インターンで着まわしする服をちょっとおしゃれにするアイデア

20代の転職なら 20代・第二新卒・既卒の転職なら専門エージェントの第二新卒エージェントneo  がおすすめです。検討中の方はまずは紹介無料の[登録]を!

選考に重要な役割を果たす可能性もあるインターンシップ。他の学生より少しでも印象を良くして、選考を有利にすすめたいと考える学生は少なくありません。

そこで今回は「インターンシップで着る服をおしゃれにするアイデア」をご紹介します。

オフィスカジュアルの服装を着こなして、人事からの高評価を狙いましょう。

インターンシップの参加時の服をおしゃれにすれば「差別化」を図れる!

インターンシップで着る服をおしゃれにするメリットは「他の学生との差別化を図れる」ことです。

人事の印象に残れば、選考に通過できる可能性も上がるかもしれません。

アメリカの心理学者「アルバート・メラビアン」の「メラビアンの法則」によれば、相手に伝わる情報の約55%は見た目が影響しているといわれています。人事や現場の社員と対面でコミュニケーションがとれるインターンシップだからこそ、参加時の服装も意識すれば高評価につながる可能性があります。

インターンシップでは基本的にリクルートスーツが多いようです。

リクナビが行った調査によると「インターンシップに参加した学生の約7割がスーツを着用していた」との結果がありました。

スーツで個性を出す方法については、次の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

皆と同じリクルートスーツで個性を出すための着こなしアイデア

今回は「オフィスカジュアル」に絞って、着回しのアイデアをご紹介していきます。

服装の幅も広がるので、よりオリジナリティを出してアピールできるはずです。

【メンズ編】インターンシップでトップスをおしゃれにする3つのテクニック

【メンズ編】インターンシップでトップスをおしゃれにする3つのテクニック

  • ネイビーやチャコールグレーのジャケットを着てみよう
  • ネクタイの色や柄でユニークさをだそう
  • セーターで上品な男らしさアピールしよう

インターンシップでトップスをおしゃれにしたい方は、上記の3つのポイントを意識してみてください。

それぞれの内容についてご説明します。

ネイビーやチャコールグレーのジャケットを着てみよう


オフィスカジュアルで個性を出したいならネイビーやチャコールグレーのジャケットを着てみましょう。

就活ではオーソドックスなカラーであるブラックだけでは表現できないような、おしゃれさを演出できます。

爽やかさや誠実さをアピールしたい場合はネイビーがおすすめです。落ち着いた雰囲気もアピールできる可能性があります。

知的でクールな雰囲気を楽しみたい方はチャコールグレーのジャケットを着るのも良いでしょう。グレーのなかでもブラックに近く、フォーマルな印象を感じられます。

オフィスカジュアルのなかでも、ラフすぎない格好をしたい場合に役立つはずです。他の色とも合わせやすく汎用性の高いカラーといえます。

ネクタイの色や柄でユニークさを出そう

ネクタイもおしゃれさを表現できるポイントの1つです。

同じジャケットを着ていても、ネクタイの色が違えば人事に与える印象も変わる可能性があります。

色を選ぶときはジャケットの色に合わせるだけでなく「どのような印象を与えたいか」で選ぶのがおすすめです。

具体的には色ごとに次のような印象があるといわれています。

ネクタイの色が与える印象

  • レッド系…情熱的・積極的・勇敢・リーダーシップ
  • オレンジ系…社交的・外交的・フレンドリー・アクティブ
  • イエロー系…明るい・ポジティブ・好奇心旺盛・面白い
  • ブルー系…誠実・聡明・知的・爽やか
  • ピンク系…優しい・可愛らしい・無邪気
  • ブラウン系…堅実・温厚・努力家・縁の下の力持ち

(出典:洋服の青山「Style answers」

ただし企業によっては派手なカラーのネクタイを着用すると、人事に驚かれてしまう可能性もゼロではありません。企業のホームページや会社説明会で社風をチェックしてから、ネクタイの色を選ぶと良いでしょう。

おしゃれさを意識するのであればブルーやブラウンなど落ち着いた色のネクタイを身につけるのがおすすめです。

セーターで上品な男らしさアピールしよう

寒い季節にはセーターを着用して男らしさをアピールしましょう。ジャケットと合わせることでフォーマルな雰囲気も感じられるだけでなく、おしゃれな印象も与えられる可能性があります。

誠実さや落ち着きを表現したい場合は、ネイビーを選ぶと良いかもしれません。ブラックやグレーなど他の色のジャケットや、ブラウンのチノパンなどとも合わせやすくおすすめです。

