【副業のコツ】クラウドワークスで効率よく稼ぐためのアドバイス

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

副業として人気がある「クラウドワークス」。

初期に応募可能な案件は単価が低く、初心者は収入面で不安になる面も多々あるようです。

ですが、実際にはクラウドワークスを活用して、月に10万円以上の収入を得ているワーカーも多く存在しています。

まずはクラウドワークスの概要について解説します。

クラウドワークスとは


クラウドワークスで効率良く稼ぐには、まずどのようなサービスを提供しているのか押さえておくのが大切です。

ここからはクラウドワークスとはどのようなものか、概要を紹介していきます。

最大級のクラウドソーシングサービス

クラウドワークスはクラウドソーシングサービスを提供している国内最大級のWebサービスです

クラウドソーシングとは、「アウトソーシング」の1つの形態であり、「crowd(群衆)」で表されるように不特定多数の相手に業務を発注します。

特にインターネットを使ったサービスが主流であり、利用者はネット環境さえあれば仕事を簡単に探せます。

クラウドワークスは大きなWebサイトであり、主婦の方やフリーターの方だけでなく、仕事をしながら副業として使っている方も多いです。
クラウドソーシングは日本最大級の「クラウドワークス」

クラウドワークスは案件数が多い

クラウドワークスの最大の特徴は、実績が豊富であることです。

ネット上のやり取りのみでは相手の顔を見ずに仕事のやり取り行われるため、コミュニケーションミスが発生しがちです。

特に実績の少ないクラウドソーシングサービスでは、利用者も少なく金銭トラブルに発展するケースもあります。

その点、クラウドワークスは過去の実績も多く掲載され、履歴を含めた身分証明もなされるので、安心して受注・発注できます。

案件数が多いためパソコンとネット環境があれば引き受けられる仕事が業種を問わず豊富にあり、時間や場所を選ばずに自分の好きなペースで作業可能です。

柔軟な働き方を実現しやすいので、現在ではクラウドワークス1本で生活をしている人も少なくありません。

実際に個人事業主として1人で活動している方であれば、自分で仕事を取ってこなければなりませんが、クラウドワークスを利用することで安定して仕事を引き受けられます。

例えば、仕事を辞めてから転職活動をする人は、何もしなければ無収入期間が長くなってしまいます。そこで、クラウドワークスを使えば空いている時間を使って収入を得られます。

初心者でも簡単に仕事ができる

クラウドワークスは案件数が多く、自分のスキルや実績などに合った仕事を探せます。

「パソコンがあれば誰でもできる仕事」も多数あり、初めてクラウドソーシングサービスで仕事を探す方でも、簡単に仕事が見つかります

中にはスキルが求められる仕事もありますが、データ入力などパソコンとネット環境があればできる仕事も多いです。

もちろんこのような仕事の案件の単価は低くなりますが、一般的なアルバイトなどをするよりも自分の都合に合わせて働きやすく収入を得やすいでしょう。

クラウドワークスの基本的な案件


クラウドワークスで稼ぐためには引き受ける仕事の内容も重要になってきます。稼ぐためにはある程度仕事を選ぶ事も重要です。そのためにも、まずは初心者でも仕事を引き受けやすい基本的な案件を押さえておくことが重要です。

では、クラウドワークスで紹介されている基本的な案件にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

クラウドワークスの基本的な案件

  • ライティング
  • データ入力
  • アンケート

ライティング

ライティングは名前の通り、文字を書く仕事全般を指します

最も多い案件はサイトに掲載する記事を執筆する仕事です。

自分の知識やWeb上の情報を調べ、提示されるキーワードに沿った内容の記事を執筆します。

大半の案件は文字単価が設定されており、執筆した文字数に文字単価をかけて報酬が決まります。

文字単価は案件によって異なりますが、0.3円から2.0円以上するものもあるので、慎重に選びましょう。

しかし、文字単価が高くなることにより、SEO対策の知識やWordPressなどサイトを運営する知識が求められます。

他にも専門的な知識や経験が必要な案件も単価は高くなる傾向にあります。

有名サイトもクラウドワークスで記事の執筆を依頼しています。

内容確認もシビアになり、高い文章能力が要求されますが、その分、記事単価も高く、多くの人に見てもらえるので、やりがいを感じられます。

ライティングの仕事には他にも、キャッチコピーを考える「コピーライティング」や、音声を聞いて文字にする「テープ起こし」、誰かが書いた記事を修正する「校正・リライト」など、さまざまな案件があります。

案件数が非常に多いので、初心者の方でも取り組める仕事を見つけられます。

データ入力

データ入力とは、発注者から元データを受け取りExcelや指定されたシステムなどにまとめる仕事です。例えば、紙の伝票をスキャンしたデータ(画像)を渡され、その内容をExcelなどに打ち込んでいきます。

