転職で職場環境を変えたい人の転職エージェント・転職先の探し方

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

「今の職場で働き続けることが、自分にとって最善なのだろうか」という思いが強くなる時期が誰にでもあるでしょう。

このような悩みから転職を考える方も、キャリアアップを目指して転職を考える方も、本当に転職によって状況が改善するのか不安になるはずです。

本記事では、転職で職場環境を変えたい人のために、転職の現状、転職のメリットとデメリット、転職先の探し方や活用する転職エージェントについてご紹介します。

転職で職場環境を変えたい人の転職エージェント・転職先の探し方要約

3行要約
  • 転職数は増加していて転職に対する悪いイメージは払拭されている
  • 転職にはメリットとデメリットがあり、転職してはいけない人には共通の特徴がある
  • 後悔のない転職をするために、転職エージェントなどを活用して転職先を探す

転職が悪いイメージなのは過去の話?


転職を決意する理由は人それぞれに違いがあります。

以前であれば、転職する人「前職で何かあった」とみなされることもあり、マイナスイメージが先行していました。

人間関係や給与、待遇などの職場環境に満足できないことでの転職が、マイナスイメージを形成していたと言えます、

しかし、最近では、いままで積み上げてきた経験を活かして、より大きな仕事、やりがいや高い年収を得るために転職を決意する人やライフワークバランスが考慮された職場環境を求め、勤務先や就業条件などを重視して転職する人も増えています。

そのため、現在の転職に対する採用側のイメージも変わってきました。

具体的に、転職の現状を踏まえながら、見ていきましょう。

転職の現状を知る


転職は人生における最大の決断の1つとも言えます。

そのまま今の会社に残ることもできる中、転職を選択した自分の決意を大事にしましょう。

しかし、転職を決意する前には、どちらの道を選択することが最善なのか、転職の現状を知り正しい判断ができるようにしておくことが重要です。

転職における現状として、転職率の推移、転職する年代、転職に対するイメージについて、ご紹介します。

転職の現状を知る

  • 転職率の推移
  • 転職する年代
  • 転職に対するイメージは?

転職率の推移

転職率の推移は、男女間に大きな水準の差はありませんが、就業者の男女比率を踏まえると、女性の水準の方が高い傾向があります。

内閣府が発表した「日本経済2019-2020-人口減少時代の持続的な成長に向けて-」の中の職業キャリア形成の変化によると、転職者数は1990年代に250万人程度の水準でしたが、2000年に入り増加し、2007年の346万人がピークとなっています。

その後、わずかに減少傾向でありましたが、2016年では約300万人ですので、高い水準にあると言えます。

近年の転職率や転職者数は、高齢層や女性で増加の傾向が見られるものの、「全体的には緩やかに増加している」としています。

また、厚生労働省が公開した多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会報告書によると、転職・再就職者が着実に増加していると発表しています。

年代では、中高年者の転職と比較して、若年者の転職が拡大しており、企業も若年者の採用に積極的であるとしています。

転職する年代

前出の内閣府の調査によると、転職率を年齢別に見てみますと、15歳から24歳が、1990年代から2006年をピークに減少傾向であるものの、他の年代から見ると現在でも高い率で推移していると言えます。

他の年代では、35歳から44歳までの転職率が減少傾向にあるのに対し、45歳から54歳が増加傾向になり、55歳以上の年代では転職率の上昇が続いています。

転職に対するイメージは?

転職市場が拡大しているとはいえ、転職に対してどのようなイメージを持っているかを調べた調査もあります。

転職サービスを提供しているマイナビが2019年4月に発表した「マイナビ転職動向調査」によると、転職は「前向きな行動である」と約6割が回答しています。

また、dodaが公開している転職求人倍率レポートによると、2020年1月の転職市場の求人倍率は2.60倍と、過去最大級の数字となっており、求人数も増加傾向です。企業は中途採用に力を入れていることが読み取れます。