爽やかで明るい印象を与えたいなら、ホワイトを選ぶのも良いでしょう。 ネイビーのジャケットやパンツと合わせるのも難しくありません。

【レディース編】インターンシップでトップスをおしゃれにする3つのテクニック

【レディース編】インターンシップでトップスをおしゃれにする3つのテクニック

  • カーディガンの色で自分らしさを表現しよう
  • 白のカットソーで清潔感をアピールしよう
  • トレンチコートで「大人な女性」を演出しよう

トップスをおしゃれにしたい女性は上記の3つのポイントを心がけてみてください。

それぞれのポイントについて解説します。

カーディガンの色で自分らしさを表現しよう

オフィスカジュアルの場合、ジャケットの代わりにカーディガンを着用する場合も少なくありません。

服装の色にも気を使い、自分らしさを表現するのがおすすめです。

ベーシックなのはブラックやネイビー。フォーマルで知的な印象を与えられる可能性があります。より女性らしくやわらかな雰囲気を表現したい場合は、ベージュやホワイトを選ぶのも良いでしょう。

反対にレッドやピンクなどの派手なカラーのカーディガンは着るのを避けるのが無難です。他の服装と合わせづらいだけでなく、目立ちすぎてしまい企業によっては良くない印象をもたれてしまう恐れもあります。

白のカットソーで清潔感をアピールしよう

ジャケットやカーディガンの内側には白のカットソーを着るのがおすすめです。

首回りがスッキリとし清潔感が感じられるだけでなく、清純さもアピールできる可能性があります。

ただし、フリルなどの装飾がついたものは避けましょう。企業によってはマイナスな印象を与えてしまう恐れも考えられます。

シンプルなデザインのカットソーを選ぶと安心です。

トレンチコートで「大人な女性」を演出しよう


冬におしゃれさをアピールしたい場合はトレンチコートを着るのが良いでしょう。

ロング丈のデザインがアクセントとなり、大人らしさを表現できる可能性があります。

おすすめなのは、明るいブラウンのトレンチコート。ブラックやネイビーを基調としたオフィスカジュアルのファッションにも合わせやすく、着回しがしやすいのが特徴です。

スーツの上からでも羽織れるので、一枚持っておいて損はないアイテムといえます。

デザインによっては入社後もそのまま使えるかもしれません。

【メンズ編】インターンシップでボトムをおしゃれにする3つのアイデア

【メンズ編】インターンシップでボトムをおしゃれにする3つのアイデア

  • チノパンで上品なコーディネートに仕上げよう
  • 革靴で可愛らしさとフォーマルな雰囲気を楽しもう

インターンシップでボトムをおしゃれにしたい場合は、上記の3つを心がけてみてください。

具体的な内容を解説します。

チノパンで上品なコーディネートに仕上げよう


どの服にも合わせやすいオフィスカジュアルの服を探しているならチノパンがおすすめです。

適度にフォーマルな雰囲気を演出しつつ大人らしい印象を与えられます。デザインによって特徴が異なるのもチノパンの魅力。

センタープレスのはいった「スラックスタイプ」は、上品で大人っぽい印象が感じられます。脚のラインを綺麗にみせる効果が期待できるデザインです。

腰から足先に向かって細くなるシルエットの「テーパードタイプ」は、足首部分が細くなるためスマートな印象を与えられる可能性があります。

実際に店舗で試着しながら、自分の体型に合ったチノパンを選ぶと良いでしょう。

革靴で可愛らしさとフォーマルな雰囲気を楽しもう

革靴のデザインによって見た目の印象も変えられる可能性があります。

オーソドックスなのが「ストレートチップ」です。

つま先部分にボーダーラインがはいったデザインで、スーツと合わせることも少なくありません。よりラフな雰囲気を楽しみたい方は「Uチップ」もおすすめです。

U字型の縫い目のはいったデザインで、可愛らしさを感じられます。

リクルートスーツにはブラックの革靴を履くのが一般的ですが、オフィスカジュアルであればブラウンも選ぶのもおすすめです。

クラシックな雰囲気が感じられるだけでなく、高級感があります。暗い色のパンツを履けば、革靴がアクセントとなりインパクトのあるファッションが楽しめます。

クラシックで男らしいレザーベルトを

さり気なくおしゃれさをアピールしたいなら、レザーベルトが便利です。クラシックで男らしい印象を与えられる可能性があります。

リクルートスーツではブラックが使われるケースが多いですが、オフィスカジュアルであればブラウンのベルトもおすすめです。落ち着いた雰囲気を表現したい場合はダークブラウン、爽やかさをアピールするならキャメルを選ぶと良いでしょう。

