ハローワークのジョブ・カードの書き方完全ガイド

ハローワークでは、自身のキャリアを形成するためのアドバイスやコンサルティングを受けることができます。また、特別なサポートを受けない場合でも、ジョブ・カードを作成することも、今後働いていく上で非常に役立ちます。

この記事では、ハローワークで使うジョブ・カードの概要や書き方を紹介していきます。

ジョブ・カードとは

「ジョブ・カードはハローワークで作成するもの」というイメージを持たれる方は多いのではないでしょうか。

ジョブ・カードは自身のキャリア形成や転職活動など役に立ち、これまでの仕事や職業訓練を整理できる書類のことです。このジョブ・カードを有効活用すれば、自身が望むキャリアプランを実現しやすくなります。

今後のキャリアプランを考える場合や適切な職業訓練を受けるときに使うことが多いです。

ジョブ・カードを有効活用するためにも、まずはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

ジョブ・カードに関しては、厚生労働省が特設サイトや総合サイトを作成していますので、参考にしてください。

厚生労働省 ジョブ・カード特設サイト
厚生労働省 ジョブ・カード制度 総合サイト

職業能力を証明するもの

ジョブ・カードとは自身が取得した資格や免許だけでなく、今までの職務経験や職業訓練を受けた履歴を蓄積したものです。

自身だけでなく他者も具体的に職業能力を判断できるため、求職活動をする際の応募書類として活用できます

一般的にジョブ・カードはハローワークで作成するイメージがありますが、必要な様式をダウンロードすれば誰でも利用できます。

実際に学生などが就職活動をする際にジョブ・カードを活用すれば、インターンシップの経験や取得した資格などを整理してまとめられるため、スムーズに選考を進めるために参考になります

企業側に提出しない場合でも様式に沿ってジョブ・カードを作成するだけで、自分がどのような仕事をしたいのかキャリアプランが明確になっていきます。

生涯のキャリアプランを形成するために使う

ジョブ・カードを作成することで、自身がどのような職業を経験し、どのような仕事ができるのか整理できます。

今後、どのような仕事に就きたいか明確にし、それに必要な職業訓練を受けることでキャリア形成の役に立ちます。

このジョブ・カードはキャリアコンサルティングなどの支援を受ける際にも、個人の履歴が分かるため有効に活用されます

また、自分の強みや特技など仕事に役立つスキルなどを記載できるため、キャリアコンサルタントもどのような人なのか適性を判断しやすいのです。

ジョブ・カードの使い道とメリット

ジョブ・カードは失業してハローワークで作成する人が多く、通常の転職活動で使うことはそこまで多くありません。そのため、まだジョブ・カードの認知度は低いといえまうす。

しかし、特性を理解すれば求職者だけでなく在職者にもメリットがあります。自身のキャリアを形成したいと考える方であれば、ジョブ・カードを有効活用するのがおすすめです。

では、ジョブ・カードにはどのような使い道やメリットがあるのか、それぞれ見ていきましょう。

ジョブ・カードの使い道とメリット

  • 求職者:応募書類として活用できる
  • 在職者:教育訓練に活用できる
  • 企業:国から助成金を受けられる場合がある

求職者:応募書類として活用できる

ジョブ・カードは今までのキャリアを細かく記入する書類です。そのため、一般的な選考で使われる履歴書よりも多くの情報を企業に伝えることが可能です

ジョブ・カードは厚生労働省の制度であり、応募書類として正式に活用できます。記入されている情報の量は多いため、選考を受ける企業に合わせて必要な内容を抽出・編集して活用しましょう。

学生の場合は、キャリア教育プログラムを受けた履歴や、インターンシップやキャリア教育の状況などを記入することで、就職活動を行っている企業に対して自身を深く知ってもらえます。

