シェア
  • Twitter
カテゴリー

अन्तर्वार्ता दिने प्रभावकारी तरिका 日本の企業は“ここ”を見ている!これで完璧!面接のポイントをご紹介!

日本で仕事を探している、これから仕事を探す予定のネパール人の皆さん、就職をする際には必ず対面での面接があります。

日本企業の面接は日本独特のマナーがあります。

そこで今回は、日本で面接を受ける際のポイントや、面接で最も重要な要素をご紹介します。

そもそも面接をする意味は?


企業やお店の担当からすれば、面接は履歴書や職務経歴書ではわからない応募者の雰囲気や人となりを確認するために重要な要素です。

インターネットやスマートフォンなど、便利な世の中にはなりましたが、やはり直接顔を合わせて話すことはコンピューターでできることではありません。

これから一緒に仕事をする人を決める重要な面接、それではこの面接に応募者はどのように挑めばよいのでしょうか。

①まずは身だしなみをチェック!


日本では、第一印象は「見た目」が9割ともいわれています。

身だしなみで重要な点はズバリ「清潔感」です。

面接官によって見方や受け取り方が異なるため、シンプルでスタンダードなスタイルがオススメです。

・特に企業を受ける際は、私服を避け、服装の指示(クールビズなど)が無い場合は、基本的にはスーツです。

・男性は黒・ネイビー・グレーなどのダークカラー、女性はそれに加えてベージュや薄いピンクの服装を選ぶと良い、男女とも明るい髪色は避けるべき。

・20代は「フレッシュさ+新卒との違い」、30代は「落ち着いた雰囲気+20代との違い」、40代は「老けて見えないような明るさ」、50代は「清潔感」など、年代によってみだしなみのポイントが変わってくる点も注意してみてください。

・面接官が会場に入ってきた際には立って挨拶する、など印象は変わります。

相手の目を見てハキハキと話すだけでも、高評価がもらえるケースもあり、そういった細かい気遣いも面接官は見ています。

上記のことを意識して面接に挑むだけで印象は変わってくるはずです。早速実践してみましょう。

②必ず聞かれる「志望動機」事前に考えていきましょう

面接で必ずと言っていいほど聞かれるのは「志望動機」です。

事前に考えて本番でしっかりと言えるようにしておきましょう。

志望動機は企業の強みや、業界への知識が問われます。

相手はその業界のプロ、下調べをしっかりしておかないと知識量を見透かれてしまいます。

ただ、説得力のある内容を考えるのはなかなか難しい質問ですよね。

面接で志望動機を聞かれた際には、次の2点を意識して答えることが重要です。

志望動機のポイント①「自分の将来展望」と「業界や会社への思い」への考え方はセットで答える
志望動機を答える際は、「自分の将来展望」と「業界や会社への思い」をセットで答えるようにしましょう。

「自分の将来展望」には、具体的には以下のような内容が含まれます。

・入社した後にチャレンジしていきたいこと
・取引先や顧客とどのような関係性を築いていきたいか
・5年後、10年後にどんな目標を達成したいか など

このように、「自分の入社後の姿」や「今後の目標」といった部分は「自分の将来展望」に関する話題となります。

一方、「業界や会社への思い」として挙げられるのは以下のような内容です。

・なぜこの業界で働くことを選んだのか
・その会社のどの部分に魅力を感じたのか
・その会社の扱う商品・サービスは、他の会社と何が違うのか など

上記のように、「その業界で働こうと思ったきっかけ」や「会社に魅力を感じた部分」などの部分は「業界や会社への思い」に含まれます。

この両方の要素が含まれていなければ、志望動機としては不十分です。

志望動機のポイント②自分が入社することで会社に貢献できるのか?が重要
魅力的な志望動機をつくるためには、「自分が入社することで会社にどう貢献できるのか?」を良く考えることが重要です。

また、「採用した場合、うちの会社にどんな部分で貢献してくれるのか」という部分も非常に重要な要素です。「自分の強み」と「入社後の仕事内容」にズレがないかどうかを確認しながら考えましょう。

「入社後に自分はどんな仕事をやるのか」といった部分もよく確認しながら、自分が貢献できる部分について志望動機に盛り込んでいきましょう。

他にもこんなこともチェック!