本革のベルトであれば経年変化を楽しめるのも魅力です。使い続けて時間が経つほど、深みのある味わい深い色合いに変化します。

【レディース編】インターンシップでボトム服装をおしゃれにする2つのアイデア

【レディース編】インターンシップでボトムをおしゃれにする2つのアイデア

  • ガウチョパンツで柔らかい女性らしさを演出しよう
  • パンツにあわせてパンプスの色を選ぼう

インターンシップでボトムをおしゃれにしたい女性は上記の2つを意識してみてください。

それぞれの内容についてご紹介します。

ガウチョパンツで柔らかい女性らしさを演出しよう

ゆったりとしたシルエットが特徴的なガウチョパンツもオフィスカジュアルと相性が良いです。

フォーマルな雰囲気を感じさせつつ、適度なカジュアルさも楽しめます。柔らかい女性らしさを表現できるパンツです。

インターンシップで着まわす際はネイビーをおすすめします。落ち着きがあり上品な印象を与えられる可能性があります。

カーディガンやパンプスとも合わせるのも難しくありません。ゆとりのあるデザインなので、履いていて疲れないのもガウチョパンツの特徴です。

パンツにあわせてパンプスの色を選ぼう

パンプスを選ぶ際は、パンツの色に合わせるのがおすすめ。基本的にはどちらも近い色を選ぶのが無難です。

パンツがブラックであれば、パンプスもブラックやネイビーなどの暗い色を選びましょう。パンツがホワイトであれば、同じホワイトやベージュなどを選ぶと良いかもしれません。

コーディネート全体に統一感がうまれ、おしゃれな印象を与えられる可能性があります。

【メンズ編】インターンシップの服装でセンスを引き上げる3つのテクニック

【メンズ編】インターンシップの服装でセンスを引き上げる3つのテクニック

  • クラシックで高級感のある時計を身につけよう
  • 本革を使用したシンプルなトートバッグを持ち歩こう

インターンシップの服装でよりセンスアップをしたい方は上記の3つのテクニックを実践してみてください。

それぞれの項目について解説します。

クラシックで高級感のある時計を身につけよう

腕元をおしゃれにしたい場合はクラシックで高級感のある時計を身につけましょう。

ファッションもスタイリッシュさが増し、よりスマートな印象を与えられる可能性があります。時計のデザインは派手過ぎず、できるだけシンプルなものがおすすめです。

おもちゃのようにチープなデザインの時計であれば、かえってマイナスな印象を与えてしまう可能性もゼロではありません。

ジャケットなどの合わせても違和感のないような、上品なデザインの時計を選ぶのがおすすめです。

本革を使用したシンプルなトートバッグを持ち歩こう

持ち歩くトートバッグも本革でシンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう。フォーマルな雰囲気も演出しつつ、大人らしさも表現できます。

リクルート用のバッグとの差別化もできるため、他の就活生より注目を集められるかもしれません。レザーベルトと同様に、本革であれば経年変化も楽しめます。

使い続けるほどよりクラシックで落ち着きのあるデザインに変わるはずです。

【レディース編】インターンシップの服装でセンスを引き上げる3つのテクニック

【レディース編】インターンシップの服装でセンスを引き上げる3つのテクニック

  • ハーフアップの「1つ結び」で髪型をアレンジしよう
  • シンプルなネックレスでさり気なくおしゃれ感をアップしよう

インターンシップの服装をよりセンスアップしたい女性は上記の2つのポイントを心がけてみてください。

それぞれの内容について説明します。

ハーフアップの「1つ結び」で髪型をアレンジしよう

オフィスカジュアルの服装のおしゃれさを引き立てたい場合は、髪型にも気を使いましょう。

なかでもおすすめなのが、ハーフアップの「1つ結び」です。顔周りがすっきりすることで清潔感が感じられ、明るい印象を与えられる可能性があります。

毛束を巻き付ければ、インターンシップ当日もくずれにくいのが魅力です。

オフィスカジュアルを指定された際の髪型選びに迷ったらぜひ挑戦してみてください。

シンプルなネックレスでさり気なくおしゃれ感をアップしよう

首元をおしゃれにしたいなら、ネックレスをつけるのも良いでしょう。

大人らしさをさり気なくアピールできる可能性があります。デザインはできるだけシンプルなものがおすすめです。

華やかすぎるとフォーマルな服装に合わず、人事からマイナスな印象をもたれてしまう恐れも考えられます。小さな宝石が1つついている程度のネックレスを身につけるのが無難です。

服装のセンスでも人事の目をひき高評価を狙おう!

この記事ではインターンシップの服装をおしゃれに着まわす方法についてご紹介しました。

基本的にはスーツで参加する場合が多いですが、私服を指定されるケースも少なくありません。

オフィスカジュアルの服をおしゃれに着まわしたい男性は、ネイビーやチャコールグレーのジャケットを身につけて自分らしさを表現できるネクタイをつけるのが良いでしょう。

高級感のある時計や革靴、ベルトを身につければより上品な雰囲気をアピールできるはずです。

女性の場合はカーディガンやトレンチコートで大人らしさを表現しつつ、髪型やアクセサリーで女性らしい柔らかな印象も与えると良いでしょう。

ただし企業によって「どれだけカジュアルな服装が認められるか」は同じではありません。

会社説明会などで事前に社風を確認しておくのがおすすめです。

個性やセンスが重視される企業の選考に臨む際は、ぜひこの記事を参考に服を選び人事に売り込んでみてください。