今まで見てきた数字も示すように、転職者、企業の双方が転職に対し前向きととらえていると言えるでしょう。

転職の理由として多いもの3つ


転職の理由は、転職者が100人いたら100通りあるとも言われていますが、理由をカテゴリー化していくと、3つに集約されます。

転職の理由として多いもの3つ

  • 転職理由1:スキルアップ
  • 転職理由2:待遇の改善
  • 転職理由3:ワークライフバランスを重視

転職理由1:スキルアップ

転職理由の1つ目は、「他にやりたいことがある」「幅広い経験や知識を見つけたい」「専門知識や技術を身につけたい」といった自身のスキルアップを目的としたものです。

若年層では、入社前に思い描いていた理想と入社後の現実のギャップに悩まれた上の転職というケースが多くあります。

この理由が上位にくる背景としては、給与などの待遇よりも自分が楽しく、やりがいのある仕事につきたいという気持ちの表れと言えるものです。

また、自分にはない経験や知識で成長したいと考えていることや専門知識の習得により永続的なビジネスライフを送りたいと考えていることがうかがえます。

転職理由2:待遇の改善

転職理由の2つ目は、「給与に不満」「残業が多い」「休日が少ない」「評価が低い・評価が不適切」といった待遇面などの改善を目的としたものです。

一生懸命働いても給与が上がらない、正当な評価を受けられないといったご自身の貢献と会社からの対償が見合わないことが転職理由になっています。

転職理由3:ワークライフバランスを重視

転職理由の3つ目は、「ワークライフバランスを重視した職場で働きたい」という人生の価値観を仕事だけではなく、仕事もプライベートも大事にできる企業への移動を目的としたものです。

このことは、働き方改革に代表される政府の方針でもあり、企業も最重要課題として取り組みが行われています。

前述のマイナビ転職動向調査の結果では、転職先を選んだ理由が「希望の勤務地」であった「休日や残業時間が適正範囲内で生活にゆとりができる」ことが上位になっています。

このことは、裏を返せば、現在の職場環境にはない「職場環境を重視した転職」と言え、オンとオフを切り分けたビジネスライフへの移動が転職理由になっています。

職場環境を変えたい!転職のメリットとデメリット


職場環境を変えたいと転職を考えたときに、転職にはメリットとデメリットが存在することを理解しておきましょう。

詳しくご紹介します。

職場環境を変えたい!転職のメリットとデメリット

  • 転職のメリット:可能性を秘めている
  • 転職のデメリット:期待した状況に至らない場合も

転職のメリット

転職のメリットとしては、現状の環境から新たな環境に身を移すことにより、種々の可能性を秘めていることです。

具体的には、あなたへの評価が1から始まることにより、新たなキャリアパスが構築できます。

また、新たな人間関係の構築は、いままでの自分にはなかった価値観が芽生え、出会いが人生のパラダイムシフトにつながります。

転職の最大のメリットは、転職前に希望していた働きやすさ、やりがい、待遇、年収といった、ご自身のモチベーションアップにつながることです。

転職のデメリット

転職のデメリットとしては、今までの人間関係がクリアになるということです。

そのため、環境を含めた新しい職場に馴染むまでに時間がかかります。

いままでは後輩や部下がいたとしても、場合によっては、一番下の位置からのスタートとなるため、いままで行っていなかったような業務を指示されることもあります。

また、継続勤務が途切れます。退職金などの最終的に手にする金額が減少することや新しい職場が決定し安定するまでは、給与や賞与といった金銭的な心配があります。

そして、最大のデメリットは、転職後に期待していた状況に至らない場合があるということになります。

転職してはいけない人の特徴3つ


転職は、転職を考え始めたときに転職の現状をよく知っておくべきであることをお伝えしました。

隣の芝生が青く見えるだけにならないように、充分に現状と転職後の自分をイメージすることが重要です。

ここからは、転職を考えたとしても転職してはいけない人の3つの特徴をご紹介します。

転職してはいけない人の特徴3つ

  • 特徴1:自己評価を適切にできないこと
  • 特徴2:環境変化に対応できないこと
  • 特徴3:今の現状が決して悪くないこと

特徴1

転職してはいけない人の特徴の1つ目は、自己評価を適切にできないことがあげられます。

これは、自己評価が他者評価に比べて甘い場合に、転職後にうまくいかない結果につながります。

高い自己評価は、現状の評価に満足できずに転職を考えている場合、転職後の待遇や給与などに、現実以上のものを求める傾向があります。

自己評価だけで行動せず、転職サイト・転職エージェントの利用やキャリアカウンセリングを受けるなど、他者評価を踏まえた上で転職を決定することをお勧めします。

特徴2

転職してはいけない人の特徴の2つ目は、環境変化に対応できないことがあげられます。

現状の打破するための転職であるはずですが、転職後に転職前の状況を求めてしまったり、これまでの自身の行ってきたことに固執してしまったりするなど、転職後の環境変化に馴染めないとうまくいかない結果につながります。