また、自己分析を深く行うことができ自分の人生と客観的に向き合うため、これからのキャリア形成・キャリアプランニングに役立つでしょう。

在職者:教育訓練に活用できる

在職者であれば職業訓練や教育訓練を受講する際にジョブ・カードを活用することで、効果的なキャリアコンサルティングを受けられます

実際にジョブ・カードは今までの人生だけでなく、これからどのような人生を歩んでいきたいか、自身と深く向き合います。訓練中にジョブ・カードを使うことで、訓練を受ける必要性を明確化し、就職する意識を高めることが可能です。

また、実施した職業訓練の成果を元にジョブ・カードを作成することで、身につけた職業能力の証明にもなります。

他にも求職者と同様に、個人の履歴を棚卸することで自身のキャリアプランニングなどで活用でき、現在の実務能力や専門的な教育訓練を受けたことを証明できます。

企業:国から助成金を受けられる場合がある

企業は一定の要件を満たし、在籍している労働者の能力開発やキャリアコンサルティング、職業訓練、求人などにジョブ・カードを活用することで国から助成金を受け取れる場合があります

また、求職者のメリットと同様に企業側も採用試験でジョブ・カードを有効活用できます。履歴書よりも詳細の情報を得られるため、選考を進めやすいでしょう。

しかし、企業は求職者本人の意思に反してジョブ・カードの提出を求めることはできません。つまり、応募の必須書類として提出を強要することはできないため注意してください。

求人情報を記載する場合は、必須書類と任意書類というように分けて記載すると分かりやすいでしょう。

企業のジョブ・カードの活用について、詳しくは以下のサイトからご確認いただけます。

企業におけるジョブ・カードの活用
企業のためのジョブ・カード活用サイト~社員のキャリア形成・能力開発を支援し、人と組織を活性化するジョブ・カード(パソナ運営)

ジョブ・カードのデメリット

ジョブ・カードは、求職者・企業側ともにメリットがありますが、同時にデメリットもあるため注意しなければなりません。実際に人によっては無理にジョブ・カードを作成する必要はありません。

メリットを最大限活かすためにも、どのような点に注意すべきか見ていきましょう。

ジョブ・カードのデメリット

  • 作成するのに手間がかかる
  • 応募書類としての認知度が低い
  • 対面の相談や指導は有料の場合もある

作成するのに手間がかかる

ジョブ・カードは「就業経験がある方用」の様式を利用して作成した場合、合計のボリュームは18枚ほどになります。自分の人生や職業を決める重要な書類になるため、よく考えて丁寧に作成しなければなりません。

最初に作成する際には、数日かかることもあるため時間に余裕を持ち、計画的に進めましょう。

応募書類としての認知度が低い

求職者はジョブ・カードを応募書類として提出し、企業へ効果的に自己PRできます。

しかし、既述のようにジョブ・カードは応募書類としての認知度が低く、提出したとしても必ず評価されるとは限りません

場合によっては面接などの際に、ジョブ・カードについて説明しなければならないこともあるでしょう。

全く評価されない可能性もあるため、ジョブ・カードはなるべくデータで作成するようにし、印刷したものを提出するのがおすすめです。

対面の相談や指導は有料の場合もある

ジョブ・カードは転職などの専門家であるキャリアコンサルタントやアドバイザーなどとの面談で利用することが可能です。

しかし、ジョブ・カードの作成やキャリアプランの作成に関して、民間機関が実施している対面で相談や指導を受ける場合は費用が発生する場合が多いです

メールでの相談であれば無料で相談できるため、有効活用してもよいでしょう。

各都道府県に設置されている労働者のキャリア形成支援の拠点である独立行政法人が運営している「キャリア形成支援コーナー」や、ハローワークの「キャリア形成相談コーナー」などでは無料で実施しています。