データを転記するだけなので誰でも簡単にできますが単価は低いです。

ショートカットや関数などの知識・技術があれば効率良くデータを入力できるので、時間短縮に繋がります。もしデータ入力で稼ぎたいのであれば、ある程度のスキルは必要になるでしょう。

また、データを入力するだけでなく、そのデータを使ってグラフなどの作成や分析などを依頼されることもあり、専門的な操作を求められる場合は高単価が期待できます。

アンケート

主婦の方に人気があるのが「アンケート案件」です。アンケートとは、企業からアンケート表が送られておくるので、それに答えるだけです。

スマホでも簡単にできるので隙間時間を活用できます。

技術が必要な高単価案件


クラウドワークスで稼ぐコツの1つが、単価が高い案件を積極的に獲得していくことです。高単価案件は誰でもできる仕事ではないので、専門的な知識や技術が求められます。

技術が必要な高単価案件

  • 専門的な記事のライティング
  • システム・アプリ開発
  • イラスト・デザイン系案件

専門的な記事のライティング

先程の説明の通り、ライティングの記事でも専門的な内容の記事は単価が高くなりやすいです。クラウドワークスで紹介されているライティング案件は、生活の役に立つ「ライフハック系」が最も多いですが単価は低い傾向にあります。

他にも、転職や資格取得などの「キャリア系」の記事や、カードローンやクレジットカードなどの「お金系」などであれば、ライフハック系の記事よりも必要な情報量が多くなるので単価は上がります。そして、FXや仮想通貨などの記事は専門的な知識や経験が求められるため高単価です。

さらに、専門サイトであればさらに単価は高くなるでしょう。例えば、システムの商材を紹介する記事や学術論文などをまとめる記事などです。

システム・アプリ開発

IT系の仕事でプログラミングの経験がある方であれば、システムやアプリの開発案件がおすすめです。

依頼している企業が開発しているシステムのコーディングを一部引き受けたりする内容が多いですが、場合によってはシステムの企画や設計を任されることもあります。

最近では、規模が大きいシステムよりもスマホ向けのアプリ開発案件が多くなっています。

他にも、ホームページ制作やWebデザイン関連の案件も安定して仕事の依頼が多くあります。

イラスト・デザイン系案件

クラウドワークスで紹介されている仕事の種類は幅広く、イラストを描いたりキャラクターをデザインしたりする案件もあります。

デザイン系の案件には、ロゴやバナー制作から、イラスト制作、プロダクトデザインまで幅が広く、中には漫画を描く仕事やYouTubeに投稿する動画を制作する案件も多くあります

先程のアプリ開発と同じように、現在ではスマホ向けのアプリの案件が多くなっており、そのアプリで使うイラストも同時に発注されています。

特にゲームアプリはキャラクターのイラストはボリュームが求められるため案件の量も多いです。

プロダクトデザインの案件もあるので、デザイン全般に関する知識を持つ方であれば高単価案件を狙い、稼ぎやすいでしょう。

しかし、デザイン系の案件の中には高単価のコンペも含まれているので注意してください。

コンペの場合はデザインしても報酬に繋がらない可能性があるため、案件をよく選ぶことが大切です。

クラウドワークスで稼ぐためのコツ


クラウドワークスで紹介されている案件の内容を理解したところで、どのようにすれば稼げるのか考えていきましょう。

基本的な考え方は、仕事の量を増やし単価を上げることです。

クラウドワークスで稼ぐためのコツ

  • 複数の案件を掛け持ちする
  • 評価を得て継続案件を得る
  • 技術を身につけて高単価案件を狙う

複数の案件を掛け持ちする

まずは、自分にできそうな仕事をしてみることから始めましょう。案内されている内容の印象が悪くても、実際に仕事をやってみると割が良かったりします。

そのため、一度に1つの案件しか受けないのではなく、複数の案件をできるだけ掛け持ちするのがおすすめです。

もちろん単発の案件であれば、その都度仕事を探さなければなりませんが、継続の案件をメインに考えているのであれば割が良い仕事を見つけることも大切です。

複数の仕事を引き受けるのは、報酬を増やすだけでなく割が良い仕事を選定する意味で行いましょう

自分と相性が良い案件を継続できれば、効率良く稼ぐことができます。

先程の説明でもあるように、ゲームアプリの開発の場合は同時にイラストの案件を発注していることもあります。

このように1つの企業が複数の案件を発注しているケースもあるので、同時に複数案件を獲得するのも効率は良いといえるでしょう。

評価を得て継続案件を得る

クラウドワークスで重要になるポイントは発注サイドの評価です。案件をこなしていくと発注した企業から評価してもらえます。

評価が高いと信頼できるアカウントと判断されるので、新規案件を獲得しやすくなります

それだけでなく、安定した質と量を期限内に納品していれば、単発案件も継続案件になることも少なくありません。

また、ライティングの案件は執筆本数が多くなると執筆ボーナスとして文字単価が上がるケースも多いです。

場合によっては倍以上の文字単価になることもあります。執筆本数を増やして文字単価も上がれば、単価が低いといわれるライティング案件でもしっかり稼げるようになるでしょう。

