転職サイト|20代・第二新卒のためのマイナビジョブ20’s100%活用ガイド

新卒で入社した会社が、なんとなく合わないなぁと感じている20代の方はいらっしゃいませんか。

20代はその後のキャリアを築くための重要な時期です。また、学校を卒業してから数年は第二新卒と呼ばれ、比較的転職のしやすい時期になっています。

新卒で入社した会社が、なんとなく合わないなぁと感じている20代の方は、この時期に改めてキャリアを考え直しても良いかもしれません。

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒に特化した転職支援サービスです。20代・第二新卒の転職に詳しいキャリアアドバイザーが、不慣れな転職を全般にわたってサポートしてくれます。

この記事ではこのマイナビジョブ20’sを100%活用する方法をご紹介します。20代・第二新卒で転職をお考えの方は、参考にしてみてください。

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒向けの転職エージェントサービス

マイナビジョブ20’sの母体はマイナビです。

学生向けの就職情報だけでなく、転職やアルバイト、人材派遣サービスなどを運営する、総合人材企業となるのがマイナビであり、マイナビジョブ20’sグループ全体のノウハウを土台としています。

マイナビジョブ20’sがどんな転職サービスなのか、さっそく確認していきましょう。

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒向けの転職エージェントサービス

マイナビジョブ20’sは、マイナビ転職やマイナビエージェントなど、多くの転職支援サービスを展開している、転職業界大手のマイナビが運営しているサービスです。

マイナビはさまざまな転職サービスを運営していますが、マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒を対象とする転職支援サービスです。次のような若手社会人におすすめです。

マイナビジョブ20’sにおすすめの人

  • 転職のやり方がよくわからない
  • キャリアがまだ浅く、書類や面接でのアピールの仕方がわからない
  • 未経験の職種・業種に転職したい

また、マイナビジョブ20’sは転職サイトではなく、転職エージェント型のサービスになります。

転職サイトでは自分で求人を探して応募するような形になりますが、マイナビジョブ20’sでは担当のキャリアアドバイザーが転職全般をサポートしてくれます。在職中で転職活動に時間が割きにくいという人にもおすすめです。

マイナビジョブ20’sの関連サービス

マイナビジョブ20’sには以下の関連サービスがありますので、紹介していきます。

マイナビジョブ20’sの関連サービス

  1. マイナビジョブ20’s アドバンス
  2. マイナビジョブ20’s Tech Career

マイナビジョブ20’s アドバンス

マイナビジョブ20’s アドバンスは、既卒向けのサービスです。

第二新卒が就業経験のある人材に対し、既卒とは大学・大学院・短期大学・専門学校などを卒業後、就業経験がない方をいいます。

採用市場において、既卒と第二新卒では扱いが異なることがあるため、このような別サービスに分かれています。

マイナビジョブ20’s Tech Career

マイナビジョブ20’s Tech Careerは、エンジニア向けのサービスです。

こちらはエンジニア職種を志望する20代向けに特化しています。

一口に20代の若手人材の転職サービスといっても、きめ細かく分かれていることがわかります。ご自身の状況や志望業界に合ったサービスを利用するようにしましょう。

未経験OK、非公開の求人が多いのがマイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sにはいくつかの特徴があります。特徴を以下の3つにしぼってご紹介します。

マイナビジョブ20’sの3つの特徴

  1. 未経験OKの求人が多い
  2. 非公開の求人が多い
  3. キャリアアドバイザーが転職活動全般をサポート

未経験OKの求人が多い

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒向けに特化したサービスです。そのため、公開求人の数は2019年10月現在で約2300件と少なめです。しかし、職種・業種未経験OKの求人の割合が豊富になっています。

実際に職種未経験OKと業種未経験OKの条件にチェックを入れて公開求人を検索したところ、約1,400件の求人がありました。

公開求人約2,300件のうち、60%以上が職種・業種未経験OKの求人ということになります。

また、マイナビジョブ20’sでは求人の職種が14種、業種が12種と幅広くなっています。未経験の業界・業種を志望されている方には、転職のチャンスが広がっているといえるでしょう。

非公開の求人も多い

マイナビジョブ20’sでは、検索可能な公開求人以外に非公開求人もあります。

一般的に、求人全体の8割程度が非公開求人であると言われています。

マイナビジョブ20’sのサイトから閲覧できる求人が約2,300件であることから、単純に計算しても非公開求人は1,000件以上ある可能性もあります。

マイナビエージェントでは、非公開求人のメリットを以下のように説明しています。

メリット1.大手企業や有名企業の案件がある
メリット2.より自分にマッチした求人を見つけやすい

大手企業の急な異動や退職による欠員補充の場合は即時性が求められる求人のため、転職サイトでアクションを待つのではなく転職エージェントへの依頼となるようです。

また、非公開求人の場合は、絞り込んだ募集の場合が多く、自分の希望や経験に応じた求人に出会える確率が高くなるというわけです。

この非公開求人は、マイナビジョブ20’sに登録し、キャリアアドバイザーと面談をしてはじめて紹介を受けることができます。

キャリアアドバイザーが転職活動全般をサポート

マイナビジョブ20’sは転職エージェント型のサービスです。転職活動の全てを自力でやる必要はなく、20代・第二新卒の転職を熟知したキャリアアドバイザーが、転職全般をサポートしてくれます。