しかし、相談を受ける際はほとんどの施設で「完全予約制」となっているため注意してください。

キャリアコンサルタントの料金は機関や担当者によって変わりますが、5,000円から数万円するのが相場です。相談だけは無料で行っている場合もあります。

有料のキャリアコンサルティングを利用する際は相談時間を有意義なものにするために、しっかりと事前準備をしましょう。

ハローワークのキャリアコンサルティングとジョブ・カードとは?メリットと取得手順

基本的なジョブ・カードの作成方法

ジョブ・カードは利用者の状況や環境によって作成する方法が異なります。基本的なジョブ・カードの作成方法は以下の3通りです。

ジョブ・カード作成の3つの方法

  • Web上・ソフトウェアを使う
  • PDFの様式をダウンロードする
  • Excelの様式をダウンロードする

それぞれどのような方法なのか紹介していきます。

Web上・ソフトウェアを使う

パソコンをお持ちの方であれば、厚生労働省のHPにあるWebサービス上か、専用のソフトウェアをダウンロードすることでジョブ・カードを作成できます。

Webサービスを利用するよりもソフトウェアをダウンロードする方が、入力したデータのバックアップを保存できるためおすすめです。このWebサービスとソフトウェアは、厚生労働省HPで簡単な質問に回答すれば利用できます。事前に対応ブラウザやパソコンの環境が対応しているか確認してから利用してください。

ジョブ・カード作成支援ソフトウェアのダウンロード|ジョブ・カード制度総合サイト|厚生労働省

PDFの様式をダウンロードする

自宅にパソコンがない方であれば、PDFの様式をハローワークなどで印刷して手書きで記入する方法を取ります。この方法であれば誰でも簡単にジョブ・カードを作成できますが、全て手書きになるため複数の企業に提出する際は、その都度作成しなければならないため非常に手間がかかります

ジョブ・カードは1セット18ページほどあるため、時間を有効活用するためにも手書きの方法はおすすめしません。

PDF形式の全様式(zip)|ジョブ・カード制度総合サイト|厚生労働省

Excelの様式をダウンロードする

自宅にパソコンがある方であれば、ソフトウェアをインストールする方法以外にもExcelファイルを使って作成する方法もあります。

こちらの方法であれば、普段からExcelを使っていれば簡単にジョブ・カードの項目を記入できるでしょう。

PDFファイルと違い、必要ない項目などを削除するなど自分なりにアレンジすることができるのがおすすめです。選考を受ける企業が複数ある場合でも、共通している項目はそのままで印刷すれば記入する手間を省けます。

Excel形式の全様式(zip)|ジョブ・カード制度総合サイト|厚生労働省

ジョブ・カードの各シートの書き方

ジョブ・カードには大きく分けて以下の5種類があります。

ジョブ・カードを構成するシートの種類

  • キャリア・プランシート
  • 職務経歴シート
  • 職業能力証明シート
  • 職務経歴書
  • エントリーシート

それぞれのシートにはどのような役割があるのか、書き方と一緒に見ていきましょう。

キャリア・プランシート

キャリア・プランシートで記入する項目は以下の通りです。

  • 価値観・興味・関心事
  • 強み
  • 将来取り組みたい仕事や働き方
  • これから取り組むこと
  • その他

このように、仕事に取り組む際に重要となる価値観などを記入する様式です。ジョブ・カードで最初に記入するシートであり、自己分析を客観的に行えるようになっています。書き方など分からないことがあれば厚生労働省ホームページに掲載されている記入例を参考にするのがおすすめです。

2ページ目はキャリアコンサルティングを実施者が記入する項目になっています。

キャリア・プランシート(就業経験がある方用)様式1-1.pdf
キャリア・プランシート(就業経験がない方、学卒者等用)様式1-2.pdf

職務経歴シート

職務経歴シートでは以下の項目を記入します。

  • 期間
  • 会社名・所属・職名(雇用形態)
  • 職務の内容
  • 職務の中で学んだこと、得られた知識・技能等

2ページ目には、経歴が事実であることを示すために、確認者の氏名と役職、捺印する項目がありますが、必須ではなくできる範囲で確認を求めてください。退職する際に上長にお願いするのが有効でしょう。

