転職活動のやり方|基本的な転職方法と失敗しないための5つの注意点

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

転職活動には不安が付きものです。

何から始めればいい? 期間はどのくらいかかる? 失敗しないためにはどうすればいい?など、分からないことだらけ。

しかし、転職は新たな人や仕事に出会えるだけでなく、希望を叶えるチャンスでもあります。

基本的な転職方法と進め方を知り、焦らずひとつひとつ実行していきましょう。

転職活動のやり方|基本的な転職方法と失敗しないための5つの注意点

3行要約
  • 自分に合った方法で転職活動をスムーズに進めよう
  • 転職活動は在職中or退職後?メリット・デメリットを知る
  • 転職を成功させるコツは自己分析と転職先とのマッチング

転職者に多い転職方法3パターン


「転職したいけれどやり方がわからない…」という人は多いです。

まずは、転職者に多い転職方法を3パターンご紹介します。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った方法を選んでください。

企業の社長や知り合いからスカウト・紹介を受ける

企業の社長や知り合いの紹介で転職する場合の大きなメリットは、選考が有利になることです。

また仕事内容やポジション、求められるスキルなどを聞くことができ、転職後も職場になじみやすいでしょう。

ただし、実際に面接を受けてみたら、思っていたのと違っていた場合、断りづらいというデメリットがあります。

そのため、企業の社長や知り合いからスカウトや紹介を受けた場合は、転職サービスを利用した転職活動以上に、冷静で慎重な判断が必要です。

しっかり転職先の情報収集をし、受け身ではなく自分の意思で転職するか否かを決めることが重要です。

特に年収など条件面の話は、遠慮して後回しになりがちです。知りたいことは、事前にきちんと確認しましょう。

転職サイトを利用して求人企業に応募する

転職サイトを利用した転職活動は、Webサイトから希望の求人を探し、自由に応募する方法です。

さまざまな企業に無料でいつでも何社でも応募できますし、採用担当者と直接やり取りをすることも可能です。

好きな条件で企業を探し、自分のペースで転職活動したい人におすすめです。

ただしアドバイザーはつかないので、転職サイトでマイペースに求人を探しつつ、転職エージェントにも登録してサポートを受けるというのも賢い方法です。

転職エージェントに求人紹介や転職サポートを受ける

転職エージェントとは、転職サポートを無料で行ってくれる転職サービスです。

転職に詳しいキャリアカウンセラーが面談を行い、求職者の強みや特性を引き出して、最適な転職先を紹介してくれます。

またキャリアカウンセラーは、応募書類の添削、面接対策、条件交渉の代行など手厚いサポートをしてくれる心強いサポーターでもあります。

転職サイトには公開されていない好条件の「非公開求人」や「独占求人」に応募できることも、大きな魅力です。

転職初心者、転職で年収・キャリアアップを叶えたい人などに特におすすめです。

転職活動のやり方|基本の進め方・流れを確認しよう


転職するまでには、やるべきことがたくさんあります。

事前準備も大切なプロセス。いきなり転職活動を始めるのは、地図や装備もなしで登山をするようなものです。

転職活動の長期化を招き、良い求人を逃してしまう可能性もあります。

余計な手間をかけずにスムーズに行えるよう、転職活動の基本の進め方・流れをまとめました。

1. 自己分析や業界研究などの転職準備

自己分析は、「何を大切にして仕事をしたいのか?」「自分の市場価値はどのくらいか?」など、今一度じっくり自分に向き合うことです。

転職活動でどの求人を選ぶか、応募書類で何をアピールするかなどのもとになる、非常に重要な作業です。

業界研究の目的は、自分が活躍できるフィールドを見つけ転職を成功させることです。さまざまな業界・職種を知ることで、キャリアの可能性が広がります。

しかし、自己分析や業界研究を自力で行うのは難しく、時間が掛かるばかりか、転職の失敗にも繋がります。

効率的に行いたい人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。数分で自己分析できる診断ツールや、プロの知識を大いに活用しましょう。

