厳選!転職サイトのマイナビエージェントで担当者に自分を高く売り込むポイント

転職の際によく利用されるエージェントですが、ハイクラスに強いエージェント、若手に強いエージェントなど会社によってそれぞれ特徴があり、希望の転職を叶えるためには各エージェントの特徴を理解して活用することが重要になります。

本記事ではマイナビエージェントの特徴や担当者へ自分を高く売り込む際のポイントについて説明しますので、他社のエージェントと比較しながら希望の転職を叶えるための参考にしてください。

マイナビエージェントの特徴

本記事ではマイナビエージェントを利用して転職活動を成功させる方法を紹介します。

エージェント毎に得意とする年齢層や求人がありますので、その特徴をしっかりと理解したうえで登録をしましょう。

マイナビエージェントの特徴とはどんなものでしょうか。

マイナビエージェントは20代の転職に強い

マイナビが展開しているサービスで最も認知度が高いのが新卒学生向きのサービスで、約90万人の学生が利用しており、新卒サイトとしてはリクナビを抑えてナンバーワンです。

このイメージが強いため、転職サービスであるマイナビエージェントも若手に強い傾向があり、第二新卒や20代の登録数が多数を占めています。

求人も若手向きのものが多く、20代に最も信頼されているエージェントです。

マイナビエージェントは中小企業に強い

後発でサービスを始めたため、大手エージェントと比べると人気企業や大手企業の求人数は少なく、求人案件に関しては中小企業のものが多い傾向にあります。

これは他者との差別化を図っているマイナビエージェントが中小企業へのアプローチに力を入れていることが理由で、知名度はない優良企業に出会える確率も高くなります。

大手企業と違い、中小企業は情報がなかなか表にでず、特に新卒採用で大手ばかりを見てきた20代では接する機会もないため、マイナビエージェントを利用することで、今まで知らなかった中小企業の情報に触れられることができます。

マイナビエージェントとマイナビ転職サイトの連携

マイナビは転職サイトの運営も行っており、転職サイトを利用した企業からの求人案件もマイナビエージェントに流入してきますので、豊富な求人数が確保できます。

また、転職サイトの利用者がエージェントに登録することもあるので、利用登録者数を増やすことに繋がっており、登録者の多さが企業への新規営業の際に強みになって求人数も増えていくという良い循環ができています。

他の大手エージェントと比べても紹介される求人数はひけをとらないでしょう。

総合人材会社としての強み

マイナビは転職サイト、エージェントの他に新卒向けサービスも展開しており、新卒でマイナビを利用した多くの学生が、転職で利用する人材会社を探す際にマイナビを思い出します。

そのため、マイナビエージェントでは20代の登録者が最も多く、新卒、転職と総合的に採用市場にアプローチしていることがマイナビの強みになっています。

そのほかにもマイナビミドルシニアやマイナビ転職エージェントサーチなど幅広いサービスを展開しています。

充実したサポート

マイナビエージェントの特徴として、手厚いサポートがあります。

大手エージェントの中には扱う案件の多さから、ただ求人票をメールで送ってくるだけのところもありますが、マイナビエージェントでは一人ひとりにあわせたきめ細かいサポートをしてくれます。

まずキャリアアドバイザーと面談をしてキャリアプランや希望する条件に関して専門的なアドバイスをもらうことからはじまり、その面談を通して今後のキャリアプランを明確化して、受ける企業を決めていきます。

受ける企業が決まったら、応募書類の添削、面接の指導など幅広いフォローが受けられます。

熱意のある若い担当者が多い

マイナビエージェントは若い人材を多く登用しているのが特徴で、仕事への意欲も高く、転職希望者へも強くコミットしてくれる担当者が転職をサポートしてくれます。

担当者にはその人の転職が成功することを心から祈っているような熱い心の持ち主が多く、連絡も密で、相談も親身になって聞いてくれ、その丁寧で面倒見のよいコミュニケーションが多くの20代に支持されています。

マイナビエージェント利用の流れ

ここまでマイナビエージェントの特徴について説明してきました。

マイナビエージェントには総合人材会社としての強みや20代を中心として若手の転職に強みを持っているなどの特徴があります。

それでは、その利用方法とはどのようなものでしょうか。

ここではマイナビエージェントを利用する際の流れについて説明します。

会員登録

まずは公式サイトに登録をします。

現在の就業状況、経験者数、希望勤務地、直近の勤務先の業種と職種、性別、生年月日、氏名、住所、メールアドレス、電話番号、最終学歴、直近の勤務先名と勤続年数、勤務形態、年収、職務内容、希望条件を記入し、登録後、担当者より連絡あり、面談の日程を決めます。