職務経歴シート様式2.pdf

職業能力証明シート

職業能力証明シートは以下の種類に分類されます。

  • 免許・資格シート
  • 学習歴・訓練歴シート
  • 訓練成果・実務成果シート

このシートも基本的には資格や学習歴などの期間と内容を詳しく記入します。訓練成果・実務成果シートに関しては、実習を実施した企業の評価者が記入する箇所もあります。

職業訓練を受けた場合は忘れずに評価してもらいましょう。

免許・資格シート様式3-1.pdf
学習歴・訓練歴シート様式3-2.pdf
訓練成果・実務成果シート様式3-3(3-3-1-13区分入り).pdf

職務経歴書

職務経歴書は「職務経歴シート」とほぼ同様の内容を記入します。シートの冒頭は志望動機になるため、選考を受ける際の応募書類を提出するときに利用可能です。

職務経歴書(ジョブ・カード準拠様式).pdf

エントリーシート

ジョブ・カードのエントリーシートは、これまでに作成したシートを総合した内容です。写真を貼る箇所もあるため、応募書類として有効活用できます。

エントリーシート(ジョブ・カード準拠様式).pdf

ジョブ・カードの書き方のポイント

就職など自身のキャリア形成のために有効活用するためには、ただ項目を記入するだけでなく効果的な書き方を押さえることが大切です。実際に内容が薄いジョブ・カードの評価は低く、作成する時間が無駄になってしまいます。

では、どのようなポイントを押さえれば良いのか見ていきましょう。

自己分析を徹底して行う

ジョブ・カードは自身の自己分析を行い、キャリアプランを形成するのに役立てるものでもありますが、同時に就職活動などで企業に提出することもあります。

その場合は、徹底して自己分析を行い矛盾しない内容を記載しなければなりません

ジョブ・カードは、今までの仕事歴や職業訓練を受けた経験などが示されています。もし今までの経験や職歴に一貫性がなければ、返って評価が悪くなることもあります。

このようにマイナスな評価になることも考慮し、慎重に記入する内容を考えましょう。

キャリアコンサルティングを活用する

ハローワークでは職業訓練や訓練を受けた後のキャリア形成について、専門家であるキャリアコンサルタントに相談できます。キャリアコンサルタントに相談すれば、自分では気づかない良さやPRポイントを見つけることができます。

対面での相談は有料のものも多く予約が必要ですが、事前にジョブ・カードを作成しキャリアコンサルタントと相談しながら完成させることで、より精度が高いジョブ・カードを作成できるでしょう。

自分自身の考えや将来への展望を整理できるだけでなく、自身の可能性を広げられるためおすすめです。就職活動を成功させたいと考えるのであれば是非活用してみましょう。

自己PRに繋がるように書く

ジョブ・カードは応募書類として活用できます。つまり、企業側はジョブ・カードに記載された内容で採用の可否を判断します。

ジョブ・カードには事実を書かなければなりませんが、効果的な自己PRに繋がるような書き方をしなければ有効ではありません。

例えば、自身の職歴も「〇年間、△△という仕事を行っていました。」という事実を書くのではなく、そこで得たものやできること、今後その経験やスキルをどう活かしていきたいのか、明確に書くようにしましょう。

企業側も応募者が持つスキルや能力を、具体的に活用できる手段があれば採用するかどうかも判断しやすくなります。

効果的なジョブ・カードを作成して転職に役立てよう!

ジョブ・カードは学生から求職者、企業まで幅広く活用できる有効なツールです。

しかし、現在ではそこまで認知度が高いわけではありません。実際に、会社を退職して仕事を探すためにハローワークを利用する人が使用するイメージが強いでしょう。

現職者でも今後のキャリア形成や自身の職業能力を高めるために有効です。

そのため、どのように使えるか、メリットや書き方を押さえておきましょう。効果的なジョブ・カードを作成し、転職やキャリアアップに役立ててください。