インテリアコーディネーターになるには?気になる仕事内容と資格

住空間をトータルコーディネートしていく、「インテリアコーディネーター」。昔から人気の高いお仕事です。

この記事ではそんな住空間の専門家、インテリアコーディネーターの仕事内容や資格について、詳しく解説していきます。

また実際の仕事として考える際に気になる年収、また将来フリーで活躍できるかについても、本音で迫っていきます。

インテリアコーディネーターとは

まずはインテリアコーディネーターの仕事内容について、詳しく解説していきましょう。

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターは、「どんな暮らしをしたいか」「住みたいのはこんな感じの部屋」というお客さまの漠然とした要望やイメージを、インテリアのプロとして最適な形へトータルコーディネートするお仕事です。

そのためにインテリアや住宅に関する幅広い知識を有し、センスを磨き流行も常に捉えておく必要があります。

またプランニングをおこなうための技術やプレゼンテーション力も身に着けた、まさに内装のプロフェッショナルといえます。

一般住宅ではなく、店舗やオフィスを中心に手掛けるインテリアコーディネーターも多く、それぞれにやりがいを持った働き方をしています。

インテリアコーディネーターの活躍場所

インテリアコーディネーターが実際に活躍する場所について、主なものをピックアップしてみましょう。

  • ハウスメーカー
  • リフォーム専門店
  • 照明、建材、住宅機器などの設備メーカー
  • 家具メーカー
  • インテリアショップ
  • マンション販売、不動産会社
  • 設計、デザイン事務所

この中で、ハウスメーカーがもっとも多い勤務先です。

また新築からリフォーム重視へという流れがありますので、リフォーム専門店の増加はもちろん、メーカー系でもリフォーム寄りの仕事が増えています。

実際の勤務場所としては、お客さまと直に接するショールームが多くなります。

インテリアコーディネーターの仕事の流れ

インテリアコーディネーターの基本的な仕事の流れは、次のようになります。

ヒアリング

お客さまの希望や理想とするライフスタイルとともに、家族構成や予算など現実的な情報についてもきちんと引き出して、把握していきます。

プランニング

ヒアリングをもとに、実際の間取りに対するお部屋全体のイメージを作りあげます。壁紙や床材、照明や家具なども使い具体的にしていきます。

商品の選択

全体的なプランニングから、内装材や各種設備、照明や家具など具体的な商品を選んでいきます。

プレゼンテーション

さまざまなカタログや資料、サンプル素材を用いてプレゼンボードを作成し、お客さまへ提案をおこないます。

見積もり、契約

見積もりを提示し、お客さまの承認を得たら契約へと移ります。

商品や素材の発注、納品

ショップやメーカーに発注し、現場でのセッティングまでを最終確認のうえ納品します。

住宅は、お客さまが長期にわたり付き合っていく空間です。ですからこの後のアフターフォローも、とても大切です。

お客さまの要望はもちろん、どういった勤務先かによっても仕事の流れは変わります。たとえば商品選びの際に、お客さまと一緒にショールームに同行することもあります。

あるいは実際の建築現場で、職人さんと意見交換をするといったことが大いに必要とされる職場もあります。

インテリアコーディネーターになるためには?

インテリアコーディネーターは専門職ですから、住宅や建築に関する幅広い知識が必要とされます。

新卒の場合は入社後の研修で覚えていくというケースも多いですが、住宅関連の学部や専門学校で学んだ人は、一日の長があるといえるでしょう。

未経験で転職をする場合には、こうした知識や技術を学んでいる方が有利です。

インテリアコーディネーター資格がなければこの職業に就けないというわけではありませんが、学んだことや実技能力の証明になるので取得している方が有利です。

同じくらいの評価で1名募集の枠に2名最終候補者がいる場合では、資格の有無で決定されることも少なくありません。

資格

インテリアコーディネーターに興味を持つ人は必ず気になる、資格試験について解説していきましょう。

インテリアコーディネーター資格

インテリアコーディネーター資格は、公益社団法人インテリア産業協会による民間資格です。

国家資格ではありませんから、仕事をするうえで必須ではありません。

ただし豊富なインテリア商品の種類から建築、人間工学など幅広い内容が出題される学科の一次試験、論文と図面作成の実技を含むプレゼンテーションの二次試験はとても有意義な学びです。

これらを体系立てて学ぶことでトータルな能力を身に着け、それを証明できる価値のある資格といえます。

受験にあたり年齢や実務経験は問われませんので、幅広く開かれた試験というのも魅力です。年一回の実施で、最近の合格率は22~24%の間で推移しています。

インテリアコーディネーターに関連する資格

インテリア産業協会が実施するもう一つの資格試験に、キッチンスペシャリストがあります。

こちらはインテリアの中で、新築やリフォームの際に特にいろいろな希望が出る、キッチンに特化した資格です。やはり学科と実技による試験で、年一回の実施となっています。

最近の合格率は36%前後、高い時には40%を超えることもあります。インテリアコーディネーター試験と分野が重なり、かつ範囲が狭まるので併願して受験する人も多くいます。