面談の際に必要な情報となりますので、間違いのないようにしっかりと記入しましょう。

ヒアリング

事前に登録した情報をもとにキャリアカウンセリングが行われます。

カウンセリングは個別に行われ、業界専任のキャリアアドバイザーがつき、そこで具体的なキャリアプランについて明確化していくことになります。

これまで経験してきた職務内容や今後やりたい仕事、転職の目的をキャリアアドバイザーと共有し、どのような転職活動をしていくかのプランを考えていきます。

求人紹介・応募

ヒアリングが終わるとキャリアプランにあった求人を紹介してくれます。

転職サイトには載っていない非公開求人もあわせて紹介してくれるので、自分の希望にあった求人をキャリアアドバイザーと一緒に探していきましょう。

求人票だけではわからない、社風や会社の理念、今後の成長性やどんな人と働くのかなどもキャリアアドバイザーから情報を得ることができますので、応募する前にその企業が自分のキャリアプランを実現できる転職先なのかをしっかりと吟味することができます。

履歴書の添削・面接指導

受けたい企業が決まると応募書類の作成になります。

マイナビエージェントは高い書類選考通過率を誇っており、キャリアアドバイザーが面談で話した内容を踏まえて履歴書、職務経歴書の添削を行います。

豊富な実績を活かして、業界、職種によってアピールするべきポイントを整理してくれ、それをどう表現すれば書類選考に通過する履歴書になるかを丁寧にレクチャーしてくれるので、書類を作成しながら自分の強み、アピールポイントを再認識する機会にもなりますし、書類選考通過後の面接にも役立ちます。

また、マイナビエージェントでは実践的な面接指導もしてくれますので、応募企業にどのようにアピールするべきかを予習することができます。

高く売り込むポイント

エージェントは多くの案件を抱えており、転職希望者の数も年々多くなっているため、常に多忙です。

丁寧なキャリアカウンセリングや求人紹介で定評のあるマイナビエージェントでも、数多くいる転職希望者の中からよりよい求人を紹介されるためには、自分から売り込む必要があります。

ここではよりよい転職をするためにキャリアアドバイザーに売り込むべきポイントを紹介します。

キャリアの明確なビジョンを示す

キャリアアドバイザーとのヒアリングの際に自分のキャリアに対して明確なビジョンを持っていると良い求人を紹介してくれる確率が高くなります。

ビジョンが曖昧だとキャリアアドバイザーもなにを紹介していいのかわからず、見当違いの求人しか提案されません。

描いているキャリアプラン、転職の目的、自分の強み、希望条件、この四つを明確化してきちんとキャリアアドバイザーに伝えることにより、希望の求人を紹介してもらうことができ、また、マイナビエージェントの営業担当者から応募企業へプッシュしてもらうことにもつながります。

年収まど求める条件を明確に示す

年収や勤務地、職種など希望する条件はキャリアアドバイザーとの面談の前にしっかりと決めておきます。

ビジョンと同様で、希望条件が明確になっていないと意に沿わない求人の紹介が多くなってしまうので、ステップアップのための転職だということをしっかりとキャリアドバイザーに伝え、条件にあわない求人は紹介から外してもらうような効率的な転職活動を心がけましょう。

ただ、条件にあわなくても自分では気が付かない適性をキャリアアドバイザーが見抜いて提案してくれる場合もありますので、キャリアアドバイザーが是非という求人は一度目を通してみましょう。

若手でも実績をアピール

20代だと経験の浅さから実績をアピールすることに躊躇してしまう場合もあるかもしれませんが、前職での経験は良いアピールポイントになりますので、面談の際にしっかりとキャリアアドバイザーに伝えましょう。

キャリアアドバイザーは実績の中から強みを見つけ出し、営業担当者と連携してその強みを企業に売り込んでくれます。

また、自分の強みを認識することは今後のキャリアプランを立て、ステップアップするうえで大いに役立ちます。

テレアポを1日100件こなした、訪問件数1日20件など明確な数字として示せる実績を探してキャリアアドバイザーに伝えることで転職活動がスムーズに進むでしょう。

資格などの明確な技能をアピール

実績とともにキャリアアドバイザーに伝えるものとして資格などの技能があります。

大学時代に取得した資格でも構いませんので、自分のスキルを棚卸して、それを希望のキャリアプランとどのように繋げればいいかをキャリアドバイザーと相談しましょう。

応募するべき企業を決めるのにも役立ちますし、エージェント側も企業に推薦しやすくなりますので、紹介される求人の数も増えます。

資格でなくても「英語で日常会話が可能」などの技能は積極的に伝えるようにしましょう。

他社エージェントの状況を共有

転職活動をする際には複数のエージェントを使うことがほとんどだと思いますが、エージェントとしては自社で採用を決めてほしいと考えていますので、他社での選考状況を聞きたがっています。

