はじめての就活|学生が面接で最低限すべき好印象メイクアップ術

はじめての就活では、着慣れないスーツを着たり、普段のメイクとは異なる就活用のメイクをしたりするため、不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

就職の面接試験では、特に面接官とフェイス・トゥ・フェイスになるため、好印象の表情をつくるためにもメイクアップ術を磨くことは重要です。
そこでこの記事では、はじめての面接試験で好印象を持ってもらうためのメイクアップ術について紹介します。

就活メイクは必要?普段メイクと差をつける意味

学生の中でも、普段まったくメイクをしないというすっぴん派の人もいれば、マツエクやカラコンを普段使いしているという人もいるでしょう。

就活メイクは、このどちらでもありません。
社会人のマナーとして、すっぴんはカジュアルすぎるという理由からNGです。
かといって、濃すぎるメイクもまた、ビジネスシーンにそぐわないという理由でNGになります。

就活メイクは、ビジネスシーンで求められるものを学生が理解しているかどうかを確認するためのバロメーターでもあります。
就活というTPOにふさわしい服装やメイクをしてこなかった時点で、不採用の判断を下されることもあるのです。

普段すっぴんの人も、濃い目のトレンドメイクをしている人も、就活メイクをすることによって、「就活生」を意識した行動ができることをアピールできるでしょう。

肌がきれいでもすっぴんはNG!ベースメイクのメイクアップ術

はじめての就活で、普段から肌の手入れを欠かさない人は、若さもあってメイクは不要というくらい肌に自信がある人もいるでしょう。
しかし、前述したように、就活ではすっぴんはNGです。

好印象を残すベースメイクのためには、以下のことに注意しましょう。

肌のアラは化粧下地で解決

普段メイクをしない人にありがちなのが、クマやニキビ跡の赤みを消すためにファンデーションを顔全体に厚塗りするという失敗です。

ファンデーションの前に塗る化粧下地で肌トラブルを解決しておけば、ファンデーションは必要最低限の量で済み、ナチュラルな就活メイクを実現できます。

ニキビ跡の赤みが気になる人は、グリーン系の化粧下地を塗って、赤みをカモフラージュしましょう。

貧血、寝不足で血色が悪い人は、ピンク系の化粧下地でイキイキとした肌を演出できます。

リキッドファンデーションの場合は顔の中心のみにぬればOK

リキッドファンデーションを使用する場合、化粧下地の後、目・鼻・口を中心に顔の中央部分にのみファンデーションを薄くのばします。

頬にニキビ跡があって気になるという人は、その部分だけをコンシーラーでカバーしましょう。

頬にファンデーションをぬらないことで、顔全体に立体感が生まれ、横顔もよりナチュラルな印象に仕上がります。

フェイスパウダーはブラシでサササっとのせるだけ

リキッドファンデーションの場合、べたつきや化粧崩れを防止するためにラメの入っていないフェイスパウダーをのせましょう。

付属のパフを使用してもよいのですが、より自然な就活メイクをするために、ブラシでサッとのせる程度にとどめておくことをおすすめします。

アイメイクのメイクアップ術!アイシャドウはラメなしが原則

「目は口ほどにものをいう」という言葉があるように、目が与える印象は大きいものです。

そのため、就活メイクでもアイメイクは重要なポイントになります。
アイメイクにも以下のようないくつかのメイクアップ術があります。

アイシャドウは肌なじみのよいブラウンカラー一択

トレンドメイクでは、オレンジ系やレッド系のアイシャドウをまぶたの上下にいれる方法が流行しています。
しかし、就活メイクではブラウンカラー以外の色を使うのは危険です。

トレンド色を意識したアイメイクが歓迎されるのは、私服面接に限定しているアパレル業界などに限られます。

そのため、目を大きく、印象的にみせることができて、なおかつ派手さのないブラウンカラーがおすすめです。
派手さを感じさせないためにも、アイシャドウにはラメの入っていないものを選ぶようにしましょう。

たとえば、キャンメイクのパーフェクトマルチアイズというアイシャドウパレットなら、ラメなしで控えめなブラウンメイクができます。

アイシャドウは、上まぶたのみに一番薄い色をアイホール全体にのせ、目のキワに最も濃いブラウンを締め色として使うと、好印象の目元をつくることができるでしょう。

マスカラは繊維なしタイプの黒がおすすめ

好印象な目元をつくるためには、マスカラも欠かせません。
元々の地まつげが長く、ボリュームのある人は、ビューラーでまつげを持ち上げた後、クリアマスカラでカールを固定するだけでも十分です。

地まつげの長さや太さに自信のない人は、意志のある目元をつくるためにも、繊維なしタイプのマスカラを使用することをおすすめします。

繊維ありタイプのマスカラの場合、繊維によって長さは演出できますが、繊維はどんなに評価の高いマスカラでも時間の経過とともに落ちてくるものです。
特に黒い繊維は抜けたまつげのように、目の下に何本も落ちて目立ちます。

繊維なしのタイプのマスカラなら、まつげをほどよくボリュームアップさせてくれるでしょう。

マスカラは、元々の目の印象にも寄りますが、上まつげだけにぬれば十分です。
下まつげまでしっかりつけると、就活生にしては化粧が濃い印象になってしまうため、つけるとしても軽く1ストロークでやめておきましょう。

アイラインは不要!気になる人はインサイドラインにとどめて

アイメイクのメイクアップ術として、アイラインは基本的に不要です。
就活という場面を考えると、アイシャドウとマスカラだけで十分印象的な目元をつくることができます。

しかし、中には「目が小さいからアイラインがないと不安」「普段のメイクと違いすぎると不安」という人もいるでしょう。

もしもアイラインを引かないと不安という人は、インサイドのみに引くようにしましょう。

インサイドに引くことで、自然に目元の印象を強めることができます。

リップメイクはピンクベージュが基本!落ちにくいティントタイプがおすすめ

面接では、面接官の視線は就活女子の口元にいくこともしばしば。
面接官により好印象を持ってもらうことができるリップメイクのメイクアップ術を紹介します。

リップカラーは肌なじみがよく血色の見えるものを選ぼう

就活生に求められるのは、フレッシュさでもあります。
しかし、フレッシュさを演出したいがために、パキっとしたビビッドカラーを選ぶのはやめましょう。

基本的に就活メイクのリップカラーは、ベージュ系が無難です。
そこに、自分の肌色に合った色を加えた色を選ぶとよいでしょう。

イエローベースの肌の人は、ピンクベージュやオレンジベージュがおすすめです。
ピンクの中でも、黄みのあるピンクを選ぶことで、より肌なじみがよくなります。

ブルーベースの肌の人は、オレンジベージュは避け、ピンクベージュを選ぶとよいでしょう。
ピンクの中でも、青みを帯びたピンクを選ぶと、肌がよりきれいに見えます。

就活メイクは基本ラメなし!主張しないことで清潔感を演出できる

はじめての就活で、どんなコスメを選べばいいか分からないという人は、「とりあえずラメなし」という基準で選ぶようにしましょう。
ラメやパールは、アイシャドウにもリップにも使用されることが多く、華やかな印象を持たせるには適しています。

しかし、就活場面では華やかさよりも清潔感を演出した方がTPOに適していると言えるでしょう。
そのため、迷ったらラメ・パールなし、色は主張しすぎないことを基準に選ぶことで、清潔感のある好印象な就活メイクができるでしょう。