具体的なサポート内容は以下のとおりです。

キャリアアドバイザーのサポート内容

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介(公開、非公開)
  • 書類添削(履歴書、職務経歴書)
  • 面接対策(模擬面接など)
  • 応募・面接の日程調整(スケジュール管理)
  • 合否やその理由のフィードバック
  • 入社の条件交渉代行

同時期に友人たちと一斉に活動した新卒での就職活動とは異なり、転職活動は孤独になりがちです。

そんなとき、キャリアアドバイザーは転職に関するさまざまな悩みを相談できる相手にもなってくれます。転職活動において、キャリアアドバイザーは非常に心強い味方になるといえるでしょう。

マイナビジョブ20’sには注意すべき点もある

マイナビジョブ20’sには注意点もあります。利用する前に確認してみてください。

求人が多いのは東京・大阪・名古屋などの大都市圏

マイナビジョブ20’sで扱う求人は、東京・大阪・名古屋エリアのものが多くなっており、それ以外のエリアの求人は少なめといわれています。

マイナビジョブ20’sの事業拠点は、札幌、新宿、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡にあります。原則的にはキャリアカウンセリングを受けるときなどは、これらの拠点を訪問することになります。

ただし、登録時の訪問が困難な登録者に対しては、メールや電話などでも、求人の紹介や転職活動のサポートを実施しているようです。上記のエリア以外の人は、希望エリアの求人があるのかなど問い合わせてみると良いでしょう。

20代・第二新卒以外の求人に限定されたサービス

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒に特化した求人を扱っています。そのため、20代・第二新卒以外の求人は少なめとなっています。

冒頭で少し触れましたが、30代以上の方は一般向けのマイナビ転職マイナビエージェントがおすすめです。

また、既卒の方はマイナビジョブ20’s アドバンスを利用されるとよいでしょう。

どれも同じマイナビグループです。グループ全体で蓄積されたノウハウに基づいたサポートや情報を得ることができるはずです。

ハイキャリア向け求人が少なめ

マイナビジョブ20’sでは、スキルや実績を必要とする年収が高い人向けの求人は少なめです。

これは、まだキャリアが浅い20代・第二新卒向けに特化しているためです。

試しに年収400万円以上で求人を検索したところ、約280件となりました。年収500万円以上は約30件、年収600万円以上は3件でした。

自身の年齢、実績、経験、年収などを意識して、自分に合うエージェントやサービスを決めると良いでしょう。

マイナビジョブ20’sを100%活用する使い方

このマイナビジョブ20’sを100%活用するにはどうしたらよいでしょうか。使い方のポイントを3つ、ご紹介していきます。

マイナビジョブ20’sを使いこなす3つのポイント

  1. 転職ノウハウコンテンツとセミナーで転職マスターになろう
  2. 公開求人をチェックしした上で非公開求人を紹介してもらおう
  3. キャリアアドバイザーを使い倒そう

転職ノウハウコンテンツとセミナーで転職マスターになろう

20代・第二新卒では、転職は初めてという方が多いはずです。
新卒での就職活動との違いがわからなかったり、何をどうやったらいいのかわからないという状態のはずです。

そんなときはマイナビジョブ20’sのトップページの「転職ノウハウ」にある「20代の転職HOWTO」が役立ちます。

ここに転職の流れを4STEPに分けて詳しく説明しています。

まずはSTEP1の「20代の転職活動の進め方」を全部読むだけでも、転職の流れや注意点をおさえることができます。

その後、求人検索や書類作成をする段階になる前にSTEP2の「20代の転職活動の準備をする」を、面接を受ける段階になる前にSTEP3の「面接対策をする」を、そして内定が得られたらSTEP4の「内定・入社」を、読んでいくとよいでしょう。

「20代の転職HOWTO」以外にも、「必読!プロの声」「転職Q&A」というコーナーがありますので、100%活用を目指すなら全てに目を通すとよいでしょう。

転職に関する本や雑誌を買わかなくても、隙間時間にスマホで読むこともできます。

また、新宿・名古屋・大阪の各オフィスを中心にほぼ毎週、「初めての転職相談会」や「面接対策セミナー」のほか、「女性のためのキャリアプランセミナー」など、転職に役立つセミナーが開催されています。