「他社では自分にあった求人を紹介してくれない」「他社で紹介された求人で二次面接まで進んでいる」こういった情報を常に共有することで、マイナビエージェント担当者が紹介するべき求人を把握するのに役立ちますし、好条件の求人を引き出すことにもつながります。

また、選考を辞退した求人のフィードバックもキャリアアドバイザーにしっかりと伝えておくと、自分の希望する求人に出会える確率が高くなります。

担当者に負けない熱意を示す

マイナビエージェントの担当者には若手人材が多く、前向きで積極的にコミュニケーションをとってきますので、その熱意に応えるような反応を返しましょう。

相手の反応が良いとわかると好条件の求人を紹介してくれるようになりますし、面接指導も丁寧に行ってくれます。

反応が悪く、転職に前向きでないと判断されると後回しにされ、紹介される求人の数も減ってしまいます。

マイナビエージェントの担当者は多くの案件を抱えていますので、後回しにされないよう、こちらも前向きな姿勢で積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

マイナビエージェントのデメリット

マイナビエージェントの特徴と売り込むポイントをここまで説明してきました。

若手の転職に強く、担当者も熱意のある人材が多いのが特徴のマイナビエージェントですが、それを使うデメリットもあります。

エージェントにはそれぞれ強みと弱みがありますので、それぞれの特徴をよく理解して効率的な転職活動を心がけましょう。

ここではマイナビエージェントを利用するうえでのデメリットを説明します。

30代以上の求人が少ない

若手の転職に強いマイナビエージェントですが、30代以上の転職となると苦戦しています。

面倒見の良さから20代からは圧倒的な支持を勝ち得ていますが、若手の登録者が多い分、求人も若手向けに偏っており、30代以上には物足りない、ニーズに合っていないとの評判も見受けられます。

ただ、同じマイナビのサービスで40代以上を対象としたマイナビミドルシニアというものがありますので、そちらを活用するのもよいでしょう。

大手企業などのハイキャリア案件が少ない

中小企業の求人を多く扱っている分、大手企業や人気企業の案件が少ない傾向にあり、そのためハイキャリアの求人があまりなく、年収や職種にこだわりのある転職者のニーズに答えられていないのが現状です。

ただ、隠れた優良中小企業が多くありますので、キャリアアドバイザーに転職後のキャリアステップや年収の上がり幅などを確認すると入社後に希望の条件を満たせるような場合もありますし、もしすぐにハイキャリアの求人を希望する場合はdodaやリクルートエージェントとの併用も考えてみましょう。

熱のあるコミュニケーションのデメリット

丁寧で面倒見のよいコミュニケーションで定評のあるマイナビエージェントですが、人によってはそのコミュニケーションを苦に感じる場合もあります。

転職者の状況を正確に把握しておきたいという心情から、メールや電話などのコミュニケーション量が多くなる傾向があり、その対応につかれてしまうこうともあるでしょう。

しかし、早く転職したいという求職者には、レスポンスの速さや大量の求人紹介はメリットにもなります。

自分で転職活動のペースを決め、事前に担当者に話しておくとよいでしょう。

マイナビエージェントは熱意で攻める

ここまで「厳選!転職サイトのマイナビエージェントで担当者に自分を高く売り込むポイント」をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

本記事の内容をもう一度おさらいします。

マイナビエージェントのポイント

  • マイナビエージェントは若手の転職に強く、中小企業の求人が多い
  • 総合人材会社としての強みを生かした幅広いサービスが特徴
  • 熱意のある若手担当者が多く、面倒見がよい
  • キャリアのヴィジョンや希望条件を明確にしてキャリアアドバイザーに伝えることが重要
  • 実績や技能を伝えてキャリアアドバイザーの評価をあげることが重要
  • マイナビエージェント担当者の熱意に応えるコミュニケーションをとる
  • 30代以上、ハイキャリアの案件が少ないことがデメリット

転職は最終的にはご縁とよく言います。

良いご縁を掴むためにも多くの求人を紹介してくれるマイナビエージェントは利用すべきエージェントです。

丁寧で面倒見のよいコミュニケーションで転職者の力になってくれますので、それに応えるようなレスポンスを返すと好条件の求人に出会えるでしょう。

なによりも熱意を見せることが大事です。

下記にマイナビエージェントの公式サイトのURLを記載しますので、興味がある方は是非、利用登録してください。

【マイナビエージェント公式サイト】
https://mynavi-agent.jp/