もし文字単価が2.0円に上がり、1記事5000文字で月に20本執筆すれば、それだけで月収は20万円になります。

文字単価は発注している企業との信頼関係で成り立っており、クラウドワークス上で執筆ボーナスの案内がない場合でも、相手が求めている記事をコンスタントに納品していれば、文字単価が上がることも少なくありません。

ライティングだけでなく、他の案件でも信頼関係を築きつつ、継続していくことで単価は上がりやすくなります。

技術を身につけて高単価案件を狙う

本格的にクラウドワークスで稼ぐことを考えているのであれば、知識や技術を身につけて高単価な案件を狙うことも考えていきましょう

ライティングの記事で稼げるようになるには時間がかかるので、知識や技術を身につけて単価を上げることを同時に考えるのも有効です。

ライティングの記事をメインで考える場合は、紹介されている案件の中から興味がある分野で専門性を求める記事を執筆すると良いでしょう。

最初は応募の段階で不採用になることも多いですが、今までの実績経験があれば採用される可能性は上がってきます。

専門性が高い記事の執筆は、最初は時間がかかって割が悪いと感じますが、どのような内容が求められているのが分かれば、勉強して知識を身にられま。

このようにライティングで高単価な案件を狙う場合は、実績を身につけて高単価案件にチャレンジし、執筆しながら専門知識を身につけるのがおすすめです。

高単価案件の中でもデザイン系の仕事は、技術を習得するのに時間がかかるのでおすすめしません。

将来的にもデザイン関連の仕事をやっていくつもりがなければ、プログラミング関連の知識や技術を身につけるのがおすすめです。

IT技術のニーズは高まっているので、今後も案件数は増えていくでしょう。デザイン系と違いコンペの案件も少ないので高単価で確実性もあります。

特に転職活動中でIT業界やプログラミングに興味がある人は、勉強しながらクラウドワークスで実践していくと、面接などでアピールできる材料になり一石二鳥です。

クラウドワークスで稼ぐための注意事項


クラウドワークスで稼ぐにはいくつか注意事項があります。

もし高単価な案件を獲得できても注意点を守っていなければ、途中で打ち切られてしまう可能性もあります。

クラウドワークスで稼ぐための注意事項

  • 納期を必ず守る
  • 小まめに報告する
  • 品質にこだわる

納期を必ず守る

クラウドワークスで発注している企業が気にしていることは納期です。どの仕事にも必ず納期があり、一般的な企業に勤めて仕事をするよりもシビアになっています。

実際に自社でプロジェクトを回すと納期に間に合わないので、クラウドワークスに発注しているケースも多くあるので、納期に遅れては発注している意味がありません。

特に応募数が多いような人気がある案件で納期に遅れてしまえば、その時点で継続を打ち切られてしまうことも多いです。

複数の案件を引き受けるときは、自分のスケジュールと相談しながら確実に納期を守れるように調整しましょう。

小まめに報告する

もし納期に遅れる場合や引き受けていた案件に何かトラブルが発生した場合などは、小まめに連絡するようにしましょう。

「クラウドワークスを使って後悔した」という企業の多くは、「ワーカーとの連絡が取れなくなったから」という意見を上げています。

企業と信頼関係を築くためにも、不明点やイレギュラーな事態が発生したときは、すぐに報告・連絡・相談しましょう

品質にこだわる

クラウドワークスで仕事をするときには、納品物の品質にこだわることも重要です。

例えば、ライティングの案件の場合、ミスが多い記事を納品していると発注者が修正する手間がかかるでしょう。もし修正に執筆と同じくらいの時間がかかれば外注している意味がなくなります。

納期やレギュレーションを守っていても、納品物の品質が低ければ継続を打ち切られることもあります。反対に品質にこだわって相手の期待以上のものを納品すれば、評価は高くなり継続・単価アップしやすくなります

クラウドワークスを活用して効率良く稼ごう!

「クラウドワークスはあまり稼げない」という口コミを見る機会は多いですが、自分なりに効率が良いやり方を確立し、注意点をしっかり押さえれば月に10万円以上稼ぐことはできます。

ただ、低単価の案件をこなすだけでなく、少しでも単価が上がるように考えて業務を行いましょう。