転職後すぐに評価されるわけではありませんので、転職前の二の舞にならないよう、新しい会社での環境の中で、自分のキャリアを積んでいくことに精進しましょう。

特徴3

転職してはいけない人の特徴の3つ目は、今の現状が決して悪くないことがあげられます。

仕事のすべての面において満足している人は少数で、皆何らかの不満は持ち合わせています。

その不満が転職により必ずしも改善するわけではないこと、転職前には不満と感じていなかった状況が転職後には不満となることがあることを理解した上で転職を決意しましょう。

目先のことや特殊な単体事例だけで転職を決意すると、転職後に期待することが大きくなってしまいます。

転職先の探し方


職場環境を変えたいと思ったときに転職先は、どのように探すべきなのでしょうか?

転職して良かったと思える転職にするためには、転職市場の現状を把握しておく必要があります。

ここからは、転職先の探し方について、ご紹介します。

転職先の探し方

  • 転職エージェント
  • ハローワーク

転職エージェント

現在、転職者が一番活用しているのが、転職エージェントになります。

各転職エージェントに所属している専属のスタッフが、転職活動を多角的にサポートしてくれます。

具体的には、メール、電話、面談など、一方向のアプローチではなく、双方向のやりとりにより、あなたに相応しい転職先を探すことができます。

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は、地元企業の情報が充実していますので、転職先を地元で考えている人にはお勧めの探し方になります。

ハローワーク窓口のスタッフから、あなたの希望に合った企業をご紹介してくれますので、その中からあなたが希望する転職先を選んでいくことになります。

転職に有利なエージェント3選


転職には転職市場にあふれている情報を確実にキャッチすることが重要です。
転職活動を限定的に行ってしまうと、当然、限定的な情報しか集まりませんので、幅広く広い視野で情報を把握することが大切です。

そこで、これらの情報を的確にアドバイスいただける転職に有利なエージェントを3つご紹介します。

転職に有利なエージェント3選

  • 転職に有利なエージェント1:マイナビエージェント
  • 転職に有利なエージェント2:doda
  • 転職に有利なエージェント3:type転職エージェント

転職に有利なエージェント1:マイナビエージェント


転職に有利なエージェントの1つ目は、マイナビエージェントです。

マイナビエージェントは業界大手の1つで、20代向けや中小企業の登録企業が多いことや独占求人を持っていることが強みです。

特に、キャリアコンサルタントが優秀で、あなたの状況のヒアリング力や相手転職先との交渉力が業界トップクラスと言われています。

個々の状況に合わせて進めてくれますので、安心して相談できるエージェントと言えます。

転職に有利なエージェント2:doda


転職に有利なエージェントの2つ目は、dodaです。

dodaは、大手転職エージェントのため、登録されている企業数が多いこととインターネット上には公開していない案件が多数あることが強みです。

また、転職フェアを全国の主要都市で定期的に開催されていて、転職先の会社の状況や担当スタッフとの面談による相性などがつかめる良い機会となっています。

転職に有利なエージェント3:type転職エージェント


転職に有利なエージェントの3つ目は、type転職エージェントです。

type転職エージェントは、関東圏に特化した転職情報を提供しているため、地場にしか流れていない求人が登録されているのが強みです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、種々の転職で直面する悩みを解決してくれます。

エリアが限定されているため求人数が他社に比べて多くはありませんが一流企業とのつながりが強いところがあります。

サポートが丁寧で、大手にはない親身なやりとりが期待できます。

関東圏以外にお住まいの方は、ご自身の地場の転職エージェントがないかどうかを探してみましょう。

職場環境を変えることで後悔しないために

職場環境を変えたいときに取る行動のポイント

  • 転職市場を把握する
  • 現在の状況が転職をすることが最善なのかを見極める
  • 転職に有利なエージェントなどを活用する

転職で失敗しないように、転職市場の把握を十分に行い、本当に転職が最善なのかを多角的に見極めましょう。

この見極めは、自分ひとりで悩まずに、経験と情報が豊富な転職エージェントなどを活用することをお勧めします。

転職して良かったと思える転職を実現しましょう。