さらに有利になる資格

インテリアコーディネーターは幅広い知識が必要なので、取得しておくと業務に役立つ資格が他にもいろいろあります。主なものをピックアップしましょう。

  • 色彩能力検定
  • 福祉住環境コーディネーター
  • マンションリフォームマネージャー
  • 照明コンサルタント
  • 建築士
  • 宅建

建築関連の資格が多いなか、色彩能力検定は以前からインテリアコーディネーターと相性のいいデザイン系の資格試験として知られています。

お部屋をトータルにプランニングして、お客さまへ納得感のあるプレゼンをするためには、色の基礎知識を習得しておくと有利です。

またここでは紹介していませんが、より設計寄りの仕事をしたい場合にはインテリアプランナーという資格もあります。

インテリアコーディネーターについてもっと知りたい、気になるところ

ここまでインテリアコーディネーターの一般的な知識を解説してきました。
最後に実際の仕事をするうえでいろいろと気になることについて、本音に踏み込んで紹介していきましょう。

インテリアコーディネーターの大変なことは?

前提として、インテリアコーディネーターは人と接する仕事です。

ただデザインやプランニングが好き、というだけでは現実とのギャップに苦しむことになります。

お客さまとは日々接していきます。中には合わないお客様さまもいるでしょう。

また現場に足を運べば、基本的には男社会です。しかも職人さんの仕事場ですから、その雰囲気に馴染めないと厳しく感じるかもしれません。

勤務面でも、土日が出勤で平日が休みという就業形態が多い職種です。

休みは絶対に土日、という人はこういった面でも合わないでしょう。

また私があるインテリアコーディネーターさんに聞いた話だと、仕事は好きだけど忙しすぎて体がついていかない、というのがありました。

接客をしてプランニング、商品の手配や現場のチェック・・・インテリアコーディネーターはやりがいもありますが、なかなかの重労働なのです。

インテリアコーディネーターの年収は?

インテリアコーディネーターの平均年収は、30代の一番働き盛りでだいたい300万円前後とされます。

もちろん地域差があって、大阪や愛知だと地方に比べて60~70万円前後、東京だとさらに100万円近く上乗せになるのが相場です。

また企業規模によっても違います。大手だと400万円以上、中小だと300万円台というのがおおよその相場感です。

ただしインテリアコーディネーターは接客業ですから、成績や評価によっても年収に大きな違いが出ます。

さらに大きく稼ぎたいという場合には、フリーランスで1,000万円以上を目指すことができる職種というのも魅力です。

インテリアコーディネーターは未経験でもなれる?

幅広い知識や専門性が高い仕事内容から、「未経験でインテリアコーディネーターになれるの?」という疑問を多くの方が持つはずです。

結論でいうと、未経験からインテリアコーディネーターになることは可能です。

実際に私は、多くの人が未経験からインテリアコーディネーターの仕事に就く姿を見てきました。

もちろんそのためには、専門の知識や技術を身につける、さらに資格を取得するといった努力が必要です。

しかしそれ以上に大切なのが、「やる気」「熱意」です。

これらは知識や資格よりも評価されることが多く、逆に経験者や有資格者であっても、これらが伝わらないと不採用になってしまいがちです。

インテリアコーディネーターの求人をご覧いただくと、「未経験者可」という文字がついたものも多く出てきます。

やりたい気持ちが強いなら、まずはチャレンジできるよう自分を高めていきましょう。

インテリアコーディネーターは在宅でもできる?

インテリアコーディネーターは将来的にフリーランス、在宅で活躍できる職種の一つです。

インテリア産業協会のWebサイトにも、「個人のインテリアコーディネーターを探す」という検索サービスがあります。

他のフリーランスと同じですが、インテリアコーディネーターも個人で活動したい場合は実力を高めることはもちろん、仕事を継続的に取れるようにしておくことが大切です。

フリーランスは年収1,000万円を超える場合もあれば、200万にも満たないといったこともあります。

以前の勤務先、あるいは仕事を得ることができるネットワークなど、フリーランスを考える方は将来を見据えた活動を、ふだんから心掛けるようにしておくといいでしょう。

インテリアコーディネーターはお客さまのニーズに合わせた住まいのプランナー

最後に、この記事のポイントをまとめておきましょう。

  • インテリアコーディネーターとは、お客さまの住宅や暮らしに関する要望や理想をよく聞き、それを具体的にプランニングしていく仕事。
  • プランニングに加え発注や納品の管理、アフターフォローといったより実務的な仕事も含んでいる。
  • もっとも多いハウスメーカーのショールームを中心に、さまざまな勤務先がある。
  • 資格は必須ではないが、自身の知識や技術の証明として取得しておくと有利。
  • 色彩検定など、関連する資格も多くある。
  • 数多くの人との関りや忙しさなど、大変な面もあり。反面フリーで活躍できる可能性があるなど、夢が大きく広がる職種。
  • 未経験からの転職も可。もっとも大切なのは経験や資格よりもやる気と熱意。

この記事を通して、インテリアコーディネーターへの漠然とした憧れが目標に変わるお手伝いができたなら幸いです。