2. 履歴書・職務経歴書など応募書類の作成

応募書類の作成は、手間がかかると思われがちです。

しかし、面倒だからと後回しにしているうちに、好条件で転職できるチャンスを逃してしまうことも少なくありません。

書類選考の通過率は、アピールの仕方によって大きく変わります。

転職エージェントに登録すると、プロフィールなどを入力すれば自動で職務経歴書が作成され、ダウンロードできるサービスを利用することも可能です。

また、応募先ごとの添削サポートも無料で受けられます。

3. 希望条件に合う求人企業に応募する

業種・職種・勤務地・年収など、希望条件に合う求人に応募します。

いざ面接に行ってみたら、「思っていたのと違う…」という印象を受ける場合もあります。興味を持った企業には積極的に応募して、自分でしっかりと確認しましょう。

1社に絞るのではなく複数社に応募するのがおすすめなのは、未経験の職種にチャレンジしたい人、早く転職したい人、さまざまな企業を比較検討したい人などです。

ただし何社も同時に応募すると、面接日がかぶることもあり得ます。

4. 応募選考が通過した企業へ面接に向かう

面接対策は、身だしなみや挨拶、立ち振る舞いなどの基本的なマナーを確認するだけでなく、自分の魅力をアピールするためにも非常に重要です。

志望動機や退職理由など、想定される質問についてはあらかじめ回答を考えておきましょう。

面接では、書類ではわからない求職者の人柄やコミュニュケーション能力などを見られます。

転職エージェントでは、応募先企業がどのような人材を求めているかなどを事前に教えてもらえ、模擬面接などのサポートが受けられます。

転職活動は在職中から始めるべきか


転職活動は、会社を退職後と在職中、いつ始めるのが良いのでしょうか?

在職中に転職活動を行う人が多いですが、現職の状況や転職したい時期などによって、それぞれメリットとデメリットがあります

在職中に転職活動を始めるメリット・デメリット

在職中に転職活動を始めるメリット
・収入があるので、金銭的・精神的に余裕ができる
・選考で不利になるブランクを作らずに済む
・転職しないという選択もできる

在職中に転職活動を始めるデメリット
・忙しくてなかなか転職活動できない
・面接の日程調整に苦労する
・急募の求人で不利になる

退職後に転職活動を始めるメリット・デメリット

退職後に転職活動を始めるメリット
・ゆっくりする時間ができる
・面接など時間の自由が効く
・急募の求人で有利になる

退職後に転職活動を始めるデメリット
・金銭面や長期化への焦りが強くなる
・空白期間がネガティブな印象を与える
・前職に戻れない

失敗しないための転職方法【5つの注意点】


転職を後悔する人は、3~4人に1人程度いると言われます。

転職で失敗するよくあるパターンには、以下のようなものがあります。

・思っていた会社と違った
・給与が想定より低い
・転職先の人間関係に問題があった
・前職の方がやりがいがあった

これらは、転職前に注意すべき点を知っていれば、防げたかもしれません。

特に未経験の職種に挑戦したい人や、キャリアアップや年収アップしたい人は、転職に失敗しないために参考にしてください。

1. 転職理由や目的を明確にする

「なぜ転職しようと思ったのですか?」

これは、応募先企業の面接でまず聞かれる質問です。

転職を検討し始めたということは、人間関係に悩んでいる、収入が少ない、仕事で評価されない…など、何らかの不満を抱えているはず。

自問自答を繰り返し、自分の気持ちをしっかり整理して、転職理由や目的を明確にしましょう。

漠然と転職して、「失敗した…」と後悔する人は少なくありません。

ポイントは、ネガティブな転職理由を前向きな「目標」に変換すること。

面接対策にも大いに活かせます。

どんな企業でどんなことをしたいのか? 5年後、10年後、どんな自分になっていたいのか?将来のキャリアプランを立てるのも大変おすすめです。

2. 転職における優先順位を整理する

転職は条件の優先順位をつけないと、失敗する可能性が高いです。

求める条件をあれもこれもと高望みし過ぎると、転職先はなかなか決まりません。

すると時間ばかり過ぎていき、好条件で転職できるチャンスを逃しかねません。

また、条件を絞り込めずに転職先を適当に選んでしまうと、「こんなはずじゃなかった…」というミスマッチの原因になります。

「これだけは譲れない」という条件を確実に満たす転職先を探しましょう。

そのうえで妥協できるところは譲り、許容範囲を広げることで、「失敗した…」と後悔することを避けられます。

転職活動で優先順位を整理することは、転職の成功率と満足度アップに繋がります

3. 適性や強みなど自己分析を行う

転職活動では、応募書類や面接で上手に自分をアピールすることが大切です。そのためには、自分の適性や強みをはっきり意識する必要があります。

また、どんな企業や仕事が合っているのかを知るためにも、自己分析は非常に重要です。

自力で自己分析するのは難しいと感じる人は、転職サイトや転職エージェントの自己分析ツールを試してみるのも大変おすすめです。

スマホで簡単にできる無料診断ツールは、移動時間などで試せるので人気があります。

自分では思ってもみなかった適職が見つかることも多いです。

4. 給与条件や待遇について確認する

給与や待遇について事前にしっかり確認することは、とても重要です。

しかしデリケートな問題ですので、慎重さが必要です。マナーを守り、説得力のあるデータを用意して交渉に臨むようにしましょう。

自力で条件交渉をするのが難しい場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに任せるのも賢い方法です。

