ハッシュタグを使いこなして、効果的な転職活動を!

転職活動に関連する情報を得るために、ソーシャルメディアを活用している人も多いでしょう。

以前の記事でアメリカでは転職活動に使われているソーシャルメディアの種類や方法を紹介しました。

転職活動のゲームチェンジャー、アメリカでのソーシャルメディア事情を紹介

日本でも企業イメージ向上や情報公開のために、積極的にソーシャルメディアを活用する企業が増えてきました。また、企業公式アカウントをフォローしている一般ユーザーも増えつつあります。

ソーシャルメディアの使用が浸透してきた今、転職ツールとして利用する際に意識しておくべきことはあるのでしょうか。

今回はハッシュタグの使い方について、ソーシャルリクルーティング先進国アメリカの記事を紹介します。

ハッシュタグは人脈づくり、企業アピールなど転職活動に有利なツール

転職活動にソーシャルメディアサイトを利用している方は#(ハッシュタグ)を上手に活用していますか?

ハッシュタグとは言葉やスペースの無いフレーズの前にハッシュ記号(番号記号)、#を付ける形のラベルである。メタデータタグタイプであり、ミニブログやFacebook、Google+、インスタグラム、Twitter、VKといったソーシャル・ネットワーキング・サービスに投稿したメッセージにおいて言葉やフレーズの前に#(ハッシュタグ)を付けると、文章内に表示されるか、文章の語尾に追加される。
引用:Wikipedia|ハッシュタグ

ハッシュタグは人脈作り、転職活動、ソーシャルメディアを採用活動に利用している企業に対して自分が転職活動をしている事を共有するのに、便利なツールです。

TwitterFacebookInstagramのようなソーシャルメディアを利用しているのなら、すでにハッシュタグには慣れ親しんでいるはずです。

ハッシュタグは記号であり、そのあとに、言葉やフレーズが続くことになります。

ハッシュタグをクリックするか、検索にハッシュタグを使用すると、そのソーシャルメディア上でハッシュタグが含まれるすべての投稿を見ることができます。また、似たようなトピックに関するッセージを識別してグループ化する方法でもあります。

転職活動で、このハッシュタグを活用する方法を解説していきます。

ハッシュタグを活用してできること

1.企業を知る

ある企業での働き方をもっと知りたいと考えているなら、社内の情報を得るためにハッシュタグを使うことができます。

多くの企業では、従業員が会社生活に関するストーリーを共有するために使用するハッシュタグがあります。

例えば米小売大手のターゲットでは、#TargetVlounteers(ターゲットボランティア)というハッシュタグを作り、従業員のボランティア体験の写真と情報を提供しています。

#targetvolunteer

このハッシュタグを検索すれば、この企業を目指す求職者は、ターゲットが従業員に地元のコミュニティへの貢献を奨励していることが分かります。

自分の興味がある企業があれば、従業員も含めた企業全体で使用しているハッシュタグがあるかどうかを確認してみましょう。

2.求人を検索する

多くの企業は、公式のTwitter、Facebook、Instagram上で求人を投稿しています。

そして、投稿の中で企業は募集するポジションや、仕事検索に関連する様々なハッシュタグをつけています。

求人情報に関連する特定のハッシュタグをソーシャルメディア上で検索してみましょう。

さらに情報を特定するには、実際の職種(♯salesなど)や地域(#NewYorkなど)で検索してみてもよいです。

Twitter上で#HireFridayというハッシュタグがあり、多くの企業がこれを使用しています。
これらの企業は金曜になると、求人リストを投稿し、この投稿に#HireFridayをつけています。

