む3つのポイント

  • 時間短縮につながる!希望職種や条件は事前に伝えよう
  • 本気度を伝えるのが大切!履歴書と職務経歴書を用意しよう
  • 担当者のやる気を上げる!転職志望度の高さをアピールしよう

積極性が大切!ハタラクティブの選考対策で売り込む3つのポイント

  • 時間短縮につながる!希望職種や条件は事前に伝えよう
  • 本気度を伝えるのが大切!履歴書と職務経歴書を用意しよう
  • 担当者のやる気を上げる!転職志望度の高さをアピールしよう

ハタラクティブの担当者に売り込む際の3つの注意点

  • 嘘はNG!包み隠さす本音で話そう
  • 軽い気持ちで相談しない!転職意欲の高さを伝えよう
  • 電話やメールも判断される!日常的に真摯な対応を心がけよう

ハタラクティブで転職を成功させるためには、担当者と信頼関係を築くのが必要不可欠です。コミュニケーションをとりながら、サポートを上手に活用しましょう。

履歴書の添削から面接対策まで、ていねいなサポートが受けられます。担当者に積極的に相談すれば、転職意欲の高さも伝わりますからね。

エージェントのやる気も引き出され、より充実したサポートが受けられるはずですよ。自分を魅力的に売り込み、希望の企業に就職しましょう。

記事をもっと見る