転職エージェントには、業界や応募先企業のデータが蓄積されているため、年収アップや待遇の交渉に強いというメリットがあります。

5. 社名やイメージだけで転職先を決めない

転職先を選ぶ際、知名度や人気がある企業は魅力的です。しかし、社名やイメージだけで転職先を決めると失敗に繋がることも多いです。

求職者は、目の前の条件や不満の解消に囚われず、視野を広げて、将来叶えたいキャリアプランやなりたい人物像を意識しましょう。

在職中に転職活動をする場合は、時間も相談相手も限定的になりがちです。

転職経験者や、転職エージェントのキャリアアドバイザーなどに相談するのもおすすめです。

【Q&A】転職方法について多い質問と回答


転職に関する疑問は、相談しにくいものです。

転職活動中に多い質問と回答をまとめました。ぜひ参考にして、役立ててください。

Q. 転職活動にかかる平均期間は?

おおよそ3~6カ月が転職活動にかかる平均期間です。

・情報収集から応募書類の作成で約2週間
・応募から面接で1~2カ月
・内定から入社まで1~3カ月程度

が各期間の目安になります。

在職中に転職活動をする場合は、長期になると仕事との両立は難しくなります。

退職後の場合は、離職期間の長くなるとデメリットとなる可能性が高まります。

ですから転職活動は、あらかじめスケジュールを立てて実行する必要があります。

内定への返事にも期限があるので、転職活動時期を決めて応募先企業の比較検討をすることが失敗しないコツです。

Q. 30代の転職で重視されることは?

30代は社会人としてある程度のキャリアがあるので、経験やスキルはもちろん、リーダーシップが求められる年代でもあります。

そのため、業種や職種が変わっても持ち運びできる「ポータブルスキル」が重視されます。

また30代を採用する企業は、即戦力としての活躍も期待しているので、転職先でこのように貢献できるという説得力のあるアピールができるか否かが採用のポイントになります。

具体的には、どのような職場でどのような経験を積み、何ができるのかをわかりやすく示せると良いでしょう。

Q. キャリアが短い20代でも転職できる?

近年の転職市場では、20代の求職者は需要が高いのが特徴です。

特に第二新卒と呼ばれる、新卒で入社した会社を3年以内に辞めて転職先を探している、20代前半は人気があり、積極的に採用する企業が多いです。

理由としては、
・すでに社会人経験があるためミスマッチが起こりにくい
・若いので適応力・柔軟性があり、会社になじみやすい
・基本的なビジネスマナーが身に付いているため、教育が省ける

などが挙げられます。

ただし、20代後半になってくると、未経験の業界や職種には転職しづらくなります。

転職を検討している人は先延ばしにせず、ポテンシャルが重要視される若いうちに、転職活動を始めることをおすすめします。

Q. 転職サイトと転職エージェントはどちらがおすすめ?

転職サイトと転職エージェントには、それぞれに向いている人がいます。

転職サイトを利用した転職活動は、求職者が応募書類を作成し、サイト上に掲載された求人に応募して、書類選考通過後、面接日を調整し、面接へと進みます。

希望条件に合う企業が見つかるまで、じっくりと自分のペースで転職活動をしたい人におすすめです。

希望条件に合った求人を「新着求人お知らせメール」で受け取れる転職サイトもあります。

ただし、キャリアアドバイザーとの面談がないので、応募先企業のニーズを把握できていない場合は、手間や時間がかかることもあります。

自分の市場価値判断や自己分析、応募書類の作成、面接対策や面接日調整、条件交渉などをすべて自力で行う必要があります。

また、直接応募型の転職サイトには原則、非公開求人はありません。求人も転職エージェントと比べると少なめでます。

転職エージェントを利用した転職活動は、応募書類の添削や面接対策、年収交渉などのサポートを受けたい人、年収・キャリアアップなどを叶えたい人に向いています。

また、在職中に働きながら転職活動したいという人にもおすすめです。スケジュール調整なども請け負ってもらえるからです。

転職アドバイザーとの面談は、平日夜や土日に可能なサービスも多いです。

さらに、転職エージェントは転職サイトと比べると、求人案件が豊富です。

特に非公開・独占求人などの好条件の求人に応募できることは、大きなメリットです。

デメリットとしては、キャリアアドバイザーと面談する必要があるため、転職サイトほど気軽ではないという点が挙げられます。

ただし、自力での転職活動が陥りがちな時間や作業の無駄がないので、効果的・効率的な転職活動ができます。

転職方法と大まかな流れについて改めて整理


転職活動は、行き当たりばったりで進めると失敗する可能性が高いです。

まずは、転職活動の基本的な流れを掴み、計画を立て、事前準備をしましょう

注意すべき5つのポイントを意識するのがポイントです。

ぜひ、チャンスを掴んで、満足感のある転職を叶えてください。