また、LinkedInでもハッシュタグ検索ができます。

企業はLinkedInに求人開始の記事を投稿する時、関連するハッシュタグを使うことがあります。

3.転職活動を有利に進める

転職活動に有利になるようなハッシュタグを利用して、ソーシャルメディアやLinkedInで採用担当者の目に留まるようにしましょう。

例えば、自分の転職活動に関連する投稿(自分の職歴や職務経歴書のリンクを含む投稿など)をしたら、関連するハッシュタグをつけましょう。

転職活動で有利に進める、ハッシュタグの具体的な使用方法

現在求職中でも、そうでなくても、ハッシュタグを使用することで、業界内で人脈を持つ人を見つけ、つながることができます。

業界で影響力のある人とつながる

最初に、希望の分野に関連する会話に参加するためのハッシュタグを使います。

ソーシャルメディア上で希望の業界にいるキーパーソンを探し、彼らが使用しているハッシュタグを確認します。

適切なハッシュタグを見つけられたら、転職活動や仕事に関する投稿をするときに、同じハッシュタグを使うのです。

自分のキャリアに通じるネットワークにいる人々との会話に参加する、最適な方法です。

イベントに参加する

人脈づくりにハッシュタグを活用する方法の一つとして、専門的なカンファレンスなどに参加して、それをハッシュタグに使うというやり方があります。

多くカンファレンスやイベントでは、皆が使うことができるハッシュタグが存在します。

ソーシャルメディア上でそのハッシュタグを利用して、写真を投稿し、情報を共有しましょう。

カンファレンスの感想を共有する、または他のイベントを知る、イベントの参加者とつながるなど、いろいろな目的のためにハッシュタグを使うこともできます。

既に存在するハッシュタグを使用する

新しいハッシュタグを作るのではなく、他の人が使っているものを使用するのが望ましいです。

自分が知りたいと考えるグループで既に当たり前になっているハッシュタグを使うようにしましょう。

一般的なハッシュタグをを知るには、業界で影響力のある人々が使っているハッシュタグをチェックします。

同僚や同じ業界の仲間に使っているハッシュタグや参加しているグループチャットについて、聞いてみても良いでしょう。

同様に、使用中のハッシュタグだけでなく、関連付けたい人が使用するハッシュタグを使用してください。

例えば、ハッシュタグ#huntを含めて、就職活動であることを伝えようとすると、採用担当者ではなく狩猟を趣味するユーザーの投稿にリンクしてしまいます。

ハッシュタグを追加する前に、誰がそのハッシュタグを使っているかを簡単に確認しておきましょう。

ハッシュタグ使用は慎重かつ専門的に

既に個人のソーシャルメディアでハッシュタグを使用していても、転職活動に使う場合には以下のことに注意しましょう。

専門的な内容を共有するためにハッシュタグを使用する

投稿に自分の求職に関するハッシュタグを含める時、その内容が専門的なものであるようにしましょう。

例をあげると、♯jobsearchingを使いながらもペットに関する投稿してはいけないということです。

ハッシュタグと内容がともに専門的であるよう、注意してください。

ハッシュタグの使用は慎重に

ハッシュタグは転職活動に役立つツールである一方、限度を超えた使用はすべきではありません。

すべての投稿にたくさんのハッシュタグをつけるのではなく、2つか3つのハッシュタグを選ぶと良いでしょう。

自分なりの転職に合わせたものを使うよう心がけましょう。

一般的に使われているハッシュタグ例

転職活動に有効なハッシュタグは以下となります。
海外転職などを考えている方は参考にしてください。

求人検索のためのハッシュタグ

転職に関する内容の投稿や仕事を検索する際に使用しましょう。
#Jobs
#JobSearch
#JobSearching
#JobSearchTips
#Resume
#HireMe

採用関連のハッシュタグ

主に企業が使うハッシュタグです。企業情報を検索する際に使用しましょう。
#JobOpening
#Hiring
#JoinOurTeam
#NowHiring
#Recruiting
#Employment
#TweetMyJobs

キャリアアドバイスに関するハッシュタグ

転職やキャリアに関する投稿をする際、またキャリアに関する情報を検索する際に使用しましょう。
#Careers
#CareerSuccess
#PersonalBranding
#PersonalDevelopment
#ResumeTips

使いこなせば最強のツールになるハッシュタグ

ハッシュタグを使うことで、ソーシャルメディア上の人脈を広げたり、人事担当者とつながることで採用情報を得ることにつながることがわかりました。

そのためには、ソーシャルメディアの使用全般に言えることではありますが、他人から見られていることを忘れずに、節度のある使用を心がけましょう。

また、求人検索サイトへの登録や転職イベントへの参加など、従来の転職活動も続けることも大切です。

ソーシャルメディアと従来の転職活動の利点を理解して希望の転職をかなえましょう。

Career Growth 編集部

ニュース編集 担当

株式会社ショーケースと株式会社レーザービームが共同運営・提供しているCareer Growthの編集部提供コンテンツ。

主として第2新卒、20代前半から30代後半までを主とした、グローバルな仕事・就職・転職の情報を扱う。