企業との個別面談が行われる求人紹介セミナーも開催されています。

過去のセミナーでは満席になっているものも多く、内容の充実ぶりや人気ぶりがうかがえます。

100%活用といってもさすがに全てのセミナーに参加することまでは無理ですが、気になるセミナーがあれば早めに予約しておくとよいでしょう。

このようなセミナーは転職のノウハウを直接吸収する絶好の機会です。また、面接が苦手な方は面接対策のセミナーがおすすめです。

公開求人をチェックして非公開求人を紹介してもらおう

マイナビジョブ20’sでは、未経験者OKの多くの求人を扱っています。

とはいえ、一般的な転職エージェントの求人が数万件あるところも多い中、マイナビジョブ20’sの公開求人の数自体は、それほど多いとはいえません。

そこで、非公開求人をキャリアアドバイザーに積極的にリクエストして紹介してもらうのも重要となります。

マイナビジョブ20’sの求人のメリットとして非公開求人数が多く、しかも好条件の可能性があります。

希望条件にあてはまる可能性のあるものは全部紹介してもらうくらいのつもりで依頼すると、多くの非公開求人を紹介してもらえる可能性が高くなるでしょう。

キャリアアドバイザーを使い倒そう

マイナビジョブ20’sは転職エージェントサービスです。20代・第二新卒に特化した専門のキャリアアドバイザーが、転職全般に関するさまざまなサービスを行ってくれます。

つまり、マイナビジョブ20’sを100%活用するというのは、実はキャリアアドバイザーを使い倒すこと、とほとんど同じ意味といえるのです。

自分の担当になったキャリアアドバイザーには、はっきりと希望や要望を伝えましょう。

こういう企業で働きたい、職務経歴書の添削をして欲しい、などです。

在職しながらの転職活動では時間がとりにくいので、キャリアアドバイザー任せになってしまう部分もあるかもしれません。

しかし、転職して実際に働くことになるのはあなたなのですから、自分の転職活動は自分が主導していくつもりでいるべきでしょう。

その意味でも、キャリアアドバイザーとは密に連絡をとるようにするのがおすすめです。キャリアアドバイザーを使い倒してください。

キャリアアドバイザーが合わない時は?

ただし、担当についたキャリアアドバイザーとどうしても相性が合わないこともあるでしょう。

非公開求人をあまり紹介してくれない、自分の希望と異なる求人ばかり紹介してくる、などということも、残念ながらありえます。

そのような場合は、ためらわずに担当キャリアアドバイザーの交代を検討しましょう。

あまりに短期間に頻繁に交代というのは考えものですが、転職の成否には人生がかかっています。

キャリアアドバイザーを妥協して不本意な結果になるというのは避けたいものです。

マイナビジョブ20’s全体の中から自分に合ったキャリアアドバイザーを選ぶことが、マイナビジョブ20’sの100%活用法といえるでしょう。

マイナビジョブ20’s利用の流れ

マイナビジョブ20’sを100%活用する方法がわかったところで、さっそく利用してみませんか。登録は無料で、それほど時間もかかりません。

マイナビジョブ20’sへの登録から内定・入社までの流れ

マイナビジョブ20’sを利用した転職の流れは、以下のとおりです。

マイナビジョブ20’s登録から入社までの流れ

  1. 新規会員登録
  2. 適性診断
  3. キャリアアドバイザーとの面談予約
  4. 個別キャリアカウンセリング
  5. 求人に応募
  6. 書類選考
  7. 面接
  8. 内定
  9. 入社

利用に当たってまずすべきことは、必要な項目を入力していく、登録作業です。
氏名・住所・電話番号などを、淡々と入力していきましょう。

利用登録後はキャリアアドバイザーとの面談が必須になっています。都合のよい日時を予約し、キャリアカウンセリングを受けます。

その後はいよいよ具体的な転職活動に入っていきます。

求人を探して応募し、面接を受ける、という流れになります。求人を探したり応募したりする部分は、キャリアアドバイザーが代行してくれます。

内定がもらえた後には、入社条件のすり合わせが必要なことがありますが、この交渉もキャリアアドバイザーが代行してくれます。

適性診断の結果を転職の指針にしよう

新規会員登録をした段階で、適性診断を受けられます。この適性診断を通じて、いわゆる「自己分析」ができます。

自分のことは自分が一番よく知っていると思っても、自分の長所や短所、仕事をする上での強みや弱みなどは、実は自分でもよくわかっていないことは多いものです。ましてや転職活動では職歴もあるため、新卒時の自己分析と比べてより複雑・高度になっています。

しかし、適性診断では手順に従って回答していくだけで、客観的にそれらを分析して結果を提示してくれます。

また、この適性診断は毎年世界中で多くの求職者が受診しており、豊富な受診データが蓄積されています。
このデータを基に、適性のある仕事の種類などを分析してくれます。

この診断結果は、その後の転職活動に関連するステップ活かせます。

まず、診断結果を受け、改めて自分の適性について整理し、場合によっては志望業種などを考え直したりできる機会になる可能性があります。

また、キャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングをより充実したものにするための材料にもなりえます。

適性診断の診断結果をその後の転職の指針にするのも、マイナビジョブ20’sを100%活用するテクニックの一つといえるでしょう。

20代・第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’sの活用がおすすめ

マイナビジョブ20’sの特徴や活用法について紹介してきました。ポイントは以下です。

マイナビジョブ20’sの主なポイント

  • マイナビジョブ20’sは転職エージェントサービス
  • 20代・第二新卒に特化している
  • 未経験OKの求人が多い
  • キャリアアドバイザーを使い倒そう
  • 適性診断を活用しよう

転職を検討している20代・第二新卒の皆さんは、ぜひマイナビジョブ20’sをへの登録と活用を検討してみてください。