後ろ向きの理由は印象マイナス!転職理由はポジティブに!
退職理由を伝えるときは、ポジティブに伝えるのが大切です。実際の退職理由が後ろ向きの内容であったとしても、面接の際は前向きに伝えましょう。同じ理由でも言い方を変えるだけで、採用担当者の受ける印象が変わるからです。

例えば、退職理由が「人間関係でストレスを感じたから」だとしましょう。ストレートに伝えると「自社の人間ともマッチしなければ辞める可能性がある」と採用担当者に判断されかねません。高評価を得るためには「チームでコミュニケーションをとりながら、一致団結して働きたい」と言い換えるのも1つの方法です。前向きな姿勢が感じられて、採用担当者の印象も良くなります。

ポジティブな言葉選びを心がけるだけで、選考通過の確率があがります。

面接はコミュニケーション!「傾聴力」を大切にしよう

面接では自分が話すだけではなく、「傾聴力」を意識することも大切です。

選考といえども会話であることには変わりません。採用担当者の話に耳を傾けるだけで、評価が大きく変わる可能性もあります。

自分の話に興味がない素振りをする人より、関心をもって聞く方の方が印象も良いですよね。

採用担当者の話を聞くと、多くのメリットが得られます。

最も大きな利点は「質問の意図」を汲みやすくなること。

質問の背景や本質がわかり、採用担当者が求めている回答ができる可能性があります。

面接官の話を理解せず、的外れな会話をする心配がありません。

的確な受け答えができると、コミュニケーション能力が高いと判断される場合もあります。

さまざまな人と関わる仕事であれば、なおさら評価があがるかもしれません。

仕事で活躍するイメージがはっきりと湧きますからね。即戦力として扱われる可能性もあります。

まずは会話を楽しむ気持ちで、相手の話を聞くのを心がけましょう。

採用担当者はどこを見ている?その答えはやはり「●●●」

大手採用サイトdodaの調べによると、最も重視するポイントはやはり「第一印象」でした。

「技術系(メディカル/化学/食品/化粧品)」だけは2位となりましたが、それ以外の職種は回答率1位。

法人顧客や個人顧客と直接やり取りをする「営業系」「販売/サービス系」はその割合が30%前後と高く、「第一印象」が特に重視されていることが分かります。

意外にも「技術系(建築/土木)」も「第一印象」の回答率が高く、1位になっています。

現場の作業員やゼネコンなど、社外とのやり取りが多いことや、経験や資格が重視される職種ということで、書類選考の時点である程度は判断されており、面接では人物面が評価されていると言えそうです。

「受け答えの仕方」もすべての職種で上位に。見た目での「第一印象」だけでなく、真摯に受け答えをしているか、横柄な態度を取っていないかという点が評価されているようです。

このほか「営業系」は「誠実さ・素直さ」「身だしなみ」、「企画/管理系」は「論理的思考力」、「技術系(IT・通信)」は「第一印象」と並ぶぐらいの比率。

「スキル」「経験」が、「販売/サービス系」は「第一印象」に続いて「受け答えの仕方」「身だしなみ」、「金融系専門職」は9職種中、唯一「仕事の成果」がランクインするなど、職種の特徴が表れる結果となりました。

面接への準備をしっかりとして本番に挑みましょう。

このように第一印象は最も大事な要素、身だしなみ、話し方、人となりなど、ファーストインプレションですべてが決まる、と言っても過言ではありません。

面接の際は第一印象に好感をもってもらうため、今回上げた一例を参考にしてみてください。

何事も準備が重要です。

企業の傾向や志望動機など考えうる限り研究をして本番で堂々と自己PRをしたいところです。ぜひ参考にしてみてください。

記事をもっと見る